国産ドライブメンテナンス FromHDDtoSSD:ストレージ故障予測:常駐型ストレージ故障予測

ホーム国産ドライブメンテナンス→ ストレージ故障予測→
国産ドライブメンテナンス FromHDDtoSSD: 常駐型ストレージ故障予測
drive failure prediction

■ 常駐型ストレージ故障予測機能
usage: A drive failure prediction by SORA Network
Build:6000以降より、ブロックチェーンを活用する方式にて生まれ変わります。
From Build: 6000, it will be developed by a method that utilizes Blockchain.

本機能は「全エディション」で対応いたします。 [>> ライセンスについて]
This feature is supported by "ALL Editions". [About licence]

まずは設定です。上部メニューより「故障予測設定」を開きます。
First is the setting. Open "failure prediction settings" from the top menu.

● 1番: ブロックチェーンの保管先です。
No.1: Blockchain storage location.

ブロックチェーンのパスを指定できます。もちろん、コマンドライン(-datadir)からでも指定可能です。
It can specify the path of the Blockchain. Of course, it can also be specified from the command line (-datadir).

● 2番: ソフトウェアの描写間隔および、スキャンを停止させるCPU負荷の設定となります。
No.2: It is the setting of the software drawing interval and the CPU load to stop scanning.

描写が重い場合は、この描写間隔を下げる事により快適となります。 CPUの負荷を計測しておりまして、一定以上になるとスキャンが一時停止いたします。そのしきい値をここで設定できます。
If the depiction is heavy, it will be more comfortable to reduce this depiction interval. It is measuring the CPU load, and scanning will be paused when it exceeds a certain level. It can set that threshold here.

● 3番: ストレージ故障予測中に実施される、故障予測スキャンの有効無効となります。
No.3: Enable or disable the failure prediction scan executed during drive failure prediction.

スキャンCの負荷が高い傾向にございます。不良セクタを早めに検出するためには、有効をお勧めいたします。
The load of Scan-C tend to be high. It is recommended to enable it in order to detect bad sectors as soon as possible.

● 4番: 2番設定にてCPU高負荷を検出した場合、スキャンを停止させる時間を設定できます。
No.4: When a high CPU load is detected in No.2, it can set the time to stop scanning.

精度にも関わるため、特に問題ない限り、このままでお願いいたします。
As it is related to accuracy, please leave as it is unless there is a particular problem.

● 5番: ストレージ故障予測のS.M.A.R.T.情報モニタの設定となります。
No.5: S.M.A.R.T. information monitor settings for drive failure prediction.

S.M.A.R.T.と故障予測スキャンの連動を制御いたします。特に問題ない限り、このままでお願いいたします。
It controls the interlocking of S.M.A.R.T. and failure prediction scan. Unless there is a particular problem, please leave as it is.

● 6番: ストレージ故障予測が開始された日時を表します。
No.6: Represents the date and time when the storage failure prediction started.

各ドライブ別に制御しておりますので、こちらもドライブ別となっております。
Since it is controlled for each drive, it is also for each drive.

● 7番: 本ページに限るデフォルトロードとなっております。
No.7: This is the default load for this page only.

設定を初期状態にできますので、おかしくなりましたら、こちらでデフォルトロードしてください。
It can reset the settings to the initial state, so if something goes wrong, load it by default here.

● 8番: ストレージ故障予測全体のデフォルトロードとなります。
No.8: This is the default load for the entire drive failure prediction.

こちらも、設定を元に戻す事ができますので、動作がおかしい場合などは、こちらをクリックしてください。
It can also restore the settings here, so if something goes wrong, click here.

● 6番: 左端をチェックいたしまして、9番をクリックいたしますと、故障予測開始日時を変更できます。
No.6: Check the left end and click No.9 to change the failure prediction start date and time.

特に問題ない限り、ここはそのままでお願いいたします。故障日の計算などに影響がございます。
Unless there is a particular problem, please leave as it is. It will affect the calculation of the failure date.

