under development, FromHDDtoSSD and DataRecovery

Home技術パートナー様との開発の軌跡
About development with technology partners

◇ いつもお世話になっております。
こちらでは、データ復旧技術に関する勉強会についてまとめております。
Always we have been cope on concept in data recovery.
Below a summary of study sessions on data recovery technology.

◇ Year 2010

4月29日~5月3日 April 29th - May 3rd

A, クリーンルーム作業 [ハードウェア方面] Clean room work [for hardware]

以下、弊社および技術パートナー様との共通認識(ハード方面への復旧技術)となっております。
※ 先日はクリーンルーム作業担当の方とお話させていただきました所、
やはり「ディスクへの指紋付き」などが悩みのようです。
これを防ぐための手段がないのなら分かるのですが、手袋で容易に防ぐ事ができますので、
これらが平然とまかり通っているのはちょっとね、という内容でした。
※ プラッタ(ディスク表面)への指紋付着は致命傷(復旧不能)となります。
The below a common recognition (recovery technology for hardware)
with our company and technical partners.
※ The other day, we talked to the person in working to clean room,
After of all, "with a fingerprints on the platter" seems to be a problem.
we know that there is way to prevent fingerprints by gloves.
These denote that these things have not been went through in a correct manner.
※ Fingerprints on the platter (disk surface) may be fatal damage (unrecoverable).

データ復旧サービスでは、「クリーンルーム作業が高い技術力」という図式が一人歩きしております。
この認識は大変な誤りです。クリーンルーム作業はあくまでも作業の一部分に過ぎません。
総合的な症状とデータをスキャン&再構築するソフトウェアの性能が復旧率を決めます。
しかし、おろそかにしてよい訳ではございません。
クリーンルーム以外で開封いたしますと、どんなに優れたソフトウェアでも、制御不能となります。
In the data recovery service,
the notion of "high technology of clean room work" is walking alone now.
This concept is a huge mistake.
Clean room work is just one part of the work.
Comprehensive symptoms and the performance of the software that scans and
reconstructs the data determines the recovery rate.
However, we cannot ignore them.
If you open a drive outside the clean room that
no matter how good the software is under control the drive,
the work will be complete failure.

ヘッド交換技術 [ヘッドアンロード, CSS方式] Head replacement technology [head unload, CSS method]

ヘッドアンロードはヘッド先端がランプと呼ばれる部品に格納される形で収められます。
CSS方式はヘッド先端がプラッタ内週部に接触する形で収められます。
※ いずれにせよ、回転にて生じる空気の流れを利用して浮遊しております。
それだけ精密な機械となりますので、正確な作業を要求されますが、
その手順は毎年改良され、
問題なくヘッドアンロード, CSS方式の両方を復旧することが可能です。
The head unload is stored so that the tip of the heads are stored in a part called a "lamp".
The CSS is stored so that the tips of the heads contacts the inner track of the platter.
※ In any case, a head floats using the flow of air generated by rotation.
Since it is a precision machine, accurate work is required,
but the procedure is improved every year.
It is possible to recover both head unload and CSS without any problem.

ヘッド交換のおさらい Review of head replacement

回転にて生じる空気の流れを利用して
微小な「ディスク-ヘッド間隔」を作り出しておりますので、
各部品を固定するネジなどが重要な要素となります。
ネジの締め具合に関しましては、それを測定できる装置を利用いたします。
また、ヘッド交換作業に関しましても、
専用器具により容易かつ確実に行うことが可能となりました。
※ 磁気ヘッドを格納するスライダ(これが浮遊します)の姿勢を壊さずに、
ランプからの取り外し、およびランプへのセットを行う専用器具となります。
CSS方式では、ヘッド先端がディスク内周部に存在するため、
器具というよりは「ヘッド交換装置」になっております。
4プラッタまで対応、数秒でヘッドの出し入れをできるもので、こちらも確実です。
These are utilizing the flow of air generated by rotation
Since we have been created a minute "disc-head spacing",
Screws that fix each part are important factors.
Regarding the tightening condition of screws,
we will use a device that can survey it.
Also, regarding the head replacement work,
that have been become possible to do a works easily and reliably with special equipment.
※ Without breaking the posture of the slider (which floats) that stores the magnetic head
that is a dedicated device for removing from the lamp and setting it on the lamp in the CSS,
the tip of the head is located on the inner circumference.
It is said that a "drive replacement of heads" rather than an instrument.
It supports up to 4 platters, and the heads can be take in and out a few seconds,
which are also reliable.

以下、ヘッドアンロードとCSS方式の画像を置いておきます。
左側がヘッドアンロード、中央がCSS方式です。
ヘッドの格納位置にご着目ください。
Below, we upload the image of head unload and CSS.
The left side is the head unload, and the center is the CSS.
Please pay attention to the drive position of the head.

プラッタ移植技術 [モータ焼けに対応] Platter transplant technology [bearing to be hardening]

モータが焼けてしまい、動作不能となる例です。
このような場合は、モータを交換するのではなく、
プラッタを正常モータへ移植します。
モータはハードディスクと一体を成しまして、
これを外す前に、プラッタを外す必要があるためです。
すなわち、プラッタを外した段階で他のモータへ移植した方が、手順が少なくて済むという流れです。
For example, in which the bearing to be hardening and becomes inoperable.
In such case, instead of replacing the motor that
the platter is transplanted to a correct normal motor.
The motor is integrated with the hard disk on board,
therefore the platter must be removed from the board can be removed.
In other words, the procedure is less if the platter is removed,
and then transplanted to another motor.

こちらは、手作業ではまず無理です。
プラッタを固定するネジの精度が非常に高く、
この部分は機械の出番です。

技術パートナー様と話し合いのうえ完成いたしました
「専用装置」を利用いたしております。
This is not possible by hands.
The precision of the screws that secure
the platter is very high, and there is the machine comes into play.
We have been using the "dedicated device" that
was completed after discussions with our technical partners.

B, スキャン系 [ソフトウェア方面] Scan system [Software]

現在、メインで改良が進められているのはソフトウェア方面の技術です。
復旧速度と復旧精度を追求し、速やかで確実なデータ復旧を目指しております。
Currently, the main improvement is in software technology.
We have been pursued recovery speed and recovery accuracy,
aiming for quick and certain data recovery.

DIRECTSCAN

[課題1・・復旧速度の改善]:シングルスレッドとマルチスレッド
[Issue 1 ... Improvement of recovery speed]: Single thread and multi-thread

2005年の頃に登場いたしました「デュアルコア」を発端に、
2010年にはクアッドコアのパソコンに手が届くようになりました。
性能を決めるとされるクロック数(※注1)が中々伸びないため、
コアの数で性能向上を図る路線に変更となったようです。
ところで、このような変化は「一つの仕事を、高速に処理するタイプ」から、
「複数の仕事を、速度を落とさずに並列処理する方面」への転換を示します。
なお、クロック数だけでは性能は定まりません。1クロックあたりの性能も重要で、確認が必要です。
Starting with the "dual core" that appeared around 2005,
In 2010, quad-core PC became to be able to use.
It seems that Since the number of clocks determine performance that
has been changed to improve performance by the number of cores.
By the way, such a change is from "a type that processes one job at high speed".
It shows a shift to "processing multiple jobs in parallel without slowing down".
Performance isn't determined by the number of clocks alone.
Performance per clock is also important and needs to be confirmed.

そのため、よく伺う話が「スレッドの数」および「スレッドの優先順位」です。
一つのスレッドで全処理を行う内容をシングルスレッド、
反対に複数のスレッドを利用する場合はマルチスレッドと呼ばれております。
シングルスレッドの場合は「順番通り」に処理されます。
しかし、他のコアの手が空いている場合、それらを同時に利用し、合計処理時間を短縮したい所です。
Therefore, we often hear about "number of threads" and "priority of threads".
Single thread which the content that performs all processing in one thread.
On the contrary when using multiple threads that are called multithreading.
In the case of single thread, it is processed "in order".
However, if other cores are blank,
we use them at the same time to reduce the total processing time.

