FromHDDtoSSD Ver2.1系 [簡単&フリー]:フリーでデジカメ画像のデータ復旧

■ アクセス [ベスト 7]
1:□ ドライブ検査から自動データ復旧まで・・ FromHDDtoSSD Build 2820:最新版ダウンロード
2:データ復旧不能となる最大の要因1:認識可能なドライブを分解され、「*枚目のプラッタに傷がある」と・・?
3:データ復旧不能となる要因2:磁気ヘッドマップ作成およびヘッド切り替えができないため、対応不可?
4:検査はお断り?お客様実例からの、データ復旧サービスの実態について(検査はできないのに・・・復旧はできる?)
5:□ ドライブ故障統計(ビッグデータ):多角的な解析:フリーのストレージ故障予測 [S.M.A.R.T.のみでは厳しい]
6:大容量ドライブに関するデータ復旧の仕組み 機械学習スキャン(AI)による高い復旧率(最後までスキャン可能)
7:担当者ブログ ※ 2017年はAI完全自動ドライブ復旧システムおよび統計スキャンについて、まとめます。

ホームデータ復旧クラウド→謝辞→デジカメ画像のデータ復旧

■ [簡単操作] デジタルカメラ画像等向け:データ復旧ソフトウェア
画像に関しましては、フリーエディション(無料)で対応いたします。
また、データ復旧クラウド FromHDDtoSSDには「インストール不要版」がありますので、インストール不要で実行できます。
もちろん、サイズ制限等はありません。大きな画像も問題なく無料で対応いたしております。
HDD, SSD, SDカード, スマートフォン, 携帯電話、「何でもOK」です。お気軽にご活用ください。

※ 誤削除、論理障害、軽度の物理障害で読み出せなくなったドライブ、スマートフォン、携帯電話から、デジカメカメラ等の画像を復旧する機能となります。 なにとぞよろしくお願いいたします。

1, 誤削除、または障害を起こされたメディアをパソコンに接続いたします。
故障したメディアは、接続処理に時間を要します。十分なお時間(約3分)、必ずお待ちください。

2, FromHDDtoSSDを起動いたします。
インストール不要版を起動して頂けたら幸いです。
※ 32ビット版の方をお願いいたします(64ビット版OSでも動作いたします)。
64ビット版では、本機能が非サポートとなりました。Ver2.1以降の32ビット版であれば、問題なく対応いたしております。

画像フリー復旧_A

3, メニュー「詳細スキャン設定(または完全・詳細スキャン設定)」をクリックいたしまして、
データ復旧:シグネチャ直接書出 デジタルカメラJPEG を選択後、OKをクリックいたします。
※ その他のオプションに関しましても、同様の手順でご活用いただけます。

画像フリー復旧_B

4, 復旧対象ドライブにチェックを入れます。(ドライブ一覧の左端にありますチェックボックス)

画像フリー復旧_A

5, 中央にあります「詳細スキャン」をクリックいたします。本スキャン確認メッセージが出現いたしますので、「はい」をクリックいたします。

画像フリー復旧_B

6, 保存先を指定するダイアログボックスが出現いたしますので、保存先フォルダ(3番で作成されたもの)をご選択いただき、OKをクリックいたします。

画像フリー復旧_C

7, データ復旧が開始いたします。復旧されたデータは自動的に保存先フォルダへ書き出しされ、データが復旧いたします。あとは、待つだけです。

画像フリー復旧_D

8, 「作業完了」となりましたら、それをクリックいたしまして、作業を完了いたします。
このまま、ソフトウェアの方を閉じて下さい。

9, 障害メディアを解除し、外します。

10, データ復旧作業完了、お疲れ様です。一時は「消えた」と思われたデータとの再会です。

画像フリー復旧7