次世代データ復旧サービス

■ データ復旧事業部
新開発 壊れかけのドライブが破壊される原因を回避する仕組み:自動制御(MODIFIER)
https://www.iuec.co.jp/recovery_view/

DIRECTSCAN[2012] → 並列同時解析[2015] → 故障統計[2017] → 自動制御(MODIFIER)[2022]
「ブロックチェーン データ復旧技術の融合 (BLOCK_HASH_MODIFIER)」
※ ブロックチェーン(bitcoin)の自動処理をヒントにして開発できました。ありがとうございます。
※ 復旧率は50%が限界? いいえ。自動制御(MODIFIER)による「低コスト」で90%以上を出します。
※ ご相談、お申し込みはこちら:https://www.iuec.co.jp/recovery/form.html

□ データ復旧サービス 成功事例
症状、お問い合わせ内容、採用技術、お見積、作業内容をすべて「公開」
https://www.iuec.co.jp/recovery/2/

■ ドライブ検査、データ復旧ソフトウェアの開発 https://www.iuec.co.jp/fromhddtossd2s/
2008年(構想) - 2009年(v1リリース)より、現在(2021年)まで、改良を重ねております。
※ 2016年9月より「ブロックチェーン」開発に集中したために、こちらの開発が一時休止しておりますが 「BLOCK_HASH_MODIFIER」の検証期間(2021年7月から2022年1月まで)に入りましたので、FromHDDtoSSDの開発を再開いたします。

※ 何が変わるのか。 それは、「手動設定」が「すべて」なくなります。設定自体を取り除きます。立ち上げるだけの自動にお任せください。


□ FromHDDtoSSD ドライブ検査機能
インストール不要ですぐに起動、広告等なし、永続フリーでドライブ検査
ブロックチェーンにある楕円曲線暗号のsecp256k1に確率論・統計処理を独自に投入し、心臓部を更新中
※ 巨大な整数の四則演算が高速で可能となるため、暗号分野以外でも、重宝しております。
https://www.iuec.co.jp/fromhddtossd2s/badsim.html
Windows向け 64ビット インストール不要版 (Windows10 - Windows2000まで幅広く対応)


□ FromHDDtoSSD データ復旧機能搭載
国産・買い切り[インストール複数台OK、バージョンアップ無料]・データ復旧ソフトウェア
https://www.iuec.co.jp/fromhddtossd2s/


□ Sora neko ブロックチェーン コアの開発
[PoW(Scrypt)/PoS(Stake)/BLOCK_HASH_MODIFIER(Lyra2REv2/Lyra2RE/SHA256D/Blake2s)]
ブロックチェーンの開発を通じて、新しい開発のための知見を見出しております。ありがとうございます。
※ 3承認目のロジック「BLOCK_HASH_MODIFIER」は、まだ検証中(testnet)です。
※ mainnetの有効化は、ブロック高(720000)からとなります。v3.28.10以降が必須となります。
https://www.iuec.co.jp/blockchain/

○ 更新履歴 ○
2021-07.19
「偽」の作業報告書等などへの対策を大幅に強化(>> こちら)いたしました。
(作業報告書から、統計スキャン、故障予測、自動復旧等)
2021-07.11
データ復旧サービス お持ち込み「その場で初期診断」の再開については、
8月23日(月)です。なにとぞよろしくお願いいたします。
2021-06.12
データ復旧サービス [modifier適用]:
復旧率を限りなく上げる「DIRECTSCAN / 並列同時解析」のデータ再構築以降に関する自動化に成功いたしました。
2021-06.08
お支払い方法:暗号資産(暗号通貨、仮想通貨)による決済について、一時休止いたしました。
2021-06.07
ブロックチェーン データ復旧技術(BLOCK_HASH_MODIFIER)
ジェネシスを生成いたしました。あとは、各機能を「組み込んでいくだけ」です。
testnetを中心に追加していき、mainnetを一気にハードフォークする方針です。

物理障害データ復旧 技術パートーナー様:
高精度かつ高度な工場設備(群馬県、埼玉県)を復旧に活用可能!:データクラッシュ復活センター