パソコンが起動できない原因

ホームデータ復旧サービス→壊れる要因について→パソコンが起動できない原因について
起動を妨げる原因 起動できなくなる6つの理由

故障いたしますと、まずは「メーカ様修理」を考えると思います。しかしながら、パソコンの修理だけでは、データは戻りません。 メーカさん修理対応では、ハードディスク(SSD)が新品交換されてしまい、「購入時の状態」になります。これにより、今までためてきた大事なデータが全て失われる形となります。

故障してしまったハードディスク(SSD)から、データを取り戻す方法で、修理作業の前にデータ復旧作業を実施する必要があります。
これが1番に該当し、起動できない原因の約50%を占めます。次に、データ構造自体に矛盾が生じて起動できない場合で、約30%を占めます。 このデータ復旧を専門に扱う業者を「データ復旧業者」と呼びまして、技術面は「自社開発」または「海外依存」の二極化が進んでおります。
※ 弊社では、自社開発を選択いたしまして、地道に技術開発を行っております。

データが重要な場合は、データ復旧のサービス(AIデータ復旧サービス)をご検討ください。
このサービスでは、データを復旧し、元々の状態へ復帰させる作業が可能で、大事なデータを保護できます。
また弊社では、パソコン修理サービスが付属しておりますので、メーカさんを経由せずに修理まで完結いたします。

※ 修理に関しましては、請け負った業者が最後まで責任を持つという考えです。サポートも弊社で継続いたします。

■ メモリの故障に関しまして

メモリはコンピュータの生命線です。メモリのデータ化けは、微量でも絶対に許されません。データが化けないのが「前提」です。
※ コンピュータ上を走る各プログラムは、メモリの内容が常に正しいことを「前提」に動いております。 状況によっては、データ化けが「論理障害」まで引き起こし、大事なデータを破壊してしまう可能性も十分に存在いたします。

■ 電力不足による演算エラー

最近では少なくなりましたが、CPU周辺のコンデンサが破損し、その影響で動作不能となる障害を多数拝見いたしました。
なお、すぐに修理へご依頼いただけますと、データへの影響はほとんどなく、データ復旧の必要性はありません。 しかし、故障を騙しつつ、粘って使用されていると、データに対しましても、かなりの影響が出てきます。
※ 国産コンデンサの場合は影響がないため、今でも「高品質国産コンデンサ」という表記をみかけると思います。

■ ビデオチップの熱損傷

ノートパソコンで多発する故障となります。熱を大量に出すチップは「CPU」ですが、その次が「ビデオチップ(GPU)」です。 GPUが破損する理由としては、CPUはきちっと保護されるにもかかわらず、GPUは熱伝導シートだけ、というケースが多いためです。

※ CPUと比べて、発熱を軽く見られてしまい、その影響で動かなくなるわけです。ビデオ系統を司るため、画面が一切でなくなりまして、通常使用は困難です。

過去に取り扱ったご案件_132 過去に取り扱ったご案件_133 過去に取り扱ったご案件_134 過去に取り扱ったご案件_131

■ 修理パターンをまとめてみます

□ 購入時の状態に修理する(初期化する)場合 [メーカ修理]

破損した部品が交換され、購入時の状態(最初の状態)に初期化される修理方法となります。
動作いたしますが、データは全て失う形となります。

□ 購入時の状態に修理し、さらにデータを温存する場合 [データ復旧+修理]

まず、ハードディスク(SSD)を取り出しまして、そこからデータを復旧する作業を実施いたします。
次に、破損した部品が交換され、購入時の状態(最初の状態)に初期化される修理方法となります。
※ データを温存した上、「パソコン修理」まで完結いたします。

□ データ温存のみの場合 [データ復旧]

ハードディスク(SSD)を取り出しまして、そこからデータを復旧する作業を実施いたします。
※ 新しいパソコンに乗り換える場合は、データ復旧のみで問題ないと思います。

windows macintosh

物理障害重度の件

矢野

物理障害重度に対する「データ復旧」をご存知でしょうか?
ハードディスクの内部が損傷しているため、クリーンルームを利用して、一つ一つを分解修復する作業となっております。
弊社では、そのようなご案件にも、問題なく対応できます。

