We detect bad sectors on drives in a time-efficient manner. This is a convenient feature for large-capacity hard disks. The ‘Warning Message’ clearly displays messages indicating ‘Replacement Needed’ for bad sector detection.
時短でドライブの不良セクタを検出いたします。大容量ハードディスクに便利な機能です。しっかり「警告メッセージ」に「交換要」というメッセージが並んでおります。不良セクタ検出です。

Time-Reduced Scan Operation Method
時短スキャン 操作方法

Please select ‘Execute Time-Reduced Scan’ from the settings dialog under ‘Full & Detailed Scan Settings’ in the menu, as indicated by the red circle.
メニュー「完全・詳細スキャン設定」の設定ダイアログから以下赤丸部分の「時短スキャン実行」をご選択ください。

Select the scan target drive. Multiple selections are possible as it supports simultaneous inspection.
スキャン対象ドライブを選択いたします。同時検査に対応できますので複数選択もOKです。

Thanks to the simultaneous scan support, even time-reduced scans can significantly shorten the inspection time for large-capacity drives.
同時スキャン対応により時短スキャンでも大容量ドライブの検査時間を大幅に短縮することができます。

Clicking inside the box at the top right ‘Time-Reduced Scan by v2(HDD)’ will start the time-reduced scan.
右上の「時短スキャン by v2(HDD)」のボックス内を左クリックすると時短スキャンが始まります。

About the Detailed View Button
詳細ビューボタンについて

We have graphed the transfer speed. There is also a feature to output the transfer speed in CSV format.
転送速度をグラフ化しました。CSVで転送速度を出力する機能も備えます。

This will be the graph of the transfer speed
1番: 転送速度のグラフ

The graphed transfer speed is displayed. It can be checked during a full scan and is updated in real-time.
転送速度をグラフ化したものが表示されます。完全スキャンの検査中にも確認できリアルタイムに更新されていきます。

Switch the graph of the transfer speed
2番: 転送速度のグラフを切り替え

This is the feature that retains the changes in transfer speed as a trace
3番: 転送速度の変化を軌跡として残す機能

The fluctuations in transfer speed are retained as a trace, allowing you to visually capture the drive’s transfer speed.
転送速度の変動を軌跡として残しますので視覚的にドライブの転送速度を捉える事ができます。

It will output a CSV
4番: CSVを出力

The order of the CSV is specified in box number 5.
CSVの順番を5番のボックスで指定いたします。ボックスにあらかじめ入っている文字列がキーです。