File System Anomaly Notification: Delayed Write Error
ファイルシステムからの異常通知:遅延書き込みエラー

Conditions for Delayed Write Error Occurrence: Internal drive disconnection due to some cause
遅延書き込みエラーの生じる条件:内蔵ドライブが何らかの原因で解除

This error often occurs due to compatibility issues or malfunctions with external devices, but it can also occur when internal drives are disconnected for any reason. Even when external devices are not connected, you might have encountered a phenomenon where a “Hardware Removal” notification suddenly appears in the bottom right corner, and then mysteriously disappears after a certain period. If this notification appears for internal drives, it’s definitely a sign of a “failure” or “compatibility issue.” In any case, your data is at risk, so it’s essential to back up immediately.
このエラーは外付機器との相性および不具合で起こる確率が高い現象となりますが、内蔵ドライブが何らかの原因で解除された場合にも発生いたします。外付機器が接続されていないにも関わらず突然「ハードウェアの取り外し」が右下に出てしまった場合、一定時間経過後に、なぜかそれが消える現象に遭遇された方も多いと思います。内蔵ドライブに対して、この表示が出てしまう場合、間違いなく「故障」あるいは「相性」です。いずれにせよデータが危険ですので、すぐにでもバックアップが必要です。

“Loss of Delayed Write Data” notification remains. What does this mean?
「遅延書き込みデータの紛失」の表示が出たままとなる。これって……?

These errors lead to “file system corruption” when the drive is disconnected while writing data in the background, due to cache issues. If you inadvertently disconnect the drive during data writing and encounter such an error, you should proceed as follows. “Safe removal” is necessary to complete asynchronous writing. Internally, the number of writes is tracked, and the drive becomes removable when this count reaches zero.
これらのエラーはキャッシュについて「バックグラウンドにおける書き込み中」に、ドライブが切断されることにより、「ファイルシステムの破損」に至ります。それゆえに、データの書き出し中、不用意な切断を行いこのようなエラーを出してしまった場合は、以下のように対処いたします。「安全な取り外し」が必要となるのは非同期の書き込みを完了させる必要があるためです。内部では書き込み回数を記録し、この回数がゼロになった瞬間にドライブが停止状態になって取り外せるようになります。

“Loss of Delayed Write Data” notification remains. What does this mean? Part 2.
「遅延書き込みデータの紛失」の表示が出たままとなる。これって……? その2です。

The drive transitions to a “surprise” state, and then the driver notifies Windows, resulting in a “Delayed Write Error.” In such cases, connect the problematic medium as an external device to check if important files can be read. First, back up important data. It’s crucial. Before attempting repairs, always back up your data first. Run Check Disk without options to assess the file structure. The key is to evacuate important data first. Perform the inspection-type Check Disk last. If problems are found, run Check Disk again.
ドライブが「サプライズ」に遷移のちそれらをドライバがWindowsに通知、そこで「遅延書き込みエラー」が発生いたします。このような場合の対処法として、エラーが出た媒体を外付に接続して、重要なファイルが読み込めるかどうか、確認する。そこで先に、重要なデータをバックアップいたします。重要です。そして、修復などを試す前に、先に、必ずバックアップしてください。チェックディスクのオプションなしを実行して、ファイル構造の状態を確認いたします。先に重要データを退避させる点がコツです。検査系のチェックディスクは最後に行います。問題が見つかった場合、再度チェックディスクを実行いたします。

If errors accumulate, eventually all files become unreadable. Prioritize backups if the drive’s condition is uncertain. If the data is saved, there’s hope. Using Check Disk after file system damage can cause “further corruption.” This is because elements necessary for reconstructing the file system (e.g., records inside the MFT being destroyed by bad sectors) are significantly lacking, making it impossible to fill these gaps. Corrupted records are stored in a “hidden folder,” and serial numbers replace lost filenames.
エラーが積み重なるとついには全てのファイルが読み込めなくなります。ドライブの状態が不明な場合はバックアップを優先してください。データが助かれば何とかなります。ファイルシステムの損傷後にチェックディスクを使うというのは「さらなる破損」を引き起こします。
なぜならば、ファイルシステムを再構築するための要素(MFT内部のレコードが不良セクタでつぶれて消失)が大幅に不足して、その穴埋めを修復できないからです。破損したレコードは「隠しフォルダ」に収められ、失われたファイル名の代わりに連番が割り当てられます。

