ビッグデータ:動作状況の統計

■ アクセス [ベスト 7]
1:□ ドライブ検査から自動データ復旧まで・・ FromHDDtoSSD Build 2820:最新版ダウンロード
2:データ復旧不能となる最大の要因1:認識可能なドライブを分解され、「*枚目のプラッタに傷がある」と・・?
3:データ復旧不能となる要因2:磁気ヘッドマップ作成およびヘッド切り替えができないため、対応不可?
4:検査はお断り?お客様実例からの、データ復旧サービスの実態について(検査はできないのに・・・復旧はできる?)
5:□ ドライブ故障統計(ビッグデータ):多角的な解析:フリーのストレージ故障予測 [S.M.A.R.T.のみでは厳しい]
6:大容量ドライブに関するデータ復旧の仕組み 機械学習スキャン(AI)による高い復旧率(最後までスキャン可能)
7:担当者ブログ ※ 2017年はAI完全自動ドライブ復旧システムおよび統計スキャンについて、まとめます。

ホームビッグデータの復旧応用技術→壊れかけドライブと統計→動作状況の統計

■ 動作状況の統計について

ドライブの動作状況に関する統計も、大事な要素として取り扱っております。
※ 動作状況と書きますと広い範囲になりそうな雰囲気ですが、実際には以下の3点を大きく扱い、他はサポート(補助)です。

1, 不良セクタ出始めの位置 とても大事な要素で、あまり分散せずに、偏って集計できます。
2, S.M.A.R.T.の重要属性が初めて変動した時の動作状況 S.M.A.R.T.は動きにくい性質がございますので、これが動き始めた瞬間はとても大事です。集計しております。
3, 完全スキャンの判定(経年劣化計の数値) 完全スキャンはデータ復旧クラウド FromHDDtoSSDのVer1.0(最初)より搭載済みの古い機能で、その分、他の出始め機能(^^;よりも安定しております。 こちらの評価(数値)も、ドライブの動作状況として集計し、不良セクタの出始めサインなどに活用いたしております。

■ サポート(補助):出始めた不良セクタの種類も大事な要素

不良セクタの出始め位置に加え、そのセクタの種類も解析し、集計いたします。
不良セクタは1種類ではございません。詳しくはこちらをご参考ください。
なお、故障予測ではサポート扱いですが、データ復旧では最も気を遣う解析となっております(不良セクタの存在が前提となっているため)。

■ サポート(補助):S.M.A.R.T.の0x05(再配置カウント)

S.M.A.R.T.の多数に渡る属性のなかで、比較的動きやすい属性は、0x05(再配置カウント)となります。
ただし、こちらは過信いたしますと誤判定につながりますので、他の要素と組み合わせて利用いたしております。

■ サポート(補助):ドライブの容量

ドライブの容量が増加いたしますと、プラッタの密度が上昇いたしますので、壊れ方が複雑となります。
その他、プラッタを多く搭載して容量を上げたドライブも、クラッシュする要因が増加いたします。
さらに、いわゆる「プラッタ片面落ち」など容量を持つドライブです。ヘッドを一つ以上落として、容量を調整されたタイプ(中途半端な容量は、このタイプが多い傾向)となりますので、プラッタ歪みなどの障害などで不利となる場面を多く拝見しております。
※ 時期によっては、きりの良い容量でもプラッタ片面落ちの場合がございます。
よく調べますと、このあたりの情報は多くありますので、ご購入前の調査をお勧めいたします。