AIデータ復旧サービス:よくあるご質問(クリーンルーム作業)

■ アクセス [ベスト 7]
1:□ ドライブ検査から自動データ復旧まで・・ FromHDDtoSSD Build 2820:最新版ダウンロード
2:データ復旧不能となる最大の要因1:認識可能なドライブを分解され、「*枚目のプラッタに傷がある」と・・?
3:データ復旧不能となる要因2:磁気ヘッドマップ作成およびヘッド切り替えができないため、対応不可?
4:検査はお断り?お客様実例からの、データ復旧サービスの実態について(検査はできないのに・・・復旧はできる?)
5:□ ドライブ故障統計(ビッグデータ):多角的な解析:フリーのストレージ故障予測 [S.M.A.R.T.のみでは厳しい]
6:大容量ドライブに関するデータ復旧の仕組み 機械学習スキャン(AI)による高い復旧率(最後までスキャン可能)
7:担当者ブログ ※ 2017年はAI完全自動ドライブ復旧システムおよび統計スキャンについて、まとめます。

ホームAIデータ復旧サービス→よくあるご質問→クリーンルーム作業
三番

■ クリーンルームの所在地&外見に関しまして

□ 特別にご許可を頂きまして、外観および内部を撮影させていただきました。
※ なお、クリーンルーム所在地は「法律に基づく表示」に明記いたしております。

工場外観 クリーンルーム作業C クリーンルーム作業B クリーンルーム作業D

■ クリーンルームを利用するHDD分解作業は海外提携先で行うのですか?

□ いいえ、全作業を自社内にて完結いたします。
※ ハードディスクの分解作業には、クリーンルーム(クラス100)を採用いたしております。

■ 落下させてしまい、ディスクすら回らない状態です。このような状態でも対応できますか?

□ 問題ございません。回らなくなった原因を取り除き 、再度、その部品の新品を投入して修理いたします。
※ 落下以外にも、誤った制御により物理的破損に達する場合も多々ございます。
※ ヘッド吸着の他、モータ焼けによる回転不能も多くございます。
慎重に初期診断作業を実施いたしまして、ドライブの状態の切り分けを行います。

■ SSDの場合も、クリーンルームで対応していただけますか?

□ いいえ。SSDの場合は、クリーンルーム自体を必要といたしません。
※ フラッシュ(制御チップ)の交換等の作業は、弊社が提携する国内工場で問題なく実施いたします。

■ パソコンに認識できません。クリーンルーム作業になるのは確実ですか?

□ いいえ。認識しない場合が全て「クリーンルーム作業」になるとは限りません。
まずはお気軽にご相談下さい。実際、クリーンルームまで至る症例は、そこまで多くはございません。

■ クリーンルームではなく、性能が劣るクリーンブースはクリーンルーム作業の代わりとなりますか?

□ いいえ。クリーンブースは「クリーンルーム内」の局所化で利用いたします。直接利用してクリーン化するには無理がございます。
※ 各ルームの見分け方は簡単です。下にすき間が空いている場合は「クリーンブース」となります。

※ プラッタ密度が低く、容量が小さい頃は、それでもデータが出ていたと思います。
しかしながら、ハードディスクの大容量化に伴い、ヘッドが「滑る」ような形で、データが取り出せなくなったと考えられます。
※ ただし、この滑り込みを抑え込むホコリ前提のデータスキャンを開発しております。 この技術により、万一、クリーンブースで開封された場合でも、復旧機会を探ることができます。最新の「機械学習スキャン」に正式に組み込んでおります。

本ページをご覧頂きました方は、以下のページも見ております。[自動集計 Ver4.0]
1:[AIデータ復旧サービス] 納期について
2:[AIデータ復旧サービス] お見積の算出について. 初期診断作業は無料です.
3:[AIデータ復旧サービス] よくあるご質問:並列同時解析について
4:[作業日誌] データ復旧サービス、データ復旧クラウド FromHDDtoSSDの開発状況をお知らせいたします.

このページをご覧いただいた方のうち、12%の方がお申込(お問い合わせ)いただいております。ありがとうございます。