フォルダ階層・ファイル名ごと綺麗に元通り
データ復旧サービス

A Drive(HDD/SSD) failure prediction utilizing BLOCKCHAIN technology

ホームデータ復旧サービスお見積RAID [ 0 / 1 / 5 / 6 / 1+0 / 0+1 / スパニング その他 ] お見積概算

■ RAID (0,1,5,6,10), NAS(2台以上構成) (HDD/SSD 複数台構成:機械学習スキャン採用) [税抜]

□ サーバ本体、RAID(複数台構成)の場合を想定しております。

■ RAIDの動作モードについて

ここでは、6種類のRAIDに関しまして、ご紹介いたします。
※ 市販されているTeraStationやLAN-DISKなどは「RAID-5/RAID-6/RAID-10」が採用されておりますが、障害例は多い傾向です。

■ RAID-0(ストライピング)
速度面向上が目的で、データ保護性は全くありません。
64KBや128KBなどのストライプサイズでデータを分散させ、高速化を図ります。 データを分散させますと、連続読み書き(シーケンシャル)速度が向上いたしますので、 連続かつ大きなデータ(映像データ等)の場合には大きな威力を発揮いたします。 ただ、1台でも故障いたしますと全データにアクセスできなくなる脆弱性がございます。
■ RAID-1(ミラーリング)
速度面は1台の場合と同じ(読み出し最適化なしの場合)
データ保護性は台数に比例して大きくなります。
セクタレベルでデータをミラーいたします。 1台以上が故障しても、1台さえ残ればデータが温存されるメリットがございます。
※ ただし、ビット腐敗の問題が絡んで、都合通りにはいかない場合が多いです。
■ RAID-5(パリティ付ストライピング)
速度面は向上(書き込みはパリティ計算で速度低下)
データ保護性は台数に比例して低下いたします。 現在(2012年)では、中途半端な仕様で厳しくなっております。
RAID-0の分散処理に、偶数パリティを入れた構成となります。 偶数パリティとは、論理計算を行い、失われた部分を他の要素から補填するものです。 これを利用して修復する作業をリビルドと呼びまして、壊れた分の再構築を自動で実施できる機能が備わっております。 また、この偶数パリティの総容量は「ディスク1台分」に相当するため、RAID-0と比べて1台余分に必要となりますが、この1台までの破損ならば、問題ないとされております。 しかしながら、徐々に劣化する物理障害を見抜く事ができないため、壊れたときには、残りのディスクも壊れていて、リビルドできないという脆弱性がございます。 また、2台以上同時に破損した場合も同様です。
■ RAID-6(RAID-5 2台破損対応版)
RAID-5の改良版
2重のパリティ計算が存在します。
データ保護性はRAID-5より上、台数に比例して低下します。 現在でも、大容量ドライブ向けといたしましては、中途半端な仕様です。お勧めはできません。
RAID-5は1台破損までの対応となりましたが、RAID-6は、2台までに拡張されます。 偶数パリティの他、共存かつ偶数パリティに依存しない別のパリティを加え、2台の破損までに耐えられる仕様ですが、これには2台を余分に必要といたします。 しかしながら、予備が増えても徐々に劣化する物理障害を見抜ける訳ではございません。 脆弱性は、RAID-5と全く変わりません。現在の大容量HDDを運用するには、中途半端な仕様と解釈いたしております。
■ RAID-10(1+0または0+1)
速度面は向上いたします。なお、データ保護性はRAID-0(ミラーリング)と同一です。
RAID-0(ストライピング)とRAID-1(ミラーリング)を組み合わせた構成で、 大容量HDD(1.0TB以上を複数組み合わせ)で運用される場合は、このモードのRAID-10をご利用ください。 ※ ミラーリングしたものをストライピングする1+0の方を必ずご利用ください。 ストライピングしたものをミラーリングする0+1では、データ保護性が低下いたします。 しかしながら、こちらも徐々に劣化する物理障害を見抜ける訳ではございません。
■ スパニング(スパンニング)
速度面は1台の場合と同じです。
また、データ保護性は全くありません。よって、利点はございません。
各ディスクをセクタ順につなげただけの構成をスパニングと呼びます。 分散等の処理はなく、1台の破損が、全データ参照不能に繋がりますので、 「メリットのないRAID-0」となります。

