ドライブ故障統計(ビッグデータ)採用:危険な不良セクタの回避技術

■ アクセス [ベスト 7]
1:□ ドライブ検査から自動データ復旧まで・・ FromHDDtoSSD Build 2820:最新版ダウンロード
2:データ復旧不能となる最大の要因1:認識可能なドライブを分解され、「*枚目のプラッタに傷がある」と・・?
3:データ復旧不能となる要因2:磁気ヘッドマップ作成およびヘッド切り替えができないため、対応不可?
4:検査はお断り?お客様実例からの、データ復旧サービスの実態について(検査はできないのに・・・復旧はできる?)
5:□ ドライブ故障統計(ビッグデータ):多角的な解析:フリーのストレージ故障予測 [S.M.A.R.T.のみでは厳しい]
6:大容量ドライブに関するデータ復旧の仕組み 機械学習スキャン(AI)による高い復旧率(最後までスキャン可能)
7:担当者ブログ ※ 2017年はAI完全自動ドライブ復旧システムおよび統計スキャンについて、まとめます。

ホームAIデータ復旧サービス→技術を積み重ねた確かな復旧→危険な不良セクタの回避技術
ドライブ解析

■ 大容量HDDからのデータ復旧:危険な不良セクタの回避技術について

現在、主流となりました高密度プラッタのドライブ(SATA)は、わずか1つ(傷が深くヘッドの退避が間に合わないケースの場合)の「危険と判断できるセクタ」への接触だけで、ドライブの状態が急変(悪化)いたします。 接触すら許されないため、事前にドライブの状態を計算(ドライブの挙動と故障統計から自動解析)して危ない部分を事前回避させる技術が必須となりました。

※ 故障統計より調査いたしました結果、3.5インチ型(デスクトップ向け)では500GB以上、2.5インチ型(ノート向け)では250GB以上のSATAドライブが、これらに該当いたします。 サーバ向けのSASドライブはまだ大丈夫ですが、インターフェイスがSASにも関わらず中身がSATA仕様(市販されておりますSATAドライブと同じエラー訂正率)の場合、これらに該当します。

■ 危険が迫ってくる部分(区間)をドライブの挙動と故障統計から自動解析いたしまして、事前に良好区間をつないでドライブを守る「不良セクタ危険予知」を開発いたしました。 [>> 詳しくはこちら]
■ この技術を利用して、大量に押し寄せる危険な不良セクタを事前に上手く回避し、最後までスキャンいたしまして、9割以上のデータを復旧する事ができます。
1.0TB以上500GB(修正)大容量ドライブからの復旧には欠かせない技術になりました。
■ 故障統計の蓄積と分析には、このために用意いたしました「ビッグデータ&データマイニング」を利用しております。

以下、安定しているように見えますが、これを安易に解釈してしまうと、復旧に失敗いたします。