お気軽にお問い合わせください

論理障害&物理障害、何でも構わない体制、データ復旧&修理で蘇ります。

クリーンルーム作業:モータ交換
クリーンルーム作業:汚れたフィルタ

パソコンが苦手な方でも簡単にご利用いただけるよう、十分に配慮いたしております。
※ データ復旧に加え、パソコン本体ごとの修理にも対応可能な点が挙げられます。
※ パソコン修理に関しましては>> パソコン本体修理サービスをご参考ください。

データ復旧サービスをご検討いただき、誠にありがとうございます。

CPU+GPGPUで高速解析。どんな状態でも構いません。
最新のRyzenに高速なGPUを搭載させたマシンで、大切なデータを極限まで復旧いたします。

□ データ復旧サービスで大切な確かなセキュリティ 「全て」のセキュアを当たり前に・・
※ オンライン上の大切なデータ(個人情報)は「全て」暗号化、お預かりいたしますデータは暗号化に加えネットワーク(インターネット)から完全隔離(オフライン)しております。
※ 弊社では、全ての情報を暗号化して運用しております。その上、「二段階認証」「自動アクセス対策」などの今後必須となる可能性が高い重要セキュリティ項目を実装いたしました。

データに触れる事なく暗号化を実施のち、AI(人工知能)による自動制御を実施しております。
※ データ再構築作業=>データリスト自動生成=>データ移転作業をAI(人工知能)で処理いたしております。このため、プライベートを含む各データには一切触れません。
※ データの管理もAI(人工知能)による自動処理で厳格です。一定期間(データの量などから、自動判断しております)を過ぎますとお預かりいたしました各データが完全に抹消(削除+上書きによる消去)されます。ご安心ください。

AIデータ復旧サービスには守秘義務がございますので、本サービスをご利用いただいた事が外部に漏れる事は一切ありません。 創業以来、データ復旧機密保持で問題となった例は1件もございません。ご安心ください。
また、データ機密保持・個人情報保護についても、自社開発いたしました保護ツールで徹底的に保護いたします。

データ復旧を必要とするドライブは、いつ壊れるか、わかりません。さらに、故障個所が個体別に異なります。 このような故障が一定にならないモノへの対処法は、臨機応変に手を変えて学習しつつ最適な解を導くシステムが必要です。 さらに、徹底的な守秘義務・機密保持によるデータの安全を堅く約束いたします。

□ 容量の上昇が止まらないドライブ。そして、バックアップの問題です。

バックアップは自己責任とされておりますが、最近の大容量は、すでに自己責任の範囲を超えているような感じもいたします。 そのデータの増加量が、とてもバックアップでは間に合わない状況だと思います。さらに、ビット腐敗などの問題もあります。 実際のところ完璧なバックアップはご予算が膨らむため(さらに、なかなか完璧にはならない)、本サービスを一部に組み込む法人のお客様もございます。

復旧サービス例:東芝製(2.5インチ型 HDD) 1.0TB ご希望は800ギガ
症状は、動作が安定せずに、すぐにドライブからの応答がなくなる物理障害。プラッタに大きな損傷を抱えている状態です。 そして、損傷個所を解析しながら、復旧エンジニア付きっ切りで1セクタずつ地道に復旧するしか方法がない厳しい状況
=> 作業納期は3ヵ月、お見積は100万円状況次第では途中で復旧不能宣言あり、その場合は調査費用のみ。

復旧エンジニア付きっ切りで1セクタずつ地道に復旧するしか方法がない厳しい状況は間違いなく、弊社でも確認いたしました。 ご希望容量が800ギガと多いため、一日あたり8ギガ程度の復旧を目標として3ヵ月のお見積となっておりました。 確かに地道に取り出せば復旧できます。しかしながら、復旧エンジニア付きっ切りでは、お見積が高額となります。
こちらを、AIを活用いたしまして作業納期40日、お見積は15万円にて綺麗に復旧することができました。

□ 熟練復旧エンジニアでも避けられない、突発的な速度急低下

ヒトの判断力を大幅に超える変化が、今の大容量ドライブには平然と発生いたします。
「状況次第では途中で復旧不能宣言あり」と注意が促された理由は、間違いなくこの現象です。
または、無作為にデータを取り出そうと試みた場合も、ファイルシステムの損傷部分によく触れるため、発生しがちです。

