ドライブ解析:S.M.A.R.T.が予測を外すとき

ホームビッグデータの復旧技術応用ジャンクなドライブ 一人旅ドライブ解析:S.M.A.R.T.が予測を外すとき
突然の故障

突然の故障?
※ S.M.A.R.T.の解析結果集計については、こちらをご参照ください。

S.M.A.R.T.下向き S.M.A.R.T.上向き S.M.A.R.T.下向き コンセンサス下向き コンセンサス上向き S.M.A.R.T.下向き

■ 新機能の概要 統計スキャン(2250対応)、統計レストレーション(2255対応)

従来の不良セクタ有無検査や、ベンチマークでは得る事ができない部分を解析するための機能となります。 このスキャンの心臓部は「統計ベンチマーク」が担当いたします。名前は似ておりますが、ベンチマークとは異なる指標です。
統計レストレーションは、不良セクタ修復:不良セクタレストレーションの大幅高速版となります。
※ 下の表に、簡単にまとめます。

利用するデータ 加工方法 効果
ベンチマーク シーケンシャルリード OS標準の測定機能 ドライブの転送速度を計測
統計ベンチマーク ベンチマーク、故障統計、復旧アルゴリズム スキャン分布表 ドライブから漏れ出る悪化の傾向を敏感にキャッチ

統計ベンチマークは、ベンチマークを継承した上で、故障統計(ビッグデータ)・復旧アルゴリズムをギュっと詰め込んで開発されております。 効果の方も大事な点です。こちらは、完全スキャン「動作安定度」が担っておりましたが、OS(非リアルタイム)の都合で誤差もありました。 統計ベンチマークでは、加工方法を工夫する事により、この問題点を大幅に改良しております。

そして、統計ベンチマークは、また別の専用ダイアログで描写されます。
以下のグラフは、最近不調となりましたSSD(Intel 330)に対しまして、統計スキャンを行った結果です。

Intel 330 統計スキャン結果

このグラフは統計ベンチマークと各指数の描写を兼任しております。
方向性は、上から下が「不良セクタになろうとする勢力」、下から上が「エラー訂正されデータになろうとする勢力」となります。 つまり、これが下がろうとするのは不良セクタが出そうな場合、上がろうとするのはエラーが統計と比較して問題なく織り込める場合となります。 この性質が、ドライブから漏れ出る悪化の傾向を敏感にキャッチする事につながっております。

途中、一気に落ちておりますので、ここで不良セクタになりそうなセクタが出てきている事を示します。
※ 起動してからある程度の時間が経たないと速度が上がらない(つまり、朝からカクカク)症状を起こしていました。

統計レストレーション結果

上のグラフは、この壊れかけドライブ(SSD)に対し、統計レストレーションを実行いたしました結果(途中経過)です。
統計ベンチマークは、壊れかけのドライブに対しましては、動きが良くなります。
正常なSSDに対して「ビッグデータ」と「弱い部分を突く復旧アルゴリズム」をぶつけても、下がりません。
しかし、壊れかけ(ある程度は不安定)に「ビッグデータ」と「弱い部分を突く復旧アルゴリズム」をぶつけると、このような形状でした。

大きく動いた後は、減衰して収まっておりますので、SSDの機能が回復し、延命できたとみております。(現在運用中)

■ ドライブの状態を「不良セクタ」の有無だけで決める事はできません。
不良セクタの有無に加え、現在は正常でも近い時期に不良化するセクタも「不良判定」にいたしませんと、 すでに不良化が進行しているセクタにデータを書き込んでしまい、大事なデータを飛ばしてしまいます。 本ソフトウェアは、データ復旧サービスの技術を活用いたしまして、 不良セクタの有無に加え、色々な指標を用いて近い時期の不良化を見抜くロジックを多数搭載しております。

■ 各機能のご紹介 ■

完全スキャン

■ [2010-0804] ハードディスク, SSDのメンテナンス

[全エディション対応]
全セクタを検査できる完全スキャンです。
不良セクタ検出および、ドライブの「動作安定度」を算出いたします。
新たな指標で危険なセクタを検出いたします。

統計スキャン

■ [2013-10] ドライブ故障統計を利用する誤差のない統計スキャン

[サポートエディション以上対応]
完全スキャンの誤差をドライブ故障統計から改善いたしました。
さらに、グラフの方も統計タイプに入れ替え、使い易さも大幅に向上させております。

不良セクタシミュレーション

■ [2010-0804] 不良セクタシミュレーション

[全エディション対応]
今までにないスキャンを実現いたしました。
近い将来発生する不良セクタを、先回りで検出いたします。
このような性質上、「故障前の事前的な予防交換」などに最適なスキャンです。