● 1番: 日付を変更し、「OK」ボタンをクリックいたします。
No.1: Change the date and click the "OK" button.

これで、故障予測開始日時が変更となります。
This will change the failure prediction start date and time.

● 1番: 故障予測の警告発動を調整できます。
No.1: Change the date and click the "OK" button.

状況に応じて警告レベルが異なりまして、それぞれ調整することができます。
The warning level varies depending on the situation and can be adjusted individually.

● 2番: 警告段階と判断するドライブの温度を調整できます。
No.2: It can adjust the temperature of the drive that is judged to be in the warning stage.

特に影響が無ければ、このままでお願いいたします。
If there is no particular impact, please leave as it is.

● 4番: 故障予測スキャンの分布を調整できます。
No.4: It can adjust the distribution of failure prediction scans.

昔、調整していた頃の名残で、現在では中央で十分に動作できるようになっております。
It is a remnant of the time when it was adjusted in the past, and now can be fully operated in the center.

● 5番: S.M.A.R.T.属性に対する有効・無効を設定できます。
No.5: It can enable / disable the S.M.A.R.T. attribute.

左側にチェックを入れまして、その下にあります「有効・無効の切り替え」で切り替えることができます。
t can switch by checking the box on the left side and clicking "Enable/Disable" below it.

バックアップの項目を設定いたします。(緊急・定期バックアップの2種類がございます)
It will set the backup items. (There are two types, emergency and periodic backup)

● 1番: 緊急バックアップの有効無効を設定できます。
No.1: It can enable or disable emergency backup.

緊急バックアップは、本当に危ない場合に実行される自動バックアップ機能となります。
Emergency backup is an automatic backup feature that is executed when is really dangerous.

● 2番: そのままでお願いいたします。
No.2: Please leave as it is.

● 3番: 各リストに登録された内容をテキストに書き出すことができます。
No.3: It can write the contents registered in each list to text.

● 4番: いつ本バックアップを発動させるか設定できます。
No.4: It can set when to activate this backup.

● 5番: ファイルコピーの速度を調整する事ができます。
No.5: It can adjust the speed of file copy.

バックアップ中、他の作業に影響が出ます。
そのとき、バックアップ速度を下げる事ができます。
Other work will be affected during the backup.
At that time, the backup speed can be reduced.

● 6番: バックアップする各ファイルをフォルダ単位で指定いたします。
No.6: Specify each file to be backed up in folder units.

「削除」「読み出し」「参照&追加」ボタンで指定できます。 削除ボタンは行単位で削除できます。
読み出しは、3番で書き出したテキストを登録します。
参照&追加は、フォルダ選択ダイアログが出ます。
It can be specified with the "Delete", "Read", and "Browse & Add" buttons.
The delete button can be deleted line by line.
For reading, register the text written in No. 3.
For browsing & adding, the folder selection dialog will appear.

● 7番: 優先的にバックアップしたいファイルを、ファイル単位で指定いたします。
No.7: Specify the files you want to preferentially back up in file units.

こちらが先にバックアップされます。
This will be backed up first.

● 1番: 定期バックアップの有効無効を設定できます。
No.1: It can enable or disable regular backups.

定期バックアップは、設定された一定期間おきにバックアップされる機能となっております。
Periodic backup is a feature that back up at regular intervals that have been set.

● 2番: その間隔を設定できます。
No.2: It can set the interval.

累積型のチェックを採用いたしました。
It has adopted a cumulative check.

● 3番: ファイルコピーの速度を調整する事ができます。
No.3: It can adjust the speed of file copy.

コピーの負荷を調整して快適な環境を構築してください。
Adjust the copy load to create a comfortable environment.

● 1番: スキャンされるセクタ数単位を設定する事ができます。
No.1: It can set the unit of the number of sectors to be scanned.

特に問題ない限り、このままの設定でお願いいたします。
Unless there is a particular problem, please leave the settings as they are.

