Drive Restoration: Operation Method Specialized for Bad Sectors and Head Damage with Duplicator Function
ドライブレストレーション 操作方法 不良セクタやヘッドの損傷に特化したデュプリケータ機能

4: Select the drive for data recovery
4番: データ復旧対象のドライブを選択

Drive Restoration cannot be processed simultaneously. Please select one target drive.
ドライブレストレーションは同時処理できません。復旧対象の1台をご選択下さい。

2: Start Drive Restoration
2番: ドライブレストレーションが開始

Detailed Scan combines several features into one.
詳細スキャンは複数の機能を一つにまとめております。

1: Display the drive targeted for data recovery
1番: データ復旧対象のドライブが表示

Clicking the button on the right side will display the S.M.A.R.T. view of this drive.
右側にあるボタンをクリックいたしますと本ドライブのS.M.A.R.T.ビューが表示されます。

Perform a preliminary inspection to protect the drive
事前検査を実施しドライブを護ります

3: Execute the preliminary inspection. If checked in
2: If the inspection is passed, the process will move directly to restoration.
3番: 事前検査を実行いたします。
2番にチェック: 検査をパスした場合はそのままレストレーション処理に移行します。

8: Select the clone drive to be used for transfer
8番: 転送先とするクローンドライブを選択

Drives with transfer permission marked as 〇 can be used as the destination. Drives with area information will be excluded from the destination for safety reasons.
転送先許可が○になっているドライブが転送先としてご利用いただけます。領域情報を持っている場合 安全のため転送先から除外されます。

6: Display the S.M.A.R.T. view of the destination drive
6番: 転送先ドライブのS.M.A.R.T.ビューを表示

7: Start the read test. Please confirm the access lamp here to ensure the correct drive is targeted.
7番で読み取りテストを開始します。ここでアクセスランプのご確認ができるようになっておりますので対象ドライブをしっかりご確認ください。

4: Start Drive Restoration
4番: ドライブレストレーションを開始

This process is time-consuming, so please be patient.
お時間を要しますのでじっくりご対応をお願いいたします。

9: The condition of the drive targeted for data recovery
9番: データ復旧対象のドライブ状況

Even if the automatic adjustment shifts to the left, continue scanning.
自動調整で左寄りに下がってもそのままスキャンを続行させてください。

10: Progress of Data Scan
10番: データスキャンの進行状況

This shows that the data scan is progressing. The sectors scanned are transferred directly to the clone.
ここが順調に伸びてきますとデータスキャンが進行している事を示します。クローンに直接転送しておりますので進行した分はセクタイメージがクローンに転送されております。

11: Operation log
11番: 動作ログ

In the installed version, this log is automatically stored and used for support.
インストール版では自動的にこのログが保管されており、サポートなどに活用しております。

12: Feature to set start resume
12番: 開始レジュームを設定できる機能

If stopped midway, it can be resumed from this resume, and will be forcibly terminated with 14.
途中で停止した場合はこのレジュームより再開でき、14番で強制終了いたします。

13: Graphical display of operational status
13番: 動作状況をグラフ化

Displays the scan results and drive temperature. Blue indicates successfully scanned sectors, red indicates unreadable sectors (error correction impossible), and white indicates sectors requiring retry.
スキャン結果とドライブ温度を表示しております。青色が正常にスキャンできた分、赤色が読み書き不能セクタ(エラー訂正不能)分, 白色が再試行要求区間分となります。

Physical Analysis (Drive Restoration)
物理解析(ドライブレストレーション)

1, A computer capable of long-term operation
長時間稼動できるパソコン
2, Destination drive for writing
書き出し先ドライブ

Especially important is “long-term operation”. This process is time-consuming, so it’s advised to be done on a dedicated computer.
特に「長時間稼動」が重要です。この作業はお時間を要しますので、専用のパソコンで実施をお願いいたします。

[ Operation Method 1 ], Physical Analysis: Pre-check before initiating Drive Restoration
[ 操作方法 1 ], 物理解析:ドライブレストレーションを起動前の確認

From the menu, open ‘Complete & Detailed Scan Settings’. Select ‘Data Recovery: Physical Analysis Drive Restoration’.
メニューから、完全・詳細スキャン設定を開きます。「データ復旧: 物理解析 ドライブレストレーション」を選択いたします。

[ Operation Method 2 ], Physical Analysis: Initiating Drive Restoration
[ 操作方法 2 ], 物理解析:ドライブレストレーションを起動する

