Insufficient HDD-oriented Inspections for SSD/NVMe
SSD/NVMeに対しHDD向けの検査では不十分

SSD/NVMe drives exhibit peculiar phenomena just before failure. They have sectors whose state is uncertain, as they might read, fail to read, write, or fail to write. This is because HDDs read and write through mechanical action, whereas SSD/NVMe drives do so through electronic action plus algorithms.
SSD/NVMeが故障する直前は不思議な現象に見舞われます。読んだり読まなかったり書き込めたと思いきや読めないセクタなど状態が不確定となるセクタが発生いたします。なぜならHDDは機械的な動作によって読み書きするのに対しSSD/NVMeは電子的な作用+アルゴリズムで読み書きするためです。

Equating Full Scan Results with Statistical Scans. It’s no wonder that the results are unstable when mapping full scan results to statistical scans. The factors making data recovery difficult in SSD/NVMe and USB flash drives were found to be here.
完全スキャンの結果を統計スキャンへマッピングするとどうりで結果が安定しない。SSD/NVMeやUSBフラッシュなどに潜むデータ復旧を難しくする要因もそこにありました。

This phenomenon was confirmed in NVMe. The full scan is stopped at 96%, and the statistical scan resumes at the resume point. The top shows the “full scan results,” the middle shows the “results mapped to statistical scans,” and the bottom shows the “statistical scan results.” The analytical accuracy under the statistical scan drops significantly. Despite having tested every sector, the actual test was only done in a “spotty” manner. Even with an all-green result, there’s a possibility of “Windows boot failure” just a few days later. Also, this problem applies to Windows’ standard “full format.”
この現象はNVMeで確かに調査いたしました。完全スキャンを96パーセントで止めレジュームで統計スキャンを再開させます。すると上は「完全スキャンの結果」、中央は「統計スキャンへマッピングした結果」になります。そして、下は「統計スキャンの結果」となります。統計スキャンの下にある解析精度がガタ落ちになっております。全セクタを「呼び出して検査」したのに実際には「飛び飛び」でしか検査できていない、でした。これではオールグリーンで安心したのに僅か数日後に「Windows起動不能」の可能性すら十分にあります。なお……この問題点は、例えばWindowsに標準付属する「完全なフォーマット」も該当いたします。

This format performs a full sector check after a quick format. However, if the read doesn’t reach the flash, skipping the check due to “spottiness” doesn’t guarantee safety.
このフォーマットはクイックフォーマットの後に全セクタを呼び出す検査を実施しています。しかしフラッシュまで読み出しが到達しない……「飛び飛び」から検査をパスしても安心には至りません。

↑ Full Scan (Inspection calling every sector, existing since v1 era)
↑ 完全スキャン (v1時代からある全セクタを呼び出す検査です)

↑ Reflecting Full Scan Results in Statistical Scans (Full Scan Results → Reflected in Statistical Scan [Equated])
完全スキャンの結果を統計スキャンへ反映 (完全スキャンの結果→統計スキャンに反映[同一視])
The range from 0% to 96% is equated from the full scan. The accuracy in the latter half improves, but the accuracy in the first half (shown below) is very low. Of course, there are SSDs where full scans yield accurate results. However, there is no way to know in advance whether the full side will be accurate, so statistical scans are necessary from the start.
0%から96%の範囲は、完全スキャンから同一視されたものです。 後半にかけては良くなっておりますが前半部分の精度(下の図)が非常に低くなっているのがわかります。 もちろんSSDによっては完全スキャンでも精度が出ている場合はあります。しかし完全側で精度が出るのかどうか事前に調べる術がないためはじめから統計スキャンが必要となります。
If the results of the statistical and full scans completely match (in phase), it’s known afterward that the full side had no problems. As an exception, HDDs always yield a constant result (either a normal or bad sector), so only the extremes of the results are taken. In this case, the statistical scan will always yield a constant value (constant), so the results of the full scan are guaranteed to match in advance. Therefore, HDDs can obtain sufficient results with a full scan.
統計スキャンと完全スキャンを実行してその結果が完全一致(同相)なら完全側でも問題なかった、と後からわかるです。例外としてHDDは常に定まった結果(正常セクタまたは不良セクタ)が出るため常に結果の両端のみをとる、です。この場合は統計スキャンも必ず定まった値(定数)となるため完全スキャンと結果が一致することが事前に保証されております。そのためHDDは完全スキャンで十分な結果を得ることができます。

↑ Statistical Scan (Equipped from v3, conducted over the entire range)
The test accuracy below has increased. This analytical result provides reassurance.
↑ 統計スキャン (v3より搭載・全区間を実施)
下にある検査精度が上昇いたしました。この解析結果をふまえて安心となります。