□ AIによる安定した復旧方針 それにより複雑に壊れたドライブの転送速度が安定

大幅な変化でも対応できるように、AIとスキャン系を別に用意いたしております。
そして、大幅な変化に対応するための要素をスキャン系に事前に預けておきます。
AIが「思考中」で動けない場合でも、別系統で稼働するスキャン系がそれを利用して大幅な変化に対応いたします。
そして、その上でスキャンを安定させる復旧方針をAIが練って、スキャン系に次々と渡していきます。

■ 早い段階から研究に着手

□ 2011年よりはじめましたヘッドレストレーション機能

※ 弊社業務用のソフトウェア(ドライブスタビリティコントロール)

FromHDDtoSSD AI完全自動ドライブ復旧システム

■ 初期診断作業・お見積は無料、99.2%を超えるお客様がお見積後、正式にご発注

初期診断作業・お見積は無料です。

※ 99.2%を超えるお客様がお見積後、正式にご発注されております。

矢野

■ お客様の立場から、常に最適な選択を心がけております

画像内の黄色いテープ痕が弊社の「お客様ご依頼番号」となりまして、弊社にて撮影された事を示しております。 最新の「AI機械学習スキャン」を含めまして、実際に多くのお客様のドライブを扱っております

データ復旧は1度限りのチャンスを生かす必要があります。やり直しはできません。
弊社では、データがそのドライブにしかない点を十分に考え、最も安全な手法をはじめに「復旧方針」としてお客様にお伝えいたします。

データ復旧ソフトウェア・機械学習スキャンの心臓部開発に携わった復旧エンジニアが、お客様の大切なデータを復旧いたします。 また、検査のご依頼も問題ございません。ビッグデータ&人工知能を活用した最新の「統計ベンチマーク」をご用意いたします。 この機能は、ドライブに対する整合性が取れた負荷を人工知能が制御する事により行い、ドライブの弱い部分を出させる事ができます。 特に、SSDは厄介な面を多く抱えておりまして、特にベンチマーク重視のSSDはデータに関して疎かになっている面がございます。

■ クリーンルーム作業(クラス100)による内部部品交換に対応可能

大切なデータの復旧はもちろん、しっかりとした環境で各データの復旧を受け賜っております。

□ クラス100クリーンルームを利用可能:ハードディスク物理障害からのデータ復旧,データ修復に対応

データ復旧作業は、ソフトウェア解析の他、ハードウェアの復旧方面(クリーンルーム作業)でも解決(物理障害)

コンピュータ(BIOS)に認識不能(型番が出ない状態)となった場合、内蔵ヘッド一式を交換いたしまして、一時的に動作可能な状態に戻す必要がございます。 もちろん、内蔵ヘッド一式を交換するだけで、データを復旧可能な状態にはなりません。データが記録されているディスク(プラッタ)の状態をしっかり検査いたしまして、最良の方法でデータを引き出す必要がございます。

※ ヘッド自体を新しくしても、データが記録されているディスク(プラッタ)は古いままなので、このディスク(プラッタ)からデータを導く技術(ドライブ事前検査)が大事となっております。 なお、データ復旧が目的となりますので、データが記録されているディスク(プラッタ)自体を新品に交換する事はできません(データが失われます)。

中央画像では「3.5インチ型ハードディスク」を手に持って撮影(赤丸部分)しております。
※ 以前の業界より30年以上のお付き合いがあります株式会社トクホウ様(詳しくはこちら)にご協力いただき、実現しております。

工場外観 クリーンルーム作業C クリーンルーム作業B クリーンルーム作業D

■ データを復旧するには、ドライブ自体の認識状態を保つ必要がございます

壊れかけのドライブは、そう簡単には復旧できる機会が巡ってきません。その機会まではきちっと制御を行い、とにかく待ちます。 巡ってきたら、少しずつ処理いたしまして(レコード等の回収)、そのドライブが一時的に良くなる状態を待ちます。 そして、状態が良くなったとAIが判断したと同時に、一度にデータを回収していき、危なくなる前にこの制御を切り、元の制御に戻す作業を丹念に繰り返します

