Web3.0/NFT 国産 FromHDDtoSSD ストレージ故障予測 常駐型ストレージ故障予測

ホーム国産ドライブメンテナンス→ ストレージ故障予測→
国産ドライブメンテナンス FromHDDtoSSD: 常駐型ストレージ故障予測

■ 常駐型ストレージ故障予測機能

本機能は「全エディション」で対応いたします。 [>> ライセンスについて]

まずは設定です。上部メニューより「故障予測設定」を開きます。

● 1番: ブロックチェーンの保管先です。

ブロックチェーンのパスを指定できます。もちろん、コマンドライン(-datadir)からでも指定可能です。

● 2番: ソフトウェアの描写間隔および、スキャンを停止させるCPU負荷の設定となります。

描写が重い場合は、この描写間隔を下げる事により快適となります。 CPUの負荷を計測しておりまして、一定以上になるとスキャンが一時停止いたします。そのしきい値をここで設定できます。

● 3番: ストレージ故障予測中に実施される、故障予測スキャンの有効無効となります。

スキャンCの負荷が高い傾向にございます。不良セクタを早めに検出するためには、有効をお勧めいたします。

● 4番: 2番設定にてCPU高負荷を検出した場合、スキャンを停止させる時間を設定できます。

精度にも関わるため、特に問題ない限り、このままでお願いいたします。

● 5番: ストレージ故障予測のS.M.A.R.T.情報モニタの設定となります。

S.M.A.R.T.と故障予測スキャンの連動を制御いたします。特に問題ない限り、このままでお願いいたします。

● 6番: ストレージ故障予測が開始された日時を表します。

各ドライブ別に制御しておりますので、こちらもドライブ別となっております。

● 7番: 本ページに限るデフォルトロードとなっております。

設定を初期状態にできますので、おかしくなりましたら、こちらでデフォルトロードしてください。

● 8番: ストレージ故障予測全体のデフォルトロードとなります。

こちらも、設定を元に戻す事ができますので、動作がおかしい場合などは、こちらをクリックしてください。

● 6番: 左端をチェックいたしまして、9番をクリックいたしますと、故障予測開始日時を変更できます。

特に問題ない限り、ここはそのままでお願いいたします。故障日の計算などに影響がございます。

● 1番: 日付を変更し、「OK」ボタンをクリックいたします。

これで、故障予測開始日時が変更となります。

● 1番: 故障予測の警告発動を調整できます。

状況に応じて警告レベルが異なりまして、それぞれ調整することができます。

● 2番: 警告段階と判断するドライブの温度を調整できます。

特に影響が無ければ、このままでお願いいたします。

● 4番: 故障予測スキャンの分布を調整できます。

昔、調整していた頃の名残で、現在では中央で十分に動作できるようになっております。

● 5番: S.M.A.R.T.属性に対する有効・無効を設定できます。

左側にチェックを入れまして、その下にあります「有効・無効の切り替え」で切り替えることができます。

バックアップの項目を設定いたします。(緊急・定期バックアップの2種類がございます)

● 1番: 緊急バックアップの有効無効を設定できます。

緊急バックアップは、本当に危ない場合に実行される自動バックアップ機能となります。

● 2番: そのままでお願いいたします。

● 3番: 各リストに登録された内容をテキストに書き出すことができます。

● 4番: いつ本バックアップを発動させるか設定できます。

● 5番: ファイルコピーの速度を調整する事ができます。

バックアップ中、他の作業に影響が出ます。
そのとき、バックアップ速度を下げる事ができます。

● 6番: バックアップする各ファイルをフォルダ単位で指定いたします。

「削除」「読み出し」「参照&追加」ボタンで指定できます。 削除ボタンは行単位で削除できます。
読み出しは、3番で書き出したテキストを登録します。
参照&追加は、フォルダ選択ダイアログが出ます。