不良セクタレストレーション

■ [2010-0826] 不良セクタレストレーション

[全エディション対応]
大容量HDDに発生しがちな、軽微な不良セクタを修復することができます。
不良セクタシミュレーションをベースに開発したため、近い将来発生する不良セクタも修復対象です。

ヘッドレストレーション

■ [2011-0905] ヘッドレストレーション

[サポートエディション以上対応]
壊れかけHDDを制御し、新しいHDD/SSDへセクタイメージを転送します。
いわゆる、物理解析を実施できる機能です。

ベンチマーク

■ [2010-0804] ストレージベンチマーク

[全エディション対応]
接続されております各ストレージの速度を計測いたします。
同時計測・単独計測をサポートいたしております。

故障予測

■ [2010-1103] ストレージ故障予測

[全エディション対応]
S.M.A.R.T.および故障予測スキャンを自動化、万全な体制で予測を行います。
S.M.A.R.T.のみでは対応できない部分までしっかりサポートします。

バックアップ

■ [2010-1103] 緊急・定期バックアップ

[サポートエディション以上対応]
定期バックアップに加え、故障直前のデータも逃さない緊急バックアップを標準装備しております。
故障予測と併用し、メンテナンスフリーを確立します。

S.M.A.R.T.ビュー

■ [2010-0804] S.M.A.R.T.ビュー

[全エディション対応]
ドライブの情報を細部まで表示いたします。

故障予測ビュー

■ [2010-1103] 故障予測ビュー

[全エディション対応 制限モード(フリー)の場合は制限あり]
ドライブの故障予測情報を細部まで表示いたします。

故障予測スキャンモニタ

■ [2010-1103] 故障予測スキャンモニタ

[全エディション対応 制限モード(フリー)の場合は制限あり]
新しい「スキャン方式」の故障予測を実行いたします。

故障予測 S.M.A.R.T.情報モニタ

■ [2010-1103] 故障予測 S.M.A.R.T.情報モニタ

[全エディション対応]
従来のS.M.A.R.T.に対しまして、独自しきい値を採用した故障予測を提供いたします。

データ復旧

■ [2010-0804] 写真・画像データ復旧

[全エディション対応]
メンテナンス系に加え、データ復旧・修復機能をサポートいたします。
万一の場合も安心してご活用いただけます。

アドバンストデータ復旧

■ [2012-1017] アドバンストデータ復旧, 並列同時解析

[サポートエディション以上対応]
壊れたファイル構造からデータを復旧する論理解析を実施できます。
いわゆる、データ復旧ソフトウェアとなります。
万一の場合も安心してご活用いただけます。

つなぎ復旧

■ [2014-0722] つなぎ復旧

[サポートエディション以上対応]
物理障害の区間を上手く処理できる「つなぎ復旧」をサポートいたしました。
従来では先に進めなかった区間も、この機能で読めるようになります。

個人情報探索

■ [2014-0722] 個人情報探索, ファイル内部探索

[プロエディション対応]
個人情報を含むファイルを素早く内部まで探索いたします。
普段使われているパソコンの内部チェック、
または、これから持ち出すパソコンなどの内部状況把握にご利用ください。

ファイル名高速検索機能

■ [2014-0908] ファイル名高速探索機能, 頻度曖昧検索

[全エディション対応]
検索の度に検索用ツリーを生成し、高速検索いたします。
検索向けに、事前にキャッシュやインデックスを必要といたしません。
また、事前な仕掛け無しに、頻度を曖昧に検索する機能を追加しております。

エコモード

■ [2010-0804] エコモード (ATAコマンド制御)

[全エディション対応]
ATAコマンドを多数発行できるインターフェイスです。
補助サポートが多数付属し、簡単にご利用いただける環境を整えました。
お気軽にご活用いただけたら幸いです。

エコモード++

■ [2011-0905] エコモード++ (電力会社別管理&データ保護)

[全エディション対応]
電力会社別(電力需要)に合わせてHDD/SSDを制御し、節電とデータ保護を実現いたします。
お気軽にご活用いただけたら幸いです。

データ転送グラフ化機能

■ [2010-0804] 転送レートグラフ化機能

[全エディション対応]
ストレージの転送レートをグラフ化する機能です。
お気軽にご活用いただけたら幸いです。

データ転送グラフ化機能

■ [2010-0804] シミュレーション解析設定

[プロエディション対応]
シビアな状況をテストできる各シミュレーションを実行できます。
メーカ・型番別に細かくパターン化され、最適なテスト・検査を実施します。
※ シビアな条件を要求される法人様向けの機能です。