● 2番: 1番の設定値を元に戻す事ができます。
No.2: The setting value of No.1 can be restored.

何か問題が出た場合は、こちらで元に戻して対処いたします。
If you have any problems, it will fix them and deal with them.

● 3番: 不良セクタシミュレーションの解析項目を増やす事ができます。
No.3: It can increase the number of analysis items for bad sector simulation.

各リストの左側のチェックを入れまして、「有効/無効 切り替え」ボタンで切り替えることができます。
It can switch by checking the check box on the left side of each list and clicking the "Enable/Disable" button.

● 1番: 現在のバックアップ状況を示します。
No.1: Shows the current backup status.

● 2番: 設定されているコピー速度となります。
No.2: The copy speed is set.

バックアップ中も即時で変更できます。
It can change immediately even during backup.

● 3番: 進行状況を示します。
No.3: denotes the progress.

コピー元、コピー先の両方を表示いたしまして、コピーの状況をお伝えいたします。
It will inform you of the copy status by displaying both the copy source and copy destination.

● 4番: バックアップに関する注意事項です。
No.4: Notes on backup.

● 5番: バックアップ強制終了となります。
No.5: Backup will be forcibly terminated.

● 6番: タスクトレイへ入ります。
No.6: Enter the task tray.

本ソフトウェアは常駐型です。
This software is resident.

● 3番: 左クリックいたしますと、ストレージ故障予測が起動いたします。
No.3: Left-click to activate drive failure prediction.

● 6番: バックアップボタンで、いつでも定期バックアップを動かす事ができます。
No.6: It can run a periodic backup at any time with the backup button.

いつでもバックアップできまして、バックアップデータを常に最新に保つ事ができます。
It can back up at any time and keep your backup data up to date.

● 1番: 左クリックいたしますと、強制終了できます。
No.1: It can forcibly terminate by left-clicking.

● 2番: 各ドライブの温度を示しております。
No.2: Shows the temperature of each drive.

中央に達すると適温となります。
When it reaches the center, the temperature becomes appropriate.

● 3番: 温度計にカーソルを当てますと、そのドライブの情報を簡易的に表示いたします。
No.3: Place the cursor on the thermometer to simply display the information on drive.

S.M.A.R.T.情報の中でも、特に重要な部分を表示いたします。
It will display the most important part of the S.M.A.R.T. information.

● 4番: 故障予測全体を一時停止できるボタンとなります。
No.4: This button allows you to pause the entire failure prediction.

計測および、故障予測スキャンの一時停止/再開できます。
All getting data and failure prediction scans can be paused/resume.

● 5番: 故障予測の表示モードを切替いたします。
No.5: The display mode of failure prediction will be switched.

故障予測スキャンモニタ、S.M.A.R.T.情報モニタの2種類がございまして、そちらに切り替えることができます。
There are two types, a failure prediction scan monitor and an S.M.A.R.T. information monitor, and you can switch to that.

● 6番: ストレージ故障予測に導入されました統計を表示できる機能です。
No.6: A feature that can display statistics introduced in storage failure prediction.

統計情報が受信できない場合は、いつも通りの故障予測として動作いたします。
If the statistics cannot be received, it will operate as usual failure prediction.

● 7番: 接続されておりますドライブが9台以上の場合、それを切り替えるのに利用いたします。
No.7: If there are 9 units or more drives connected, it will be switch between them.

一度に表示できる台数は8台までとなっております。
Up to 8 units can be displayed at one time.

5番: 左クリックいたしまして、故障予測スキャンモニタに移動いたします。
No.5: Left-click to move to the failure prediction scan monitor.

● 1番: ドライブの現状を数値化いたしましたストレージスコアのグラフとなります。
No.1: Graph is of the storage score that quantifies the current state of the drive.

● 2番: ドライブ劣化具合を数値化いたしましたLP, RPのグラフとなります。
No.2: LP, RP graph that quantifies the degree of drive deterioration.

