Web3.0/NFT 国産 FromHDDtoSSD データ復旧機能:不良セクタ危険予知

ホーム国産ドライブメンテナンス→ データ復旧機能→
国産ドライブメンテナンス FromHDDtoSSD:安全に壊れかけドライブからデータ復旧を実施

■ [基本操作] ドライブ別 データ復旧方法をまとめました!

本ソフトウェアには、壊れかけのドライブの負担を減らす「解析の補助」「壊れかけドライブへのアクセス量を減らす技術」が導入されております

■ 不良セクタ危険予知の有効化

リアルタイムに描写されるグラフで、わかりやすくなりました。

出来る限り、不良セクタ危険予知をご利用ください。
非アクセス区間のセクタ同士で増殖する、ビット腐敗(>>ビット腐敗について) を監視いたします。

右下にあります「不良セクタ危険予知(ミリセカンド検査)設定」開き、中央をご選択ください。

状況別の復旧方法です。この通りの操作でお願いいたします。[2021-11 更新]
1: 「ディレクトリが壊れています」「ディスク構造が壊れている」からのデータ復旧
2: 誤削除からのデータ復旧
3: 誤フォーマットからのデータ復旧
4: 領域削除(パーティション削除)からのデータ復旧
5: 「フォーマットしますか?」からのデータ復旧
6: 大量に発生した不良セクタ(20%以上)からのデータ復旧
7: コンピュータへの認識が安定しないドライブからのデータ復旧
8: ヘッド吸着/ドライブ落下からのデータ復旧
9: SSD転送速度低下(SSD/NVMe)からのデータ復旧

■1: 「ディレクトリが壊れています」「ディスク構造が壊れている」からのデータ復旧
不良セクタ危険予知+ディレクトリ構造解析でストレートに復旧できます。

よくあるエラーとなります。ただし、これは「論理障害」か「物理障害」なのか、不明です。
そして、ドライブを壊されて、復旧不能となった例を多数みています。
症状を決め付けてはいけません。はじめから、不良セクタ危険予知のような仕組みで対応するべきです。

[ 不良セクタ危険予知: ステップ 1 ], 自動マウント機能を無効にいたします。

まだドライブを接続しないでください。最初に行うのは、自動マウントを無効にする処置です。
操作方法は>> こちらです。

[ 不良セクタ危険予知: ステップ 2 ], 領域ノードを確認いたします。

自動マウントを無効にしたため、ドライブを接続しても余計なアクセスはありません。
領域ノードの認識には影響ありません。WindowsAPIを経由せず、ドライブから直接取得しております。

[ 不良セクタ危険予知: ステップ 3 ], 不良セクタ危険予知を有効にいたします。

「>> 不良セクタ危険予知」を選択いたしまして、不良セクタ危険予知を有効にいたします。
有効にいたしますと、最後のファイル書き出しまで有効です。解析だけではございません。

[ 不良セクタ危険予知: ステップ 4 ], ディレクトリ構造解析を実行いたします。

該当する領域ノードを右クリックいたしまして、「ディレクトリ構造解析」を選択いたします。

[ 不良セクタ危険予知: ステップ 5 ], 復旧を希望されるファイルを選び、復元を実行いたします。

ツリービューを操作し、復旧候補となった各ファイルの中身を見ます。
Rootフォルダが、今回ターゲットとなる削除ファイル・フォルダの内容となります。
また、エクスプローラと同じ操作感を採用いたしました。

不良セクタ危険予知は、ディレクトリ再構築のときだけではなく、ファイル復元時にも働きます。

■2: 誤削除からのデータ復旧

[ ステップ 1 ], 領域ノードを確認いたします。

対象ドライブを選択、「詳細スキャン」をクリックいたします。
すると、以下のようなウィンドウが立ち上がります。

[ ステップ 2 ], ディレクトリ構造解析を実行いたします。

領域ノードを右クリックのち「ディレクトリ構造解析を実行」を選びます。
完了までお待ちください。

[ ステップ 3 ], 復旧を希望されるファイルを選び、復元を実行いたします。

ツリービューを操作し、復旧候補となった各ファイルの中身を見ます。
Deleteフォルダが、今回ターゲットとなる削除ファイル・フォルダの内容となります。
また、エクスプローラと同じ操作感を採用いたしました。