ただ、上手く実装しないと1スレッドあたりの処理時間が延びてしまいます。また、同期も必要です。
そのため、弊社では処理内容別に細かく分けて、色々と「組み合わせ」を行う内容になっております。
However, if not implemented properly,
the processing time per thread will increase, and also requires synchronization.
Therefore, we have been divided threads into small parts
according to the processing content and perform various "combinations".


[課題2・・復旧精度の改善]:不良セクタの間隔・規則性・精度と時間のトレードオフ
[Issue 2 ... Improvement of recovery accuracy]: Trade-off between bad sectors spacing, regularity, accuracy and doing time

不良セクタの拡散(読み書き不能セクタの拡散)に関しましては、
HDD容量が100GBを超えたあたりから頻繁に拝見するケースとなりました。
Regarding to the spread of bad sectors (spread of non-readable and writable sectors)
to become a case that
we often see them from around the time when the HDD capacity exceeds 100GB.

規則性に関しましては色々な手法で解決いたしておりますが、
不良セクタの間隔に関しましては、まだまだ詰めていこうと考えております。
Regarding to regularity, we have been solved bad sectors by various methods,
but the interval between bad sectors and we still are trying to consider too.

上が旧技術、下が新技術(見込み)です。
ただ、まだ改良中のため現在のシステムは上と下の中間点です。
それでも、ようやく形になってきまして、
この地点までの成果は「不良セクタシミュレーション」にて公開させていただきました。
まだ中間の技術ですが、それでも500GB~2.0TBのプラッタ傷などには大きな威力を発揮いたします。
(現在の2020年、14.0TBまで適用いたしております)
The top is the old technology and the bottom is the new technology (expected).
However, the current system(2010) is halfway between the top and bottom
because the system is still being improved.
Even so, the system has finally taken shape, and
the results up to this point have been released in the "bad sector simulation".
Although the system is still an intermediate technology that
is still very effective against platter scratches of 500GB to 2.0TB
(Currently 2020 apply to up to 14.0TB).

◇ 5月29日(土) 内容のまとめです。
※ スキャン結果の解析についてまとめました。
◇ May 29th (Sat) This is a summary of the contents.
※ We have summarized the analysis of scan results.

スキャン結果を詳細に解析し、全てメモリに収めて後から拝見する形式を検討中です。
We are considering a format that analyzes the scan results in detail,
stores them all in memory, and sees them later.

また、スキャン中にスキャン結果をリアルタイムに次々と代入し、
現在の状態を遷移させる方式も検討中です。
遷移させ、危険と判断できた場合はそのセクタの内容をメモリに収めます。
次回、読み込めるか分かりませんので・・。
今現在(6/8)も試行中で、実験ではメモリが1GB程度予約できれば、
数パーセントの復旧率向上が見込めそうです。

また、セクタ番号(LBA)は絶対に重ならないため、
木構造が有用とみております(こちらも色々と試しています)。
故障予測には前者(後から解析)、データ復旧には後者(遷移図)が役に立つとみております。
In addition, scan results are substituted one after another in real time during scanning.
We are also considering a method to transition the current state.
It makes a transition, and if it is judged to be dangerous,
the contents of that sector are stored in memory.
We don't know if it can be read next time ...
As of now (6/8), we are still trying, and in the experiment,
if we can reserve about 1GB of memory,
we can expect a few percent improvement in recovery rate.

Also, since the sector numbers (LBA) never overlap,
we think the tree structure is useful (we have also tried various things).
We believe that the former (analyzed later) is useful for failure prediction,
and the latter (transition diagram) is useful for data recovery.

6月19日(土) 内容のまとめです。
※ 物理障害データ復旧の改善と、メモリ管理(DIRECTSCAN Ver2.0, FromHDDtoSSD Ver2.0)
June 19th (Sat) This is a summary of the contents.
※ Improvement of physical failure data recovery and memory management
(DIRECTSCAN Ver2.0, FromHDDtoSSD Ver2.0)

物理障害のデータ復旧に関しましては、
特に大きく構造が変わらない限り、現状で問題ないと判断いたしております。
ただ、イレギュラーなケース(指紋付き)は別に改善する必要があると考えておりまして、
空いた時間を活用いたします。※ 指紋付着に関しまして扱う量が増加しております。
※ [お願い]:無意味にハードディスクの蓋を開ける事だけは避けてください。
Regarding data recovery of physical failure,
As long as the structure does not change significantly,
we have determined that there is no problem at present.
However, we think that the irregular case (with fingerprint)
needs to be improved separately.
We will make use of my free time.
※ The amount handled for fingerprint adhesion is increasing.
※ [Request]: Please avoid opening the lid of the hard disk meaninglessly.

メモリ管理を導入いたしました。
これは復旧精度に直接繋がる訳ではないのですが、
不意なエラーなどが全て把握できるため便利になりました。
また、公開版のFromHDDtoSSDにも導入いたしまして、「動作安定」を追及いたしております。
※ Ver2.0以降に全て搭載されます。なにとぞよろしくお願いいたします。
We have been implemented memory management.
This does not directly lead to recovery accuracy,
but It is convenient because you can grasp all unexpected errors.
We have also implemented them to the public version of FromHDDtoSSD
to pursue "operation stability".
※ All will be installed after Ver2.0. Thank you for your cooperation.

◇ 8月21日(土) 内容のまとめです。
※ SSD データ復旧に関して 1回目&仮想化環境に関する考察 1回目
◇ August 21st (Sat) This is a summary of the contents.
※ 1st time regarding SSD data recovery & 1st time consideration regarding virtualized environment

約2ヶ月ぶりとなりましたが、夏場の忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。
SSDおよび仮想化環境に関する考察を行いました。
It's been about two months since then, but thank you for participating in us during the busy summer.
We considered SSD and virtualized environments.

普及に伴い、ご依頼いただく機会が増加傾向にあるSSDに関する内容を取り扱います。
色々な面でHDDと異なりますので、スキャン周りに関しましては、
SSD専用のタイプを新たに構築し、テストを重ねて導入する必要性が強いことをまとめました。
なお、データ再構築方面に関しましては、ソフトウェアの上位分野(ユーザモード)となりますので、
ハードウェアの違いによるプログラム変更の必要性はありません。
やはり、構造が変わりますと、問題となるのはハードウェアを司るカーネル方面です。
With the spread, we will handle the contents related to SSD,
which are increasing the number of requests.
Since it is different from HDD in various aspects,
we have been summarized that there is a strong need to build a new SSD-dedicated type and repeat test to implement around scanning.
Regarding less data reconstruction,
it is a higher level of software (user mode),
so there is no need to change the program due to differences in hardware.
After all, when the structure changes, the problem is the kernel that controls the hardware.

余談ですが、Windowsの旧版(2000,XP)はHDD[ハードディスク]に最適化されておりますので、
SSDのパフォーマンスを最大限に引き出すのには無理がございます。
しかしながら、この頃はHDDしかない時代ゆえ、この問題に関しましては致し方ない話です。
As an aside, the old version of Windows (2000, XP) is optimized for HDD [hard disk],
so it is impossible to maximize the performance of SSD.
However, since there are only HDD at this time, there is no choice but to treat with this problem.

まず、正常なSSDに対しまして、そのアクセスの変動を全て記録してみました。
189MB/s~241MB/sの間を行き来しておりまして、
連続したアクセスでも、このような常時変動を吸収できるものが必要のようです。
HDDと同じ状態遷移では、おそらく異常判断が多く発行され、
スキャンがまともに通らなくなります。
First of all, we have tried to record all the fluctuations of the access for a normal SSD.
It goes without anything that is back and forth between 189MB/s and 241MB/s,
and it seems that we need something that can absorb such constant fluctuations
even with continuous access.
In the same state transition as HDD,
many abnormal result will probably be issued and scanning will not pass properly.
FromHDDtoSSD Ver2.02 完全スキャン内「詳細ビュー」軌跡表示有効で測定しました。
※ Measured with the below software:https://www.iuec.co.jp/fromhddtossd2s/fullscan.html

参考:約 32,000時間使い込みましたウエスタンデジタル製 ハードディスクです。
少々不安面がありますが、まだ30,000時間は問題ない感じがいたします。(補足:SCSI/SASタイプのHDDです)
※注:右肩下がりな点に関しましては、内周部の速度が低くなる特性ですので、故障ではございません。
Reference: A Western Digital hard disk that has been used for about 32,000 hours.
We are a little worried, but I still feel that 30,000 hours is okay. (Supplement: SCSI / SAS type HDD)
※ Note: Regarding the point is downward, it is not a malfunction because the speed of the inner circumference is slowed down.

