弊社ドライブ検査システム: 法人様ご採用例

サードウェーブ株式会社様 [ドスパラ]

弊社の検査ツールの採用に対するご評価、誠にありがとうございます。
https://www.dospara.co.jp/

  • 検査目的で「フルスキャン」と「統計スキャン」の両方の機能を採用しています。
  • 特に、当社のツールはセクターのみをスキャンする従来の検査方法では評価が難しいSSD/NVMeを含むHDDだけでなく、コンピューターを「100%完全検査済み」として出荷することを可能にします。
  • 弊社のソフトウェアの「統計スキャン」機能は、SSD/NVMe用に設計され、リリースから約2年後に実践で確認されました。この機能は、SSDの周波数ドメインでの確率的な挙動を観察し、特性が良好でない場合に寿命が短い可能性を示します。良好な特性は5年以上の無障害運用につながることが再確認されていますが、悪い特性では1〜2年未満で故障する可能性があります。
  • 新品から修理済みまで幅広いコンピューターにおいて、特性の悪いSSD/NVMeを事前に除外することで、「完全検査済み」のコンピューターを安定して提供できる環境を確立しています。

ブロックチェーン技術を利用した自律分散型システムを実装しました。これにより、全国の各店舗で行われる検査プロセスの一貫性と均一性を保証しています。ブロックチェーンの堅牢な分散化と不変性により、各店舗のデータの整合性を保ち、エンドユーザーが安心して利用できるサービスを提供します。

オンラインのコンピュータに接続すると、ブロックチェーンの自律分散型の性質により、システムは自動的に最新の状態に更新されます。書き込み保護された環境でも最新の情報を利用できるように調整しました。これにより、第三者のコンピュータ間での安全な使用が可能になります。書き込み保護とインストール不要の要件により、対象のコンピュータを直接ブートして検査することが可能です。私たちは、コンピュータ本体を分解せずに検査する方法を採用し、不要な分解作業を避け、生産性を向上させています。

日本アビオニクス株式会社様

SSD調査ツールを特殊用途でご採用くださいました。
https://www.avio.co.jp/

特殊用途のSSD調査を大手データ復旧会社に問い合わせたところ、「そのような検査は行わない」という冷たい返答に驚きました。これにより、データ復旧業界全体への強い疑念が生じました。ドライブの検査やファイルシステムの調査ができないデータ復旧会社では、どのようにデータ復旧が実現されるのでしょうか。

SSDベンチマークへのご関心をありがとうございます。

私たちは「SSDベンチマーク機能」を用いて特殊なSSD調査を行うことを委託されました。このような最適なニーズに特化したSSDの選定をサポートしました。ソフトウェア開発とドライブ検査プロセスを通じて、最適なSSDを提案し、お客様のビジネスやプロジェクトに密接に合致するサービスを提供します。お客様の要望にかかわらず、期待に応えることに尽力いたします。どんな条件でもお気軽にご相談ください。

私たちは、各データの配置や復旧率を含む調査を行い、変化する状況に適応しています。ベンチマークテストも実施しました。お客様の目的に合わせたユニークな機能を取り入れ、それに応じて対応します。個々に専用のドライバを作成し、通信形式を採用しています。

日本無線株式会社様

弊社のドライブ交換ルール構築が採用されました。
https://www.jrc.co.jp/jp/index.html

ドライブ故障予測サービスへのご関心に心から感謝します。私たちのドライブ故障予測技術を採用することで、交換ルールを最適化し、予期せぬ故障のリスクを減らすことができます。これにより、ITインフラの安定した運用と効率的なリソース管理が可能になります。標準のS.M.A.R.T.機能だけでは故障を予測するのが難しいため、完全スキャンを含む方法を採用しました。