電源を入れても、何も映らない場合について

■ アクセス [ベスト 7]
1:□ ドライブ検査から自動データ復旧まで・・ FromHDDtoSSD Build 2820:最新版ダウンロード
2:データ復旧不能となる最大の要因1:認識可能なドライブを分解され、「*枚目のプラッタに傷がある」と・・?
3:データ復旧不能となる要因2:磁気ヘッドマップ作成およびヘッド切り替えができないため、対応不可?
4:検査はお断り?お客様実例からの、データ復旧サービスの実態について(検査はできないのに・・・復旧はできる?)
5:□ ドライブ故障統計(ビッグデータ):多角的な解析:フリーのストレージ故障予測 [S.M.A.R.T.のみでは厳しい]
6:大容量ドライブに関するデータ復旧の仕組み 機械学習スキャン(AI)による高い復旧率(最後までスキャン可能)
7:担当者ブログ ※ 2017年はAI完全自動ドライブ復旧システムおよび統計スキャンについて、まとめます。

ホームAIデータ復旧サービス→壊れる要因について→パソコンが起動できない原因
画面が真っ黒の理由 画面が真っ黒にて起動できない

Windows等のOSと呼ばれるソフトウェアは、パソコン内部のハードディスク(SSD)にコピーされる形で入っております。
このため、そのOS自体が動作不能となった場合、パソコン自体が動かなくなります。
このとき、OSが呼べないため、パソコンはその地点で動作を止めてしまいますので、OSが呼べない等の意味を含むメッセージを画面に表示して停止いたします。 この際、背景は真っ黒で、そのエラー通知が上部に浮かぶだけなので、完全に壊れてしまったかのように思われる原因となっております。

■ あくまでもOSが呼べないだけ

OSの呼び出しに失敗しているだけなので、深刻なエラーを抱えている訳ではない場合も沢山ございます。
逆に、ハードディスク(SSD)が物理的に破損し、動作不能となっている場合もございます。 そして、パソコン自体が故障して、OS自体を呼び出せない場合だって考えられます。 このため、パソコンが起動しない原因を確実に突き止め、その原因を改善させ、データ復旧(パソコン修理)を実施いたしております。

過去に取り扱ったご案件_168 過去に取り扱ったご案件_169 過去に取り扱ったご案件_166 過去に取り扱ったご案件_167

■ 修理パターンをまとめてみましょう。

□ 購入時の状態に修理する(初期化する)場合 [メーカ修理]

破損した部品が交換され、購入時の状態(最初の状態)に初期化される修理方法となります。
動作いたしますが、データは全て失う形となります。

□ 購入時の状態に修理し、さらにデータを温存する場合 [データ復旧+修理]

まず、ハードディスク(SSD)を取り出しまして、そこからデータを復旧する作業を実施いたします。
次に、破損した部品が交換され、購入時の状態(最初の状態)に初期化される修理方法となります。
※ データを温存した上、「パソコン修理」まで完結いたします。

□ データ温存のみの場合 [データ復旧]

ハードディスク(SSD)を取り出しまして、そこからデータを復旧する作業を実施いたします。
※ 新しいパソコンに乗り換える場合は、データ復旧のみで問題ないと思います。

windows macintosh

物理障害重度の件

矢野

物理障害重度に対する「データ復旧」をご存知でしょうか?
ハードディスクの内部が損傷しているため、クリーンルームを利用して、一つ一つを分解修復する作業となっております。
弊社では、そのようなご案件にも、問題なく対応できます。

お気軽にお問い合わせください

論理障害&物理障害、何でも構わない体制、データ復旧&修理で蘇ります。

クリーンルーム作業:モータ交換
クリーンルーム作業:汚れたフィルタ

パソコンが苦手な方でも簡単にご利用いただけるよう、十分に配慮いたしております。
※ データ復旧に加え、パソコン本体ごとの修理にも対応可能な点が挙げられます。
※ パソコン修理に関しましては>> パソコン本体修理サービスをご参考ください。

本ページをご覧頂きました方は、以下のページも見ております。[自動集計 Ver4.0]
1:[採用情報] 復旧エンジニアについて、ご案内いたします.