着目点は、線の幅(振幅)です。平均的にはそこまでブレていません。
単にスキャンしただけでも、これだけの違いがあるため、故障した際の特性は大きく異なってくる訳です。
The point of interest is the width (amplitude) of the line.
On average, it doesn't shake that much.
Even if you just scan it, there is such a difference,
so the characteristics in the event of a failure will be significantly different.

次に、仮想化環境に関するデータ復旧の内容です。
Next is the content of data recovery related to the virtual environment.

時間の都合にて、今回は表面に触れた程度ですが、次回よりより深く考えていきたいと思います。
仮想化環境となりますと、難しそうなイメージがありますが、
バイナリイメージを仮想マシンにマウントさせ、動作させているに過ぎません。
仮想マシン自体がとても難しいのは分かりますが、
バイナリイメージはファイルシステムとオペレーティングシステムが格納されたイメージに過ぎません。
Due to time constraints, we only touched the surface this time,
but I would like to think more deeply from the next time.
When it comes to virtualized environments, there are some images that seem difficult,
but we just mount the binary image on the virtual machine and run it.
we know the virtual machine very difficult, but the binary image is just an image that contains the file system and operating system.

データ復旧では、仮想マシンを追求するわけではなく、
バイナリイメージからデータを復旧するのが目的です。・・長くなりそうなので、次回です。
Data recovery does not pursue virtual machines,
but the purpose is to recover data from binary images.
It's going to be long, so next time.

◇ 9月23日(木) の内容 ここから・・・
◇ Contents of Thursday, September 23 From here ...

予定より大幅に遅れておりました「故障予測」方面の報告です。
遅くなりまして、大変申し訳ございません。
従来の技術を大幅に改良した「新型(Ver2.0)」にて、近い内(14日以内)にリリースできます。
This is a report in the direction of "Failure Prediction" which was significantly behind schedule.
We are very sorry for being late.
The "new model (Ver2.0)", which is a major improvement of the conventional technology can be released in the near future (within 14 days).

故障予測の演算部分には、弊社およびパートナー様の「データ復旧成功事例」を採用し、
実際に壊れ易い部分を予測しながらスキャンを行います。
また、不良セクタシミュレーションを組み込みまして、この先の長期的な劣化にも対応できます。
S.M.A.R.T.のみの予測と比べましても、ベースから動作原理が大きく異なります。
We and our partner's "data recovery success cases" are used for the calculation part of failure prediction,
and scanning is performed while predicting the part that is actually fragile.
It also incorporates bad sector simulation to handle long-term deterioration in the future.
Even when compared with the prediction of S.M.A.R.T. alone
the operating principle is significantly different from the base.

なお、S.M.A.R.T.に関しましては、「利用しない」ではなく、
故障ドライブを個別に調査して得られる「独自のしきい値」にてある程度の改善はいたしております。
しかしながら、S.M.A.R.T.自体の内容が正確ではないドライブも数多く、
そのような場合には、S.M.A.R.T.ではなく、先程のスキャンによる予測しか方法がありません。
Regarding S.M.A.R.T. that we have made some improvements with the "unique threshold" obtained by individually investigating the failed drive, instead of "not using". However, there are many drives where the contents of S.M.A.R.T. itself are not accurate,
and in such cases, the only method is to predict by the previous scan instead of S.M.A.R.T.

本日はソフトウェアを動かして動作状況を伺っただけですが、次回より内部に関する詳細な内容に入ります。(10月11日)
Today we just ran the software and asked about the operating status,
but from the next time we will go into the details about the inside. (October 11th)

◇ 10月11日(月) の内容 ここから・・・
◇ Contents of October 11th (Monday) From here ...

Ver1.xの故障予測では、S.M.A.R.T.以外に予定しておりました故障予測スキャンA~Dのうち、
スキャンAのみしか搭載できず、大変申し訳ございません。
Ver2.0Aにて、完成いたしております。
スキャンA~スキャンCを実装済:残るスキャンDはデバイスドライバが必要となるめ、もう少しかかります。
In the failure prediction of Ver1.x, among the failure prediction scans A to D scheduled other than S.M.A.R.T.
First, We are so sorry that only Scan A can be installed.
We have been completed with Ver2.0A.
A scan to scan C implemented: The remaining Scan D will take a little longer as it requires a device driver.

調整の方に関しましても、ほとんど完成の域に近づいたとみております。
その他、報告を受け賜っておりましたバグを修正し、Ver2.0Aをリリースいたします。
度々、リリース延期が繰り返されてしまい、大変申し訳ございません。
また、Ver1.3Aの方もバグが存在したため、修正いたしましてVer1.3Bをリリースいたします。
Regarding the adjustment, we think that is almost completed.
In addition, we will fix the bugs that have been reported and release Ver2.0A.
We apologize for the repeated postponement of the release.
Also, since there was a bug in Ver1.3A, we will fix it and release Ver1.3B.

◇ 10月23日(土) の内容 ここから・・・
◇ Contents of Saturday, October 23 From here ...

※ アクティブレストレーション [拡大参考:ストレージスコアグラフの内部に動作状況がございます]
※ Active Restoration [Enlarged reference: There is an operating status inside the storage score graph]
[拡大画像]

故障予測スキャンを利用して不良箇所を修復する機能を搭載いたしました(アクティブレストレーション)。
これにより、軽微な不良セクタは速やかに置き換えられ、
S.M.A.R.T.[05]のカウンタが減少して収まる流れとなりました。
We have implemented with a function to repair defective parts using failure prediction scan (active restoration).
As a result, minor bad sectors were quickly replaced, and the counter of S.M.A.R.T. [05] was reduced to fit.

原則的に、不良セクタが発生した場合は速やかに交換するのがお勧めとなりますが、
状況によってはそうもいかない事が分かりまして、本機能の搭載に至っております。
例として、遠隔地にご導入いただいた場合です。この場合、すぐに交換する事はできません。
それならば、修復を試みて故障時期を伸ばした方が得策と考えました。
In principle, if bad sectors occur, we were recommended to replace them immediately,
but we have found that this is not the case depending on the situation, and we have installed this function.
An example that is installed in a remote location.
In any case, it cannot be replaced immediately.
In that case, we thought would be better to try to repair drives and extend the failure term.

また、実験ではHGST製,Seagate製にて動作を確認いたしております(15台以上)。
その他のメーカさんに関しましても、現在、調査を行っております。
※ HGST製:読み込み不能セクタ2箇所=>本機能で修復=>6ヵ月経過しましたが問題なしです。
※ Seagate製:読み書き不能セクタ=>本機能で修復=>3ヶ月で故障に至りましたが、先延ばしに成功です。
Also, in the experiment, we have been confirmed the operation with HGST and Seagate (15 units or more).
We are currently investigating other manufacturers as well.
* Made by HGST: 2 unreadable sectors => Repair with this function =>
6 months have passed, but there is no problem.
* Made by Seagate: Unreadable / writable sector => Repair with this function =>
Although it breaked down in 3 months, meanwhile, it was successfully.

◇ 12月19日(日) の内容 ここから・・・
Contents of Sunday, December 19 From here ...

