最先端データ復旧サービスの開発・ご提供 with Web3.0/NFT ブロックチェーン HDD SSD/NVMe RAID SQL 完全対応

◇ 最先端データ復旧サービスの開発(ビッグデータおよびWeb3.0/NFTを活用)および、ご提供
2016年にドライブスキャンの細分化Δに着手し、2021年に最先端Web3.0/NFTを活用した処理に移行。
以下動画は「Web3.0/NFT ブロックチェーン版」による「完全自動制御のディレクトリ再構築」です。

IUECデータソリューションセンターにアクセスして頂き、誠にありがとうございます。
HDD SSD/NVMe M.2 サーバ NASを専門とするデータ復旧・データ解析を専門に扱っております。
現在の高度かつ高密度なドライブのデータ復旧には、高精度なソフトウェアの開発技術が不可欠です。
そこで、復旧技術も「手作業よる復旧」から「Web3.0/NFT 自動復旧技術の開発」への移行
が必須です。

データ復旧は「歪み(ゆがみ)」の処置が大切です。ここに着目して復旧率を向上します。
HDDは「経年劣化によるプラッタの歪み」でエラー多発、SSD/NVMeは「しきい値の歪み」で読み取り不安定、となります。 適用されるデータ復旧技術が異なるため、しっかり別々に開発を実施いたしております。

■ HDDの歪みに対処 [>> Data_Platter&Investigation技術]
プラッタが歪んでも、エラー訂正のしきい値は定まっているため、速度におけるXY平面の面積分の正負から制御いたします。

■ SSD/NVMeの歪みに対処 [>> i-sector技術]
壊れるとしきい値が歪みます。そのため、データが取れてくると急激に速度が低下する性質があります。 何もしないとすぐに0で止まるため、その作用を場にしてから、復旧経路の出入りを測定する手法で制御いたします。

◇ 高度な復旧を実現する復旧装置やソフトウェアは100万円以上するはず……?
Web3.0/NFT ブロックチェーンによる技術革新により、高価になる「サーバ管理費用」が不要になりました。 本来は、そのようなサポートが必須となる背景から、このような復旧装置は非常に高額(80~100万円以上)で、海外製となります。 ブロックチェーンはP2Pと完全自動なコンセンサスによる非中央制御を実現していますから、このような高額設備が不要となります。 そして自社開発により安心な国産なうえ、低コスト(100分の1程度)を実現しております。 買い切り型でバージョンアップ費用がない点を実現できた理由も、これです。

■ 操作方法について(FSエディタにより、大部分の自動化に成功):[>> 開発履歴]

1, >> 誤削除からのデータ復旧
ディレクトリ構造解析で、簡単に復旧します。

2, >> 誤フォーマットからのデータ復旧
領域解析(クラスタスキャン)を活用いたします。

3, >> 領域解放からのデータ復旧
クイック領域解析で領域シグネチャを復帰後、ディレクトリ構造解析で、復旧します。

4, >> 論理障害からのデータ復旧
ディレクトリ構造解析で、簡単に復旧します。

5, >> 物理障害軽度からのデータ復旧
Web3.0/NFT ブロックチェーンを駆使して、システムリカバリの一種となる解析で安全に復旧します。

6, >> SSD/NVMeの物理障害中度~重度(かろうじて認識を保てる状態)からのデータ復旧
Web3.0/NFT ブロックチェーン i-sectorの解析で復旧します。

以下、Web3.0/NFT構想前の、初期のころの機能です。ここから、自動復旧を経て、ブロックチェーンを取り入れました。

2022年、Web3.0/NFT ブロックチェーン版で、ドライブの制御もコンセンサスに進化します。
これにて、自動的に復旧率が向上していくブロックチェーンが完成する、Web3.0/NFTとなります。
ブロックチェーンは幅広い用途に応用できるため、多種に渡る基幹技術になっていくことでしょう。

