Equating Full Scans with Statistical Scans
完全スキャンから統計スキャンへの同一視

Why does a full scan of SSD/NVMe result in lower analytical precision? SSD/NVMe drives have algorithms set by firmware between flash memory and the controller. The algorithm decides not to perform read/write operations on the flash for accesses deemed unnecessary. This has significantly sped up SSD/NVMe drives. However, it has also complicated fault determination.
なぜ、SSD/NVMeの完全スキャンでは解析精度が低下するのでしょうか。SSD/NVMeには、フラッシュメモリとコントローラの間にファームウェアによるアルゴリズムが存在いたします。アルゴリズムが不要と判断したアクセスについてはフラッシュへの読み書きが行われておりません。これによりSSD/NVMeは大幅な高速化が実現いたしました。しかし、故障判断が複雑化いたしました。

Indeterminate sectors appear in clusters
不確定なセクタが塊で出てきます

Specific to flash, indeterminate sectors appear. These are sectors where reading fails, but writing may partially succeed or fail.
フラッシュ特有の不確定なセクタが出現いたします。読めない・しかし書けたり書き損じたりが続くセクタです。

Structural Differences Unaddressable by Mere Adjustment of Full Scans
完全スキャンを微調整するだけでは対応できない構造の違い

Due to simultaneous issues with firmware and flash-specific problems, minor adjustments to full scans are insufficient. This issue will undoubtedly become more problematic with data recovery in larger capacity SSD/NVMe drives. SSD/NVMe drives have already entered the terabyte era, and the time to store crucial data is approaching. Therefore, we sought early solutions and developed statistical scans. A while ago, when SSD/NVMe drives were around 256GB, the need for data recovery was low as they mostly contained system files. But now, with 2.0TB drives… it’s common to store and operate data beyond the system.
ファームウェアとフラッシュ特有の問題が同時に絡むため完全スキャンの微調整では対応できません。この問題はSSD/NVMeが大容量化した後のデータ復旧で間違いなく牙を剥いてきます。すでにSSD/NVMeはテラバイトの時代に突入していますので大切なデータを格納する時が迫っております。そこで早い段階から解決法を探りまして統計スキャンの開発に至りました。少し前の256GB程度のSSD/NVMeならばシステムしかないためデータ復旧の必要性は低かったです。しかし2.0TB等になった今……システム以外のデータも普通に入れて運用されていると思います。

↑ Full Scan (Existing since v1 era, an inspection that calls every sector)
↑ 完全スキャン (v1時代からある、全セクタを呼び出す検査です)

↑ Reflecting Full Scan Results in Statistical Scans (Results from Full Scan → Reflected in Statistical Scan [Equated])
↑ 完全スキャンの結果を統計スキャンへ反映 (完全スキャンの結果→統計スキャンに反映[同一視])