破損したファイルシステム(FAT,NTFSやHFS等)を独自の技術で探索いたします。
スキャン系統のオブジェクトがセクタレベルの異常を検知すると、
その部分をメモリに取り込んでデータを保護するプロテクト機構を搭載しております。
また、細かくメモリを多用するため、
全てWindows任せではなく、独自に「厳重な管理」を実装しております。
可変長ケース・固定長ケースを厳密に決めまして、
別々に最適なアルゴリズムを実装し、管理しております。
(Windows任せでも大丈夫そうなのですが、
意外なところでメモリ確保失敗というケースを拝見しております。
通常、確保失敗の場合は例外処理でソフトウェアを落とすか、やり直せば良いのですが、
データ復旧は「チャンスが1回」の世界なので、そうはいきません。大変シビアですが、チャンスを生かします。

We will search for damaged file systems (FAT, NTFS, HFS, etc.) with our own technology.
When an object of the scanning system detects a sector level abnormality,
it is equipped with a protection mechanism that captures that part into memory and protects the data.
In addition, because the data structure uses a lot of memory in detail,
we do not leave everything to Windows, but implement our own "strict management".
The variable length case and fixed length case are strictly determined,
and the optimum algorithm is implemented and managed separately.
(It seems that there is no probrem to leave it to Windows,
but we have seen a case where memory allocation failed unexpectedly.
Normally, in any case of allocation failure,
we can term the software by exception handling or start over.
Data recovery is "once chance", so that is not the case.
It's very severe, but we will take the best opportunity.

最適なメモリ管理も決定いたしまして、弊社では業務用のDIRECTSCAN Ver2.0+および、
データ復旧ツール機能として搭載させていただくFromHDDtoSSD リカバリエディションを進めております。
2011年1月1日にDIRECTSCAN Ver2.0+が完成いたしまして、早速ですが1月4日以降はこちらに切り替えております。
1バイトでも多くのデータを復旧できるように尽力いたします。よろしくお願いいたします。
We have been also decided on the optimum memory management,
and we are proceeding with DIRECTSCAN Ver2.0+ for business use and FromHDDtoSSD recovery edition
which will be installed as a data recovery tool function.
DIRECTSCAN Ver2.0+ was completed on January 1, 2011, and we have switched to this since January 4th.
We will do our best to recover as much data as 1 byte.

弊社にとって、残る課題は「ユーザインターフェイス」です。
DIRECTSCAN Ver2.0+の場合は弊社および技術パートナー様のみご利用となりますので、
多少、見方・操作に関して至らない部分がありましても、・・・ですが、
FromHDDtoSSD リカバリエディションは一般公開となりますので、
迷わず操作でき、操作が直感的で簡単ゆえ、復旧率も確保する必要性がございます。
ウィザード形式で簡単に・・といきたい所なのですが、相手が壊れているだけに、
詳細な設定を試行錯誤で決定し、スキャンを開始するケースなどもありまして、色々と調整中です。
For us, the remaining issue is the "user interface".
In any case of DIRECTSCAN Ver2.0 +, only our and technical partners can use it,
so even if there are some parts that do not reach the point of view and operation.
However, the "FromHDDtoSSD Recovery Edition" will be open to the public.
Since it can be operated without hesitation, and the operation is intuitive and easy,
it is necessary to secure a recovery rate.
We would like to go with the wizard format easily, but since the other party is broken,
there are cases where detailed settings are decided by trial and error and scanning is started,
so various adjustments are being made.

◇ 2011年 技術報告
2011 Technical Report

2月20日(日) の内容 ここから・・・
Contents of February 20th (Sun) From here ...

1月23日の予定が2月20日までずれ込んでしまい、大変申し訳ございません。
メモリ管理システムの完成に、1ヶ月ほど遅れてしまったのが原因となります。(申し訳ないです...)
We are so sorry that the schedule for January 23 has been delayed until February 20.
T he cause was that the completion of the memory management system was delayed by about a month.

[まず・・データ復旧向けメモリ管理に関しまして]
2月中旬に、ほぼ完成いたしました。
基本的な構造はテーブル&インデックスとツリーを組み合わせた構造となっておりますが、
データ復旧プロセスにおける、いわゆる「癖・特性」を大いに含めた形となっております。
そのため、データ復旧用途ではキビキビ動作いたしますが、
他用途ではもっさりする可能性も大いに存在することになります(といっても、数百万重なった場合ですが...)。
ただ、目的(データ復旧向けメモリ管理)は満たしておりますので問題ありません。
※ 内部の一部処理にアトミック性を必要としますが、マルチスレッド・マルチコアでも余裕にOKです。
なお、コストの大きい例外処理は一切ありません。(このあたりは徹底的に検査し、余計な物は省きました)
[At first ... regarding memory management for data recovery]
Almost completed in mid-February. The basic structure is a combination of table & index and tree,
but it is a form that includes so-called "habit/characteristics" in the data recovery process.
As a result, it works sharply for data recovery purposes,
but there is a great possibility that it will be awkward for other uses
(although it may overlap with millions ...).
However, there is no problem because it meets the purpose (memory management for data recovery).
* Atomicness is required for some internal processing,
but multi-threading and multi-core are also acceptable. There is no expensive exception handling.
(This area was thoroughly inspected and unnecessary items were omitted.)

これにて、複雑に壊れた数百万レベルのファイルサーバ(NAS)などの復旧時間を短縮する事ができます。
弊社も、これを正式導入次第、ファイルサーバ(NAS)復旧をより強化する所存です。
With this, there is possible to shorten the recovery time of millions of levels of complicatedly broken file servers (NAS).
We will also strengthen the file server (NAS) recovery as soon as it is officially introduced.

実際に現場で利用するDIRECTSCANに組み込むのは3月中旬となります(問題ない場合)。
なお、リリース予定の次期FromHDDtoSSDには、既に本メモリ管理を「組込済み」です。
現在も検査を行っておりますので、このまま問題ないと判断でき次第、リリースいたします。
なお、FromHDDtoSSDには復旧以外の機能も多く含まれておりますが、もっさりの心配はご不要です。
復旧以外にて実施される数百・数千レベルの確保程度では、体感速度の違いは全く出ません。
It will be installed in DIRECTSCAN that is actually used in the field in the middle of March (if there is no problem).
In addition, this memory management has already been "embedded" in the next FromHDDtoSSD scheduled to be released.
We are still inspecting it, so we will release as soon as we can determine that there is no problem.
FromHDDtoSSD has many functions other than recovery, but we don't have to worry about it.
There is no difference in the perceived speed when securing hundreds or thousands of levels other than recovery.

◇ 6月5日(日) の内容 ここから・・・
Contents of June 5th (Sun) From here ...

壊れかけのHDDを安定させてスキャンする「ヘッドレストレーション」機能のリリースが近づいております。
自動制御への第一歩になりつつ、手ごたえも感じております。
※ 完全にコンピュータ側で制御できれば、莫大なスキャン時間から解放される事になります。(コスト削減)
The release of the "headrestration" function that stabilizes and scans a broken HDD is approaching.
While it is the first step toward automatic control, we feel that it is a greatful.
* If a broken drives can be completely controlled by the computer,
we will be freed from the huge scanning time. (cost reduce)

DIRECTSCANでも厳しい場合、次の手といたしまして「ヘッドレストレーション」を使います。
なお、上のスクリーンショットは自動制御のみの「公開」バージョンFromHDDtoSSD Ver2.0Cへ搭載です。
データ復旧業務では手動による制御変更(コマンド)をサポートした専用バージョンを開発・採用しております。
これでも厳しい場合は「クリーンルーム作業」にて修理を必要とするレベルと判断いたしております。
初期診断作業に関しまして重要な点が、ここに存在いたします。
僅かな差でも、処置方法が大きく異なるためです。
(このようなミスは、後々大きくなって厳しい状態となります)
If DIRECTSCAN is result in too badly, the next step is to use "headrest".
In addition, the above screenshot is installed in the "public" version FromHDDtoSSD Ver2.0C
with automatic control only.
In data recovery work, we have been developed and adopted a dedicated version
that supports manual control changes (commands).
If this is still severe, we consider that is a level in required repair by "clean room" working.

Here is an important point regarding the initial diagnosis work.
This is because even a slight difference can make a big difference in the recovery method.
(Such mistakes will become bigger and more severe later)

並列同時解析が完成いたしました。
Parallel simultaneous analysis has been completed.

