RAID [ 0 / 1 / 5 / 6 / 1 0 / 0 1 / スパニング その他 ] お見積

ホームデータ復旧サービス→お見積→RAID [ 0 / 1 / 5 / 6 / 1+0 / 0+1 / スパニング その他 ] お見積
RAIDマスター

■ RAID (0,1,5,6,10), NAS(2台以上構成) (HDD/SSD 複数台構成:機械学習スキャン採用)
〇 データ復旧サービス お見積

□ サーバ本体、RAID(複数台構成)の場合を想定しております。

□ サーバ・TeraStation本体修理に対応可能(導入されるHDD代金のみ追加)
※ 特にTeraStationの場合、まだまだ使えますので、本体修理をお勧めしております。
※ USB外付け型ドライブの自動バックアップを備えまして、メンテナンスいたします。今後のバックアップもお任せください。

[RAIDデータ復旧] 定額サービス
※ お急ぎではない場合、機種別の定額サービスもご検討ください。
※ 1台あたり1.0TB、合計2.0TB(2台構成)&4.0TB(4台構成)を水準としております。


TeraStation内部

■ 新技術:TeraStation専用:テラマスター採用
※ 空いた時間を利用するため、復旧品質は変わりません。

○ TeraStation:RAID-10(1+0, 0+1)の場合

210,000円

○ TeraStation:RAID-5, RAID-6の場合

220,000円

○ TeraStation:RAID-1(ミラーリング)の場合

2台構成:140,000円
4台構成:180,000円

○ TeraStation:RAID-0(ストライピング), JBOD(スパニング)の場合

2台構成:160,000円
4台構成:200,000円

※ 色ブロック別に区分いたしまして、その範囲を厳守いたします。
※ 以下の区分の詳細に関しましてはこちらをご参考ください。
※ 納期は、こちらをご参考ください。また、お急ぎの場合はお気軽にお申しつけください。

区分A 区分B 区分C 区分D 区分E
120,000~160,000円
170,000~190,000円
200,000~260,000円
270,000~320,000円
340,000~390,000円

※ SSDを複数台積んで構成されたRAIDの障害にも問題なく対応しております。お気軽にご相談ください。
※ ご不明な点は、RAID構成およびその障害内容をお気軽にお問い合わせください。

HDD容量(左)/SSD容量(右)/障害区分 論理障害軽度 論理障害中度 論理障害重度 物理障害軽度 物理障害中度 物理障害重度
HDD:~1.0TB, SSD:~64GB 区分A 区分B 区分C 区分C 区分D 区分E
HDD:1.0TB~2.0TB, SSD:64GB~128GB 区分A 区分B 区分C 区分C 区分D 区分E
HDD:2.0TB~3.0TB, SSD:128GB~192GB 区分A 区分B 区分C 区分D 区分D 区分E
HDD:3.0TB~4.0TB, SSD:192GB~256GB 区分A 区分B 区分C 区分D 区分D 区分E
HDD:4.0TB~5.0TB, SSD:256GB~512GB 区分B 区分C 区分C 区分D 区分D 区分E
HDD:5.0TB~6.0TB, SSD:512GB~1.0TB 区分B 区分C 区分C 区分D 区分D 区分E
HDD:6.0TB~8.0TB, SSD:1.0TB以上 区分B 区分C 区分C 区分D 区分E 区分E
HDD:8.0TB~10.0TB 区分B 区分C 区分C 区分D 区分E 区分E
HDD:10.0TB以上 区分B 区分C 区分C 区分D 区分E 区分E

ノートパソコン 過去に取り扱ったご案件_117 過去に取り扱ったご案件_118