データ復旧/ドライブ検査SORA-QAI FromHDDtoSSD v2 v3 v4

2009年より、こんなものにお付き合いいただき、誠にありがとうございます。v3で研究を終え、v4に全部投入してひとまず完成の見通しとなりました。v4は現在開発中です。

データ復旧/ドライブ検査SORA-QAI FromHDDtoSSDは、ドライブ検査等をフルにご活用いただけるフリーエディションから、高度な復旧作業を自動で対処できるプロエディションまでを一つに統合したWindows版ソフトウェアです。

ところで、量子&AI耐性トランザクションとは?

AI技術の急速な発展に加え、いよいよ「AIスパコン開発」の話が出てきました。これに加え量子コンピューティングの急速な発達に備え、SORA-QAIでは量子&AI耐性を組み込んだブロックチェーンを活用したブロックチェーンアプリケーションの開発に移行しております。

SORA-QAIブロックチェーンを活用したSSD/NVMe向け統計スキャン

SORA-QAI AI-NFTによるブロックチェーンアプリケーション

SORA-QAI AI-NFTによる多次元構造

インストール20秒以内 初回ブロックチェーン完全同期は10分以内の機構が実装

16シードフレーズによる完全復旧

直感的な操作を提供する復旧機能

大容量HDD向け: 標準的なドライブ検査

◆ 各エディションのご紹介

【フリーエディション】

弊社のソフトウェアは、すべてのセクタを検査する徹底的なドライブ検査、ドライブ故障予測、乖離率ベンチマーキング、電源管理機能、S.M.A.R.T.モニタリングなどの基本機能を備えています。

【サポートエディション】

大容量ハードディスクの検査時間を大幅に短縮する機能、SSD/NVMeドライブを一度の検査で正確に評価する統計スキャン機能、フォルダやファイル名を整理しながらデータを回復する機能、対象ドライブとデータ転送先を選択するだけで完了するAI全自動データ復旧機能を提供します。

【リカバリーエディション】

サポートエディションに追加された新機能には、ユーザーが開封したなどの状態が悪いドライブの回復技術や、騒音があり読取能力が極めて悪いドライブ向けに設計された機能が含まれます。これは、サポートエディションに深い調査のデータ復旧機能を追加するようなものです。これらの機能は常にアクティブに統合されています。

リカバリーエディションの強みは、「塵埃を前提としたデータ回復スキャン技術」です。ハードディスクは「通常空間」で意図的に開けられ、ビッグデータを使用してドライブの状態をリアルタイムで分析しながらスキャンが進行します。この独自の方法により、厳しい条件(重度の条件)下でのドライブの挙動に関する貴重なデータを収集できます。弊社のソフトウェアはまた、S.M.A.R.T.情報に基づいてハードディスクの健康状態を評価します。例えば、以下のスクリーンショットに示される「スピンアップ時間」が現在値1に達するヘッドクラッシュが迫っているような状況でも、ドライブを損傷させずに安定化させることができます。これによりデータ回復の成功率が向上し、顧客に自信を持って使用してもらえる製品を提供しています。

過酷な環境に対応するための試験を重ねました

【プロエディション】

このソフトウェアのすべての機能がアクティブです。特に、プロバージョンのAI自動回復機能は、FromHDDtoSSD SORA Neural Network v3 Build6000以降で効果的になり、「AIインタラクティブ」なAI全自動データ復旧機能を可能にします。