AI完全自動ドライブ復旧システム FromHDDtoSSD:データ復旧機能:領域解析(クラスタスキャン)

□ どんなドライブ・状態でもOK お気軽にご相談ください。緊急:090-3900-8289 までどうぞ。
※ よほどのことがない限りデータは大丈夫です。守秘義務・秘密保持厳守いたします。

ホームAI完全自動ドライブ復旧システム→データ復旧機能→AI完全自動ドライブ復旧システム FromHDDtoSSD:領域解析(クラスタスキャン)

本機能の属性:◆■■■■■
※ 機能の組み合わせを簡素化するため、属性値を導入いたしました。この属性についてはこちらをご参照ください。

■ アドバンストデータ復旧機能 領域解析(クラスタスキャン)
※ 領域情報自体を消失、または誤フォーマット等から、データを復旧する事ができます。
※ 全クラスタ(セクタ)を解析いたしますので、その処理には数日を要する事が珍しくなく、今ではほぼ使いません。
※ データ復旧ソフトで数十時間かかった・・。この手の話は、間違いなくこの機能です。

本機能は、サポート,リカバリ,プロエディションで対応いたします。[>> ライセンスについて]

メニュー「完全・詳細スキャン設定」より、アドバンストデータ復旧を選択いたします。
別ウィンドウとして復旧機能が立ち上がります。データを復旧するための機能を投入しております。
ディレクトリ構造解析説明内にて、「ノードよりディレクトリ構造解析を選択」の部分を「領域解析」に読み替えますと、本機能が起動いたします。 名前の通り、こちらはディレクトリ(フォルダ)ではなく領域(パーティション)に対して解析が作用いたします。
[>> ディレクトリ構造解析]

領域解析を実行 領域解析

● 1番は、解析する場所を表しております。つまり、領域解析を指定された場所を示します。
※ ドライブまたは領域に対して解析できます。そして、その場所がここに入ります。

● 2番は、解析範囲を指定するスライダーとなっております。
※ 解析される範囲を指定いたしまして、領域解析の範囲を絞る事ができます。

● 3番は、領域解析を行うファイルシステムの指定です。解析したいファイルシステムにチェックを入れます。
※ 今後、解析可能なファイルシステムを大幅に拡張いたします。なにとぞ、よろしくお願いいたします。

● 4番は、拡張子別にデータを復旧する場合の、その拡張子を指定する場所となっております。
※ ファイルシステム単位で復旧する技術以外に、領域解析と同時にデータの部分のみを取り出す技術がございます。
こちらでは、そのデータの部分のみを取り出す作業を、領域解析と並列して処理するようになっております。
※ 左側にあるチェックを入れますと、有効となります。
※ 5番、6番のボタンで全選択、全解除に対応いたしております。
※ なお、この復旧では断片化されたファイルを復旧できないため、非推薦となっております。

● 7番は、選択された行を一番下まで移動いたします。
※ 移動可能な行は、自分で登録された拡張子に限ります。
※ 既に登録されております拡張子は、移動・削除等には対応いたしておりません。

● 8番は、自分で登録いたしました行を削除いたします。
※ 自分で登録いたしました分に限り、削除に対応いたしております。
※ 既に登録されております拡張子は、移動・削除等には対応いたしておりません。

● 9番・10番・11番・12番で登録後、13番のボタンで追加いたします。
※ 拡張子別復旧は、各ファイルが持つ特徴的なシグネチャを利用して復旧いたします。
このため、そのシグネチャとオフセットを登録いたしますと、自分で任意のファイルを追加する事ができます。
上級者様向けの機能となっております。なお、デフォルトの方でさらに追加いたします。
※ その下に最大サイズを指定する空欄がございます。通常は、空欄のままでお願いいたします。
理由といたしましては、拡張子別復旧では断片化が処理できないため、サイズが大きい場合は復旧できないためです。