□ サーバ・TeraStation本体修理に対応可能(導入されるHDD代金のみ追加)
※ 特にTeraStationの場合、まだまだ使えますので、本体修理をお勧めしております。
※ USB外付け型ドライブの自動バックアップを備えまして、メンテナンスいたします。今後のバックアップもお任せください。

※ 色ブロック別に区分いたしまして、その範囲を厳守いたします。
※ 以下の区分の詳細に関しましてはこちらをご参考ください。
※ 納期は、こちらをご参考ください。また、お急ぎの場合はお気軽にお申しつけください。

区分A
120,000~160,000円
区分B
170,000~190,000円
区分C
200,000~260,000円
区分D
270,000~320,000円
区分E
340,000~390,000円

※ SSDを複数台積んで構成されたRAIDの障害にも問題なく対応しております。お気軽にご相談ください。
※ ご不明な点は、RAID構成およびその障害内容をお気軽にお問い合わせください。

HDD容量(左)/SSD容量(右)/障害区分 論理障害軽度 論理障害中度 論理障害重度 物理障害軽度 物理障害中度 物理障害重度
HDD:~1.0TB, SSD:~64GB 区分A 区分B 区分C 区分C 区分D 区分E
HDD:1.0TB~2.0TB, SSD:64GB~128GB 区分A 区分B 区分C 区分C 区分D 区分E
HDD:2.0TB~3.0TB, SSD:128GB~192GB 区分A 区分B 区分C 区分D 区分D 区分E
HDD:3.0TB~4.0TB, SSD:192GB~256GB 区分A 区分B 区分C 区分D 区分D 区分E
HDD:4.0TB~5.0TB, SSD:256GB~512GB 区分B 区分C 区分C 区分D 区分D 区分E
HDD:5.0TB~6.0TB, SSD:512GB~1.0TB 区分B 区分C 区分C 区分D 区分D 区分E
HDD:6.0TB~8.0TB, SSD:1.0TB以上 区分B 区分C 区分C 区分D 区分E 区分E
HDD:8.0TB~10.0TB 区分B 区分C 区分C 区分D 区分E 区分E
HDD:10.0TB以上 区分B 区分C 区分C 区分D 区分E 区分E

ノートパソコン 過去に取り扱ったご案件_117 過去に取り扱ったご案件_118

◆ お電話によるお問い合わせ、ご予約も受け賜っております。m(_ _)m

簡単な手続きにて初期診断・お見積

■ お電話(フリーダイヤル)お申し込み:お気軽にご相談ください

  • お気軽にご相談ください。オペレータより、症状の方を簡単にお伺いいたします。
    ※ 復旧可能性・復旧方針・お見積をお伝えいたします。

お電話(フリーダイヤル)によるお申し込みフリーダイヤル0120-55-0635、別回線090-3900-8289

■ データ復旧サービス お問い合わせ送信フォーム

■ 以下、ご用意ください

ドライブ単体、外付ドライブ、NAS、RAIDサーバ、各フラッシュメモリ、パソコン本体等で受け賜ります。
※ 本体(パソコン本体,サーバ本体,外付ドライブ,NAS)ごと、対応可能です。こちら(本体修理)をご確認ください。

[ドライブ単体の場合]:そのままご依頼ください。>> 梱包方法について
[ノートパソコン/モバイルの場合]:ACアダプターをご同梱ください。(付属のディスク類は、無くても大丈夫です)
[デスクトップパソコン/サーバ本体環境復元ご希望の場合]:そのまま本体ごとご依頼ください。
※ [重要]:データのみの場合はドライブだけ(RAIDの場合でも)で問題ございません。
[外付ドライブの場合]:分解せず、本体のままご依頼ください。付属品は不要です。
[PC-98 産業用パソコンの場合]:工作機械内部に設置してあるパソコン本体部分またはドライブを取り外してご依頼ください。
※ [重要]:工作機械の分解・整備に慣れております専門エンジニアを出張させることも可能です。取り付け後の工作機械の動作確認まで対応いたします。
[NASの場合]:NAS本体をそのままご依頼ください。NASの付属品は不要(ACアダプター等)です。
[サーバ本体にてデータのみ/RAIDの場合]:サーバ本体は特に必要ございません。ドライブ単位でご依頼ください。(問題なく解析できます)