色々と^^;)ありましたが、ようやく並列同時解析の稼動まで辿り着くことができました。
誠にありがとうございます。
Thank you so much!

◇ 12月18日(日) の内容 ここから・・・
Contents of Sunday, December 18 From here ...

イメージを保管する作業用ハードディスクを並列処理へ参加させ、
現在のスキャン状況を解析しつつ、その作業用ハードディスクを上手く活用し、
危険度の高い区間を上手くバックアップしながら解析を並列処理する方向へ改良します。
現在の方式では、損傷ディスクを解析する際、正常な区間に限り並列処理できます。
そのため、損傷が進んでいる場合、保留中区間が延び過ぎてしまい、
並列処理の恩恵が薄れてしまう欠点がございます(保留中を作業用へ移行し、並列処理できれば・・)。
We have been improved the direction of parallel processing by letting the work hard disk
that stores images participate in parallel processing, to analyze the current scan status,
to make good use of the working hard disk, and backing up high-risk sections as well.
To do: With the current method, when analyzing a damaged disk, only normal sections can be processed in parallel.
Therefore, if the damage is to progress, the pending section will be extended too much,
and the advantage of parallel processing will be diminished
(if the pending can be moved to work and parallel processing can be performed ...)

2012年 技術報告
新しい物理障害(2.0TB以上のHDDに発生)に関する内容からスタートいたしました。
「変わった症状」となっておりまして、よく他業者様からもご相談を受け賜わっております。
復旧自体は可能ですが、原因の特定がやや不安定となっておりますので、現在も探求が続いております。

2012 technical report
We have started with the content about a new physical failure (occurs on HDDs of 2.0TB or more).
It is a "strange symptom", and we often receive consultations from other companies.
Although recovery is possible, the cause has become somewhat unstable,
so we are still searching for other method.

◇ 1月9日(月) の内容 ここから・・・
Contents of January 9th (Monday) From here ...

「新しい物理障害」を取り扱いまして、その原因等の解析に関する内容となりました。
2.0TB以上の大容量ハードディスクに発生する障害となっておりまして、
読み出し速度が数秒にてほとんど0まで低下し、反応が得られなくなります。

しかしながら、僅かですが読み出すため、そのままスキャンを行うケースも伺いました。
結果から先に書きますと、1秒間に数バイトしか読み出せず、断念に至ったとのことです。
現在、このケースの復旧には読み出し速度が低下する「数秒」という時間を出来る限り伸ばしまして、
さらに、速度が完全に低下する前に転送を完全に止め、回復を待ってから再開する手法を採用しております。
上のスキャンを繰り返し読み出しまして、安定状態となるポイントを探り、自動制御に移行します。

上の方法にて、このケースにおける全てのご案件を成功いたしております・・・が、
ここで問題となるのは「原因」です。
原因が曖昧なままデータ復旧が先行している状態は好ましくありません。
この障害を起こしましたハードディスクをお譲りいただき、探求を続けております。
なにとぞよろしくお願いいたします。
We have dealt with "new physical failure" and now it is about analysis of the cause.
It is an obstacle that occurs in a large capacity hard disk of 2.0 TB or more.
The read speed drops to almost 0 in a few seconds, and no response can be obtained.
However, since it is read a little, we have heard that it scans as it is.
If we write from the result first, we can read only a few bytes per second, and you have given up.
Currently, to recover from this case, extend the time of "several seconds"
when the read speed drops as much as possible.
In addition, we have adopted a method of completely stopping the transfer before the speed drops completely,
waiting for recovery, and then restarting.
Repeatedly read the above scan to find the point where becomes stable, and shift to automatic control.

データ復旧総合環境の徹底検証:2012年8月1日(水)~2012年8月5日(日), 2012年8月14日(火), 2012年9月10日(ベータ版検証完了)
Thorough verification of data recovery comprehensive environment: August 1, 2012 (Wednesday) -August 5, 2012 (Sunday), August 14, 2012 (Tuesday), September 10, 2012 (Beta version verification completed)

実稼動に向けて、徹底的な検証を行います。
問題点の検出を優先的に行いまして、次に操作性を追及いたします。
これにてくまなく問題点を列挙し、修正のち実稼動させる見込みです。=>完了いたしました。
残るは、不良セクタ予測リンク方式に関する最終調整です。=>完了いたしました。
正式版一歩手前(最終テスト版)のバージョンを配布いたします。
これで問題ない場合、いよいよFromHDDtoSSD Ver2.1を公開いたします。
色々とお手数をおかけし、大変申し訳ございません。
We will carry out a thorough verification for actual operation and
We will prioritize the detection of problems and then pursue operability.
With this, we will list all the problems, fix them, and then put them into operation. => Completed.
All that remains is the final adjustment for the bad sector prediction link method. => Completed.
We will distribute the version one step before the official version (final test version).
If there is no problem with this, we will finally release FromHDDtoSSD Ver2.1.
We apologize for the inconvenience.

◇ FromHDDtoSSD Ver2.1 正式版リリース:2012年10月17日
FromHDDtoSSD Ver2.1 Official Release: October 17, 2012

FromHDDtoSSD Ver2.1を公開いたしました。
一旦、このバージョンにて半年様子を伺い、目立ったバグを全て修正いたします。
Ver2.1より、ビルド番号で管理しておりますので、バグフィックスが楽になりました。
ビルド番号方式のご提供、ありがとうございます。
FromHDDtoSSD Ver2.1 has been released.
We will wait for half a year with this version and fix all the noticeable bugs.
Since Ver2.1, it is managed by build number, so bug fixes have become easier.
Thank you for providing the build number method.

◇ 2013年 技術報告
完成に近づいてきました。重要な部分に限り、まとめて更新していきますので、よろしくお願いいたします。

FromHDDtoSSD データリスト連動機能について
FromHDDtoSSD data list interlocking function

=>

内部が統一され、データ復旧サービスと統合できる状態になりました。
まず、データリストをこちらに統合いたしまして、使い易くいたします。
The inside is unified and can be integrated with the data recovery service.
First of all, we have been integrated the data list here to make easier to use.

◇ 2014年 技術報告
完成に近づいてきました。重要な部分に限り、
まとめて更新していきますので、よろしくお願いいたします。
ドライブリアルタイム解析の同時スキャン(並列スキャン)に成功いたしました。
心配だったメモリ周辺のバグもなく、順調です。

◇ 2014 Technical Report
We release nearing completion.
We will update only the important parts at once, so thank you.
We succeeded in simultaneous scanning (parallel scanning) of drive real-time analysis.
There are no bugs around the memory that we were worried about, and everything is going well.

ホコリ前提復旧は、最も過酷な状況(フタが空いた状態)でスキャン(データ復旧)が通るように調整・デバッグしております。
使い道の方は、自分でヘッド交換を行われた場合に、ホコリが入り込んでもスキャンを通すために利用します。
リカバリエディション以上で対応いたします。
最も厳しい「蓋を開けた状態」でデバッグする事により、
実際の利用状況下(一度は開けたが、その後は閉めている)ではさらに安全になります。

現在はスキャン系単独で調整しておりますが、間もなく、ファイルシステム別の調整が入ります。
これで、100%の力を出せると思います。

From dust recovery is adjusted and debugged so that
scanning (data recovery) can pass in the most severe conditions (with the lid open).
If you use this function,
you can use to scan even if dust gets in if you replace the head yourself.
This function is supported by recovery edition and above.
* By debugging with the strictest "opened a cover"
It is even safer under actual usage conditions (opened once but closed afterwards).
Currently, we are adjusting the scan system alone,
but soon we will make adjustments for each file system.
With this, we think you can exert 100% power.

ホコリ前提復旧機能にて、「デバッグ」&「ビッグデータ化」を進めております。
We are promoting "debugging" & "big data conversion" with the dust premise recovery function.