Connect the drive targeted for data recovery and the writing destination drive to the working computer. It doesn’t matter whether they are connected externally or internally.
データ復旧対象のドライブと、書き出し先ドライブを作業用パソコンに接続いたします。外付接続・内蔵接続、どちらでも構いません。

Next, conduct HDD (SSD) Forced Promotion. This ensures the software recognizes the drives as HDD (SSD) and controls them accordingly. From the menu, go to ‘Recognized Drive Settings’, click ‘Initialize Settings’ for each drive. Then, check both recovery target and writing destination and click ‘HDD Forced Promotion’.
次にHDD(SSD)強制昇格を実施いたします。 これにより本ソフトウェアが相手を確実にHDD(SSD)として認識し、 出来る限りそれに沿う制御を実施いたします。メニューから「認識ドライブ設定」に入り、各ドライブの設定初期化をクリックいたします。 そして復旧対象・書き出しの両方にチェックを入れ「HDD強制昇格」をクリックいたします。

After selecting the recovery target, click ‘Detailed Scan (central button)’.
Physical Analysis: Drive Restoration begins.
復旧対象を選択後、「詳細スキャン(中央のボタン)」をクリックいたします。
物理解析:ドライブレストレーションが起動します。

[A, Drive Restoration: Target Drive Name]
The name of the drive targeted for Drive Restoration is listed. When initiating Drive Restoration, the drive selected from the top list becomes the target drive. To switch target drives, end the current Drive Restoration, reselect from the list, and restart.
[A, ドライブレストレーション:対象ドライブ名]
ドライブレストレーションを行う対象ドライブ名が記載されております。 ドライブレストレーションを起動する際、トップのリストから選択されたドライブが対象ドライブとなりますので この対象ドライブを切り替える場合はドライブレストレーションを一旦終了いたしましてリスト内のドライブを再度選択し起動いたします。

[B, Feasibility Test Execution]
A test equivalent to the initial investigation of data recovery services is conducted. We scan to determine whether the Drive Restoration can handle the issue.
[B, 対応可否検査実施]
データ復旧サービスの初期調査に相当する検査を実施いたします。実際にスキャンいたしまして、ドライブレストレーションにて対処できるかどうか判断いたします。

[C, Start Drive Restoration]
If the feasibility test allows continuation, Drive Restoration can begin.
[C, ドライブレストレーションを開始]
対応可否検査にて続行可能判断の場合ドライブレストレーションを開始することができます。

[D, Current Disk Status]
The “Current Disk Status” located near the center is explained. The status is calculated simultaneously with scanning and displayed as a progress bar. Control related to status fluctuation is ‘fully automatic’, so please continue even in unstable cases.
[D, 本ディスクの状態]
中央付近にございます”本ディスクの状態”を説明いたします。スキャンと同時に状態を計算し、それをプログレスバーにして表示いたしております。状態変動に関する制御は「全自動」ですので不安定なケースにおいても続行をお願いいたします。

[E, Scan Progress Status]
The current scan status is displayed on the progress bar.
[E, スキャン進行状況]
現在のスキャン状況を進行バーにて表示いたしております。

[F, Data Recovery Process & Communication Log]
Displays details of the inspection and Drive Restoration work.
[F, データ復旧処理&通信ログ]
検査および、ドライブレストレーションの作業詳細を表示いたしております。

[G, Display of Thermometer & Control Status] Graphically displays the scan status. Current temperature, average temperature, current scan status, temperature trend, and danger indicators are displayed at once. Please pay attention to the temperature. (Other elements are automatically controlled)
[G, 温度計&制御状況の表示]
スキャンの状況をグラフィックにて表示いたします。 現在温度、平均温度、現在のスキャン状況、温度推移、危険指標を一度に表示いたします。温度に注意していただけたら幸いです。(それ以外の要素は自動制御です)

[H, About Control Status Details]
The color of the square to the right of “Thermometer & Control Status Display” gives a provisional status. The accurate status is determined after the completion of Drive Restoration. The horizontal bar indicates the condition of the head for the scanned sectors. If the head condition is poor, even if the scan is successful, the rating will be yellow or lower. The white bar at the bottom shows the number of intervals instructed for rescanning, which is used to re-read and improve the data recovery rate. (Automatically controlled)
[H, 制御状態の詳細に関しまして]
「温度計&制御状況の表示」の右にある四角形の色で暫定的な状態が分かります。正確な状態はドライブレストレーション完了後の色となっております。 横に伸びるバーに関しましてはスキャンいたしましたセクタに対するヘッドの状況となります。ヘッドの状況が悪い場合はスキャンに成功いたしましても黄色以下の評価が下されます。なお一番下の白いバーは再スキャンが指示された区間数を示しておりましてこれにより再度の読み取りを行い、データ復旧率を上げていく仕様となっております。(自動制御です)