HD機能と、ドライブスマートコントラクト(データベース版)が気になりますか?
まずHD機能は、Build:5505より正式に搭載いたしました。
※ HDの鍵差分処理を応用して、完全復元型を開発・導入いたしました。 そこでセキュリティの確認(secp256k1のweakaddが気になってます。 複雑そうにみえて実際の処理は、be32した定数コンテナを、ターゲットに加えている「だけ」でした)です。 ドージコインを埋め込んで調査いたします。
※ 次に、Web3.0/NFT ブロックチェーンによる自動管理……ドライブスマートコントラクトです。
ブロックチェーンのアドレスはSから始まりますが、こちらは0xから始まります。
※ OP_RET方式は「故障統計」のみを扱いますが、様々な情報を乗せられる仕組みに進化します。

◇ 以上より、すべて自社開発です。よって……、「国産」かつ「自社開発」になりました。
※ ブロックチェーンについても、全コード「チェック済み」です。

次は、FromHDDtoSSD v2からある S.M.A.R.T. コンセンサスです。

■ 破損の激しいドライブを的確に制御:S.M.A.R.T.とクリーンルーム作業から、データ復旧サービスへ

□ 複雑な故障を統計から導き、状況に合わせた多様な解析により、ドライブの制御を実施
※ データ復旧作業のリスクを理論的(統計)に低減し、大事なデータを守ります。
※ 故障統計のデータマイニングにより、先の状態を論理的に計算でき、復旧速度を高める事ができます。
この利点が大きいです。
※ 成功基準となる復旧率(どの程度復旧できたか)も9割以上(平均:90%~100%)を目安といたしております。
※ 並列解析、不良セクタのエラー訂正を駆使いたしまして、1バイトでも多くデータを救出いたします。

データ復旧サービス
データが消えてしまったパソコンが起動できない、RAID / NASにアクセスできない その際のサービスです。

データ解析サービス
組み込みのコンピュータが短期間で論理障害を起こしてしまう、操作が遅延する等、その解析のサービスです。

■ クラス100クリーンルームを利用可能: 物理障害からのデータ復旧,データ修復に対応

ハードディスクが物理的に故障した場合は、 クラス100クリーンルームを活用し、ドライブを開封して修理する必要があります。 弊社では本作業に2005年より対応しておりまして、 どんな形式のドライブでも確実に修理することができます。 熟練のエンジニアが担当いたします。

※ 物理障害(ハードウェア復旧方面)にも、問題なく対応いたしております。
※ 弊社にて撮影されたことを示すため、 中央画像では「3.5インチ型ハードディスク」を手に持って撮影しております。
※ 以前の業界より30年以上のお付き合い、 株式会社トクホウ様(法律に基づく表示)にご協力いただき、実現しております。

ドライブ検査・解析・データ復旧 FromHDDtoSSD
ドライブ検査および壊れかけドライブの制御と、ファイル構造の再構築およびデータ復旧をリアルタイム処理

□ Web3.0/NFT ブロックチェーン対応 ドライブ検査、故障予測、データ復旧ソフトウェア

故障統計を活用する「ミリセカンド検査」(詳細は以下の画像をクリック)

Web3.0/NFT ブロックチェーンを活用するドライブ検査「i-sector」(詳細は以下の画像をクリック)

□ ドライブ検査およびデータ復旧をコンセンサス付きの総合環境で。今すぐダウンロード!