● 7番: 優先的にバックアップしたいファイルを、ファイル単位で指定いたします。

こちらが先にバックアップされます。

● 1番: 定期バックアップの有効無効を設定できます。

定期バックアップは、設定された一定期間おきにバックアップされる機能となっております。

● 2番: その間隔を設定できます。

累積型のチェックを採用いたしました。

● 3番: ファイルコピーの速度を調整する事ができます。

コピーの負荷を調整して快適な環境を構築してください。

● 1番: スキャンされるセクタ数単位を設定する事ができます。

特に問題ない限り、このままの設定でお願いいたします。

● 2番: 1番の設定値を元に戻す事ができます。

何か問題が出た場合は、こちらで元に戻して対処いたします。

● 3番: 不良セクタシミュレーションの解析項目を増やす事ができます。

各リストの左側のチェックを入れまして、「有効/無効 切り替え」ボタンで切り替えることができます。

● 1番: 現在のバックアップ状況を示します。

● 2番: 設定されているコピー速度となります。

バックアップ中も即時で変更できます。

● 3番: 進行状況を示します。

コピー元、コピー先の両方を表示いたしまして、コピーの状況をお伝えいたします。

● 4番: バックアップに関する注意事項です。

● 5番: バックアップ強制終了となります。

● 6番: タスクトレイへ入ります。

本ソフトウェアは常駐型です。

● 3番: 左クリックいたしますと、ストレージ故障予測が起動いたします。

● 6番: バックアップボタンで、いつでも定期バックアップを動かす事ができます。

いつでもバックアップできまして、バックアップデータを常に最新に保つ事ができます。

● 1番: 左クリックいたしますと、強制終了できます。

● 2番: 各ドライブの温度を示しております。

中央に達すると適温となります。

● 3番: 温度計にカーソルを当てますと、そのドライブの情報を簡易的に表示いたします。

S.M.A.R.T.情報の中でも、特に重要な部分を表示いたします。

● 4番: 故障予測全体を一時停止できるボタンとなります。

計測および、故障予測スキャンの一時停止/再開できます。

● 5番: 故障予測の表示モードを切替いたします。

故障予測スキャンモニタ、S.M.A.R.T.情報モニタの2種類がございまして、そちらに切り替えることができます。

● 6番: ストレージ故障予測に導入されました統計を表示できる機能です。

統計情報が受信できない場合は、いつも通りの故障予測として動作いたします。

● 7番: 接続されておりますドライブが9台以上の場合、それを切り替えるのに利用いたします。

一度に表示できる台数は8台までとなっております。

5番: 左クリックいたしまして、故障予測スキャンモニタに移動いたします。

● 1番: ドライブの現状を数値化いたしましたストレージスコアのグラフとなります。

● 2番: ドライブ劣化具合を数値化いたしましたLP, RPのグラフとなります。

両方とも最大値は500となります。
ここから数値を減らしつつ劣化具合を拝見いたします。

● 3番: ドライブ情報を簡易的に並べております。

● 4番: 表示するドライブを切り替えるのに利用いたします。

● 5番: 故障予測全体を一時停止できるボタンとなります。

計測および、故障予測スキャンを一時停止/再開することができます。

● 7番: 故障予測の表示モードを切替いたします。

S.M.A.R.T.情報モニタへ進みます。
Proceed to S.M.A.R.T. Information Monitor.

