Cleanroom Work for Physical Damage
物理障害向けクリーンルーム作業

In cases where a computer no longer recognizes a drive due to “head crash,” “motor burnout,” “platter warping,” or “magnetic layer peeling,” we use a cleanroom to temporarily repair the inside of the drive, creating a foothold for data recovery. We are advancing in the research of data recovery technology that can successfully recover data even from severe conditions.
「ヘッドクラッシュ」「モータ焼け」「プラッタ歪み」「磁性体剥離」により、コンピュータへの認識が不能となった場合、 クリーンルームを利用し、ドライブ内部を「一時修理」することにより、各データを復旧する足掛かりを作ります。重い状況からでも問題なくデータが復旧できる「データ復旧技術の研究」が進んでおります。

Our company is capable of performing cleanroom operations using a “Class 100 cleanroom.” The results of the data recovery investigation are compiled in a “work report (drive report).” We explain the “recovery strategy” before starting the data recovery work.
弊社では「クラス100クリーンルーム」を利用するクリーンルーム作業を実施可能です。
データ復旧の調査結果は「作業報告書(ドライブレポート)」にまとめます。
データ復旧作業の前に「復旧方針」を説明いたします。

Class 100 Cleanroom Work
クラス100 クリーンルーム作業

Before starting cleanroom operations, we use an air shower to remove dust. We pay special attention to avoid viscous dust adhering to the platter, which can cause fatal damage.
クリーンルーム作業の着手前にエアシャワーでホコリを落とします。 特に、粘性のあるホコリがプラッタに付着すると致命傷になりますので十分に注意しております。

Moreover, a Class 100 cleanroom and a clean booth are “different.” There are cases where clean booths are treated as equivalent environments to Class 100 cleanrooms, but this is not an appropriate approach. Hard drives and other data storage devices are very precise machines that can be damaged by even minute particles. A Class 100 cleanroom meets strict standards where there are no more than 100 particles of 0.5 microns or larger per cubic foot, but a clean booth cannot guarantee this level of cleanliness. Therefore, when choosing a data recovery service, it is very important to ensure that the provider uses an appropriate cleanroom environment.
また、クラス100クリーンルームとクリーンブースは「別物」です。クリーンブースをクラス100クリーンルームと同等の環境として扱っている事例が見受けられますが、これは適切な対応とは言えません。
ハードドライブやその他のデータストレージデバイスは非常に精密な機械であり、微細な粒子によっても損傷を受ける可能性があります。クラス100クリーンルームは立方フィートあたり100個を超える0.5ミクロン以上の粒子が存在しないという厳格な基準を満たしていますが、クリーンブースではこのレベルの清浄度を保証できません。
したがって、データ復旧サービスを選択する際には提供業者が適切なクリーンルーム環境を使用しているかどうかを確認することが非常に重要です。

Class 100 Cleanroom: A Class 100 cleanroom is a specially designed room that meets extremely strict environmental standards. In this class of cleanroom, it is guaranteed that there are no more than 100 particles of 0.5 microns or larger per cubic foot. This is used in environments where a very high level of cleanliness is required, such as in the manufacture of advanced precision equipment and certain scientific research. To achieve this, Class 100 cleanrooms are subject to many strict controls, including advanced air purification systems, air flow control, special building materials, and strict dress codes for employees.
クラス100クリーンルーム: クラス100クリーンルームは極めて厳格な環境基準を満たすために設計された専用の部屋です。このクラスのクリーンルームでは、立方フィートあたり100個を超える0.5ミクロン以上の粒子が存在しないことが保証されています。これは高度な精密機器の製造や特定の科学研究など、非常に高いレベルの清浄度が必要な環境で使用されます。これを達成するために、クラス100クリーンルームは高度な空気浄化システム、空気流動の制御、特別な建材、従業員のための厳格な衣服規定など多くの厳しい制御が施されています。

Clean Booth: On the other hand, a clean booth is a device to provide a clean environment focused on smaller-scale or specific work areas. It is easier to install and less expensive than a fully enclosed cleanroom, making it suitable when ultra-high cleanliness is not required across a wide area or when specific tasks need to be performed in a clean environment. Clean booths are flexible in size and shape and can be easily integrated into existing buildings or facilities, but it is difficult to achieve the same level of cleanliness as a Class 100 cleanroom.
クリーンブース: 一方、クリーンブースはより小規模または特定の作業エリアに焦点を当てたクリーン環境を提供するための装置です。これは、完全に閉じられたクリーンルームと比べて設置が容易でコストも低いため、広範囲にわたる超高度な清浄度が必要でない場合や、一部の作業をクリーンな環境で行いたい場合に適しています。クリーンブースはそのサイズや形状が柔軟であり、既存の建物や施設内に容易に組み込むことができますが、クラス100クリーンルームと同じレベルの清浄度を実現することは困難です。