>> Web3.0/NFT ブロックチェーン版 FromHDDtoSSD ドライブ検査・データ復旧 ダウンロード

論理的に計算された完全スキャンから、 壊れ具合の統計を利用するストレージ故障予測、ドライブ故障統計より状態計算しながら最適な制御を行うことが可能なデータ復旧機能、 個人情報の記録状況を探索して自分のコンピュータの安全性を評価できる機能が加わります。

データ復旧サービスの技術を生かした、ストレージ故障予測をメインとするソフトウェアをご用意いたしております。 故障予測機能の他、セクタレベルの詳細な調査、不良セクタの予測と修復、ヘッド機能回復処置などを備えております。

ドライブ故障予測ではS.M.A.R.T.と呼ばれる自己診断機能を組み合わせるのが一般的ですが、予測が当たりません。 そこで、S.M.A.R.T.では得られない色々な各要素を組み合わせ、接続されておりますHDD/SSD/フラッシュメモリ/RAIDを一括監視できます。

□ 完全スキャン&高速リニアスキャン&統計スキャン

※ セクタレベルのスキャンに加え、プラッタ歪み等の影響を把握できる「動作安定度」を測ります。
※ 簡易的に初期不良を検査できる高速スキャンを備えます。初期不良を判断したいケースにお勧めです。
※ 最適化された並列処理により、複数のHDD/SSDを同時にスキャンできます。フリーで問題なく対応いたします。
※ ビッグデータ・データマイニング採用の統計スキャンをVer2.1 Build:2250よりサポートいたします。

□ ストレージ故障予測機能:温度計&バックアップ機能&各ストレージに対する「故障予測ビュー」

※ 最適化された並列処理により、複数のHDD/SSDに対する故障予測を、同時に実行する事ができます。
※ 自動バックアップ(ミラーではなく、差分)を実行する事ができます。また、緊急バックアップ機能も備えます。
※ ビッグデータを採用し、ストレージ故障予測精度を向上させ、Build:2250より、さらにデータマイニングが加わります。

□ 復旧スキャンアルゴリズムを利用し、不良セクタ増加傾向を把握&不良セクタを修復する機能

※ 気が付かずに増殖する「不良セクタ」の候補を一つ一つスキャンし、調査いたします。いわゆるビット腐敗を探します。
※ 不良候補が確定すると、下のグラフへ「黄色・紫・赤」にて表現される仕組みを採用しております。交換の目安にご利用ください。
※ スキャン時間を短縮する「解析ゲージ」が付属いたします。この短縮の仕組みは、常時故障予測に応用されます。
※ 不良と判断されたセクタを早めに修復いたしまして、セクタ代替で元に戻す不良セクタ修復機能を備えます。
※ 最適化された並列処理により、複数のHDD/SSDをシミュレーション・または修復できます。

大容量ハードディスクでは、僅かに不良セクタが出てしまうケースが結構ございます。 これを修復できるのが「不良セクタレストレーション」です。 不良セクタレストレーションにて修復し、HDDをより長くご活用いただけたら幸いです。

□ ドライブ固有情報を取得 S.M.A.R.T.ビュー機能

※ 最新の資料を拝見いたしまして、ドライブの固有情報を再現いたします。S.M.A.R.T.情報に関しましても取得いたしております。
※ エコモード機能にて、特殊なATAコマンド(節電・静音)を送付することができます。
※ お客様の環境に合わせて、ストレージ予測機能を調整する事ができます。
※ ストレージ故障予測の状況をメールにて通知する機能も付属しております。

ドライブの情報を見るには、ドライブリスト内のドライブ名をダブルクリックいたします。

□ データ復旧機能:アドバンストデータ復旧(論理解析), つなぎ復旧, ホコリ前提復旧

※ 壊れますと、読めそうで読めないHDDが多く、スピンアップは正常なのに、読み出せない物理障害をターゲットにしております。
これは、ヘッドが機能低下するケースに該当し、これを解決するためヘッドレストレーションを搭載いたしました。
※ 各社バックアップソフトウェアに見放されてしまった場合を解決する最終手段として開発いたしました。
※ ファイルシステムの解析を行うデータ復旧機能を搭載いたしました。
※ この先に出現する不良セクタのリスクを計算し、それらに遭わないように最適化する「つなぎ復旧」を搭載いたしました。

