AIデータ復旧サービス:データ復旧作業はリスクとの戦い

□ どんなドライブ・状態でもOK お気軽にご相談ください。緊急:090-3900-8289 までどうぞ。
※ よほどのことがない限りデータは大丈夫です。守秘義務・秘密保持厳守いたします。

ホーム全世界技術集結? データ復旧作業機材等のお話
データ復旧作業はリスクとの戦い

■ 全世界技術集結の機材?

弊社では、データ復旧に関する技術について、全てソフトウェア(国内)で開発しております。
この点について、よくお客様より「データ復旧機材の導入(これも良く分からないのです...)」について、伺われる事が多くなっております。

[データ復旧TOPIC2(ソフトウェアでカバー可能)]:
データ復旧機材は、全く役に立ちません。
※ そもそも、「専用ハード」にする意味がありません。正直なところ、ATAコマンドや読み出し・書き出し・解析ならば、 その辺のパソコンでも十分過ぎるほど出来ますからね・・。一体、何がしたいのか・・、です。
※ このハードウェアに付加価値を付けて販売している状況と考えられます。 基本的な機能は付いていますが、ソースコード書き換えなどの柔軟性が全くないため、1台1台状態が異なるデータ復旧では厳しいです。

スキャン情報
復旧機材・・とは?
復旧アルゴリズム
検証目的とはいえ、あまり調べずに実際に購入してな、その結果は散々。使い道がないうえ、さらに最近サポート打ち切り?で使えなくなった・・(2017年)。
それでも数は出るらしく、さらに豪華になっているらしいな。
でもな、今でも性能は何も変わっていないと言える。
なぜならば、ドライブ検査をご依頼いただいた>> 日本アビオニクス様の件で、全てが分かってしまったからなのじゃ。 このような機材の謳い文句である「全世界の技術集結」でもドライブ検査ができない・・?嘘は付けん、いずれ回ってばれる。
※ なお、これら機材は国産ではございません(そもそも、国内でこのような商品は開発しておりません・・)。念のため、付け加えておきます。

大事な点といたしまして、データ復旧作業(物理障害)は基本的に「やり直し」できません。
1度大きく失敗してしまいますと、データの損失(大部分~全損)が確定へ近づきます。

このため、途中どんなに上手くいっても、最後に失敗したら、その作業は「失敗」となります。
最後にデータを救出し、はじめて「成功」です。この僅かな差が、大きな成功率の差となっております。

[データ復旧TOPIC1("たられば"は失敗)]:
9割成功したが、プラッタに傷がついたので復旧不可 この理由で返送される

スキャン情報
???
データが出ていないのだから、失敗じゃないの?
復旧アルゴリズム
わしも、何でこうなるのか、聞きたいくらいじゃ。
最初のお問い合わせで「確実に復旧できる」なんて言ってしまったから、無理矢理?成功にしたのかもしれん。 もちろん、データが出ていないのだから失敗じゃ。お客さんも怒っておりましたぞ。
ただ、こんな状態(何をされたか不明)からでは、良くて3割しか出ないから、その点は納得して頂いておるよ。 その他、3割成功とか、5割成功、7割成功とかもあったぞ。 あと、復旧不能ならば、それならそれでちゃんと説明する必要がある。
話を聞くだけで「確実に復旧できる」というのは、ナンセンスなんじゃよ。こんなんで一度のチャンスを失ったら、勿体無い。

本ページをご覧頂きました方は、以下のページから参照しております。[自動集計 Ver5.0]
■ 集計中.....