復旧を妨害する不良区間の回避

ホームデータ復旧サービス→ 技術を積み重ねた確かな復旧→ お見積復旧を妨害する不良区間の回避
[Next: ミリ秒単位でドライブの状態は変わります]

■ 大容量ドライブからのデータ復旧:ドライブを壊す「危険な不良セクタ」の回避技術について

現在、主流となりました高密度プラッタのドライブ(SATA)は、わずか1つ(傷が深くヘッドの退避が間に合わないケースの場合)の 「危険と判断できるセクタ」への接触だけで、ドライブの状態が急変(悪化)いたします。 接触すら許されないため、事前にドライブの状態を計算(ドライブの挙動と故障統計から自動解析)して危ない部分を事前回避させる技術が必須となりました。

この技術を利用して、大量に押し寄せる危険な不良セクタを事前に上手く回避し、最後までスキャンいたしまして、9割以上のデータを復旧する事ができます。 500GB以上の大容量ドライブからの復旧には欠かせない技術になりました。 故障統計の蓄積と分析には、このために用意いたしました「データマイニング」(2021年以降は自動制御(自動復旧作用素))を利用しております。

例:安定しているように見えますが、これを安易に解釈してしまうと、復旧に失敗いたします。
このようなドライブがどのように変化するのか……、こちらにまとめました。