国産ドライブメンテナンス FromHDDtoSSD:ファイル名高速検索機能, 頻度曖昧検索

ホーム国産ドライブメンテナンス→ データ探索機能(個人情報検出)→
ファイル名高速検索機能, 頻度曖昧検索

■ ファイル名高速検索機能, 頻度曖昧検索
ファイル名の高速検索および使用頻度を曖昧に検索する「頻度曖昧検索」をフリーで対応いたしました。
※ 検索後、そのフォルダを右クリックいたしますと、そのフォルダをエクスプローラから開きます。
■ File name high-speed search feature, frequency ambiguous search,
This feature provide free support for high-speed search of file names and "frequency ambiguous search" that searches vaguely for frequency of use.
* After searching, right-click the folder to open from Explorer.

本機能は「全エディション」にて対応いたします。 [>> ライセンスについて]
This feature is supported by "ALL Editions". [About licence]

アドバンストデータ復旧機能を立ち上げ、個人情報検出等の設定を行い、再構築で探索できます。
上部メニュー「完全・詳細スキャン設定」より、アドバンストデータ復旧を選択いたします。
This feature can search by rebuilding by launching the advanced data recovery feature, setting personal information detection, etc. Choose Advanced Data Recovery from the top menu, "fill/detail acan settings".

● 4番よりドライブを選択いたします。
Select a drive from No. 4.

ファイル検索を実施されるドライブ1台をご選択ください。
Please select one drive for which file search will be executed.

● 2番をクリックいたしますと、アドバンストデータ復旧が起動いたします。
To click No.2 to start Advanced Data Recovery feature.

● 上部ツールバー(★)より、「>>ビッグデータ解析」を選択いたします。
Choose from the upper toolbar (★).

ファイル名高速検索機能のダイアログから、検索設定を行い、実行いたします。
This will bring up a dialog for enabling the file name high-speed search function, so set the search settings there and perform the search.

● 1番のチェックで、本機能を有効といたします。
Check No.1 to enable this feature.

● 2番に検索したいワードをご入力ください。 通常検索(単純一致)、ワイルドカード(*.jpg等)、正規表現がご利用いただけます。
Enter the word you want to search for in No.2, can use normal search (simple match), wildcard (* .jpg, etc.), and regular expression.

● 3番に、検索のタイプ(通常検索・ワイルドカード・正規表現)を指定いたします。
In No.3, specify the search type (normal search, wildcard, regular expression).

● 4番は日付(時間)とファイルサイズの範囲を、
チェックを入れる事により有効にできます。日付の方は年:月:日:時:分を‐で結ぶと範囲が出来ます。
No.4 can be enabled by checking the date (time) and file size range. For dates, you can create a range by connecting year: month: day: hour: minute with -.

ファイルサイズの方は数値と単位を‐で結びます。 単位は異なる同士(例:100KB-5MB)でも認識いたします。また、バイトの場合はBYまたはBで認識いたします。
単位の方はバイト、KB、MB、GB、TBが利用可能です。
For the file size, connect the numerical value and the unit with -. we will recognize different units (e.g.: 100KB-5MB), also, in the case of bytes, it will be recognized by BY or B. Bytes, KB, MB, GB, TB can be used for the unit.

● 5番はオプションのチェックです。チェックを入れますと有効になります。
No.5 is an optional check, check to enable.

● 6番はファイルの属性をご指定ください。
Specify the file attribute for No.6.

● 7番が、頻度曖昧検索の設定となります。ファイル使用頻度をご選択ください。
No.7 is setting for frequency ambiguous search, choose file using frequency from here.

この検索は、ファイル分布を参照いたしまして、使われた形跡が高いファイルを優先的に取り出す検索となります。 更新日時だけではなく、参照された回数などを予測して取り出します。
ご不明な場合は、「無効」でお願いいたします。
This search refers to the file distribution and preferentially retrieves files with high evidence of use. Not only the update date and time, but also the number of times it was referenced is predicted and retrieved. If you have any questions, please use "Invalid".

● 8番は、検索結果をダブルクリックいたしまして、
そのファイルを起動するアプリケーションを指定するリストです。拡張子別に指定する事ができます。 リスト上の2つのエディタより、拡張子およびパスの順に入れ、登録いたします。 リストの操作はリスト上にある4つのボタンで可能です。
No.8 is a list that specifies the application that launches the file by double-clicking the search result. It can be specified by extension. From the two editors on the list, enter the extension and path in that order and register. you can operate the list with the four buttons on the list.