両方とも最大値は500となります。
ここから数値を減らしつつ劣化具合を拝見いたします。
Both have a maximum value of 500.
From here, it will look at the degree of deterioration while reducing the values.

● 3番: ドライブ情報を簡易的に並べております。
No.3: Drive information is arranged in a simple.

● 4番: 表示するドライブを切り替えるのに利用いたします。
No.4: Used to switch the drive to be displayed.

● 5番: 故障予測全体を一時停止できるボタンとなります。
No.5: This button allows you to pause the entire failure prediction.

計測および、故障予測スキャンを一時停止/再開することができます。
Getting data and failure prediction scans can be paused/resumed.

● 7番: 故障予測の表示モードを切替いたします。
No.7: The display mode of failure prediction will be switched.

S.M.A.R.T.情報モニタへ進みます。
Proceed to S.M.A.R.T. Information Monitor.

● 8番: ストレージ故障予測に導入されました統計を表示できる機能です。
No.8: A feature that can display statistics introduced in storage failure prediction.

統計情報が受信できない場合は、いつも通りの故障予測として動作いたします。
If the statistics cannot be received, it will operate as usual failure prediction.

● 6番: 表示されているドライブのS.M.A.R.T.ビューを起動いたします。
No.6: Starts the S.M.A.R.T.-view of the displayed drive.

さらに詳しく、ドライブの情報を見ることができるS.M.A.R.T.ビューを搭載しております。
It is equipped with the S.M.A.R.T.-view that allows you to see drive information in more detail.

7番: 左クリックいたしまして、S.M.A.R.T.情報モニタに移動いたします。
No.7: Left-click to move to the S.M.A.R.T. information Monitor.

● 1番: 各S.M.A.R.T.属性を解析いたしまして、その総合評価を導いております。
No.1: It analyze each S.M.A.R.T. attribute and guide the comprehensive evaluation.

● 2番: ストレージ故障予測に参加中のS.M.A.R.T.属性を表示しております。
No.2: The S.M.A.R.T. attributes participating in the storage failure prediction are displayed.

● 3番: 表示するドライブを切り替えるのに利用いたします。
No.3: Used to switch the drive to be displayed.

● 4番: 故障予測全体を一時停止できるボタンとなります。
No.4: This button allows you to pause the entire failure prediction.

計測および、故障予測スキャンを一時停止/再開することができます。
Getting data and failure prediction scans can be paused/resumed.

● 5番: 表示されているドライブのS.M.A.R.T.ビューを起動いたします。
No.5: Starts the S.M.A.R.T.-view of the displayed drive.

さらに詳しく、ドライブの情報を見ることができるS.M.A.R.T.ビューを搭載しております。
It equipped with the S.M.A.R.T.-view that allows you to see drive information in more detail.

● 6番: 故障予測の表示モードを切替いたします。
No.6: The display mode of failure prediction will be switched.

温度計モードに戻ります。
Return to thermometer mode.

● 7番: ストレージ故障予測に導入されました統計を表示できる機能です。
No.7: A feature that can display statistics introduced in storage failure prediction.

統計情報が受信できない場合は、いつも通りの故障予測として動作いたします。
If the statistics cannot be received, it will operate as usual failure prediction.

2番: 属性ID部分をダブルクリックいたしますと、故障予測ビューが起動いたします。
No.2: Double-click the attribute ID part to start the failure prediction view.

● 1番: 本属性IDの説明となっております。
No.1: This is an explanation of this attribute ID.

● 2番: 属性移動ボタンとなります。
No.2: It becomes an attribute move button.

このボタンで属性IDを移動させる事ができます。
It can move the attribute ID with this button.

● 3番: 本S.M.A.R.T.属性の変化をグラフ化したものです。
No.3: This is a graph of changes in the S.M.A.R.T. attribute.