● 8番: ストレージ故障予測に導入されました統計を表示できる機能です。

統計情報が受信できない場合は、いつも通りの故障予測として動作いたします。

● 6番: 表示されているドライブのS.M.A.R.T.ビューを起動いたします。

さらに詳しく、ドライブの情報を見ることができるS.M.A.R.T.ビューを搭載しております。

7番: 左クリックいたしまして、S.M.A.R.T.情報モニタに移動いたします。

● 1番: 各S.M.A.R.T.属性を解析いたしまして、その総合評価を導いております。

● 2番: ストレージ故障予測に参加中のS.M.A.R.T.属性を表示しております。

● 3番: 表示するドライブを切り替えるのに利用いたします。

● 4番: 故障予測全体を一時停止できるボタンとなります。

計測および、故障予測スキャンを一時停止/再開することができます。

● 5番: 表示されているドライブのS.M.A.R.T.ビューを起動いたします。

さらに詳しく、ドライブの情報を見ることができるS.M.A.R.T.ビューを搭載しております。

● 6番: 故障予測の表示モードを切替いたします。

温度計モードに戻ります。

● 7番: ストレージ故障予測に導入されました統計を表示できる機能です。

統計情報が受信できない場合は、いつも通りの故障予測として動作いたします。

2番: 属性ID部分をダブルクリックいたしますと、故障予測ビューが起動いたします。

● 1番: 本属性IDの説明となっております。

● 2番: 属性移動ボタンとなります。

このボタンで属性IDを移動させる事ができます。

● 3番: 本S.M.A.R.T.属性の変化をグラフ化したものです。

グラフのX軸にある数値は、取得回数を表しております。
グラフ自体を左クリックいたしますと、現在値とデータを切り替えることができます。

● 4番と7番: 故障予測スキャンの結果をグラフ化
● 5番と8番: 再描写
● 6番と4番: グラフを切り替えます。

4番はスキャンA, スキャンBの共用となっておりますので、切り替えボタンが必要となりました。

● 9番: 強制的に故障予測を1手進めるボタンです。

デバッグ向けの機能です。

■ アクセス [ベスト5]
1:ドライブ検査/修復/自動データ復旧機能/S.M.A.R.T. FromHDDtoSSD v2 ダウンロード
2:最先端データ復旧サービス [with Web3.0/NFT 独自ブロックチェーン実用稼働]
3:ドライブ検査/スマートコントラクト/Web3.0/NFT FromHDDtoSSD v3 ダウンロード
4:HDD/SSD/NVMe/RAID 不良セクタの分類について
5:データ復旧技術開発とWeb3.0/NFT ブロックチェーンの開発履歴

■ 各機能のご紹介 ■

■ [2009-0104] Ver1.0 リリース

不良セクタのみでドライブの状態は判断できません。
それを「みえる」形でご提要というコンセプトから、Ver1.0が開発されました。
まずはシンプルに、単独ドライブの検査から、始まりました。

■ [2010-0804] ハードディスク, SSDのメンテナンス

[全エディション対応]
全セクタの検査および、複数同時スキャンに対応する完全スキャンです。
不良セクタ検出および、ドライブの「動作安定度」を算出いたします。
新たな指標で危険なセクタを検出いたします。

統計スキャン

■ [2013-10] ドライブ故障統計を利用する誤差のない統計スキャン

[サポートエディション以降]
完全スキャンの誤差をドライブ故障統計から改善いたしました。
さらに、グラフの方も統計タイプに入れ替え、使い易さも大幅に向上させております。

不良セクタシミュレーション

■ [2010-0804] 不良セクタシミュレーション

[全エディション対応]
今までにないスキャンを実現いたしました。
近い将来発生する不良セクタを、先回りで検出いたします。
このような性質上、「故障前の事前的な予防交換」などに最適なスキャンです。

不良セクタレストレーション

■ [2010-0826] 不良セクタレストレーション

[全エディション対応]
大容量HDDに発生しがちな、軽微な不良セクタを修復することができます。
不良セクタシミュレーションをベースに開発したため、近い将来発生する不良セクタも修復対象です。

ヘッドレストレーション

■ [2011-0905] ヘッドレストレーション+SSD

[サポートエディション以降]
壊れかけHDD(SSD)を制御し、新しいHDD/SSDへセクタイメージを転送します。
いわゆる、物理解析を実施できる機能です。

ベンチマーク

■ [2010-0804] ストレージベンチマーク

[全エディション対応]
接続されております各ストレージの速度を計測いたします。
同時計測・単独計測をサポートいたしております。

S.M.A.R.T.ビュー

■ [2010-0804] S.M.A.R.T.ビュー

[全エディション対応]
ドライブの情報を細部まで表示いたします。

データ復旧

■ [2010-0804] 写真・画像データ復旧

[全エディション対応]
メンテナンス系に加え、データ復旧・修復機能をサポートいたします。
万一の場合も安心してご活用いただけます。

エコモード

■ [2010-0804] エコモード (ATAコマンド制御)

[全エディション対応]
ATAコマンドを多数発行できるインターフェイスです。
補助サポートが多数付属し、簡単にご利用いただける環境を整えました。
お気軽にご活用いただけたら幸いです。

