[症状別:クリーンルーム作業] カタンカタンと異音、ジージーとヘッドが唸る

■ アクセス [ベスト 7]
1:□ ドライブ検査から自動データ復旧まで・・ FromHDDtoSSD Build 2820:最新版ダウンロード
2:データ復旧不能となる最大の要因1:認識可能なドライブを分解され、「*枚目のプラッタに傷がある」と・・?
3:データ復旧不能となる要因2:磁気ヘッドマップ作成およびヘッド切り替えができないため、対応不可?
4:検査はお断り?お客様実例からの、データ復旧サービスの実態について(検査はできないのに・・・復旧はできる?)
5:□ ドライブ故障統計(ビッグデータ):多角的な解析:フリーのストレージ故障予測 [S.M.A.R.T.のみでは厳しい]
6:大容量ドライブに関するデータ復旧の仕組み 機械学習スキャン(AI)による高い復旧率(最後までスキャン可能)
7:担当者ブログ ※ 2017年はAI完全自動ドライブ復旧システムおよび統計スキャンについて、まとめます。

ホームAIデータ復旧サービス→壊れる要因について→[症状別:クリーンルーム作業] カタンカタンと異音、ジージーとヘッドが唸る
ドライブ解析

■ ハードディスクが動作不能となった原因を探りまして、動作可能な状態にするための「一時」修理

□ クリーンルーム作業は、こちらもご参照ください。

HDD異音の原因は多岐に渡っております

ヘッドクラッシュ

[1]ヘッドクラッシュ(ヘッド系統の損傷):

ディスク回転により起こる風圧で、ヘッド先端を僅かに浮かして稼動させておりますので、 なにかの拍子でディスク表面と衝突いたしますと、画像のような傷を負い、動作できなくなります。

プラッタ歪み

[2]プラッタ歪み:

読み込めなくなる原因、なにもヘッドとは限りません。
データを保持する側、すなわちプラッタに異常が生じた場合も同様です。一般的に、こちらの障害のほうがヘッド系統よりも遥かに厄介です。
※ 注:誤差は非常に小さいため、肉眼では分かりません。歪みの度合いはスキャン系統のグラフで判断いたしますので、データスキャン作業に持ち越しいたします。

モータ焼け

[3]モータ焼け:

モータの軸受が焼けてしまい、回転できなくなる障害です。
※ かろうじてモータが回転する場合と、一切回転しない場合に分かれております。
※ かろうじて回る場合、非常に大きな異音が発生いたします。
※ 復旧の見込みが全く無いような「大きな音(カツカツ、キュキュキュ)」ですが、復旧率は高い(プラッタ歪みではないため)ため、絶対に諦めずご依頼ください。

ヘッドクラッシュ

[4]プラッタ指紋:

プラッタ(ディスク)表面に指紋が付着した場合です。
※ 海外にドライブを持ち出して、海外現地作業されてしまった場合のデータ復旧失敗でよく拝見いたします。

□ 弊社では全技術を自社開発いたしまして、全て自社内(国内)で作業を完結いたしております。ご安心ください。

過去に取り扱ったご案件_135 過去に取り扱ったご案件_136 過去に取り扱ったご案件_137 過去に取り扱ったご案件_138