AI完全自動ドライブ復旧システム FromHDDtoSSD:ドライブ検査:並列完全スキャン

■ アクセス [ベスト 7]
1:□ ドライブ検査から自動データ復旧まで・・ FromHDDtoSSD Build 2820:最新版ダウンロード
2:データ復旧不能となる最大の要因1:認識可能なドライブを分解され、「*枚目のプラッタに傷がある」と・・?
3:データ復旧不能となる要因2:磁気ヘッドマップ作成およびヘッド切り替えができないため、対応不可?
4:検査はお断り?お客様実例からの、データ復旧サービスの実態について(検査はできないのに・・・復旧はできる?)
5:□ ドライブ故障統計(ビッグデータ):多角的な解析:フリーのストレージ故障予測 [S.M.A.R.T.のみでは厳しい]
6:大容量ドライブに関するデータ復旧の仕組み 機械学習スキャン(AI)による高い復旧率(最後までスキャン可能)
7:担当者ブログ ※ 2017年はAI完全自動ドライブ復旧システムおよび統計スキャンについて、まとめます。

ホームAI完全自動ドライブ復旧システム→セクタ判断:並列スキャン系→AI完全自動ドライブ復旧システム FromHDDtoSSD:並列完全スキャン

■ 完全スキャン 操作方法

本機能は「全エディション」で対応いたします。[>> ライセンスについて]

完全・詳細スキャン設定

上部のメニュー=>完全・詳細スキャン設定より、10番の「完全スキャン 各オプション」をご確認ください。
「不良セクタ解析レポートを有効にする」にチェックを入れますと、レポート機能の「不良セクタ解析レポート」が有効となります。
※ 不良セクタは存在いたしますが一時的に使用されたい場合に備え、不良セクタを避けるための領域設定をご案内いたします。
※ ここの設定に加え、学習スキャン担当のR.E.C.O.A.I.も有効にする必要がございます。[>> R.E.C.O.A.I.の設定はこちらの7番]

トップ 操作方法

● 4番より、スキャンされるドライブを選択(左端のボックスにチェックを入れます)いたします。
※ 複数のドライブにチェックを入れますと、それらドライブを同時に検査できます。

● 1番を左クリックいたしますと、完全スキャンが開始されます。
※ 右クリックされた場合は、不良セクタ検出と同時にスキャンが終了する「安全完全スキャン」となります。

完全スキャン 操作方法

● 1番を左クリックいたしますと、強制終了いたします。
※ 完全スキャンレポートを出す場合は、全てのドライブのスキャンが完了するまでお待ち下さい。
※ スキャン情報は自動的に保管されます。このため、レジューム(再開)に関しましても次回スキャンより自動的に割り当てられます。

● 2番は、不良セクタの状況を示しております。
※ 小さく見辛い場合は、右側にあるログの「警告メッセージ」をお開きください(左クリック)。不良セクタがここに記録されます。

● 3番は、ドライブの動作安定度を示しております。
※ 不良セクタ検出のみでは、ドライブの状態を把握する事ができません。不良セクタになりかけの状態を把握する必要があるためです。
不良セクタになりかけますと、エラー訂正量が増加するため、動作が安定しなくなる点を利用しております。

● 4番は、複数ドライブスキャン時有効で、その表示を切り替えるボタンです。
※ 非表示のドライブも同時にスキャンされております。

● 5番は、一時停止&再開ボタンとなります。
※ 全ドライブ同時ではなく、表示されているドライブに限り停止いたします。

● 6番は、詳細ビューの表示ボタンとなります。
※ 転送速度をグラフ化したものが表示されます。また、CSVで転送速度を出力する機能なども備えております。

完全スキャン 転送速度ダイアログ

● 1番は、転送速度のグラフとなります。
※ 転送速度をグラフ化したものが表示されます。スキャン中も開けまして、リアルタイムに更新されます。

● 2番は、転送速度のグラフを切り替えます。
※ 動作安定度を含めた3Dグラフへ切り替えることができます。これにより、各地点の安定度を視覚的に捉える事ができます。