「>> 復元実行」から、ご選択された各ファイルを復旧いたします。

■3: 誤フォーマットからのデータ復旧

[ 領域解析編:ステップ 1 ], フォーマットしてしまった領域ノードを確認いたします。

対象ドライブを選択のち、「詳細スキャン」をクリックいたします。

対象ドライブのノードから「領域解析」を実行します。

[ 領域解析編:ステップ 2 ], 領域ノードを選択し、ディレクトリ構造解析を実施いたします。

領域解析を最後まで通します。

完了後、領域ノードが出てきます。 候補が並ぶなか、白丸付き("〇")が精度の高いノードとなりますので、それを「ディレクトリ構造解析」します。

[ 領域解析:ステップ 3 ], 復旧を希望されるファイルを選び、復元を実行いたします。

ツリービューを操作し、復旧候補となった各ファイルの中身を見ます。
Rootフォルダが、今回ターゲットとなる削除ファイル・フォルダの内容となります。
また、エクスプローラと同じ操作感を採用いたしました。

「>> 復元実行」から、ご選択された各ファイルを復旧いたします。

■4: 領域削除(パーティション削除)からのデータ復旧
※ 第一領域の場合、クイック解析を活用する方法で、解析時間を大幅に減少できます。

[ 領域削除:ステップ 1 ], ドライブノードを確認し、領域解析=>ディレクトリ構造解析を実施

対象ドライブを選択のち「詳細スキャン」をクリックいたします。

ドライブノードから、「領域解析」をクリックいたします。

復旧対象が第一領域(先頭)の場合、クイック解析にチェックを入れ、クイック解析を有効にします。 クイック解析が有効な場合は、10秒程度で領域解析を打ち切ってください。
※ 第二領域以降はクイック解析には対応できません。普通に、領域解析を実施いたします。
これにより「復旧対象の領域ノード」が生成され、ディレクトリ構造解析を実施いたします。

[ 領域削除:ステップ 2 ], 復旧を希望されるファイルを選び、復元を実行いたします。

ツリービューを操作し、復旧候補となった各ファイルの中身を見ます。
※ Rootフォルダが、今回ターゲットとなる削除ファイル・フォルダの内容となります。 エクスプローラと同じ操作感を採用しておりますので、直感でご利用いただけると思います。

「>> 復元実行」から、ご選択された各ファイルを復旧いたします。

■5: 「フォーマットしますか?」からのデータ復旧
■6: 大量不良セクタ(20%以上)からのデータ復旧
不良セクタ危険予知+ディレクトリ構造解析でストレートに復旧できます。

[ 大量不良セクタ:ステップ 1 ], 自動マウント機能を無効にいたします。

まだドライブを接続しないでください。最初に行うべきは、「自動マウント」を「無効」にする処置です。
※ 操作方法は>> こちらです。

[ 大量不良セクタ:ステップ 2 ], 領域ノードを確認いたします。

自動マウントを無効しておりますので、ドライブを接続しても余計なアクセスはありません。
もちろん、領域ノードの認識には影響ありません。
WindowsAPIを経由せず、ドライブから直接取得しております。

[ 大量不良セクタ:ステップ 3 ], 不良セクタ危険予知を有効にいたします。

「>> 不良セクタ危険予知」を選択いたしまして、不良セクタ危険予知を有効にいたします。 有効にいたしますと、ファイルの書き出しまで有効です。

[ 大量不良セクタ:ステップ 4 ], ディレクトリ構造解析を実行いたします。

該当する領域ノードを右クリックいたしまして、「ディレクトリ構造解析」を選択いたします。

[ 大量不良セクタ:ステップ 5 ], 復旧を希望されるファイルを選んで、復元を実行いたします。

ツリービューを操作し、復旧候補となった各ファイルの中身を見ます。
※ Rootフォルダが、今回ターゲットとなる削除ファイル・フォルダの内容となります。 エクスプローラと同じ操作感を採用しておりますので、直感でご利用いただけると思います。