4月29日~5月3日 (ゴールデンウィーク中) 期間中の内容
※ ドライブリアルタイム解析で、不良セクタの位置を事前に決めていき、回避していきます。
データ復旧で最もリスクが高いのは磁性体剥離の不良セクタに何度もヘッドを当ててしまい、動作不能にしてしまう事です。

April 29-May 3 (during Golden Week) Contents during the period
* Drive real-time analysis will determine the position of bad sectors in advance and avoid them.
The highest risk in data recovery is to repeatedly hit a drive heads against bad sectors of magnetic material peeling, making inoperable.

統計スキャンの心臓部となる「ドライブスタビリティコントロール」(右側ダイアログ)です。
このダイアログはモードレスで設計いたしましたので、
このコントロールとスキャン部(左側)を同時に操作する事ができます。
The "Drive Stability Control" (right dialog) is the center of statistical scanning.
Since this dialog is designed to be modeless,
you can operate this control and the scan section (left side) at the same time.

5月6日 最後の課題:CPUの稼働率
統計スキャンの復旧機能への適用(システムリカバリ)に向けて
1~4台の並列処理に成功いたしました。システム負荷は40%~60%(4コア稼働)となっております。
May 6th Last challenge: CPU utilization
Toward application of statistical scan to recovery function (System Recovery)
We have been succeeded in parallel processing of 1 to 4 units.
The system load is 40% to 60% (4 cores operating).

CPU稼働率は、まだ高めです。
ただ、大事な部分を切る訳にはいかないため、アルゴリズムの方で調整いたします。
データ復旧機能&スキャン機能&つなぎ&ビッグデータ解析の並列処理で「50%程度」に抑え、
緊急回避分の余力を残しておきます。
CPU utilization is still high.
However, since it is not possible to cut the important part, the algorithm will adjust it.
Data recovery function & scan function & connection & big data analysis parallel processing keeps to "about 50%",
Leave some spare capacity for emergency avoidance.

7月12日「つなぎ復旧 / ミリセカンド検査」の検証です。
暑い中、ありがとうございます。
偶然的に出来た機能なのですが、検査はもちろん、
色々と応用が利きそうな機能となりました。
危険回避につきましては自動制御しかない(人の判断では間に合わない)のですが、
このグラフの変化を利用して、もう少しスキャン速度を高める試みを実施しております。
※ 上に張り付いている場合は、中間よりも明らかに余裕がありますので、
スキャンを打診的に上げていき、復旧時間の短縮を図ります。
July 12 It is a verification of "connection restoration / millisecond inspection".
Thank you despite the hot weather.
It's a function that was created by chance, but of course inspection,
It has become a function that seems to be useful in various ways.
There is only automatic control for danger avoidance
(it is not in time for human judgment),
We are trying to increase the scanning speed a little more by using the change in this graph.
* If it sticks to the top, there is clearly more room than middle,
so We will improve the scan method to shorten the recovery time.

2014年8月より、大容量HDD(特にSeagate製の2.0TBが「ほぼ毎日」)が急増しております。
スキャンが通りにくく、出来る限り最小限の調査でデータを復旧していく技術が必要となりました。
そこで、昨年10月より着手いたしましたビッグデータ解析を利用し、頻度曖昧検索を開発いたしました。
Since August 2014, the number of large-capacity HDDs
(especially Seagate 2.0TB "almost every day") has increased rapidly.
It was difficult to scan, and we have been needed a technology
to recover data with the minimum amount of investigation possible.
Therefore, we have developed a frequency ambiguous search using big data analysis,
which we started in October last year.

ファイルシステム全体の形状等からファイル使用頻度を割り出す頻度曖昧検索機能は、
ファイルの配置などを元に解析し、ファイルに優先順位を付ける事ができます。
この優先順位が、データ復旧にとても役に立ちます。色々と使える汎用的な解析情報です。
The frequency ambiguous search function that calculates the frequency of file
usage from the shape of the entire file system is able to assign files
by analyzing them based on the arrangement of files.
This priority is very useful for data recovery.
It is general-purpose analysis information that can be used in various ways.

2014年9月:
2年以内製造のドライブの故障が多く見受けられるようになりました。
パソコン内蔵、外付型、NAS、RAID、TeraStation等、
あらゆる所で似た故障となっておりますので、
状況的な要素を集めただけでも、ドライブ自体の問題となりそうです。
さらには、これらドライブが故障いたしますと、
クリーンルーム作業等を実施後でも、その制御の幅が非常に狭く、
制御自体が難しい問題がございます。
このため、Windowsからの制御だけではなく、他の色々な装置(自社開発)を利用し、
部分的に自動制御・独立化させて復旧する見込みとなりました。
September 2014:
Drive failures manufactured within two years have become common.
Built-in PC, external type, NAS, RAID, TeraStation, etc.
Since it is a similar failure everywhere, even just to collect the contextual factors
is likely to be a problem with the drive itself.
Furthermore, if these drives fail, even after performing clean room work, the range of control is very narrow.
There is a problem that the control itself is difficult.
For this reason, not only control from Windows,
but also various other devices (developed in-house) are used.
It is expected that it will be partially automatically controlled and made independent to recover.

外部制御用の試作品(右側の画像)です。
こちらはすでに完成いたしまして、
ユニバーサル基板に移植(はんだ付け)させて稼動しております。
Windowsソフトウェアだけでは届かない部分(準備等で誤り易い部分なども含む)を、
自動制御化
しつつ上手く処理させております。
実際にはパソコンと直接接続いたしますと、正確な時間以外の要素は全部書けるのですが、
効率・安全の面で「独立」させた方が間違いがないためです。
This is a prototype for external control (image on the right).
Then, that has already been completed
It is operated by transplanting (soldering) it to a universal board.
A Parts that cannot be reached by Windows software alone
(including parts that are easily mistaken due to preparation, etc.)
It is processed well while being automatically controlled.
Actually, if you connect directly to a computer,
you can write all the elements other than the exactly time,
There is no mistake in making it "independent" in terms of efficiency and safety.

2014年10月~11月:
ビッグデータ解析の方も、いよいよ大詰めです。
大量の統計データから、利用可能なデータの取り出しに変形する
データマイニングの実装に取り掛かり、11月より稼動いたしました。

まだまだ改良の余地あり(誤差が出ますと、グラフが大きく変形する)なのですが、
来年の4月までには、この誤差を最小限に抑えられるように調整いたします。
※ 利用可能なデータの取得よりも、不要なデータの破棄に、この問題点を改善する鍵があるとみております。
この、大きくデータがずれる点は、早めに何とか片付けたいところです。
October-November 2014:
Big data analysis come to finally big wave!!
We transform from a large amount of statistical data to retrieving available data.
We will start to implement data mining and started operation in November.
There is still room for improvement (if there is an error, the graph will be greatly deformed).
By april next year, we will make adjustments to minimize this error.
* We think that there is a point to improve this problem in discarding unnecessary data
rather than acquiring available data.
This big data, is something we want to get rid of as soon as possible.

2014年12月より ドライブ故障統計(ビッグデータ)と通信開始:
先月、ビッグデータの解析部分(データマイニング)を稼動いたしました。
いよいよ、その解析結果を積んだデータベースと、FromHDDtoSSDが通信を開始いたします。
通信部分の追加および、通信が途切れてしまうバグを全て修正いたしましたので、問題なく安定いたします。
※ 誤差に関しましても、上手く処理する方法が見つかりましたので、それを試しております。
We are communication with drive failure statistics (big data) started in December 2014:
Last month, we have started the big data analysis part (data mining).
Finally, the database containing the analysis results and FromHDDtoSSD will start connection.
We have been added the communication part and fixed all the bugs that the communication are interrupted,
so it will be stable without any problem.
* Regarding the error, we will found a way to handle it well, so we are trying it.

