ドライブ故障統計(ビッグデータ)採用:クリーンルームで安全に復旧

■ アクセス [ベスト 7]
1:□ ドライブ検査から自動データ復旧まで・・ FromHDDtoSSD Build 2820:最新版ダウンロード
2:データ復旧不能となる最大の要因1:認識可能なドライブを分解され、「*枚目のプラッタに傷がある」と・・?
3:データ復旧不能となる要因2:磁気ヘッドマップ作成およびヘッド切り替えができないため、対応不可?
4:検査はお断り?お客様実例からの、データ復旧サービスの実態について(検査はできないのに・・・復旧はできる?)
5:□ ドライブ故障統計(ビッグデータ):多角的な解析:フリーのストレージ故障予測 [S.M.A.R.T.のみでは厳しい]
6:大容量ドライブに関するデータ復旧の仕組み 機械学習スキャン(AI)による高い復旧率(最後までスキャン可能)
7:担当者ブログ ※ 2017年はAI完全自動ドライブ復旧システムおよび統計スキャンについて、まとめます。

ホームAIデータ復旧サービス→技術を積み重ねた確かな復旧→クリーンルームで安全に復旧

■ 物理障害向けクリーンルーム作業、作業報告書を完備

ヘッドクラッシュ・モータ焼け・プラッタ歪みにて認識不能になった場合、内部を一時修理いたしませんと復旧できません。
このような状況から復旧できるデータ復旧技術も研究が進んでおり、問題なく対応する事ができます。

一般的に「クラス100クリーンルーム」を利用するデータ復旧を実施可能です。 ハードディスクの内部は「クリーン」に保つ必要性がありますので、開封するにも特別な場所で行う必要がございます。 前の業界よりお付き合いがあります株式会社トクホウ様(近くの埼玉県川口市)のクリーンルームをお借りし、作業に当たっております。
データ復旧の調査結果は、必ず「作業報告書」をまとめております。
※ データ復旧作業前に「復旧方針」を説明いたします。ご安心いただけるAIデータ復旧サービスをご提供いたします。

■ クラス100 クリーンルームについて

◇ 作業報告書の例

作業報告書

◇「確実に復旧できる」から一転して「復旧不能」となった他社様復旧不能の例

作業報告書

※ [クリーンルームご紹介の画像について]:左下の画像にご注目ください。
弊社で撮影された事を示すため、HDD(3.5インチ)を手に持って撮影(赤丸部分)いたしました。

工場外観 クリーンルーム作業C
クリーンルーム作業B クリーンルーム作業D

エアシャワー

クリーンルーム作業着手前に、必ずエアシャワーでホコリを落とします。 特に、粘性のあるホコリがプラッタに付着すると致命傷になりますので、十分に注意しております。

※ AIデータ復旧サービスのアフターサポートも問題ありません。作業報告書を完備いたしております。

これらが、しっかりと事前検査された証明となります。データ復旧は、あくまでも「ドライブの検査」で成り立ちます。

本ページをご覧頂きました方は、以下のページも見ております。[自動集計 Ver4.0]
1:[データのあらゆる問題を解決] データソリューションセンター ホーム
2:[AIデータ復旧サービス] お見積の算出について. 初期診断作業は無料です.
3:[AIデータ復旧サービス] よくあるご質問:並列同時解析について
4:[AIデータ復旧サービス] 秘密厳守:全非公開にてお取扱いいたします.

このページをご覧いただいた方のうち、10%の方がお申込(お問い合わせ)いただいております。ありがとうございます。