● 14番で領域解析を開始いたします。
※ 領域解析を開始と同時に、設定内容が保管されます。

● 15番で領域処理をキャンセルできます。
※ キャンセルの場合は、何もせずに処理をメインウィンドウへ戻します。

● 16番にて、領域解析を素早く抜けて別の手法へ委ねる事ができる「クイック解析」を有効にできます。
※ ビッグデータ解析と一緒に利用する機能で、この時間を要する「領域解析」を10秒以下に短縮いたします。
※ このオプションの使い方は、復旧機能活用テクニックにて、詳しくご案内いたします。
※ 領域解析は全セクタスキャンの性質を持つため、壊れかけドライブには良くありません。これを改善された別機能へ渡す事が重要です。

完了後、領域ノードが多数出てきます。
精度が高いノード(以下参照)をご選択いただき、「ディレクトリ構造解析」を実施します。
※「領域解析による解析情報が存在いたします。・・・・」というメッセージが聞かれますので、「はい」をクリックいたします。

領域解析を実行完了

□ 領域ノードの精度について

はじめから出ている領域ノードとは別に、領域解析後に出てくる領域ノードがございます。
こちらは、解析の曖昧さから精度が異なっておりますので、それを示すヘッダ調査が埋め込まれております。

はじめから存在する領域ノード
ドライブに存在する領域情報を表示しております。
領域解析後、出てくるノード
領域解析後に、解析情報を積んでいるノードとなります。ヘッダ調査により、精度が判定されております。

以下、領域解析後、出てくるノードの見方となります。
LBAは開始位置(絶対セクタ)、最後の「~」は、この場所から始まっている事を示します。

領域ノードの違い

□ 各ノードの見方をご説明いたします。
LBAは開始位置(絶対セクタ)、最後の「~」は、この場所から始まっている事を示します。

領域ノードの違い

領域のシグネチャ(ヘッダ)がRNTFS、MSDOSなどであれば、その部分が領域開始位置(BPB)となります。

領域解析による解析情報が存在いたします

ツリービューを操作し、復旧候補となった各ファイルの中身を見ます。
※ Rootフォルダが、今回ターゲットとなる削除ファイル・フォルダの内容となります。
※ エクスプローラと同じ操作感を採用しておりますので、直感でご利用いただけると思います。

■ 各機能のご紹介 ■

完全スキャン

■ [2010-0804] ハードディスク, SSDのメンテナンス

[全エディション対応]
全セクタを検査できる完全スキャンです。
不良セクタ検出および、ドライブの「動作安定度」を算出いたします。
新たな指標で危険なセクタを検出いたします。

統計スキャン

■ [2013-10] ドライブ故障統計を利用する誤差のない統計スキャン

[サポートエディション以上対応]
完全スキャンの誤差をドライブ故障統計から改善いたしました。
さらに、グラフの方も統計タイプに入れ替え、使い易さも大幅に向上させております。

不良セクタシミュレーション

■ [2010-0804] 不良セクタシミュレーション

[全エディション対応]
今までにないスキャンを実現いたしました。
近い将来発生する不良セクタを、先回りで検出いたします。
このような性質上、「故障前の事前的な予防交換」などに最適なスキャンです。

不良セクタレストレーション

■ [2010-0826] 不良セクタレストレーション

[全エディション対応]
大容量HDDに発生しがちな、軽微な不良セクタを修復することができます。
不良セクタシミュレーションをベースに開発したため、近い将来発生する不良セクタも修復対象です。

ヘッドレストレーション

■ [2011-0905] ヘッドレストレーション

[サポートエディション以上対応]
壊れかけHDDを制御し、新しいHDD/SSDへセクタイメージを転送します。
いわゆる、物理解析を実施できる機能です。

ベンチマーク

■ [2010-0804] ストレージベンチマーク

[全エディション対応]
接続されております各ストレージの速度を計測いたします。
同時計測・単独計測をサポートいたしております。

故障予測

■ [2010-1103] ストレージ故障予測

[全エディション対応]
S.M.A.R.T.および故障予測スキャンを自動化、万全な体制で予測を行います。
S.M.A.R.T.のみでは対応できない部分までしっかりサポートします。