□ ファイル転送機能: 大事なファイルを暗号化で送信・受信
※ 2022年夏、サービスを再開いたします。ブロックチェーン技術の暗号を活用する安心な仕上がりです。

※ 無料かつ登録不要、自動で圧縮・展開・暗号化・復号、最大5.0GBまでの同時転送に対応いたします。
※ 万一、誤ったデータを転送してしまった場合に備え「削除機能」が備わっております。
※ ブロックチェーンのデータ運用ノウハウをファイル転送サービスに応用しております。
※ 有料版では最大25.0GBに対応いたします。ビジネス向けにご検討いただけますと幸いでございます。
※ 暗号化が必要な重要なデータを、メールによる添付で送るのは絶対に避けましょう。

□ ストレージ検査、ストレージ故障予測、ファイルシステムに関する解析
※ 難しいご案件に関しましても、出来る限りの解析を行います。

1台ずつ調査を行いまして、ドライブの状態を記録・解析いたします。
※ データ復旧サービスの技術ノウハウを生かしております。
※ 個別にソフトウェアを開発いたしまして、手の届きにくい場所にも問題なく対応いたしております。

□ 過去に削除されたファイルを含め、個人情報が含まれていたかを調査
※ Wen3.0/NFT ブロックチェーン版の方で、大幅強化いたします。(抹消機能が加わります)

※ 並列処理を利用し、残存する「個人情報」を探索いたします。
※ ごく一部でも個人情報が検出されますと、そのファイルが検出結果として出てくる仕組みです。
過去に削除されたファイルについても、個人情報の検出対象です。

□ ファイル名高速検索

※ データ復旧サービスにて、使用頻度の高いファイルを優先して復旧するために、この機能を搭載しております。

□ S.M.A.R.T.コンセンサス

※ 従来のS.M.A.R.T.を拡張し、予測精度を大幅に向上させたビッグデータ利用の機能です。

□ 不良セクタレストレーション(不良セクタ修復)

※ 不良セクタが発生して使用不能となったドライブを、再利用可能な状態まで修復いたします。
学習スキャン(R.E.C.O.A.I._人工知能)を採用いたしまして、毎回変化する不良セクタに柔軟対応しつつ修復いたします。
※ 近い将来、不良化が見込まれるセクタも修復いたします。早い段階で手を打ちまして、悪化するのを防ぎます。

全メーカ・全ドライブ・全症状に対応: データ復旧サービス
※ 壊れたドライブ(HDD/SSD/NVMe/RAID/Server/DB)から、データを復旧するサービスです。
>> ドライブの解析を重視するデータ復旧サービス
>> データ復旧技術開発の過程です。一つ一つ、部品を組むように仕上げております。