詳しくはこちら:壊れかけドライブに対する・・ミリセカンド検査

僅か1回のミスで、順調だったコピーが止まってしまう状況について、追記いたします。
※ 瞬間的な計測(変化量)ではなく、実際の転送速度を全体の視点から導きました。

こちらは、突然、ストンといくタイプの壊れかけHDDです。原因は前述3番に潜むリスクです。
これを引き起こしてしまいますと、データ復旧は急激に難しくなりまして、「クリーンルーム作業(ヘッド交換)&データスキャン3週間以上」となります。
(大変申し訳ないのですが、費用の方は2段階~3段階、上昇 & 復旧率は最良で60%~70%程度です)
こうならないためにも、リスク管理により「状態を維持」するのが最優先となります。
※ 何も考えずに「一気にコピー」「復旧ソフトウェアで何時間も放置」などが、このような状態にさせやすいです。

■ 大事なデータを、確かな検査で復旧いたします

しっかりと調べた調査結果に価値がございます。これは、データ復旧に限らない話だと思います。
例:コンピュータに認識するか、それとも認識しないか、これだけでドライブの状態は判断できません。

しっかり調査した上で内部ヘッド一式を交換するのと、認識しないから反射的に内部のヘッドを交換してしまう、では重みが異なります。
前者は確信の上で交換しておりますので、少々のトラブルも解決できますが、後者は思った通りの結果(認識してプラッタにトラブルがない)にならないと、そこで復旧不可となります。

■ しっかりとした事前検査を実施

データ復旧を必要とするドライブは、いつ動作不能になっても不思議ではありません。
また、その故障が2次的な損傷を招く原因となる可能性もありますので、悪化を防ぐために「しっかりとした事前検査」が必要です。

○ AIデータ復旧サービスは、厳密には「データの復旧」ではなく、ドライブ検査のサービスです。

本サービスの本質はドライブの状態を把握する検査が大部分(ほぼ全て)を占めます。
※ ドライブの状態を正しく把握いたしまして、それからデータの復旧を実施するためです。
※ この検査結果が、作業報告書およびビッグデータ解析報告書につながっております。

○ 他所全てにドライブ検査を断られたが、それでもデータ復旧には対応可能なのか?
>> (参考リンク) ドライブ検査の発注について(他所全てにドライブ検査は断られました)

弊社ではAIデータ復旧サービス以外に、ドライブ検査のサービスも併用して実施おります。
データ復旧の技術が「そのまま検査」となりますので、データ復旧業者はドライブ検査にも必ず対応できます。
しかしながら、上記の参考リンク先のような状況でもあります。まだまだ実体が掴めていない部分も多いのが現状です。

■ パソコン本体修理にも対応
※ 出来る限り、正常に動作していた「元の環境」ごと復旧いたします

データの復旧に加え、パソコン本体の修理にも対応いたします。
復旧いたしましたデータを修理いたしましたパソコンに移転のち、設定ごと元に戻す手法で対応いたします。
>> AIデータ復旧サービス パソコン本体修理:AIデータ復旧サービス費用に「込み込み」

■ AIデータ復旧サービス:最新のハードディスク(大容量8.0TB)に対応いたしました

常に最新の技術に対応するべく、改良を重ねております。

※ SMRの大容量:独特な動きをいたしますので、少し変えないと厳しい結果となりました。
容量を上げるために重ね書きした部分のビット腐敗の割合などが気になるところ(^^;です。
ビット腐敗の割合とヘッドの消耗度は、スキャンの位置・速度を決めるための大きなパラメタとなっているためです。

■ よくあるご質問
※ 技術面、機密保持契約などを本ページでまとめました。
※ その他ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

弊社の技術面につきましては、技術提携や世界的なテクノロジ導入のような派手なもの(^^;ではなく、 こちらのソフトウェアの機能強化(検査、修復、復旧機能)をユーザ様と一緒に9年間、組み上げてきたもので構成されております。
※ 特に、きっかけを与えていただきました窓の杜様、デバッグ等でお世話になりました谷本様、故障予測系統の改善でお世話になりました伊藤様、分散系統でお世話になりましたRRX様には心より感謝申し上げます。