If it’s “green” after Drive Restoration completion, the recovery rate is “almost 100%”.
ドライブレストレーション完了後に”緑”ですので復旧率は”ほぼ100%”です。

This one is “yellow”. In such cases, a separate scan is executed after the first scan.
こちらは”黄色”です。このような場合はスキャンの後に別途スキャンが実行されます。

Even if the test completion is yellow or lower (such as red), it’s not a problem. The process will proceed as is.
検査完了後が黄色以下(赤など)でも問題ございません。そのまま実行に移ります。

[ Operation Method 3 ], Drive Restoration Drive Check (Drive Detail Information)
[ 操作方法 3 ], ドライブレストレーションのドライブ確認 (ドライブ詳細情報)

To avoid selecting the wrong drive, detailed information can be checked. Click ‘Check Detailed Information’ next to the target drive or transfer destination drive. You can check the details of the recovery target and data output destination with the “S.M.A.R.T. view”.
ドライブの選択ミスをなくすため、詳細情報を確認できる形となっております。 対象ドライブまたは転送先ドライブの隣にある「詳細情報を確認」をクリックいたします。復旧対象および、データ出力先の詳細を”S.M.A.R.T.ビュー”でご確認いただけます。

The S.M.A.R.T. view itself has been expanded to visually check “area information”. This helps understand the actual used partition information, preventing selection mistakes for the output destination. With all the drive information displayed, you can be assured.
S.M.A.R.T.ビュー自体を拡張いたしまして、”領域情報”を視覚的にご確認いただける仕様となっております。 これにより、実際に使われているパーティション情報が分かるため、出力先の選択ミスを防ぐことに繋がります。ドライブの全情報が表示されておりますので、ご安心いただけると考えております。

[ Operation Method 4 ], Feasibility Test Execution (Determining Feasibility)
[ 操作方法 4 ], 対応可否検査実施 (対応できるかどうか判断)

Now we move on to initiating Physical Analysis (Drive Restoration). We will explain step by step.
いよいよ物理解析(ドライブレストレーション)の起動へ移行いたします。順に追って説明いたします。

[Feasibility Test Execution]
Conduct a feasibility test to check whether physical analysis is possible.
[対応可否検査実施]
対応可否検査実施を実施し物理解析が可能かどうかの検査を行います。

We have equipped a check for automated transition from feasibility test to Drive Restoration and a ‘Resume Function’ that allows restoration to be resumed midway.
対応可否検査からドライブレストレーションへの移行を自動化するチェックと 途中からレストレーションを再開できる「レジューム機能」を備えました。

[Testing in Progress…]
The process proceeds automatically. The progress is displayed on the progress bar. “Thermometer & Control Status Display” shows the progress of the test and is updated in real-time.
[検査実行中…]
自動で処理が進みます。その経過がプログレスバーに表示されます。”温度計&制御状況の表示”には検査経過を示す内容が表示され、随時更新されます。

[Test Completion]
Once the test is completed, we move to ‘Physical Analysis: Drive Restoration’.
[検査完了]
検査が完了いたしますと「物理解析:ドライブレストレーション」の実行に移ります。

[ Operation Method 5 ], Physical Analysis: Executing Drive Restoration
[ 操作方法 5 ], 物理解析: ドライブレストレーションを実行

[Physical Analysis (Drive Restoration Execution): Final Confirmation]
Proceed to execution with ‘Start Drive Restoration’. Clicking ‘Yes’ starts the process, so please confirm the image output destination.
[物理解析(ドライブレストレーション実行):最終確認]
「ドライブレストレーションを開始」にて実行に移ります。”はい”をクリックいたしますと実行開始となりますので、イメージ出力先の確認をお願いいたします。

[Physical Analysis (Drive Restoration): In Progress]
All that’s left is to wait. Please wait until it’s completed.
[物理解析(ドライブレストレーション):実行中]
あとは待つだけです。完了までそのままお待ちください。