設定を終えましたら、ダイアログを閉じまして、ツリー内のドライブノード(左上にあるツリー状の先頭)を左クリックいたします。 その下に領域ノード(領域別にノードが割り当てられております)が出てきますので、 ファイル名を検索したい領域ノードを右クリックいたしまして、「ディレクトリ構造解析を実行」をクリックいたします。 領域ノードに「ドライブ文字」を追加しております。先頭に(例:[C])という記号が出ておりまして、これがドライブ文字です。
After completing the settings, close the dialog and left-click the drive node (the beginning of the tree in the upper left) in the tree. A node (nodes are assigned to each region) will appear below it. Right-click the region node for which you want to search for the file name, and click "running directory structure analysis". "drive letter" is added to the area node. There is a symbol (e.g. [C]) at the beginning, which is the drive letter.

開始後、検索完了(ディレクトリ構造解析が完了)まで待ちます。 検索完了後、最終処理で少し待たされるケース(10秒程度)がございます。 これは、日付の処理を行っておりまして、検索結果には直接的な影響はありません。 このため、完了メッセージ後ならば、強制終了されても検索ヒット数に影響はございません。 完了後、ツリーを右クリックいたしまて、「エクスプローラで開く」を選びますと、 そのフォルダをエクスプローラで開くことができます。 リストにあるファイルをダブルクリックいたしますと、指定されたアプリケーションでそのファイルが開きます。
After starting, wait until the search is completed (directory structure analysis is completed). After the search is completed, there are cases (about 10 seconds) where you have to wait for a while in the final processing. This is processing the date and has no direct effect on the search results. Therefore, after the completion message, the number of search hits will not be affected even if it is forcibly terminated. After completing, right-click the tree and select "open with Explorer" to open the folder in Explorer. double-click a file in the list to open it in the specified application.

■ 各機能のご紹介 ■

完全スキャン

■ [2010-0804] ハードディスク, SSDのメンテナンス

[全エディション対応]
全セクタを検査できる完全スキャンです。
不良セクタ検出および、ドライブの「動作安定度」を算出いたします。
新たな指標で危険なセクタを検出いたします。

統計スキャン

■ [2013-10] ドライブ故障統計を利用する誤差のない統計スキャン

[サポートエディション以上対応]
完全スキャンの誤差をドライブ故障統計から改善いたしました。
さらに、グラフの方も統計タイプに入れ替え、使い易さも大幅に向上させております。

不良セクタシミュレーション

■ [2010-0804] 不良セクタシミュレーション

[全エディション対応]
今までにないスキャンを実現いたしました。
近い将来発生する不良セクタを、先回りで検出いたします。
このような性質上、「故障前の事前的な予防交換」などに最適なスキャンです。

不良セクタレストレーション

■ [2010-0826] 不良セクタレストレーション

[全エディション対応]
大容量HDDに発生しがちな、軽微な不良セクタを修復することができます。
不良セクタシミュレーションをベースに開発したため、近い将来発生する不良セクタも修復対象です。

ヘッドレストレーション

■ [2011-0905] ヘッドレストレーション+SSD

[サポートエディション以上対応]
壊れかけHDD(SSD)を制御し、新しいHDD/SSDへセクタイメージを転送します。
いわゆる、物理解析を実施できる機能です。

ベンチマーク

■ [2010-0804] ストレージベンチマーク

[全エディション対応]
接続されております各ストレージの速度を計測いたします。
同時計測・単独計測をサポートいたしております。

S.M.A.R.T.ビュー

■ [2010-0804] S.M.A.R.T.ビュー

[全エディション対応]
ドライブの情報を細部まで表示いたします。

データ復旧

■ [2010-0804] 写真・画像データ復旧

[全エディション対応]
メンテナンス系に加え、データ復旧・修復機能をサポートいたします。
万一の場合も安心してご活用いただけます。

エコモード

■ [2010-0804] エコモード (ATAコマンド制御)

[全エディション対応]
ATAコマンドを多数発行できるインターフェイスです。
補助サポートが多数付属し、簡単にご利用いただける環境を整えました。
お気軽にご活用いただけたら幸いです。

データ転送グラフ化機能

■ [2010-0804] 転送レートグラフ化機能

[全エディション対応]
ストレージの転送レートをグラフ化する機能です。
お気軽にご活用いただけたら幸いです。

データ転送グラフ化機能

■ [2010-0804] シミュレーション解析設定

[プロエディション対応]
シビアな状況をテストできる各シミュレーションを実行できます。
メーカ・型番別に細かくパターン化され、最適なテスト・検査を実施します。
※ シビアな条件を要求される法人様向けの機能です。