● 3番は、転送速度の変化を軌跡として残す機能となります。
※ 転送速度の変動を軌跡として残しますので、そのブレを視覚的に捉える事ができます。

● 4番は、CSVを出力いたします。
※ CSVの順番を5番のボックスで指定いたします。(ボックスに予め入っている文字列が、キーとなります)

□ 完全スキャンを完了いたしますと、完全スキャンレポートに移行いたします。

完全スキャンレポート

● 1番は、ドライブ情報を示しています。
※ 複数のドライブを同じダイアログで表示するため、ここにドライブ情報を表示しております。

● 2番は、スキャン結果を簡易的に表しております。
※ 判定結果により、少しずつ異なります。

● 3番は、S.M.A.R.T.より取得した情報を表しております。
※ 使用時間と電源投入回数を取得し、今回のスキャン結果に反映させております。

● 4番は、経年劣化計(どの程度劣化しているか)を表しております。
※ 数値が小さいほど劣化しておりますので、早めの交換をお願いいたします。不良セクタが出始めてからでは遅い場合が多いです。

● 5番は、データ復旧ソリューションパックお申し込みキーを生成いたします。
※ このキーを送信フォームに入れてお申し込みください。

● 6番は、シリアル番号を非表示にする場合にクリックいたします。
※ スクリーンショット向けの機能となっております。

● 7番は、テキスト方式で本レポートの保管を行う事ができます。
※ 不良セクタの位置も詳細に出力いたします。個数だけではございません。

● 8番は、表示ドライブを切り替えることが出来ます。
※ 複数のドライブを完了までスキャンされた場合、全てを閲覧いたしませんと、レポートが閉じられないようになっております。

● 9番は、ドライブの一時再利用について、その解析結果を示しております。
※ 不良セクタが出た場合、その危険性をこちらに記載いたします。必ず、ご確認をお願いいたします。

● 10番は、一時再利用される場合の領域の区切りについて、ご案内いたします。
※ 不良セクタを避けるための領域設定をご案内いたします。R.E.C.O.A.I.を利用し、十分に安全を見積もった区間となっております。

■ 各機能のご紹介 ■

完全スキャン

■ [2010-0804] ハードディスク, SSDのメンテナンス

[全エディション対応]
全セクタを検査できる完全スキャンです。
不良セクタ検出および、ドライブの「動作安定度」を算出いたします。
新たな指標で危険なセクタを検出いたします。

統計スキャン

■ [2013-10] ドライブ故障統計を利用する誤差のない統計スキャン

[サポートエディション以上対応]
完全スキャンの誤差をドライブ故障統計から改善いたしました。
さらに、グラフの方も統計タイプに入れ替え、使い易さも大幅に向上させております。

不良セクタシミュレーション

■ [2010-0804] 不良セクタシミュレーション

[全エディション対応]
今までにないスキャンを実現いたしました。
近い将来発生する不良セクタを、先回りで検出いたします。
このような性質上、「故障前の事前的な予防交換」などに最適なスキャンです。

不良セクタレストレーション

■ [2010-0826] 不良セクタレストレーション

[全エディション対応]
大容量HDDに発生しがちな、軽微な不良セクタを修復することができます。
不良セクタシミュレーションをベースに開発したため、近い将来発生する不良セクタも修復対象です。

ヘッドレストレーション

■ [2011-0905] ヘッドレストレーション

[サポートエディション以上対応]
壊れかけHDDを制御し、新しいHDD/SSDへセクタイメージを転送します。
いわゆる、物理解析を実施できる機能です。

ベンチマーク

■ [2010-0804] ストレージベンチマーク

[全エディション対応]
接続されております各ストレージの速度を計測いたします。
同時計測・単独計測をサポートいたしております。

故障予測

■ [2010-1103] ストレージ故障予測

[全エディション対応]
S.M.A.R.T.および故障予測スキャンを自動化、万全な体制で予測を行います。
S.M.A.R.T.のみでは対応できない部分までしっかりサポートします。

