ドライブ故障統計(ビッグデータ)採用:頻度曖昧検索でピンポイント

■ アクセス [ベスト 5]
1:AI完全自動ドライブ復旧システム FromHDDtoSSD:最新版ダウンロード
2:ドライブ故障統計(ビッグデータ採用):ストレージ故障予測の仕組み 概要 用途別に2種類をご用意 [S.M.A.R.T.のみでは厳しい]
3:AIデータ復旧サービス 機械学習スキャン(AI)による安定したお見積・復旧率が安心の鍵
4:ドライブ検査は断られました お客様実例からの、データ復旧サービスの実態について(検査はできないのに復旧はできる?)
5:担当者ブログ ※ 2017年はR.E.C.O.A.I.中心にまとめます。

ホームAIデータ復旧サービス→技術を積み重ねた確かな復旧→頻度曖昧検索でピンポイント
頻度曖昧検索

■ 頻度曖昧検索によるファイル優先順位の解析 頻度曖昧検索

大容量HDD(特に1.0TB以上)の状態は変わりやすいため、適切な処置の有無が成功可否を分けます。
この性質上、ファイルシステム等の手掛かりからファイルの優先順位を解析し、それを元にスキャンを組み込む技術が必要となりました。
それを実現するのが、ファイルシステムの形状から解析する頻度曖昧検索です。

この検索結果に、別の調査結果(ビット腐敗等)およびご指定データ(デジカメなど)等を入れますと、「ファイルの集まり方」等の「最小限の情報」で確信の持てるファイルの優先順位が得られます。
この「最小限の情報」というのが本当に大事で、壊れかけドライブは調査すらも「壊れるリスク」が発生いたしますので、 調査は最小限に済ませ、データを取り出しに行くアルゴリズムが、とても利用価値の高いものになってきております。

※ 以下は、ファイル名高速検索機能に付属の「頻度曖昧検索」です。復旧以外にも利用価値がございます。

ファイル名高速検索機能

□ 創業前より、データ復旧技術・データ復旧ソフトウェアの自社開発・研究を行っております。
沿革と、こちらにその流れを公開しております。

本ページをご覧頂きました方は、以下のページも見ております。[自動集計 Ver4.0]
■ 集計中.....