ブロックチェーンを活用した次世代サービス

データマイニング

IUECデータソリューションセンターにアクセスして頂き、誠にありがとうございます。
※IUECデータソリューションセンターは、HDD・SSD・サーバ・NAS・復号を専門とするデータ復旧・データ解析をお取り扱いします。
データ復旧の技術力(自社開発ソフトウェア&データマイニング)でお客様の大切なデータを復元いたします。
※ お預かりいたしますドライブの制御に、ビッグデータ&データマイニングを採用いたしました。
これにより、安定した復旧率を弾き出し、最適化された制御エンジンにより、より低コストにてデータを復旧できます。

高速計算 復旧リスクを低減

データ復旧サービス】データが消えてしまった、パソコンが起動できない、RAID / NASにアクセスできない その際のサービスです。
データ解析サービス】組み込みのコンピュータが短期間で論理障害を起こしてしまう、操作が遅延する等、その解析のサービスです。

最新技術

■ クラス100クリーンルームを利用可能:物理障害からのデータ復旧,データ修復に対応


□ データ復旧は、ソフトウェア方面の解析の他、ハードウェア復旧方面(クリーンルーム作業)で解決

コンピュータに認識不能(型番が出ない状態)となった場合、内部のヘッドを交換いたしまして、一時的に動作可能な状態に戻す必要がございます。 一般的に安価なデータ復旧サービスでは、この作業に対応できていな場合が多くございまして、認識不能のドライブに対応できません。また、クリーンルームに対応できない環境で何度も電源が入れられますので、相当に悪化(復旧不能化)いたします。
※ 物理障害(ハードウェア復旧方面)にも、問題なく対応いたしております。

以下クリーンルームの画像に関しまして、弊社にて撮影されたことを示すため、中央画像では「3.5インチ型ハードディスク」を手に持って撮影しております。
以前の業界より30年以上のお付き合いがあります株式会社トクホウ様(法律に基づく表示)にご協力いただき、実現しております。

クリーンルーム作業C クリーンルーム作業B クリーンルーム作業D

データ復旧サービス:物理障害, RAID(サーバ、NAS、TeraStation、LAN-DISK、M.2等)
クリーンルーム作業

M.2 PCIExpress接続のSSDは、熱による物理的な故障が本当に多いです。また、1年未満の故障も多いです。
※ 故障いたしますと、一部以外の区間がエラーとなる場合が多く(たくさん拝見しております)、この接続のSSDが信頼を勝ち取るには「耐熱」が必須項目です。 例えば、温度が上昇すると性能が低下するようになっている場合は、自分自身を守るためとはいえ、耐熱の点からみると大きなマイナスとなります。

どのようなハードディスク、SSDにも対応できます。また、暗号などが施されている場合でも、ご許可頂き次第、解析できます。

□ 新しいコンテンツを始めました。SSD動向関連となります。>> SSDブレイクスルー
ブロックチェーンと耐熱で良い所をみせる(^^;、INTEL製SSDに着目しております。
※ MacBook(2015)にて、正常な動作を確認いたしました。AHCIからNVMeへの移行、簡単でした。
※ PCIe接続(実装を考えるとヒートシンク不要が条件(^^;)の時代で間違いないです。 インフラへの投入でも、熱に関する部分は最重要課題で、インフラだったら大きなヒートシンクでも取り付けてガンガン冷やせば良い・・という訳ではないみたいです。

□ ランダムリード(シーケンシャルではない)で2.0GB/sの速度を確認いたしました。
※ SSDの場合、ファームウェア的な要素(アルゴリズム)で速度が出てしまう場合があるため、これに耐性を持たせる事が必要となります(耐ASICみたいな感じです)。 FromHDDtoSSDの次期リリース版では、こちらの機能もパターン化いたしまして柔軟に対応していきたい所存です。

■ 2019年より:ブロックチェーンとAIを活用した次世代サービスをお取り扱い-IUEC
※ データ復旧サービスでは、諦めきれないドライブからのデータ復旧を受け賜っております。どんな状態でも構いません。