○ 更新履歴 ○
2022-5.16
FromHDDtoSSD v3 国産 ドライブ検査&データ復旧 Web3.0/NFT ブロックチェーン版 Build: 5551 をリリースいたしました。 こちらです。
※ スマートコントラクト向け トランザクション参照用の「sorascan」を実装(内蔵)いたしました。
2022-5.12
FromHDDtoSSD v3 国産 ドライブ検査&データ復旧 Web3.0/NFT ブロックチェーン版 Build: 5547 をリリースいたしました。 こちらです。
※ 量子耐性を採用したスマートコントラクトに、Token Locatorを搭載いたしました。処理が高速化しております。
2022-5.11
FromHDDtoSSD v3 国産 ドライブ検査・ドライブ修復・AI自動データ復旧機能
オフライン実行版生成サーバ(dl.fhs-register.com)をオープンいたしました。
こちらです。
※ 5月下旬、稼動いたします。サポートエディション以上をお持ちの方向けのご提供となります。
2022-5.10
FromHDDtoSSD v3 国産 ドライブ検査&データ復旧 Web3.0/NFT ブロックチェーン版 Build: 5546 をリリースいたしました。 こちらです。
※ 量子耐性を採用したスマートコントラクトに、詳細なエラーメッセージ(reason)を追加いたしました。
2022-5.09
FromHDDtoSSD v3 国産 ドライブ検査&データ復旧 Web3.0/NFT ブロックチェーン版 Build: 5545 をリリースいたしました。 こちらです。
※ 量子耐性のスマートコントラクトを実装いたしました。
2022-5.06
Web3.0/NFT ブロックチェーンに関する技術的なコンテンツを開始いたしました。
こちらです。
※ ブロックチェーンは、あくまで「技術面」が重要です。 あちらを転がすのに夢中になり、こちらを忘れがちになってそう(^^;なので、しっかりと、やりましょう。
2022-5.03
FromHDDtoSSD v3 国産 ドライブ検査&データ復旧 Web3.0/NFT ブロックチェーン版 Build: 5539 をリリースいたしました。 こちらです。
※ GUIの使いにくい箇所に対する改良(アドレスの取得などを別ウィンドウに移行等)を実施いたしました。
2022-4.27
FromHDDtoSSD v3 国産 ドライブ検査&データ復旧 Web3.0/NFT ブロックチェーン版 Build: 5532 をリリースいたしました。 こちらです。
※ NFT用ドライブスマートコントラクト(symbol: QSORA)をオープンいたしました。Balanceとセットで表示いたします。
2022-4.26
FromHDDtoSSD v3 国産 ドライブ検査&データ復旧 Web3.0/NFT ブロックチェーン版 Build: 5531 をリリースいたしました。 こちらです。
※ 量子耐性用の鍵で、ドライブスマートコントラクト(symbol: QSORA)を処理するための事前準備を実装いたしました。 ブロックチェーン(SORA)はWeb3.0、ドライブスマートコントラクト(QSORA)はNFTを担当いたします。
※ そして次は「Residue-chain」です。これは、同期前のトランザクション処理を可能とするライトニングネットワークを担当いたします。
2022-4.25
FromHDDtoSSD v3 国産 ドライブ検査&データ復旧 Web3.0/NFT ブロックチェーン版 Build: 5530 をリリースいたしました。 こちらです。
※ 「暗号のメモ帳」のエディタについて、横スクロールから折り返しに変更いたしました。
※ 量子耐性用の鍵をサポートいたしました。まずは「Sign(署名) / Verify(第三者検証)」です。
サンプルは弊社ブログのこちらです。
2022-4.18
採用情報を更新いたしました。
2022-4.15
FromHDDtoSSD v3 国産 ドライブ検査&データ復旧 Web3.0/NFT ブロックチェーン版 Build: 5529 をリリースいたしました。 こちらです。
3n+1演算器の2回目以降の実施で、結果表示の更新が遅れる点を修正いたしました。
また、ドライブスマートコントラクトのアドレスに量子耐性を導入するロジックを組み込む準備を実施いたしました。 まだ修正が効きやすい、新しく導入するものから、量子耐性を試していきます。
※ 新しいブロックチェーンOPコードを追加せずに試す(OPコードを追加の場合はハードフォークが必須のため)方向性から開始です。
2022-4.14
FromHDDtoSSD v3 国産 ドライブ検査&データ復旧 Web3.0/NFT ブロックチェーン版 Build: 5528 をリリースいたしました。 こちらです。
