Traditional Sector-Level Inspections (Full Scans) are Sufficient for HDDs
HDDに対する検査は従来からあるセクタレベルの検査(完全スキャン)で十分

Hard disk drives do not present issues with traditional full scans (v1, v2). Therefore, attempting to apply a ‘statistical scan’ to a hard disk will yield the result that it’s ‘unnecessary.’
ハードディスクは従来からある完全スキャン(v1, v2)で問題ございません。そのため、ハードディスクに「統計スキャン」をかけようとすると「必要ない」と出ます。

When the various results arising from a statistical scan fall within a constant range, it corresponds to a full scan. Imaginatively, when the results of a moving statistical scan converge from one end to the other (settling in one constant state everywhere), it aligns with the results of a full scan.
統計スキャンから生じる各結果が定数に収まると……それは完全スキャンに一致します。イメージ的には、動き回る統計スキャンの結果が端から端まで収束している(いたるところで動かずに一つに定まっている状態)場合、 それは完全スキャンの結果になっている……、です。

↑ Full Scan (Inspection calling every sector, existing since v1 era)
↑ 完全スキャン (v1時代からある、全セクタを呼び出す検査です)

↑ Statistical Scan (Full Scan Results → Reflected in Statistical Scan [Equated]) The range from 0% to 79% is equated from the full scan. In the case of HDDs, even for the equated intervals, the test accuracy indicated below has improved.
↑ 統計スキャン (完全スキャンの結果→統計スキャンに反映[同一視])
0%から79%の範囲が、完全スキャンから同一視されたものです。HDDの場合は、同一視された区間についても、下にある検査精度が上がっております。

↑ Statistical Scan from the Beginning (Equipped from v3, conducted over the entire range)
↑ 先頭から統計スキャン (v3より搭載 全区間を実施)
A statistical scan is fine, but a full scan is sufficient.
統計スキャンでも問題ございません。でも完全スキャンで十分です。