※ データ復旧サービスお申込書のご記入をお願いいたします。>> データ復旧サービスお申込書 ダウンロード
※ ご不明な点は、ご依頼前に必ずご相談ください。お客様のご希望を最優先いたしまして、復旧可否・復旧方針構築・お見積いたします。
デスクトップ本体単位でご依頼の場合、キーボード, マウス, モニタ(一体型の場合は外せない(^^;のでそのままでOKです)は特に必要ございません。

カメラA カメラB 防犯設備

■ 法律に基づく表示、プライバシーポリシーをご確認ください (疑問点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい)

法律に基づく表示はこちら
プライバシーポリシーはこちら

過去に取り扱ったご案件_100 過去に取り扱ったご案件_101 過去に取り扱ったご案件_102 過去に取り扱ったご案件_103

■ ご発送先(お持込先)

※ 大型サーバの場合は、ご発送前にご相談ください。サーバ専用の宅配便をご手配できますので、安全に運搬できます。
お持込(その場で初期診断作業)にも対応できます。詳細は、こちらよりご案内いたしております。
※ 梱包方法・その他注意点等に関しましは、こちらよりご案内いたしております。

ご発送先(お持込先):
〒115-0041 東京都北区岩淵町25-22 1F
有限会社IUEC
データソリューションセンター
データ復旧事業部
TEL/FAX : 03-3901-8847 / 03-3901-8867

過去に取り扱ったご案件_104 過去に取り扱ったご案件_105 過去に取り扱ったご案件_106 過去に取り扱ったご案件_107

■ お申し込み(ご相談) 送信フォーム

※ お持込をご予約いただく場合は、こちらをご確認ください。

(1) ご連絡先、納品先について、お願いいたします。

メールアドレス
※ ご案内送付先となります。
メールアドレスのご確認
(@の前後をご記入ください)
お名前
( 会社名 / ご担当者様 )
フリガナ
郵便番号 -
ご住所
※ 海外からのお申し込みの場合は、一番下の「海外」をご選択ください。
お電話番号 - -

(2) データ復旧対象について、お願いいたします。

■ ドライブ全体容量 GB
■ 復旧を希望される大よその容量(ご案内メールのお見積概算の際、参考にいたします) GB
本体のメーカ名
一つ、ご選択をお願いします。
形態に関して
一つ、ご選択をお願いします。
接続環境
一つ、ご選択をお願いします。

[ ドライブ単体の方は、接続環境を以下よりご選択ください ]
内蔵型ATA(IDE) 内蔵型SATA 内蔵型SCSI 内蔵型SAS
外付型USB LAN(NAS) 外付型IEEE1394(FireWire) 外付型SCSI(古いタイプ) 不明

[ RAIDの方は、接続環境を以下よりご選択ください ]
RAID-0 RAID-1 RAID-5 RAID-6 RAID-1+0(0+1) スパニング その他

OSについて
一つ、ご選択をお願いします。
HDD/SSDのメーカ名
一つ、ご選択をお願いします。
ご購入時期について
一つ、ご選択をお願いします。
暗号化環境
一つ、ご選択をお願いします。(ご不明な場合は「その他」で問題ありません)
未選択 暗号化なし Windows標準(BitLocker) 秘文 領域単位 ファイル単位 ドライブ単位 その他
ドライブ型番
ご不明な場合は未記入で構いません。(例:WD20EARS 等)

(3) 現在の状況について、お願いいたします。

(4) 他社様ご診断について

■ 状況について
※ 一つ、ご選択をお願いいたします。
今回が初めて
初期診断後、キャンセルいたしました。
データ復旧作業を依頼いたしましたが、復旧不可と診断されました。

他社様ご診断の際、何か記載がありましたら、こちらにお願いいたします。(すでに診断済みの部分は除外いたします)

■ 以下のボタンをクリックいたしますと、送信内容の確認画面へ移動いたします。