Automating Fault Diagnosis and Backup
故障判断とバックアップを自動化

Hard disks have a period when they are prone to failure. Anticipating this and backing up data is an effective method to avoid loss.
ハードディスクについては、壊れやすい時期があります。それを見計らい、データをバックアップする事により損失を避ける手法が有効です。

Since drives often fail while still showing normal S.M.A.R.T. values, this cannot be used as a reliable indicator. Even if S.M.A.R.T. is normal, it’s crucial not to be overly optimistic and to back up your data.
ドライブのS.M.A.R.T.が正常値を示した状態のまま故障する方が圧倒的に多いため、これを指標としては使えません。S.M.A.R.T.が正常でも楽観的にはならず、バックアップする事が何よりも大切です。

Locations of Various Files
各ファイルの場所

My Documents & Desktop Locations
マイドキュメント・デスクトップの場所

Data in My Documents My Pictures, Favorites, and similar files are located in this hierarchy.
マイドキュメントのデータ群 マイピクチャやお気に入りなどがこの階層に存在します。

Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10 / 11:
C Drive → Users → (Username) → Documents, Pictures, AppData
Windows 2000 / XP:
C Drive → Documents and Settings → (Username) → MyDocuments
Windows 95 / 98/ 98SE / Me:
C Drive → MyDocuments
Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10 / 11
Cドライブ → Users → (ユーザ名) → ドキュメント, ピクチャ, AppData
Windows 2000 / XP
Cドライブ → Documents and Settings → (ユーザ名) → MyDocuments
Windows 95 / 98/ 98SE / Me
Cドライブ → MyDocuments

About Desktop Data
デスクトップのデータ群について

Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10 / 11:
C Drive → Users → (Username) → Desktop
Windows 2000 / XP:
C Drive → Documents and Settings → (Username) → Desktop
Windows 95 / 98/ 98SE / Me:
C Drive → Windows → Desktop
Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10 / 11
Cドライブ → Users → (ユーザ名) → Desktop
Windows 2000 / XP
Cドライブ → Documents and Settings → (ユーザ名) → Desktop
Windows 95 / 98/ 98SE / Me
Cドライブ → Windows → デスクトップ

Situations Where HDD/SSD/NVMe Are Prone to Damage
HDD/SSD/NVMeが壊れやすい状況になる状況

1,Vibration During HDD Power On/Off
1,HDD電源投入/切断の際の振動

Powering on and off is when they are most vulnerable. The motor uses a lot of power when starting to spin, so a lack of power is critical. The spin start becomes unstable, leading to repeated retries.
電源投入&切断は最も壊れやすい状態となります。モータの回転上昇中は消費電力が大きいため電力不足は致命的です。回転始動が不安定となり、何度も再試行します。

2,Impact
2,衝撃

Just tipping over from a standing position can cause failure. However, recent drives with head unload technology are safe from damage if stationary. SSDs are more shock-resistant and will function unless exposed to continuous strong impacts.
立てた状態から倒しただけで故障する場合があります。ただ近年のドライブはヘッドアンロードが主流となったため、静止状態であれば倒したくらいでは問題ありません。なおSSDは衝撃に強く、連続した強い衝撃でなければ故障せず動作します。

3,Power Cut During HDD/SSD/NVMe Access
3,HDD/SSD/NVMe アクセス中の電源切断

This can cause bad sectors, head crashes, and firmware damage (including SSD/NVMe). Avoid this except in emergencies.
不良セクタやヘッドクラッシュ・ファームウェア破損(SSD/NVMeも注意)の原因となります。緊急時以外は絶対に行ってはなりません。

4,Static Electricity on HDD/SSD/NVMe
4,HDD/SSD/NVMe 静電気

Touching the electronic control board with hands charged with spark-level static electricity will directly lead to damage.
火花が散るほどの静電気を帯びた手で電子制御基板に直接触れれば損傷に直結いたします。

5,Heat for HDD/SSD/NVMe
5,HDD/SSD/NVMe 熱

Heat is an enemy of precision equipment. Cooling extends its life. The fan used for cooling is also a consumable and requires regular replacement.
精密機器には大敵となる熱です。冷却する事で寿命を延ばす事が可能となります。冷却するためのファンも消耗品ですので定期的な交換を要します。