「>> 復元実行」から、ご選択された各ファイルを復旧いたします。 この処理にも「不良セクタ危険予知」が有効です。ご安心ください。

■7: 認識が安定しないドライブからのデータ復旧
■8: ヘッド吸着・ドライブ落下からのデータ復旧
■9: SSD転送速度低下からのデータ復旧
ヘッドレストレーション+クイック解析+ディレクトリ構造解析で復旧いたします。

[ 物理障害:ステップ 1 ], 自動マウント機能を無効にいたします。

まだドライブを接続しないでください。最初に行うのは、自動マウントを無効にする処置です。
※ 操作方法は>> こちらです。

[ 物理障害:ステップ 2 ], ヘッドレストレーションを利用し、ドライブをクローン化いたします。

ヘッドレストレーションのご利用方法は、 >> こちらにまとめております。
※ ヘッドレストレーションで作成いたしましたクローンのドライブを以下の解析に回します。

[ 物理障害:ステップ 3 ], クイック解析を有効にして、領域解析を行います。

復旧対象が第一領域(先頭)の場合、クイック解析にチェックを入れ、クイック解析を有効にします。 クイック解析が有効な場合は、10秒程度で領域解析を打ち切ってください。
※ 第二領域以降はクイック解析には対応できません。普通に、領域解析を実施いたします。
これにより「復旧対象の領域ノード」が生成され、ディレクトリ構造解析を実施いたします。

[ 物理障害:ステップ 4 ], ディレクトリ構造解析を実行いたします。

該当する領域ノードを右クリックいたしまして、「ディレクトリ構造解析」を選択いたします。

[ 物理障害:ステップ 5 ], 復旧を希望されるファイルを選び、復元を実行いたします。

ツリービューを操作し、復旧候補となった各ファイルの中身を見ます。
※ Rootフォルダが、今回ターゲットとなる削除ファイル・フォルダの内容となります。 エクスプローラと同じ操作感を採用しておりますので、直感でご利用いただけると思います。

「>> 復元実行」から、ご選択された各ファイルを復旧いたします。

■ 各機能のご紹介 ■

完全スキャン

■ [2010-0804] ハードディスク, SSDのメンテナンス

[全エディション対応]
全セクタを検査できる完全スキャンです。
不良セクタ検出および、ドライブの「動作安定度」を算出いたします。
新たな指標で危険なセクタを検出いたします。

統計スキャン

■ [2013-10] ドライブ故障統計を利用する誤差のない統計スキャン

[サポートエディション以上対応]
完全スキャンの誤差をドライブ故障統計から改善いたしました。
さらに、グラフの方も統計タイプに入れ替え、使い易さも大幅に向上させております。

不良セクタシミュレーション

■ [2010-0804] 不良セクタシミュレーション

[全エディション対応]
今までにないスキャンを実現いたしました。
近い将来発生する不良セクタを、先回りで検出いたします。
このような性質上、「故障前の事前的な予防交換」などに最適なスキャンです。

不良セクタレストレーション

■ [2010-0826] 不良セクタレストレーション

[全エディション対応]
大容量HDDに発生しがちな、軽微な不良セクタを修復することができます。
不良セクタシミュレーションをベースに開発したため、近い将来発生する不良セクタも修復対象です。