※ ビットコイン独自実装のsecp256k1を利用した3n+1演算器を搭載いたしました。START,STOP,そして「2つの入力欄」があります。 ここで、左が「2のべき乗数」、右が「そこからの計算数」です。 2の180乗から+0 - +1000までの設定がデフォルト値として入力済みです。 計算すると、上の出力に対象数および計算数(counter)が並びます。下の出力は計算過程です。
2022-4.13
FromHDDtoSSD v3 国産 ドライブ検査&データ復旧 Web3.0/NFT ブロックチェーン版 Build: 5527 をリリースいたしました。 こちらです。
※ Web3.0機能 第二弾:ブロックチェーンを活用する「暗号のメモ帳」"Rescan"の自動調整(高速化)に対応いたしました。
2022-4.12
FromHDDtoSSD v3 国産 ドライブ検査&データ復旧 Web3.0/NFT ブロックチェーン版 Build: 5526 をリリースいたしました。 こちらです。
※ Web3.0機能 第二弾:ブロックチェーンを活用する「暗号のメモ帳」機能 自動圧縮、自動展開に対応いたしました。 これにより最大格納文字数が増加、英語 30,000文字→65,000文字、日本語 15,000文字→35,000文字まで対応可能となりました。
2022-4.11
FromHDDtoSSD v3 国産 ドライブ検査&データ復旧 Web3.0/NFT ブロックチェーン版 Build: 5525 をリリースいたしました。 こちらです。
※ Web3.0機能 第二弾:ブロックチェーンを活用する「暗号のメモ帳」機能 一部改善(Windows11 文字コード周辺)いたしました。
2022-4.10
FromHDDtoSSD v3 国産 ドライブ検査&データ復旧 Web3.0/NFT ブロックチェーン版 Build: 5523 をリリースいたしました。 こちらです。
※ Web3.0機能 第二弾:ブロックチェーンを活用する「暗号のメモ帳」機能をサポートいたしました。 最大格納文字数は、英語 30,000文字、日本語 15,000文字まで対応可能です。
2022-4.6
FromHDDtoSSD v3 国産 ドライブ検査&データ復旧 Web3.0/NFT ブロックチェーン版 Build: 5516 をリリースいたしました。 こちらです。
※ HDのrescanを最適化いたしました。ブロックチェーンを再同期せずに、その場で高速にて完全復元いたします。
2022-4.3
FromHDDtoSSD v3 国産 ドライブ検査&データ復旧 Web3.0/NFT ブロックチェーン版 Build: 5512 をリリースいたしました。 こちらです。
※ HDのDecryptをサポートいたしました。その他、調整も実施しております。
2022-3.30
FromHDDtoSSD v3 国産 ドライブ検査&データ復旧 Web3.0/NFT ブロックチェーン版 Build: 5508 をリリースいたしました。 こちらです。
※ HDのパスフレーズ変更機能および、ドライブスマートコントラクトのアドレス生成および取得をサポートしました。
2022-3.28
FromHDDtoSSD v3 国産 ドライブ検査&データ復旧 Web3.0/NFT ブロックチェーン版 Build: 5505 をリリースいたしました。 こちらです。
※ 楕円曲線暗号行列演算ライブラリのHDの性質を利用した自動完全復元のサポートならびに、自動データ復旧機能のOP_RET活用を開始いたしました。
2022-3.20
FromHDDtoSSD v3 国産 ドライブ検査&データ復旧 Web3.0/NFT ブロックチェーン版 Build: 5498 をリリースいたしました。 こちらです。
※ SQLiteを最新版に更新し、フラッシュの処理を大幅に改善いたしました。
2022-3.18
FromHDDtoSSD v3 国産 ドライブ検査&データ復旧 Web3.0/NFT ブロックチェーン版 Build: 5495 をリリースいたしました。 こちらです。
※ 秘密鍵および公開鍵の処理について、OpenSSLからビットコイン独自実装のsecp256k1(楕円曲線暗号行列演算ライブラリ)に移行いたしました。
2022-3.8
データ復旧サービス 機密保持契約書を改訂いたしました。
※ データの安全性(安全保障)の観点より、海外製復旧機材および海外製データ復旧ソフトウェアを一切使用していない点を明記いたしました。
こちらに詳細をまとめております。個人様・法人様問わず、締結できます。

ありがとうございます。2015年(自動復旧搭載前)の段階で「30万DL」を突破しました。
そして現在(2022年)、さらに+50万DLです。Web3.0/NFT ブロックチェーンで開発加速です!