バックアップ

■ [2010-1103] 緊急・定期バックアップ

[サポートエディション以上対応]
定期バックアップに加え、故障直前のデータも逃さない緊急バックアップを標準装備しております。
故障予測と併用し、メンテナンスフリーを確立します。

S.M.A.R.T.ビュー

■ [2010-0804] S.M.A.R.T.ビュー

[全エディション対応]
ドライブの情報を細部まで表示いたします。

故障予測ビュー

■ [2010-1103] 故障予測ビュー

[全エディション対応 制限モード(フリー)の場合は制限あり]
ドライブの故障予測情報を細部まで表示いたします。

故障予測スキャンモニタ

■ [2010-1103] 故障予測スキャンモニタ

[全エディション対応 制限モード(フリー)の場合は制限あり]
新しい「スキャン方式」の故障予測を実行いたします。

故障予測 S.M.A.R.T.情報モニタ

■ [2010-1103] 故障予測 S.M.A.R.T.情報モニタ

[全エディション対応]
従来のS.M.A.R.T.に対しまして、独自しきい値を採用した故障予測を提供いたします。

データ復旧

■ [2010-0804] 写真・画像データ復旧

[全エディション対応]
メンテナンス系に加え、データ復旧・修復機能をサポートいたします。
万一の場合も安心してご活用いただけます。

アドバンストデータ復旧

■ [2012-1017] アドバンストデータ復旧, 並列同時解析

[サポートエディション以上対応]
壊れたファイル構造からデータを復旧する論理解析を実施できます。
いわゆる、データ復旧ソフトウェアとなります。
万一の場合も安心してご活用いただけます。

つなぎ復旧

■ [2014-0722] つなぎ復旧

[サポートエディション以上対応]
物理障害の区間を上手く処理できる「つなぎ復旧」をサポートいたしました。
従来では先に進めなかった区間も、この機能で読めるようになります。

個人情報探索

■ [2014-0722] 個人情報探索, ファイル内部探索

[プロエディション対応]
個人情報を含むファイルを素早く内部まで探索いたします。
普段使われているパソコンの内部チェック、
または、これから持ち出すパソコンなどの内部状況把握にご利用ください。

ファイル名高速検索機能

■ [2014-0908] ファイル名高速探索機能, 頻度曖昧検索

[全エディション対応]
検索の度に検索用ツリーを生成し、高速検索いたします。
検索向けに、事前にキャッシュやインデックスを必要といたしません。
また、事前な仕掛け無しに、頻度を曖昧に検索する機能を追加しております。

エコモード

■ [2010-0804] エコモード (ATAコマンド制御)

[全エディション対応]
ATAコマンドを多数発行できるインターフェイスです。
補助サポートが多数付属し、簡単にご利用いただける環境を整えました。
お気軽にご活用いただけたら幸いです。

エコモード++

■ [2011-0905] エコモード++ (電力会社別管理&データ保護)

[全エディション対応]
電力会社別(電力需要)に合わせてHDD/SSDを制御し、節電とデータ保護を実現いたします。
お気軽にご活用いただけたら幸いです。

データ転送グラフ化機能

■ [2010-0804] 転送レートグラフ化機能

[全エディション対応]
ストレージの転送レートをグラフ化する機能です。
お気軽にご活用いただけたら幸いです。

データ転送グラフ化機能

■ [2010-0804] シミュレーション解析設定

[プロエディション対応]
シビアな状況をテストできる各シミュレーションを実行できます。
メーカ・型番別に細かくパターン化され、最適なテスト・検査を実施します。
※ シビアな条件を要求される法人様向けの機能です。