ドライブ故障統計(ビッグデータ)採用:クリーンルームで安全に復旧

ホームデータ復旧サービス→技術を積み重ねた確かな復旧→クラス100 クリーンルームで安全に復旧

■ 物理障害向けクリーンルーム作業

ヘッドクラッシュ・モータ焼け・プラッタ歪み・磁性体剥離などにより認識不能になった場合、ドライブの内部を修理することにより復旧いたします。 このような重い状況からでも、問題なく復旧できるデータ復旧技術の研究は相当に進んでおります。

一般的に「クラス100クリーンルーム」を利用するデータ復旧を実施可能です。 ハードディスクの内部は「クリーン」に保つ必要性がありますので、開封するにも特別な場所で行う必要がございます。 前の業界よりお付き合いがあります株式会社トクホウ様(近くの埼玉県川口市)のクリーンルームをお借りし、作業に当たっております。
データ復旧の調査結果は、必ず「作業報告書」をまとめております。
※ データ復旧作業前に「復旧方針」を説明いたします。

■ クラス100 クリーンルーム

◇ 作業報告書

作業報告書

※ [クリーンルームご紹介の画像について]:左下の画像にご注目ください。
弊社で撮影された事を示すため、HDD(3.5インチ)を手に持って撮影(赤丸部分)いたしました。

工場外観 クリーンルーム作業C
クリーンルーム作業B クリーンルーム作業D

エアシャワー

クリーンルーム作業着手前に、必ずエアシャワーでホコリを落とします。 特に、粘性のあるホコリがプラッタに付着すると致命傷になりますので、十分に注意しております。

※ データ復旧サービス:作業報告書を完備

しっかり検査いたしまして、各データの復旧を実施いたします。