データ転送グラフ化機能

■ [2010-0804] 転送レートグラフ化機能

[全エディション対応]
ストレージの転送レートをグラフ化する機能です。
お気軽にご活用いただけたら幸いです。

データ転送グラフ化機能

■ [2010-0804] シミュレーション解析設定

[プロエディションのみ対応]
シビアな状況をテストできる各シミュレーションを実行できます。
メーカ・型番別に細かくパターン化され、最適なテスト・検査を実施します。
※ シビアな条件を要求される法人様向けの機能です。

故障予測ビュー

■ [2010-1103] 故障予測ビュー

[全エディション対応]
ドライブの故障予測情報を細部まで表示いたします。

故障予測スキャンモニタ

■ [2010-1103] 故障予測スキャンモニタ

[全エディション対応]
新しい「スキャン方式」の故障予測を実行いたします。

故障予測 S.M.A.R.T.情報モニタ

■ [2010-1103] 故障予測 S.M.A.R.T.情報モニタ

[全エディション対応]
従来のS.M.A.R.T.に対しまして、独自しきい値を採用した故障予測を提供いたします。

故障予測

■ [2010-1103] ストレージ故障予測

[全エディション対応]
S.M.A.R.T.および故障予測スキャンを自動化、万全な体制で予測を行います。
S.M.A.R.T.のみでは対応できない部分までしっかりサポートします。

バックアップ

■ [2010-1103] 緊急・定期バックアップ

[サポートエディション以降]
定期バックアップに加え、故障直前のデータも逃さない緊急バックアップを標準装備しております。
故障予測と併用し、メンテナンスフリーを確立します。

エコモード++

■ [2011-0905] エコモード++ (電力会社別管理&データ保護)

[全エディション対応]
電力会社別(電力需要)に合わせてHDD/SSDを制御し、節電とデータ保護を実現いたします。
お気軽にご活用いただけたら幸いです。

アドバンストデータ復旧

■ [2012-1017] アドバンストデータ復旧, 並列同時解析

[サポートエディション以降]
壊れたファイル構造からデータを復旧する論理解析を実施できます。
いわゆる、データ復旧ソフトウェアとなります。
万一の場合も安心してご活用いただけます。

■ [2013-0819] S.M.A.R.T.コンセンサス

[全エディション対応]
S.M.A.R.T.に、ドライブ故障予測のビッグデータ解析結果を適用いたします。
これにより精度の高い予測を実現いたします。

つなぎ復旧

■ [2014-0722] 不良セクタ危険予知

[サポートエディション以降]
物理障害の区間を上手く処理できる「不良セクタ危険予知」をサポートいたしました。
従来では先に進めなかった区間も、この機能で読めるようになります。

個人情報探索

■ [2014-0722] 個人情報探索, ファイル内部探索

[プロエディションのみ対応]
個人情報を含むファイルを素早く内部まで探索いたします。 普段使われているパソコンの内部チェックまたはこれから持ち出すパソコンなどの内部状況把握にご利用ください。

ファイル名高速検索機能

■ [2014-0908] ファイル名高速探索機能, 頻度曖昧検索

[全エディション対応]
検索の度に検索用ツリーを生成し、高速検索いたします。
検索向けに、事前にキャッシュやインデックスを必要といたしません。
また、事前な仕掛け無しに、頻度を曖昧に検索する機能を追加しております。

■ [2016-0315] ホコリ侵入前提の復旧機能

[リカバリエディション以降]
動画サイトなどをみて、自分でドライブ(HDD)を開けた場合など……ホコリ侵入前提のスキャン機能をご提供いたします。 自己責任で自分で内蔵ヘッドを換装された場合は、ホコリが入り込んでいるため、この機能を有効にしてお試しください。

■ [2016-0920] AI自動データ復旧機能

[サポートエディション以降]
自動的にデータ復旧を完了できる、自動タイプのデータ復旧機能です。

■ [2017,2018,2019,2020,2021] Web3.0/NFT ブロックチェーンの開発

今後の開発、改良は「FromHDDtoSSD v3 Web3.0/NFT ブロックチェーン版」に継承されます。

■ [2021-1130] Web3.0/NFT ブロックチェーンを搭載

ハイブリッド承認方式のブロックチェーンを搭載いたしました。

■ [2021-1130] Web3.0/NFT機能 第一弾 検査 i-sector 統計スキャン

[全エディション対応]
Web3.0/NFT ブロックチェーンを活用する最新のドライブ検査機能を搭載いたしました。
SSD/NVMeを「1回のスキャン」で完結できる「統計スキャン」機能をサポートいたします。