ブロックチェーンの技術面を取り込み、AI(人工知能)を活用いたしました次世代サービスをお取り扱いいたしております。

□ [ブロックチェーン] 国産仮想通貨開発・運営 SorachanCoin-qt PoW / PoS ハイブリッド型コイン

□ [ブロックチェーン&AI] AIによる的確な作業最適化 データ復旧サービス(パソコンからサーバまで幅広く対応可能, 出張可能)

□ [ブロックチェーン&AI] 国産データ復旧ソフトウェア開発 (ブロックチェーンおよびAIを取り込み中です)

□ [ブロックチェーン&AI] ドライブ解析サービス (保守を終えたサーバのメンテナンスなどが主な内容です)

実行 更新履歴

■ 2018年10月19日(金)
ご指定データを直接復旧するAIピンポイントデータ復旧(AI復旧レベル2)に、正式に対応いたしました。
>> AI復旧レベル&お見積について

■ 2018年9月19日(水)
データ復旧の出張サービスに対応いたしました。

本日、データクラッシュ復活センター様(www.data-crash.com)を統合いたしました。
これにより、データ復旧の出張サービスに対応することができました。
※ 展開エリアは、横浜・埼玉・群馬・栃木・茨城・千葉・長野です。
こちらは、対面出張診断となります。お気軽にお問い合わせください。

担当:茂木 工作機械

その他、更新履歴 2018年 - 2019年
2019-1.14
本サイトの内容をまとめましたポータルを作成いたしました。
※ 複数のコンテンツがごちゃごちゃしてしまい、大変申し訳ございません。
[>> データ復旧・ブロックチェーン SorachanCoin]
なにとぞよろしくお願いいたします。
2018-12.16
ドライブ(HDD&SSD)故障予測機能内蔵ウォレット SorachanCoin-qt(Windows版) Ver1.0.5をリリースいたしました。
※ 複数のポートを自動処理できるようになりました。これに、複数のブロックチェーンを持たせます。
[>> ブロックチェーン]
なにとぞよろしくお願いいたします。
2018-11.25
ドライブ(HDD&SSD)故障予測機能内蔵ウォレット SorachanCoin-qt(Windows/Linux版) Ver1.0.4をリリースいたしました。
※ 本バージョンより、最新のboostとLibreSSLに対応しております。
[>> ブロックチェーン]
なにとぞよろしくお願いいたします。
2018-11.16
データ復旧サービス 作業報告書 電子署名ツール(Ver1.0)をリリースいたしました。
[>> ブロックチェーン]
Ver1.0では、こちらでハッシュを求め、ブロックチェーンに記録された鍵で電子署名する方針をとります。 なにとぞよろしくお願いいたします。
データマイニング
2018-11.08
ブロックチェーンの安定性を確認いたしました。[>> ブロックエクスプローラ]
このため、ブロックチェーンとAI(人工知能)を軸にして、各サービスを一新いたします。
※ ホームページの整理を実施いたしますので、数時間、閲覧が難しくなる場合がございます。
データマイニング
2018-10.19
ピンポイント方式のデータ復旧技術に正式に対応いたしました。
※ 詳しくはこちら
データマイニング
2018-09.08
ドライブ(HDD&SSD)故障予測機能内蔵ウォレット SorachanCoin-qt 公式Discordをオープンいたしました。
2018-08.24
ドライブ(HDD&SSD)故障予測機能内蔵ウォレット SorachanCoin-qt 公式Twitterをオープンいたしました。
2018-08.17 ~ 08.20
ドライブ(HDD&SSD)故障予測機能内蔵ウォレット SorachanCoin-qt(Windows版) Ver1.0.0をリリースいたしました。
また、国産復旧ソフト&検査 FromHDDtoSSDの有料エディションとの交換(Sorachanコイン=>各エディション)に対応いたしました。
2018-08.03
ドライブ(HDD&SSD)故障予測機能内蔵ウォレット SorachanCoin-qt 公式サイトをオープンいたしました。
2018-04.21
データ復旧サービスの管理システムを大きく更新いたしました。
※ 二段階認証対応および、自動アクセス対策を施しました。セキュリティ強化のため、二段階認証のご利用をおすすめいたします。
データマイニング

■ 四季折々の山岳写真を公開しております。なにとぞよろしくお願いいたします。
山岳写真館