グラフのX軸にある数値は、取得回数を表しております。
グラフ自体を左クリックいたしますと、現在値とデータを切り替えることができます。
The numerical value on the X-axis of the graph indicates the number of acquisitions.
It can switch between the current value and the data by left-clicking on the graph itself.

● 4番と7番: 故障予測スキャンの結果をグラフ化
No.4 and No.7: Graph the results of failure prediction scans
5番と8番: 再描写
No.5 and No.8: Re-depiction
6番と4番: グラフを切り替えます。
No.6 and Mo.4: Switch graphs.

4番はスキャンA, スキャンBの共用となっておりますので、切り替えボタンが必要となりました。
No.4 is shared by Scan A and Scan B, so a switch button was required.

● 9番: 強制的に故障予測を1手進めるボタンです。
No.9: This button forcibly advances the failure prediction by one step.

デバッグ向けの機能です。
This feature is for debugging.

■ 各機能のご紹介 ■

完全スキャン

■ [2010-0804] ハードディスク, SSDのメンテナンス

[全エディション対応]
全セクタを検査できる完全スキャンです。
不良セクタ検出および、ドライブの「動作安定度」を算出いたします。
新たな指標で危険なセクタを検出いたします。

統計スキャン

■ [2013-10] ドライブ故障統計を利用する誤差のない統計スキャン

[サポートエディション以上対応]
完全スキャンの誤差をドライブ故障統計から改善いたしました。
さらに、グラフの方も統計タイプに入れ替え、使い易さも大幅に向上させております。

不良セクタシミュレーション

■ [2010-0804] 不良セクタシミュレーション

[全エディション対応]
今までにないスキャンを実現いたしました。
近い将来発生する不良セクタを、先回りで検出いたします。
このような性質上、「故障前の事前的な予防交換」などに最適なスキャンです。

不良セクタレストレーション

■ [2010-0826] 不良セクタレストレーション

[全エディション対応]
大容量HDDに発生しがちな、軽微な不良セクタを修復することができます。
不良セクタシミュレーションをベースに開発したため、近い将来発生する不良セクタも修復対象です。

ヘッドレストレーション

■ [2011-0905] ヘッドレストレーション+SSD

[サポートエディション以上対応]
壊れかけHDD(SSD)を制御し、新しいHDD/SSDへセクタイメージを転送します。
いわゆる、物理解析を実施できる機能です。

ベンチマーク

■ [2010-0804] ストレージベンチマーク

[全エディション対応]
接続されております各ストレージの速度を計測いたします。
同時計測・単独計測をサポートいたしております。

S.M.A.R.T.ビュー

■ [2010-0804] S.M.A.R.T.ビュー

[全エディション対応]
ドライブの情報を細部まで表示いたします。

データ復旧

■ [2010-0804] 写真・画像データ復旧

[全エディション対応]
メンテナンス系に加え、データ復旧・修復機能をサポートいたします。
万一の場合も安心してご活用いただけます。

エコモード

■ [2010-0804] エコモード (ATAコマンド制御)

[全エディション対応]
ATAコマンドを多数発行できるインターフェイスです。
補助サポートが多数付属し、簡単にご利用いただける環境を整えました。
お気軽にご活用いただけたら幸いです。

データ転送グラフ化機能

■ [2010-0804] 転送レートグラフ化機能

[全エディション対応]
ストレージの転送レートをグラフ化する機能です。
お気軽にご活用いただけたら幸いです。

データ転送グラフ化機能

■ [2010-0804] シミュレーション解析設定

[プロエディション対応]
シビアな状況をテストできる各シミュレーションを実行できます。
メーカ・型番別に細かくパターン化され、最適なテスト・検査を実施します。
※ シビアな条件を要求される法人様向けの機能です。