2015年1月より ドライブ故障統計(ビッグデータ)の運用開始:
昨年はビッグデータの開発を行っておりまして、
いよいよ、2015年より運用を本格化いたします。
これらのデータの蓄積&データマイニングにより、
対象ドライブの特性および近似値を少ない要素から導くことができ、
ATAコマンドで取得できなかった部分や、取得にリスクを伴う部分(データ復旧にて「壊れかけ」の場所を調べなくて済みます)を
ノーリスクで補填
できます。
僅かな差が「大きな違い」になる場合が多くございまして(特にデータ復旧)、
それらを解決できる新しい解決方法
です。
Start of operation of drive failure statistics (big data) from January 2015:
Last year we were developing big data,
Finally, we will start full-scale operation from 2015.
By accumulating these data & data mining,
the characteristics and approximation of the target drive can be derived from a small number of elements,
parts that could not be acquired by the ATA command and parts that are risky to acquire
(you do not have to check the location of "broken" in data recovery)
It can be compensated without risk.
In many cases, a slight difference can be a "big difference"
(especially data recovery).
It is a new solution that can solve them.

2015年3月より S.M.A.R.T.コンセンサス
ドライブの状態を素早く解析するS.M.A.R.T.コンセンサスをリリースいたしました。
ドライブが正常ならば、この解析で十分に判断する事ができるようになっております。
ただ、壊れかけのドライブには不十分です。さらに深く解析できる「統計スキャン」の完成を急ぎます。
現在でも手動で初回のみパラメタを与えれば十分に動かせる(弊社の復旧サービス)のですが、
出来る限りの自動化を施しいたします。

それらパラメタ自体が説明しにくいためです。
From March 2015 S.M.A.R.T.Consensus:
We have released the S.M.A.R.T.Consensus that quickly analyzes the drive status.
If the drive is normal, this analysis can be used to make a sufficient judgment.
However, it is not enough for a broken drive.
Therefore, we will treat a "statistical scan" that can be analyzed deeper.
Even now, if you manually give parameters only for the first time,
it can be operated sufficiently (our recovery service),
but we will do as much automation as possible.

This is because those parameters themselves are difficult to explain.

2015年4月より、NTFSおよび、
FAT(12/16/32/exFAT)が不良セクタ危険予知(つなぎ復旧)に対応いたしました。
これにより、深い位置へのスキャンを安全に実行できるようになりましたので、
二段階解析を解放いたしました。
この解析は全てのエントリを必ず再帰させる方法となりまして、
スキャンの割合が大幅に増加するため、リスク管理が必要
です。
不良セクタ危険予知より、リスク管理システムが確立できましたので、
今後も復旧機能を解放していきます。
From April 2015, NTFS and
FAT (12/16/32 / exFAT) now supports bad sector danger prediction.
This makes that is safe to scan deeper,
so we have released a two-step analysis.
This analysis is a way to make all entries recursive,
risk management is required as the percentage of scans increases significantly.
A risk management system has been established based on bad sector risk prediction.
We will continue to release the recovery function in the future.

2015年6月6日 2015年6月28日 自動復旧に関する調整(打ち合わせ)を行います。
※ 重要な部分は自動制御となっております。実際に壊れかけドライブを持ち込みますので、お確かめ下さい。
※ 機械学習の右腕となる「状態変化サイン」の投入を完了いたしました。これで「完成」です。
June 6, 2015 June 28, 2015 We will make adjustments (meetings) regarding automatic recovery.
* Important parts are automatically controlled.
Please check the drive as you will actually bring in a broken drive.
* We have completed the implementation of the "state change sign",
which is exactly of machine learning. This is completed.

なにとぞよろしくお願いいたします。
Thank you for your cooperation.

技術の方がほぼ「完成」いたしましたので、次はWebサービスです。
第一弾として、大量のドライブ故障統計を利用し、
ドライブの状況を解析いたしました「全国ドライブ情報」をリリースいたします。
これらの情報はデータ復旧の壊れかけドライブ悪化防止などにも役に立てておりまして、
最後の復旧チャンスを生かします。
The technology is almost "completed", so next is the Web service.
As the first step, using a large amount of drive failure statistics,
We will release "Drive Information" that analyzes the drive status.
This information is also useful to prevent lost data from the drive.
Would you like to take advantage of the last recovery opportunity?

2015年9月:全国ドライブ情報の下部に、新しく開発いたしました「ドライブマイニング」を付け加えました。
この機能は、ドライブ故障予測(ビッグデータ)をより細かく解析・判断して説明する機能となっております。
メーカさん&ドライブ別に気が付いた点を次々と自動的に追加する仕組みとなっております。
成り行き任せで順不同です。
September 2015: The newly developed "Drive Mining" has been added to the bottom of the national drive information.
This function is a function to analyze and judge the drive failure prediction (big data) in more detail.
It is a mechanism to automatically add points that you noticed by manufacturer and drive one after another.
* It is no particular order.

SMRに関するドライブに対応いたしました。
独特な動きをいたしますので、少し変えないと厳しい結果となりました。
容量を上げるために重ね書きした部分のビット腐敗の割合などが気になるところです。
ビット腐敗の割合とヘッドの消耗度はスキャンの位置・速度を決めるための大きなパラメタとなっているためです。
We correspond to the drive related to SMR.
Since moving uniquely, the result was severe unless that was changed a little setting.
We are concerned about the rate of bit corruption in the overwritten part to increase the capacity.
This is because, the rate of broken bit and the degree of head wear are major parameters
for determining the scan position and speed.

なにとぞよろしくお願いいたします。
Thank you for your cooperation.

◇ 2016年1月 ハードディスク落下=>故障に備えるデータ復旧技術
◇ January 2016 Hard disk fall => Data recovery technology in case of failure

ドライブ故障統計(ビッグデータ)を利用いたしまして、
ハードディスク 落下耐久性を数値化いたしました。
これは、現在開発しておりますデータ復旧に採用させていただく見通しです。
※ 落下させてしまった壊れかけハードディスクの自動制御に成功いたしておりますので、
あとは「箱に詰めるだけ」です。
We used drive failure statistics (big data).
Hard disk drop durability has been quantified.
This is expected to be used data recovery currently under development.
* We have been succeeded in automatically controlling a broken hard disk that has been dropped,
then, so all we have to do is pack the drive.

なにとぞよろしくお願いいたします。
Thank you for your cooperation.

2016年2月 R.E.C.O.A.I.(機械学習スキャン&人工知能) ハードディスクのデータ復旧に採用
February 2016 R.E.C.O.A.I. (Machine learning scan & artificial intelligence) Adopted for hard disk data recovery

デバッグ等も完了いたしまして、ハードディスクのデータ復旧に採用を開始いたしました。
従来の手作業による復旧の限界を「機械学習」で吹き飛ばします。10.0TB 20.0TBでも問題ありません。
必ず最後までスキャンを通せます。
壊れかけドライブの状態を弊社独自開発のアルゴリズムで「数値化(20通り)」いたしまして、
ビッグデータを利用しつつ学習させる手法を採用しております。
1回限りとされるデータ復旧チャンスを生かすために、研究を重ねてまいりました。

本成果はデータ復旧に限らず、ドライブの故障予測機能などにも積極的に活用しておりまして、
こちらはフリーソフトウェアの形で公開いたしております。
誰にでもご確認いただけるオープンな取り組みです。

Our debugging has been completed, and we have started to use it for hard disk data recovery.
"Machine learning" pushes the limits of conventional manual recovery.
Then, 10.0TB 20.0TB is fine, you can always scan to the end.
The state of a broken drive is "quantified (20 cases)" using our proprietary algorithm.
We have been adopted a method of learning while using big data,
and this is research in order to take advantage of the one-time data recovery opportunity.

This result is not limited to data recovery, but is also actively used for drive failure prediction functions.
This is released in the form of free software and, an initiative that anyone can check.

なにとぞよろしくお願いいたします。
Thank you for your cooperation.

◇ 2016年2月 ハードディスク 悪化傾向の数値化 (悪化耐久指数)
February 2016 Quantification of hard disk deterioration trend (deterioration endurance index)

ドライブ故障統計(ビッグデータ)を利用いたしまして、
ハードディスクの悪化傾向を数値化いたしました。
ドライブ悪化に関する研究は、特に問題なく進んでおり、
それを活用して機械学習スキャンを動かしております。
We used drive failure statistics (big data).
We have quantified the deterioration tendency of hard disks.
Our research on drive deterioration is to proceed without any problems,
we are using it to run machine learning scans.