■ 2009年1月26日、こちら(窓の杜様)でご紹介を受け賜りました。

■ 現在も、以下の図にあります系統別に、開発を続けております。

□ 機密保持について
※ 弊社法律顧問を通じて、機密保持契約を締結することができます。もちろん、個人様にも対応いたします。

データに触れる事なく暗号化を実施のち、AI(人工知能)による自動制御を実施しております。
※ データ再構築作業=>データリスト自動生成=>データ移転作業をAI(人工知能)で処理いたしております。このため、プライベートを含む各データには一切触れません。
※ データの管理もAI(人工知能)による自動処理で厳格です。一定期間(データの量などから、自動判断しております)を過ぎますとお預かりいたしました各データが完全に抹消(削除+上書きによる消去)されます。ご安心ください。

□ 容量の上昇が止まらないドライブ。そして、バックアップの問題です。

バックアップは自己責任とされておりますが、最近の大容量は、すでに自己責任の範囲を超えているような感じもいたします。 そのデータの増加量が、とてもバックアップでは間に合わない状況だと思います。さらに、ビット腐敗などの問題もあります。 実際のところ完璧なバックアップはご予算が膨らむため(さらに、なかなか完璧にはならない)、本サービスを一部に組み込む法人のお客様もございます。

他社様 データ復旧サービス例:
東芝製(2.5インチ型 HDD) 1.0TB ご希望は800ギガ
症状は、動作が安定せずに、すぐにドライブからの応答がなくなる物理障害。プラッタに大きな損傷を抱えている状態です。 損傷個所を解析しながら、復旧エンジニアが1セクタずつ地道に復旧するしか方法がない厳しい状況
=> 作業納期は3ヵ月、お見積は100万円状況次第では途中で復旧不能宣言あり、その場合は調査費用のみ。

復旧エンジニア付きっ切りで1セクタずつ地道に復旧するしか方法がない厳しい状況は間違いなく、弊社でも確認いたしました。 ご希望容量が800ギガと多いため、一日あたり8ギガ程度の復旧を目標として3ヵ月のお見積となっておりました。 確かに地道に取り出せば復旧できます。しかしながら、復旧エンジニア付きっ切りでは、お見積が高額となります。
こちらを、AIを活用いたしまして作業納期40日、お見積は15万円にて綺麗に復旧することができました。

□ 熟練復旧エンジニアでも避けられない、突発的な速度急低下

ヒトの判断力を大幅に超える変化が、今の大容量ドライブには平然と発生いたします。
「状況次第では途中で復旧不能宣言あり」と注意が促された理由は、間違いなくこの現象です。
または、無作為にデータを取り出そうと試みた場合も、ファイルシステムの損傷部分によく触れるため、発生しがちです。

□ AIによる安定した復旧方針 それにより複雑に壊れたドライブの転送速度が安定

大幅な変化でも対応できるように、AIとスキャン系を別に用意いたしております。
そして、大幅な変化に対応するための要素をスキャン系に事前に預けておきます。
AIが「思考中」で動けない場合でも、別系統で稼働するスキャン系がそれを利用して大幅な変化に対応いたします。
そして、その上でスキャンを安定させる復旧方針をAIが練って、スキャン系に次々と渡していきます。

□ お客様の立場から、常に最適な選択を心がけております

データ復旧作業は、基本的にやり直しできません。(あの時こうしていれば・・「たられば」は禁止)
※ 弊社では、データがそのドライブにしかない点を十分に考え、最も安全な手法をはじめに「復旧方針」としてお客様にお伝えいたします。

データ復旧ソフトウェア・機械学習スキャンの心臓部開発に携わった復旧エンジニアが、お客様の大切なデータを復旧いたします。 また、検査のご依頼も問題ございません。ビッグデータ&人工知能を活用した最新の「統計ベンチマーク」をご用意いたします。 この機能は、ドライブに対する整合性が取れた負荷を人工知能が制御する事により行い、ドライブの弱い部分を出させる事ができます。 特に、SSDは厄介な面を多く抱えておりまして、特にベンチマーク重視のSSDはデータに関して疎かになっている面がございます。

■ 復旧を実現するには、ドライブ自体の認識状態を「保つ」必要があります

復旧対象ドライブは、そう簡単には、復旧できる機会が巡ってきません。
その機会まではきちっと制御を行い、とにかく待ちます。 機会が巡ってきましたら、少しずつ処理いたしまして(レコード等の回収)、ドライブが一時的に良くなる状態を待ちます。 そして、状態が良くなったとAIが判断したと同時に、一度にデータを回収していきまして、危なくなる前にこの制御を切り、元の制御に戻す作業を丹念に繰り返します

詳しくはこちら:9,セクタの振る舞いに関する考察 リスク管理されていない復旧が横行?