6,Moisture for HDD/SSD/NVMe
6,HDD/SSD/NVMe 湿気

Moisture is harmful. For HDDs, water entering through the hole can damage the platter system. Some models contain desiccants like silica gel inside. Helium-filled drives do not have such holes and are completely sealed.
水分は大敵となります。HDDの場合はホールから内部に入り込むとプラッタ系統にダメージがあります。そのため内部にシリカゲル等の除湿剤がある機種もあります。ヘリウム充填のドライブはそのようなホールがないので安心です。完全に密閉されております。

7,Atmospheric Pressure Changes for HDD
7,HDD 気圧の変動

Large low-pressure systems like typhoons have a significant impact. HDDs are not completely sealed; they have holes for air exchange. Helium-sealed drives are not affected by these changes.
台風などによる大きな低気圧による影響は大きいです。密閉されていると思われがちですが、必ずホールが存在し空気を出し入れしております。ヘリウム密閉型のドライブはそのようなホールがないのでこの変動の影響を受けません。

8,Power Shortage for HDD/SSD/NVMe
8,HDD/SSD/NVMe 電力不足

Connecting more devices than the power supply can handle or poor connection with power connectors can lead to physical damage. For example, repeated spin-up retries or abnormal head movements. It can lead to data loss due to the destruction of the magnetic material. These issues are common with cheap power supplies and external cases, posing a hidden danger.
電源容量を越える機器の接続、電源コネクタとの接触の悪さなどにより、思うように電力供給されないケースでは、物理的な障害に繋がる危険性が生じます。例として、スピンアップが再試行されたりヘッドの動きが異常になったりする現象が起きます。それだけなら良いのですが磁性体が破壊され、データを損失する事にも直結いたします。これらは安価な電源や外付ケースなどに多く、知らない内に起こる怖い障害で油断できません。

Optimal Backup Timing
最適なバックアップの時期

High heat and humidity in summer are the worst conditions. It’s safe if the room temperature is controlled with air conditioning, but leaving the system unattended for long periods, like when out, is dangerous. Always add HDD cooling. Cooling the bottom of the spindle motor is effective. The rainy season is always a warning sign. Perform a complete backup before entering this period. Aim for late April to early May, ideally during Golden Week. Regular backup of constantly updated data is very important.
夏場の高温多湿は最悪な環境です。クーラなどで室温調整されている場合は良いのですが、外出中などに長時間を要す処理をさせたまま放置するのは危険です。HDD冷却を必ず追加いたします。スピンドルモータの底部分を冷却いたしますと効果的です。また梅雨の時期は常時危険信号が点灯しています。この時期へ突入する前には一旦、完全バックアップを心掛けましょう。目安は4月下旬~5月上旬となりますのでゴールデンウィーク中に行うのが理想です。常時更新されるデータにつきましては、日頃のバックアップがとても大切です。

Reducing Power-On Frequency
電源投入回数を減らす方法

This method operates with the power on, minimizing the number of spin-ups. It has the advantage of minimizing temperature fluctuations by avoiding high-load operations like spin-up/spin-down and combining it with cooling. Though motor wear is a concern, it lasts much longer compared to other components. Maintaining a constant rotation speed to protect the bearing is best. Cooling the bottom of the motor helps protect the bearing.
スピンアップの回数を極力減らし電源を投入したまま運用する手法です。スピンアップ/スピンダウンなどの高い負荷を避ける点や冷却を併用する事により温度の変動を最小値に保てるメリットがあります。モータの消耗が心配されますが他部品の寿命と比べても大変長持ちいたします。また一定の回転数となりますので軸受を保護できれば最善となります。軸受を保護するにはモータの底を冷却いたします。

Storage Failure Prediction
ストレージ故障予測

We developed storage failure prediction that automatically calculates and monitors various fluctuations and potential failure factors.
色々な変動や故障要因を自動的に計算して監視するストレージ故障予測を開発いたしました。

Latest SSD/NVMe Equipped with SORA blockchain
最新のSSD/NVMeにはSORA blockchain

We protect your valuable SSD/NVMe data with statistical processing utilizing blockchain technology.
ブロックチェーンを活用した統計処理で大切なSSD/NVMeのデータを守ります。