物理障害を解決:データ復旧サービス [Web3.0 - データ復旧.com]

ホーム →データ復旧サービス [Web3.0 - データ復旧.com]

◇ 創業22年目 データ復旧サービス
富士通製 MPG3409ATの40GB から始まりました。今ではWesternDigital製 20TBですね。500倍ですね。大容量になりました。

弊社データ復旧サービスをご検討いただき誠にありがとうございます。
データ復旧を必要とされるドライブは刻々と状態が変動いたします。
そのため一度の診断と復旧作業で必ずご指定のデータを取り出す必要がございます。
※ 試行回数が増えるほどデータ記録面の損傷が進み、復旧成功率が下がっていきます。

そこで技術の自社開発が必要となります。
なぜなら復旧技術はどこも企業秘密ゆえ自社で開発する以外に入手の方法はありません。

◆ データ記録面の保護を最優先としながら、データを最短の道筋で取り出す技術の開発

これがデータ復旧サービスのすべてです。弊社では2005年から取り組んできました。

◆ 最先端のIT技術を惜しみなく導入 (Web1.0 - Web2.0/AI - Web3.0/NFTと移行)

解析技術は多岐に渡りその時代にあわせたものが常に出てまいります。
2005年頃はWeb1.0全盛期でコマンドを開発しその場しのぎでドライブの状態をみながら対処していました。
それでも低容量だったゆえに満足の得られる結果を得ておりました。


しかし2009年にテラ単位のハードディスクが誕生します。
さらにこの年は新しい記憶媒体SSDの普及の開始年にあたります。
初期のSSDはみな時おり動きが停止するプチフリという症状に悩まされたのもなつかしいです。


それから間もなくしてテラバイトのドライブが揃うようになりプチフリは解消され本格的な普及が始まります。
いよいよWeb1.0全盛期の手法では対応が難しい大容量化したドライブが沢山出てきました。


そこで2010年代、Web2.0に登場したビッグデータです。
数々の手法が公開されデータ復旧用への応用的な活用を開始いたしました。


Web2.0を活用する自動スキャンが完成し大容量ドライブへのスムーズな対応が可能となりました。
この成果は大きく容量100倍でもお見積を上げずにその大容量を安全に対処可能となります。


しかし解析データの量が非常に多くなっていくにつれサーバ代がのしかかります。
Web1.0時代と比較して倍々になっていきます。この年代のサーバ屋さんの株価が跳ね上がった要因(^^;でもあります。


そこに現れたのがWeb3.0分散型アプリケーション「ブロックチェーン」です。
解析データをノードで分散させるためサーバ代の心配がなくなりました。
安定したデータ復旧の見通しを立てることが可能となります。
またデータ復旧サービスの他、Web3.0/NFT ブロックチェーンのサービスを提供できる見通しも立ちました。
ありがとうございます。

◆ ご相談無料・お見積無料(キャンセル料金無料)です。

ご相談は無料です。またお見積も無料(キャンセル料金無料)です。

◆ ご発送前・ご相談の段階でお見積できます。

預かってからではなくご相談の段階でお見積のちその金額を遵守いたします。
創業以来この方式で対応してまいりました。
※ 2007年頃より他社にて、実際にあずけてから金額が跳ね上がる事例が多数出はじめてしまいこの方式になりました。 預ける前からお見積がわかりますのでご安心いただけると考えております。

◆ 完全成功報酬を採用しております。

全データを拝見可能なデータリストをご提供いたします。
※ データの復旧が難しい場合費用は一切かかりません。ご安心ください。

◇ IUEC データ復旧サービス 4つの特徴

〇 トップレベルのエンジニアとアルゴリズムの開発 [type: NFT recovery - Blockchain]

最大限の安全性を確保しながら障害ドライブを保護のち トップレベルのアルゴリズムでドライブのクローンを生成してからのデータ復旧を実施します。


〇 トップレベルのプライバシー確保のための世界的な開発に参加 [Web3.0 - 個人情報を守る]

現在のWeb2.0は「なりすまし」「汚染されたメール」 「変な場所に飛ばされる広告」「東京都から正式に警告を出されてしまうという不審な広告の出現」 「不審なドメインの乱立」など個人情報の保護とは真逆の状況でわずかな油断から個人情報や金銭を奪われます。


このような状況を打破するべく Web3.0という新しい概念(非中央集権)で個人情報を守る新たな開発が世界中で行われておりそれに参加しております。


※ Web2.0は個人情報に踏み込み過ぎというご意見が多いです。
※ 以下、参加中のプロジェクトです。非代替性に復旧用の統計などを乗せていく演算方式を研究しています。


〇 すべて自社内で完結

外注等の作業は一切ありません。


〇 幅広い種類のドライブに対応し物理障害に対応可能 [クラス100 クリーンルーム]

ドライブの構造を知り尽くした熟練のエンジニアが故障に至った高難易度の物理障害をこなしております。

◇ 1パーセントでも多くの復旧率を確保するため毎日奮闘しております。

物理的な破損を起こしたドライブから各データの復旧を試みるのがデータ復旧サービスです。
ドライブを分解修理し損傷を前提とした新開発の専用スキャン(解析)を実施しております。

◇ ドライブの状態が悪い場合はスキャン作業を複数回行うことも多いです。1バイトでも多くの情報を復旧します。

◇ 特殊な形態のノートパソコン(BitLocker)・NAS・サーバも本サービスが主流となります。

ドライブがあればデータがあります。どのような形からでも復旧することができます。


◇ パソコン本体の修理にも対応しております。

◇ プライバシーを重視。絶対に開きません。

データの機密保持契約に対応しており、個人様・法人様は問いません。データの大切さは同じです。

データの復元および検査部分には専用のソフトウェアを開発し自動化しています。


◇ アクセス [ベスト5]