2024-0120 – 2024-0131

We have released the latest version of SORA L1 Blockchain-Core (v3.41.13 – v3.45.13). In addition to sending and receiving, other RPCs like move can now be used in conjunction with SORA’s traditional addresses. In the abstraction of L1 blockchain, the state of keys is categorized into ‘local’ and ‘non-local’, aiming for a mechanism where everything is automatically exchanged within the L1 blockchain without user awareness. With v3.41.13, we have now deployed the ‘local’ aspect. All that remains is to propagate this to the ‘non-local’ aspect.
SORA L1 Blockchain-Coreの最新版(v3.41.13 – v3.46.13)をリリースしました。送付や受け取りだけではなく、move等の他のRPCもSORAの従来のアドレスと混合させて使えるようになりました。L1 ブロックチェーンの抽象化では、鍵の状態を「局所性」「非局所性」に場合分けし、ユーザ側からは意識することなくすべてL1 ブロックチェーンの内部で自動的に交換される仕組みを目指します。まずv3.41.13で「局所性」の方がデプロイされたことになります。あとはこれを「非局所性」に伝播するだけです。

What can also be said is that the abstraction of blockchain (the concept of entanglement) is possible on L1. In other words, it is undoubtedly a development that should be done on L1, not L2. With L2, there’s inevitably a stronger concept of centralization due to the nature of side attachments. We have determined that to address everything through consensus, it needs to be integrated into L1.
もちろん、次に言えることは、ブロックチェーンの抽象化(エンタングルの概念)はL1で可能であるということです。つまり、L2ではなくL1で行うべき開発であることは間違いありません。L2では、サイドアタッチメントの性質上、どうしても中央集権的な概念が強くなります。すべてを合意(コンセンサス)によって対応するためには、L1に統合する必要があると私たちは判断しました。

2024-0117

We have released the latest version(v3.39.13) of the SORA L1 Blockchain-Core. It is now possible to handle keys in the exact same manner as Ethereum-style keys. Blockchain abstraction, the ‘entanglement’ of each chain. For this, we have prepared the “getkeyentangle”.
SORA L1 Blockchain-Coreの最新版(v3.39.13)をリリースしました。イーサリアム形式と同じ形式の鍵をまったく同じようにして扱うことが可能となりました。ブロックチェーンの抽象化、各チェーンの「エンタングル」ですね。そこで”getkeyentangle”を用意しました。

https://www.iuec.co.jp/fromhddtossd2s/v2_0_dl.html

2024-0117

We have released the latest version of FromHDDtoSSD AI-Bigdata Edition. This version is in the form prior to incorporating blockchain, and we are continuing development in that direction. It is a centralized system specialized for Japan.
FromHDDtoSSD AI-Bigdata版の最新版をリリースしました。こちらはブロックチェーンを積む前のかたちで、その方向性で開発を継続しています。中央集権型で日本国内専門版です。

https://www.iuec.co.jp/fromhddtossd2s/v2_0_cla_dl.html

2024 – 0111

We have integrated the SORA L1 L2 Blockchain into iuec.co.jp. All our services are now deployed on the SORA L2 Blockchain, enabling us to respond more precisely and securely, and quickly to customer data recovery needs.
SORA L1 L2 ブロックチェーンをiuec.co.jpに融合しました。弊社の全サービスがSORA L2 Blockchain上で展開され、より精密かつ安全に、お客様のデータの復旧等に迅速に対応いたします。

https://www.iuec.co.jp/fromhddtossd2s/v3_0_dl.html

2023 – 1113

We have fully launched the SORA Blockchain. We will build and operate a drive inspection/data recovery network using a decentralized blockchain. At the same time, we are conducting experiments such as addressing the transparency of AI with NFTs, contributing to active technological innovations towards Web3. We look forward to your continued support.
SORA ブロックチェーンを本格始動しました。ドライブ検査/データ復旧ネットワークを非中央集権ブロックチェーンで構築・運用いたします。同時にAIの透明性をNFTで対応する実験等も行い、積極的なWeb3への技術革新に貢献します。今後とも、よろしくお願いいたします。

https://www.iuec.co.jp/fromhddtossd2s/ai_gene_to_drive.html