故障予測ビュー

■ [2010-1103] 故障予測ビュー

[全エディション対応 制限モード(フリー)の場合は制限あり]
ドライブの故障予測情報を細部まで表示いたします。

故障予測スキャンモニタ

■ [2010-1103] 故障予測スキャンモニタ

[全エディション対応 制限モード(フリー)の場合は制限あり]
新しい「スキャン方式」の故障予測を実行いたします。

故障予測 S.M.A.R.T.情報モニタ

■ [2010-1103] 故障予測 S.M.A.R.T.情報モニタ

[全エディション対応]
従来のS.M.A.R.T.に対しまして、独自しきい値を採用した故障予測を提供いたします。

故障予測

■ [2010-1103] ストレージ故障予測

[全エディション対応]
S.M.A.R.T.および故障予測スキャンを自動化、万全な体制で予測を行います。
S.M.A.R.T.のみでは対応できない部分までしっかりサポートします。

バックアップ

■ [2010-1103] 緊急・定期バックアップ

[サポートエディション以上対応]
定期バックアップに加え、故障直前のデータも逃さない緊急バックアップを標準装備しております。
故障予測と併用し、メンテナンスフリーを確立します。

エコモード++

■ [2011-0905] エコモード++ (電力会社別管理&データ保護)

[全エディション対応]
電力会社別(電力需要)に合わせてHDD/SSDを制御し、節電とデータ保護を実現いたします。
お気軽にご活用いただけたら幸いです。

アドバンストデータ復旧

■ [2012-1017] アドバンストデータ復旧, 並列同時解析

[サポートエディション以上対応]
壊れたファイル構造からデータを復旧する論理解析を実施できます。
いわゆる、データ復旧ソフトウェアとなります。
万一の場合も安心してご活用いただけます。

■ [2013-0819] S.M.A.R.T.コンセンサス

[全エディション対応]
S.M.A.R.T.に、ドライブ故障予測のビッグデータ解析結果を適用いたします。
これにより精度の高い予測を実現いたします。

つなぎ復旧

■ [2014-0722] 不良セクタ危険予知

[サポートエディション以上対応]
物理障害の区間を上手く処理できる「不良セクタ危険予知」をサポートいたしました。
従来では先に進めなかった区間も、この機能で読めるようになります。

個人情報探索

■ [2014-0722] 個人情報探索, ファイル内部探索

[プロエディション対応]
個人情報を含むファイルを素早く内部まで探索いたします。
普段使われているパソコンの内部チェック、
または、これから持ち出すパソコンなどの内部状況把握にご利用ください。

ファイル名高速検索機能

■ [2014-0908] ファイル名高速探索機能, 頻度曖昧検索

[全エディション対応]
検索の度に検索用ツリーを生成し、高速検索いたします。
検索向けに、事前にキャッシュやインデックスを必要といたしません。
また、事前な仕掛け無しに、頻度を曖昧に検索する機能を追加しております。

■ [2016-0315] ホコリ前提復旧機能

[リカバリエディション以上対応]
動画サイトなどをみて、うっかり自分でドライブ(HDD)を開けてしまった・・ホコリ侵入前提のスキャン機能をご提供いたします。

■ [2016-0920] ベータ版 AI自動復旧機能

[サポートエディション以上対応]
データ復旧対象のドライブと、データの移転先をつなげるだけで自動的にデータ復旧が完了いたします。

■ [2020] 大幅に強化されたAI+BLOCKCHAIN 自動復旧機能

[サポートエディション以上対応]
データ復旧対象のドライブと、データの移転先をつなげるだけで自動的にデータ復旧が完了いたします。
自律的に稼働するブロックチェーンに、ドライブの状態を決める故障予測の情報を委ねます。
さらに、ブロックチェーンは世界中からドライブ故障に関する情報を集めてきますので、統計的にみても精度が大幅に向上する見込みです。

■ [2020] 大幅に強化されたヘッドレストレーション+SSD

[サポートエディション以上対応]
ドライブをセクタレベルで複製できる機能を大幅に強化いたします。
事前に壊れやすい区間が把握できれば、大幅に復旧率が向上することがわかっているため、ブロックチェーンを利用して、この制御を試みます。