■ [2022-0328] 大幅に強化されたAI+ブロックチェーン 自動復旧機能

[サポートエディション以降]
Web3.0/NFT ブロックチェーンを活用する最新のデータ復旧機能を搭載です。
対象ドライブを接続またはご選択後、復旧完了まで「放置するだけ」です。
全自動が「最善」となる、迷いがないデータ復旧機能をご提供いたします。

■ [2022-0328] Web3.0/NFT機能 第二弾 16フレーズ方式の完全復元に対応

[全エディション対応]
Web3.0/NFT ブロックチェーンを活用する機能の第二弾です。
ブロックチェーンをフル活用するため、秘密鍵を扱う演算処理を最新ロジックに移行のち、 その演算を活用し、16フレーズから秘密鍵を完全復元できる機能を実装いたしました。 ※ 16フレーズを覚えるだけで、他にバックアップやハードウェア(ペーパー)系ウォレットが不要になります。

■ [2022-0412] Web3.0/NFT機能 第三弾 暗号のメモ帳

[全エディション対応]
Web3.0/NFT ブロックチェーンを活用する機能の第三弾です。
自分の秘密鍵で、メモをブロックチェーンに埋め込める機能です。自分しか、読み書きできない、暗号のメモ帳です。 よくSNSなどで、たとえそれがDMであっても、そのSNSを管理する会社に全内容が筒抜けとなっている点について、一度は耳にしたことがあると思います。 ブロックチェーンは管理者不在が特徴ゆえに、秘密鍵は自分しか持てません。そのため、筒抜けになる心配がありません。

■ [2022-0414] Web3.0/NFT機能 第四弾 大幅強化 レストレーション系

[サポートエディション以降]
Web3.0/NFT ブロックチェーンを活用する機能の第四弾です。
もし「事前に壊れやすい区間」が掌握できれば、そこを後回しにする手法で、大幅に復旧率が向上することがわかっています。 そこで、Web3.0/NFT ブロックチェーンに積まれたSSD/NVMeの故障予測情報を活用いたします。

■ [2022-0505] Web3.0/NFT機能 第五弾 量子耐性鍵の実装

[全エディション対応]
Web3.0/NFT ブロックチェーンを活用する機能の第五弾です。
逆からの計算量を大幅に増加させた量子耐性の鍵を実装いたしました。署名が非常に大きくなっております。 まずスマートコントラクト機能から、この鍵の実験を実施していきます。

■ [2022-0513] Web3.0/NFT機能 第六弾 スマートコントラクトの実装

[全エディション対応]
Web3.0/NFT ブロックチェーンを活用する機能の第六弾です。
トークンをブロックチェーンに記録し、制御や投票機能などのベース技術になる「スマートコントラクト」を実装いたしました。 前述の量子耐性の鍵を採用しております。

■ [2022-0517] Web3.0/NFT機能 第七弾 sorascanの実装

[全エディション対応]
Web3.0/NFT ブロックチェーンを活用する機能の第七弾です。
シンボル別にスマートコントラクトの全トランザクションを表示できる機能です。

■ [2022-0528] dl.fhs-register.com オフラインパッケージのご提供

[サポートエディション以降]
ビッグデータやブロックチェーンで解析されたデータをパックし、オフライン版としてご提供します。
※ ダウンロードと同時にパッケージ化およびデジタル署名する「出来たて」をご提供いたします。 単独実行ファイルで、ランタイム不要。どこでも動かせます。
※ サポートエディション:月 1 回まで、リカバリエディション:月 2 回まで、プロエディション:月 5 回までダウンロード可能です。 常に最新のデータでバイナリパックします。更新してご活用いただけますと幸いでございます。

■ [2022-0531] Web3.0/NFT機能 第八弾 ブロックチェーン&公開鍵検証機能

[プロエディションのみ対応]
Web3.0/NFT ブロックチェーンを活用する機能の第八弾です。
ブロックチェーン心臓部の詳細解析や、鍵の弱い部分を独自解析するなど、技術面の濃い部分に関する各機能のご提供となります。