次世代技術採用のデータ復旧サービス(BLOCK_HASH_MODIFIER) 国内作業を「厳守」します

ホーム→国内で作用完結&機密保持契約に対応
弊社データ復旧技術と、ブロックチェーンとの絡みについて [全作業:国内遵守]
[Next: [重要] 海外持ち出しは必ずゼロ]

■ 創業当時から今でも、データ復旧作業は「国内遵守(全作業)」「機密保持契約」

データ復旧は「国内遵守(全作業)」「機密保持契約」です。こちらは今後も絶対に変わりません。
※ 現在、技術および復旧拡張のために交渉を進めております提携業者様も「国内」です。ご安心ください。
※ 現在、2015年にリリースの「古かった統計処理」の部分を新しくしています。
例えば、データの処理について「活性化する近似」などを積極的に取り入れております。
いわゆる……さまざまな手法を活用し、統計などのデータを全微分可能にする、例の手法です。
今後とも、なにとぞよろしくお願いいたします。

■ データ復旧の技術開発について、従来通り、弊社「のみ」の環境になりました。

理由の方は、以下に示します。
※ 2021年7月:要点のみを集め(しっかり要約して)書き直しました。
※ 2021年8月:進展がありましたので更新いたしました。(一安心)

■ 実は、ブロックチェーンの「管理の問題」で、疑わしい事例が発生いたしました。

本プロジェクトを共同作業しておりました、
海外のhさんのコイン(時価が上位にあるものです)が消失したと連絡(2021年4月)を受けまして、
そのコインを預かっていた責任者に、こちらから状況を伺いました。(時価で数十万ドル)
明らかに様子がおかしいため、試しに「ブロックチェーンのログをみせて」とたずねたら、
拒否されましたゆえに、今のところは「行方不明」となるのでしょうか。

※ 故障予測やブロックチェーンを活用する復旧機能の共同開発は「断念」という判断に至りました。
※ [更新] 返却交渉が進んでおり(CMCより確認)、暗号資産による決済を再開いたしました。
ただ……開発につきましては、とりあえず弊社のみで進めていく(FromHDDtoSSD)形となります。
※ ブロックチェーンの心臓部については、従来通りの開発方針で、現在secp256k1から新しい機能を投入中です。 例えば、uint256の四則演算サポート(bitcoinでは加法と減法のみサポートだったため、乗法・除法・剰余・べき乗・正負・郡・複素など)をサポートなど、 必要な演算を揃えてから一気に拡張いたします。