ヘッドレストレーション

■ [2011-0905] ヘッドレストレーション+SSD

[サポートエディション以上対応]
壊れかけHDD(SSD)を制御し、新しいHDD/SSDへセクタイメージを転送します。
いわゆる、物理解析を実施できる機能です。

ベンチマーク

■ [2010-0804] ストレージベンチマーク

[全エディション対応]
接続されております各ストレージの速度を計測いたします。
同時計測・単独計測をサポートいたしております。

S.M.A.R.T.ビュー

■ [2010-0804] S.M.A.R.T.ビュー

[全エディション対応]
ドライブの情報を細部まで表示いたします。

データ復旧

■ [2010-0804] 写真・画像データ復旧

[全エディション対応]
メンテナンス系に加え、データ復旧・修復機能をサポートいたします。
万一の場合も安心してご活用いただけます。

エコモード

■ [2010-0804] エコモード (ATAコマンド制御)

[全エディション対応]
ATAコマンドを多数発行できるインターフェイスです。
補助サポートが多数付属し、簡単にご利用いただける環境を整えました。
お気軽にご活用いただけたら幸いです。

データ転送グラフ化機能

■ [2010-0804] 転送レートグラフ化機能

[全エディション対応]
ストレージの転送レートをグラフ化する機能です。
お気軽にご活用いただけたら幸いです。

データ転送グラフ化機能

■ [2010-0804] シミュレーション解析設定

[プロエディション対応]
シビアな状況をテストできる各シミュレーションを実行できます。
メーカ・型番別に細かくパターン化され、最適なテスト・検査を実施します。
※ シビアな条件を要求される法人様向けの機能です。

故障予測ビュー

■ [2010-1103] 故障予測ビュー

[全エディション対応 制限モード(フリー)の場合は制限あり]
ドライブの故障予測情報を細部まで表示いたします。

故障予測スキャンモニタ

■ [2010-1103] 故障予測スキャンモニタ

[全エディション対応 制限モード(フリー)の場合は制限あり]
新しい「スキャン方式」の故障予測を実行いたします。

故障予測 S.M.A.R.T.情報モニタ

■ [2010-1103] 故障予測 S.M.A.R.T.情報モニタ

[全エディション対応]
従来のS.M.A.R.T.に対しまして、独自しきい値を採用した故障予測を提供いたします。

故障予測

■ [2010-1103] ストレージ故障予測

[全エディション対応]
S.M.A.R.T.および故障予測スキャンを自動化、万全な体制で予測を行います。
S.M.A.R.T.のみでは対応できない部分までしっかりサポートします。

バックアップ

■ [2010-1103] 緊急・定期バックアップ

[サポートエディション以上対応]
定期バックアップに加え、故障直前のデータも逃さない緊急バックアップを標準装備しております。
故障予測と併用し、メンテナンスフリーを確立します。

エコモード++

■ [2011-0905] エコモード++ (電力会社別管理&データ保護)

[全エディション対応]
電力会社別(電力需要)に合わせてHDD/SSDを制御し、節電とデータ保護を実現いたします。
お気軽にご活用いただけたら幸いです。

アドバンストデータ復旧

■ [2012-1017] アドバンストデータ復旧, 並列同時解析

[サポートエディション以上対応]
壊れたファイル構造からデータを復旧する論理解析を実施できます。
いわゆる、データ復旧ソフトウェアとなります。
万一の場合も安心してご活用いただけます。

■ [2013-0819] S.M.A.R.T.コンセンサス

[全エディション対応]
S.M.A.R.T.に、ドライブ故障予測のビッグデータ解析結果を適用いたします。
これにより精度の高い予測を実現いたします。

つなぎ復旧

■ [2014-0722] 不良セクタ危険予知

[サポートエディション以上対応]
物理障害の区間を上手く処理できる「不良セクタ危険予知」をサポートいたしました。
従来では先に進めなかった区間も、この機能で読めるようになります。

個人情報探索

■ [2014-0722] 個人情報探索, ファイル内部探索

[プロエディション対応]
個人情報を含むファイルを素早く内部まで探索いたします。 普段使われているパソコンの内部チェックまたはこれから持ち出すパソコンなどの内部状況把握にご利用ください。

