ドライブ故障統計(ビッグデータ)採用:大容量ドライブへの対応

■ アクセス [ベスト 7]
1:□ ドライブ検査から自動データ復旧まで・・ FromHDDtoSSD Build 2820:最新版ダウンロード
2:データ復旧不能となる最大の要因1:認識可能なドライブを分解され、「*枚目のプラッタに傷がある」と・・?
3:データ復旧不能となる要因2:磁気ヘッドマップ作成およびヘッド切り替えができないため、対応不可?
4:検査はお断り?お客様実例からの、データ復旧サービスの実態について(検査はできないのに・・・復旧はできる?)
5:□ ドライブ故障統計(ビッグデータ):多角的な解析:フリーのストレージ故障予測 [S.M.A.R.T.のみでは厳しい]
6:大容量ドライブに関するデータ復旧の仕組み 機械学習スキャン(AI)による高い復旧率(最後までスキャン可能)
7:担当者ブログ ※ 2017年はAI完全自動ドライブ復旧システムおよび統計スキャンについて、まとめます。

ホームAIデータ復旧サービス→技術を積み重ねた確かな復旧→大容量ドライブへの対応
ドライブ解析

■ ビッグデータ解析・データマイニングを導入

コンピュータの躍進により、大量の統計データを解析できるようになりましたので、そこから有用な情報の取り出しと、無用な情報の破棄を行うデータマイニングを実施可能となりました。
※ 特に、無用な情報の破棄が大事になると分かりまして、そちらを重視して開発・完成させております。

■ 機械学習スキャン(R.E.C.O.A.I.)による自動思考処理:
※ 度々訪れるドライブへの大きな危機(危険な不良セクタ)を最適に回避処理

近年の大容量ハードディスク、それらを複数台積むNAS(TeraStation等)、またはSSDが壊れかけた場合、状態を悪化させる危険なセクタが出現いたします。 それらのセクタに入り込みますと、ドライブが悪化する危機が訪れます。このため、そのような危機を避けるために危機を抱える不良セクタを自動回避させるアルゴリズムが、機械学習スキャン(R.E.C.O.A.I.)です。

□ 状態変化(悪化)に関しましては、長く見積もっても3秒程度です。
このため、3秒以内(コンピュータにて平均1秒以内)を目安に、開発しております。

3秒以内に状況を判断し、次のプロセスを考え、そのコマンドを打ち込むのは「至難(ほぼ無理)」だと思います(さらに、ミスが許されない状況)。 このため、その場で対処する従来の方法ではなく、あらかじめ「プログラム」にいたしまして、そのアルゴリズムに処理させる方法が最善です。

しかしながら、データマイニング処理は重いため、並列処理が必要です。
※ 「並列処理」を重視して開発(自社開発 データ復旧クラウド FromHDDtoSSDにて、約5年前のVer2.0の頃より並列処理を手掛けておりますので、 マルチコア・ミューテックス・セマフォ等の運用ノウハウが相当蓄積でき、十分に安定)しております。

■ データマイニング例: データマイニング

■ 3年以内に製造された1.0TB以上のHDDに多発しております読み取り不良、ヘッドクラッシュに対する復旧技術を大幅に更新いたしました

3年以内製造のドライブの故障が多く見受けられるようになりました。 パソコン内蔵、外付型、NAS、RAID、TeraStation等、あらゆる所で似た故障となっておりますので、状況的な要素を集めただけでも、ドライブ自体の問題となりそうです。 さらには、これらドライブが故障いたしますと、クリーンルーム作業等を実施後でも、その制御の幅が非常に狭く、制御自体が難しい問題がございます。
※ Windowsからの制御だけではなく、他の装置(自社開発)を利用し、部分的に自動制御・独立化させて復旧する見込みとなりました。

ヘッドクラッシュ 外部制御の試作段階

本ページをご覧頂きました方は、以下のページも見ております。[自動集計 Ver4.0]
1:[AIデータ復旧サービス] お見積の算出について. 初期診断作業は無料です.
2:[AIデータ復旧サービス] 突然読み出せなくなる・・ビット腐敗について
3:[AI完全自動ドライブ復旧システム] 不良セクタ修復機能 操作方法
4:[AIデータ復旧サービス] Windows 物理障害に関する成功事例.

このページをご覧いただいた方のうち、30%の方がお申込(お問い合わせ)いただいております。ありがとうございます。