バックアップ

■ [2010-1103] 緊急・定期バックアップ

[サポートエディション以上対応]
定期バックアップに加え、故障直前のデータも逃さない緊急バックアップを標準装備しております。
故障予測と併用し、メンテナンスフリーを確立します。

S.M.A.R.T.ビュー

■ [2010-0804] S.M.A.R.T.ビュー

[全エディション対応]
ドライブの情報を細部まで表示いたします。

故障予測ビュー

■ [2010-1103] 故障予測ビュー

[全エディション対応 制限モード(フリー)の場合は制限あり]
ドライブの故障予測情報を細部まで表示いたします。

故障予測スキャンモニタ

■ [2010-1103] 故障予測スキャンモニタ

[全エディション対応 制限モード(フリー)の場合は制限あり]
新しい「スキャン方式」の故障予測を実行いたします。

故障予測 S.M.A.R.T.情報モニタ

■ [2010-1103] 故障予測 S.M.A.R.T.情報モニタ

[全エディション対応]
従来のS.M.A.R.T.に対しまして、独自しきい値を採用した故障予測を提供いたします。

データ復旧

■ [2010-0804] 写真・画像データ復旧

[全エディション対応]
メンテナンス系に加え、データ復旧・修復機能をサポートいたします。
万一の場合も安心してご活用いただけます。

アドバンストデータ復旧

■ [2012-1017] アドバンストデータ復旧, 並列同時解析

[サポートエディション以上対応]
壊れたファイル構造からデータを復旧する論理解析を実施できます。
いわゆる、データ復旧ソフトウェアとなります。
万一の場合も安心してご活用いただけます。

つなぎ復旧

■ [2014-0722] つなぎ復旧

[サポートエディション以上対応]
物理障害の区間を上手く処理できる「つなぎ復旧」をサポートいたしました。
従来では先に進めなかった区間も、この機能で読めるようになります。

個人情報探索

■ [2014-0722] 個人情報探索, ファイル内部探索

[プロエディション対応]
個人情報を含むファイルを素早く内部まで探索いたします。
普段使われているパソコンの内部チェック、
または、これから持ち出すパソコンなどの内部状況把握にご利用ください。

ファイル名高速検索機能

■ [2014-0908] ファイル名高速探索機能, 頻度曖昧検索

[全エディション対応]
検索の度に検索用ツリーを生成し、高速検索いたします。
検索向けに、事前にキャッシュやインデックスを必要といたしません。
また、事前な仕掛け無しに、頻度を曖昧に検索する機能を追加しております。

エコモード

■ [2010-0804] エコモード (ATAコマンド制御)

[全エディション対応]
ATAコマンドを多数発行できるインターフェイスです。
補助サポートが多数付属し、簡単にご利用いただける環境を整えました。
お気軽にご活用いただけたら幸いです。

エコモード++

■ [2011-0905] エコモード++ (電力会社別管理&データ保護)

[全エディション対応]
電力会社別(電力需要)に合わせてHDD/SSDを制御し、節電とデータ保護を実現いたします。
お気軽にご活用いただけたら幸いです。

データ転送グラフ化機能

■ [2010-0804] 転送レートグラフ化機能

[全エディション対応]
ストレージの転送レートをグラフ化する機能です。
お気軽にご活用いただけたら幸いです。

データ転送グラフ化機能

■ [2010-0804] シミュレーション解析設定

[プロエディション対応]
シビアな状況をテストできる各シミュレーションを実行できます。
メーカ・型番別に細かくパターン化され、最適なテスト・検査を実施します。
※ シビアな条件を要求される法人様向けの機能です。