If safe removal is not possible, shut down the system.
安全な取り外しができない場合は、そのままシャットダウンいたします。

It’s a tricky situation when you can’t remove a drive that’s in use. In such cases, as it’s being used by other processes, a shutdown is necessary. Although inconvenient, shut down and safely remove the drive.
使用中のドライブを外したいのに使用中となってしまい、それを解除する事ができない……、厄介な状態です。このような場合は他のプロセスで使われておりますので、シャットダウンを必要とします。面倒であっても、シャットダウンを行い、安全にドライブを取り外してください。

Regarding Gradual Data Loss:
徐々にデータが損失する場合について:

1, FAT32/exFAT:
Initially, some folders disappear, gradually increasing until access to the entire drive is denied.
1, FAT32/exFAT:
初めは一部のフォルダが消え、徐々に増加し、最後はドライブ全体へのアクセスが弾かれる。
2, NTFS:
Access to some folders becomes impossible, blocking access to internal files. Access to “some folders” is unimpeded, but other areas start to be affected. The cause is “accumulated errors” or “unreadable/write-protected sectors.”
2, NTFS:
一部のフォルダへアクセスできなくなりまして、内部ファイルへのアクセスも遮断される。「一部分のフォルダ」に対しては問題なくアクセスできるが、その他に影響が生じ始める影響が生じます。「積み重なったエラー」や「読み書き不能セクタ/読み込み不能セクタ」などの破損が原因です。

Data Loss in HDD/SSD Cache
HDD / SSD キャッシュのデータ損失

If power is lost during access, priority is given to moving the head to safety using the remaining power on the board. At this time, if cache data remains, it needs to be written back. However, this evacuation takes priority over the power supply, leading to cache disposal.
アクセス中に電源が落とされた場合、基板に残された電力で優先的にヘッドを退避させます。そのとき、キャッシュが残っている場合そのデータを書き戻す作業が必要となります。しかし、その退避に電力が優先されキャッシュは破棄されるようです。

Data Loss in SSD/NVMe Cache
SSD/NVMe キャッシュのデータ損失

Often, the OS separately caches data, significantly reducing read/write times. However, before removal, the cache’s contents need to be written back to the drive, necessitating “safe removal.” From Windows 10 onwards, considering the risk of data loss, “OS-level caching” has been disabled by default. SSD caches are considered safe from power loss due to low power consumption and the absence of moving parts.
ドライブとは別にOSがキャッシュしているケースが多くあります。これにより読み書きの時間を大幅に短縮することができます。しかし取り外す前にキャッシュの内容をドライブへ戻す作業が必要で「安全な取り外し」が必要となります。Windows10以降では、これによるデータの損失が無視できないと判断して「OSによるキャッシュなし」がデフォルトになりました。SSDのキャッシュについては、SSD自体の消費電力が低いうえ可動部がないため、急に電源を失ってもすべて正常に書き戻せるとみております。

Conditions for Delayed Write Error Occurrence: Forced disconnection of external drives
「遅延書き込みエラー」が生じてしまう条件: 外付けのドライブが強制解除

Even without any user action, involuntary disconnection of external drives often leads to “data loss.” This usually indicates drive failure, preventing normal operation. If you encounter this situation, calmly turn off the power, then turn it back on, and immediately perform a “backup” once connected. If the drive behaves oddly during this process, turn off the power immediately. If the data is important, consider a data recovery service at this point. Repeated attempts can scratch the platter, making data recovery more difficult.
一切、何も操作していないにも関わらず勝手に外付けドライブが解除されてしまう「データ損失」につながるケースが多くございます。このような場合は、ドライブの故障により、正常な動作を行うことができない場合です。このような場合に遭遇したら、落ち着いて電源を切り、再度入れ、つながったと同時に「バックアップ」を行いましょう。途中、ドライブの挙動がおかしくなった場合は、そのまま電源を落とします。データが重要な場合は、この地点でデータ復旧サービスをご検討ください。何度も試行を繰り返しますと、プラッタに傷が入り、データの復旧が難しくなります。