僅か1回の作業ミスで、順調だったコピーが止まってしまう状況について
※ 瞬間的な計測(変化量)ではなく、実際の転送速度を全体の視点から導きました。

こちらは、ストンと低下していくタイプのドライブです。
これを引き起こしてしまいますと、データ復旧は急激に難しくなりまして、「クリーンルーム作業(ヘッド交換)&データスキャン3週間以上」となります。
こうならないためにも、リスク管理により「状態を維持」するのが最優先となります。
※ 何も考えずに「一気にコピー」「復旧ソフトウェアで何時間も放置」などが、このような状態にさせやすいです。

■ 大事なデータを、確かな検査が支えます

しっかりと調べた調査結果に価値がございます。これは、データ復旧に限らない話だと思います。
例:コンピュータに認識するか、それとも認識しないか、これだけでドライブの状態は判断できません。

しっかり調査した上で内部ヘッド一式を交換するのと、認識しないから反射的に内部のヘッドを交換してしまう、では重みが異なります。
※ 前者は確信の上で交換しておりますので、少々のトラブルも解決できますが、後者は思った通りの結果(認識してプラッタにトラブルがない)にならないと、そこで復旧不可となります。

大切なデータの復旧はもちろん、しっかりとした環境で各データの復旧を受け賜っております。

□ クラス100クリーンルームを利用可能:ハードディスク物理障害からのデータ復旧,データ修復に対応

データ復旧作業は、ソフトウェア解析の他、ハードウェアの復旧方面(クリーンルーム作業)でも解決(物理障害)

コンピュータ(BIOS)に認識不能(型番が出ない状態)となった場合、内蔵ヘッド一式を交換いたしまして、一時的に動作可能な状態に戻す必要がございます。 もちろん、内蔵ヘッド一式を交換するだけで、データを復旧可能な状態にはなりません。データが記録されているディスク(プラッタ)の状態をしっかり検査いたしまして、最良の方法でデータを引き出す必要がございます。

※ ヘッド一式を新しくいたしましても、データが記録されておりますディスク部分(プラッタ)は交換できません。このため、このディスク(プラッタ)からデータを導く技術(ドライブ事前検査)が大事となっております。

中央画像では「3.5インチ型ハードディスク」を手に持って撮影(赤丸部分)しております。
※ 以前の業界よりお付き合いがあります株式会社トクホウ様(詳しくはこちら)にご協力いただき、実現しております。

工場外観 クリーンルーム作業C クリーンルーム作業B クリーンルーム作業D

全課程を手作業によるデータ復旧?
※ 今の大容量ドライブには不適切となりつつございます。
※ 連続して数百時間の作業を完走できる「自動学習(機械学習)」の処理が不可欠です。

状態が分からない今の大容量ドライブの復旧を手作業で処理する事は、不可能に近い状況となってきております。
プラッタ歪みなども多くございまして、連続して数百時間の作業を行うことも稀ではございません。

適当なデータ復旧作業?
※ 時間の要する事前解析が行われず、適当に認識させて復旧処置されてしまい、壊されてしまうケースとなります。

状態が分からない点を逆手に取られ、適当に認識させて復旧処置されてしまい、壊されてしまうケースが後を絶ちません。
これらは、少し(1%でも)でもデータが復旧できると「全額請求」されるケースとなっております。
※ 「手遅れ」となってしまい、この状況から綺麗に復旧することはできません。 必ず、はじめから状態の解析を機械学習で処理させ、危険な不良セクタを回避させる「不良セクタ危険予知」が不可欠です。
データ復旧は、何かあってからでは「手遅れ」となります。そうなる前に対処する点が大事です。