故障予測ビュー

■ [2010-1103] 故障予測ビュー

[全エディション対応 制限モード(フリー)の場合は制限あり]
ドライブの故障予測情報を細部まで表示いたします。

故障予測スキャンモニタ

■ [2010-1103] 故障予測スキャンモニタ

[全エディション対応 制限モード(フリー)の場合は制限あり]
新しい「スキャン方式」の故障予測を実行いたします。

故障予測 S.M.A.R.T.情報モニタ

■ [2010-1103] 故障予測 S.M.A.R.T.情報モニタ

[全エディション対応]
従来のS.M.A.R.T.に対しまして、独自しきい値を採用した故障予測を提供いたします。

故障予測

■ [2010-1103] ストレージ故障予測

[全エディション対応]
S.M.A.R.T.および故障予測スキャンを自動化、万全な体制で予測を行います。
S.M.A.R.T.のみでは対応できない部分までしっかりサポートします。

バックアップ

■ [2010-1103] 緊急・定期バックアップ

[サポートエディション以上対応]
定期バックアップに加え、故障直前のデータも逃さない緊急バックアップを標準装備しております。
故障予測と併用し、メンテナンスフリーを確立します。

エコモード++

■ [2011-0905] エコモード++ (電力会社別管理&データ保護)

[全エディション対応]
電力会社別(電力需要)に合わせてHDD/SSDを制御し、節電とデータ保護を実現いたします。
お気軽にご活用いただけたら幸いです。

アドバンストデータ復旧

■ [2012-1017] アドバンストデータ復旧, 並列同時解析

[サポートエディション以上対応]
壊れたファイル構造からデータを復旧する論理解析を実施できます。
いわゆる、データ復旧ソフトウェアとなります。
万一の場合も安心してご活用いただけます。

■ [2013-0819] S.M.A.R.T.コンセンサス

[全エディション対応]
S.M.A.R.T.に、ドライブ故障予測のビッグデータ解析結果を適用いたします。
これにより精度の高い予測を実現いたします。

つなぎ復旧

■ [2014-0722] 不良セクタ危険予知

[サポートエディション以上対応]
物理障害の区間を上手く処理できる「不良セクタ危険予知」をサポートいたしました。
従来では先に進めなかった区間も、この機能で読めるようになります。

個人情報探索

■ [2014-0722] 個人情報探索, ファイル内部探索

[プロエディション対応]
個人情報を含むファイルを素早く内部まで探索いたします。
普段使われているパソコンの内部チェック、
または、これから持ち出すパソコンなどの内部状況把握にご利用ください。

ファイル名高速検索機能

■ [2014-0908] ファイル名高速探索機能, 頻度曖昧検索

[全エディション対応]
検索の度に検索用ツリーを生成し、高速検索いたします。
検索向けに、事前にキャッシュやインデックスを必要といたしません。
また、事前な仕掛け無しに、頻度を曖昧に検索する機能を追加しております。

■ [2016-0315] ホコリ前提復旧機能

[リカバリエディション以上対応]
動画サイトなどをみて、うっかり自分でドライブ(HDD)を開けてしまった・・ホコリ侵入前提のスキャン機能をご提供いたします。

■ [2016-0920] ベータ版 AI自動復旧機能

[サポートエディション以上対応]
データ復旧対象のドライブと、データの移転先をつなげるだけで自動的にデータ復旧が完了いたします。

■ [2020] 大幅に強化されたAI+BLOCKCHAIN 自動復旧機能

[サポートエディション以上対応]
データ復旧対象のドライブと、データの移転先をつなげるだけで自動的にデータ復旧が完了いたします。
自律的に稼働するブロックチェーンに、ドライブの状態を決める故障予測の情報を委ねます。
さらに、ブロックチェーンは世界中からドライブ故障に関する情報を集めてきますので、統計的にみても精度が大幅に向上する見込みです。

■ [2020] 大幅に強化されたヘッドレストレーション+SSD

[サポートエディション以上対応]
ドライブをセクタレベルで複製できる機能を大幅に強化いたします。
事前に壊れやすい区間が把握できれば、大幅に復旧率が向上することがわかっているため、ブロックチェーンを利用して、この制御を試みます。