ファイル名高速検索機能

■ [2014-0908] ファイル名高速探索機能, 頻度曖昧検索

[全エディション対応]
検索の度に検索用ツリーを生成し、高速検索いたします。
検索向けに、事前にキャッシュやインデックスを必要といたしません。
また、事前な仕掛け無しに、頻度を曖昧に検索する機能を追加しております。

■ [2016-0315] ホコリ前提復旧機能

[リカバリエディション以上対応]
動画サイトなどをみて、うっかり自分でドライブ(HDD)を開けてしまった・・ホコリ侵入前提のスキャン機能をご提供いたします。

■ [2016-0920] AI自動データ復旧機能

[サポートエディション以上対応]
自動的にデータ復旧を完了できる、自動タイプのデータ復旧機能です。

[from 2017 to 2021] AI自動復旧機能およびWeb3.0/NFT ブロックチェーンの開発

[サポートエディション以上対応]
今後の開発、改良は「FromHDDtoSSD v3 Web3.0/NFT ブロックチェーン版」に継承されます。

[2021-1130] Web3.0 機能 第一弾 SSD/NVMe向けの検査 i-sector 「統計スキャン」

[全エディション対応]
Web3.0/NFT ブロックチェーンを活用する最新のドライブ検査機能を搭載いたしました。
SSD/NVMeを「1回のスキャン」で完結できる「統計スキャン」機能をサポートいたします。

[2022-0328] 大幅に強化されたAI+ブロックチェーン 自動復旧機能

[サポートエディション以上対応]
Web3.0/NFT ブロックチェーンを活用する最新のデータ復旧機能を搭載です。
対象ドライブを接続またはご選択後、復旧完了まで「放置するだけ」です。
全自動が「最善」となる、迷いがないデータ復旧機能をご提供いたします。

[2022-0328] ビットコイン独自実装のsecp256k1(楕円曲線暗号行列演算ライブラリ)に移行、そして16フレーズ方式の秘密鍵完全復元に対応

[全エディション対応]
Web3.0/NFT ブロックチェーンを活用するための、秘密鍵を扱う演算処理部分を最新ロジックに移行いたしました。 その演算を活用して、16フレーズから秘密鍵を完全復元できる機能を実装しました。 これにより、16フレーズを覚えるだけで、他にバックアップやハードウェア(ペーパー)系ウォレットが不要になります。

[2022-0412] Web3.0 機能 第二弾 暗号のメモ帳

[全エディション対応]
Web3.0/NFT ブロックチェーンを活用する機能の第二段です。
自分の秘密鍵で、メモをブロックチェーンに埋め込める機能です。自分しか、読み書きできない、暗号のメモ帳です。 よくSNSなどで、たとえそれがDMであっても、そのSNSを管理する会社に全内容が筒抜けとなっている点について、一度は耳にしたことがあると思います。 ブロックチェーンは管理者不在が特徴ゆえに、秘密鍵は自分しか持てません。そのため、筒抜けになる心配がありません。

[2022-0414] Web3.0 機能 第三弾 大幅に強化されたヘッドレストレーション+SSD

[サポートエディション以上対応]
Web3.0/NFT ブロックチェーンを活用する機能の第三段です。
もし「事前に壊れやすい区間」が掌握できれば、そこを後回しにする手法で、大幅に復旧率が向上することがわかっています。 そこで、Web3.0/NFT ブロックチェーンに積まれたSSD/NVMeの故障予測情報を活用いたします。

[2022-0418] dl.fhs-register.com オフラインパッケージのご提供

[サポートエディション以上対応]
ビッグデータやブロックチェーンで解析されたデータをバイナリパックして、オフライン版としてご提供いたします。
※ ダウンロードと同時に、バイナリパックのパッケージ化およびビルド、デジタル署名する「出来たて」をご提供いたします。 単独実行ファイルで、ランタイム不要。どこでも動かせます。
※ サポートエディション:月 1 回まで、リカバリエディション:月 2 回まで、プロエディション:月 5 回までダウンロード可能です。 常に最新のデータでバイナリパックします。更新してご活用いただけますと幸いでございます。