なにとぞよろしくお願いいたします。
Thank you for your cooperation.

◇ 2016年4月 ハードディスク 型番別注意
April 2016 Precautions by hard disk model number

全体のドライブ故障統計より、特に注意が必要な型番についてまとめました。
From the overall drive failure statistics, we have summarized the model numbers that require special attention.

なにとぞよろしくお願いいたします。
Thank you for your cooperation.

◇ 2016年5月 プラッタ方面の劣化を主眼に置く プラッタ指数
May 2016 Platter index to focus on deterioration in the platter area

ハードディスクの劣化をヘッド・プラッタの2方面に分けまして、
そのうちのプラッタ方面に関する指数となります。
磁性体剥離、プラッタ歪みなどの影響は、
その動作のクセからしっかり取り出すことができます。
ヘッド方面は悪化耐久指数、プラッタ方面はプラッタ指数にて、
それぞれの劣化具合を独立させて測定いたします。
大きく値が動いた場合、これで不具合を特定することができます。
不具合の特定は、データ復旧技術に不可欠です。
自動復旧を導入する場合、このような数値を学習させて変化を見ていく過程が心臓部に相当いたします。
順調に開発が進んでおります。
We divide the deterioration of the hard disk into two directions, the head platter.
It is an index related to the platter area and, the effects of magnetic material peeling, platter distortion, etc.
We can take them out firmly from the conventional of its operation.
Then that is deterioration endurance index for head,
This is reason, we notion platter index for platter.
We have measured each deterioration independently.
If the value moves significantly, we can identify the defect with this.
We have defected identification is essential to data recovery technology.
By the way, when to implement automatic recovery,
the process of learning such numerical values and observing changes corresponds to the center.
And now, we are under development to proceed smoothly.

なにとぞよろしくお願いいたします。
Thank you for your cooperation.

◇ 2016年9月 AI完全自動ドライブ復旧システム ベータ版
September 2016 AI Fully Automatic Drive Recovery System Beta

まず、ベータ版となりますが、自動復旧の一部を搭載いたしました。
First of all, we will be a beta version, and we have installed a part of automatic recovery.

なにとぞよろしくお願いいたします。
Thank you for your cooperation.

◇ 2017年12月 AIと統計スキャンの土台に活用 分散解析対応「S.M.A.R.T.コンセンサス」
December 2017 Used as the basis for AI and statistical scans, compatible "S.M.A.R.T. Consensus"

データ量の増加に比例して解析時間が大幅に伸びてしまった欠点をなくすため、分散解析を導入いたしました。
We have implemented analysis of variance to eliminate the drawback
that the analysis time has increased significantly in proportion to the increase in the amount of data.

◇ 2018年3月:分散解析&トランザクション(承認作業)のサポート
March 2018: analyze & transaction (approval work) support

本機能により、従来の欠点を払拭いたしました。
スピーディーに解析が進みます上、これにより「統計スキャン」もサポートできました。
もちろん、データ復旧で大切な壊れかけドライブの制御と相性抜群です。
事前に壊れかけの区間が手に取るように分かるのですから、しっかりデータが取り出せます。
2020年12月追記:この「統計スキャン」の機能は、ブロックチェーン版から、実装いたします。
セクタの良し悪しだけでは判別が難しくなった、多層のSSDの故障を事前に察知できる新たな仕組みになります。

With this function, the conventional drawbacks have been eliminated.
In addition to speeding up analysis, we were also able to support "statistical scans".
Of course, it goes well with the control of a broken drive, which is important for data recovery.
Since we can see the section that is about to break in advance, and retrieve the data firmly.
Added in December 2020: This "statistical scan" function will be implemented from the blockchain version.
By the way, It will be a new mechanism that can detect in advance the failure of multi-layer SSD,
which is difficult to distinguish only by the quality of the sectors.

◇ 2019年10月:ブロックチェーン SORAネットワークの試験的な開始
October 2019: Trial launch of blockchain SORA network

ブロックチェーン SORAネットワークを試験的に開始いたしました。
We have started the blockchain SORA network on a trial basis.

◇ 2020年1月:旧式のデータスキャンソフトウェアのサポートを終了
January 2020: End of support for older data scanning software

以下動画にあります、2007年より復旧業者様専門に販売・サポートしておりました
旧式のデータスキャンソフトウェアについて、2020年1月31日(金)にて、そのサポートを完全に終了いたします。
理由は、コマンド方式による作業では、作業時間的に2.0TBが限界と判断いたしました。
それゆえ、すべて最新方式のデータスキャンソフトウェアへのご移行(料金は変わりません)をお願いいたします。
As you can see in the video below, we have been selling and supporting recovery system since 2007.
Support for older data scanning software will be completely discontinued on January 31, 2020 (Friday).
The reason is that we have decided that 2.0TB is the limit in terms of work time when working with the command method.
Therefore, please switch to the latest data scanning software (the price will not change).
[>> コマンド方式のデータスキャン Command-based data scan]
※ 旧式サポート終了後でも、旧式のご利用継続自体は可能です。
ただし、バグ修正を含め対応はいたしかねますゆえ、ご了承ください。

* Even after the end of old-fashioned support, you can continue to use the old software.
However, please note that we cannot respond to bug fixes.

◇ 2020年2月 - 8月:ブロックチェーンの処理部分を「最新コア」に移植する作業を開始いたしました。
February-August 2020:
We have started the work of porting in process the SORA blockchain to the "latest core".

ハイブリッド承認[PoW/PoS]および、PoSの分裂性が良いブラックコイン系を採用したのですが、
ブロックチェーンコアの心臓部が古いため「最新コア」に移植する作業を開始いたしました。
まず、安定板の2018年から2019年の最新コアを移植し、
それから「2020年以降の最新コア」の各機能を移植する見通しです。

We adopted hybrid approval [PoW / PoS] and the black coin system with good PoS splitting.
However, since the center of the blockchain core is old,
we have been begun the work of porting to the "latest core".
All of first, porting the latest core of the stable version from 2018 to 2019,
then, we intend to port each function of "latest core after 2020".

開発中: ソースコード (MIT licence)
Under development: Source code (MIT license)
https://github.com/FromHDDtoSSD/SorachanCoin-qt/tree/develop/src

◇ 2020年12月 - 2021年1月:
SORAのtestnetを利用いたしまして、日本語版より、ブロックチェーンを活用する故障予測を開始いたします。
※ 規定されているブロックチェーンのオペコードを利用します。
※ さすがに、勝手にオペコードを追加するのは「やめました」(^^; BIP通りにいたします。
December 2020-January 2021:
Using SORA's testnet,
we will begin drive failure prediction using blockchain from the Japanese version.
* Use the specified blockchain opcode.
* We are to stop to add opcode without permission (^^; ... we will pursue BIP.

完全スキャンの検査機能を大幅にアップグレードした「統計スキャン」の実装です。やっとです……。
なお、完全スキャンとの大きな違いは「ハードウェア以外の要素を統計処理に加える」点です。
例えば、セクタの使用状況を把握する必要がありますので、それは「ファイルシステムから解析」いたします。
なお「フリーエディション」から問題なくサポートいたします。自由にご活用いただけますと嬉しいです。
※ 主流となった「多層SSD/NVMe」の検査は、必ず「統計スキャン」で、検査をお願いいたします。
We are an implementation of "statistical scan"
that greatly upgraded the inspection function of full scan. Finally ... oh ... yes!

The major difference from the full scan is that "elements
other than hardware are added to the statistical processing".
For example, we need to know the sector used, so we will "analyze from the file system".
In addition, we plan to support from "Free Edition"!
Please be assure. Without any problem! We want to hope you can use this software freely.
* Please be sure to use the "statistical scan" to inspect the mainstream "multi-layer SSD/NVMe".

いよいよ「統計スキャン」を実装いたしました。
Finally, "Statistical scan" has implemented.