This is a verification of failure prediction using S.M.A.R.T. The experiment involves conducting various tests based on the situations described below where S.M.A.R.T. warnings were issued and observing the subsequent conditions.
これはS.M.A.R.T.を用いた故障予測の検証です。実験は、以下に記述された状況でS.M.A.R.T.の警告が発せられた際の様々なテストを実施し、その後の状態を観察することを含んでいます。

[HDD 160GB]
4R160L0: Failed to copy files and restarted. Then, it turned BAD.
[HDD 160GB]
4R160L0: ファイルのコピーに失敗し、再起動。その後、BADになる。
[HDD 40GB]
MK4025GAS: Suddenly became BAD. Faintly noticed an increase in operational noise, but no significant issues.
[HDD 40GB]
MK4025GAS: 突然BADになる。運用ノイズの増加にわずかに気づくが、顕著な問題はなし。
[HDD 60GB]
MK6025GAS: Failed to start up the OS and then turned BAD. Safe mode could be initiated.
[HDD 60GB]
MK6025GAS: OSの起動に失敗し、その後BADになる。セーフモードは起動可能。
[HDD 40GB]
MK4020GLS: Started failing to boot up the OS occasionally. Around that time, BAD warnings began to appear.
[HDD 40GB]
MK4020GLS: OSの起動に時々失敗するようになる。その頃、BADの警告が現れ始める。
[HDD 160GB]
SP1614N: Suddenly became BAD. The operation is unstable.
[HDD 160GB]
SP1614N: 突然BADになる。動作が不安定。
[HDD 120GB]
ST3120023AS: Used for data storage. Some parts became unreadable, and it turned BAD.
[HDD 120GB]
ST3120023AS: データストレージとして使用。一部が読み取れなくなり、BADになる。
[HDD 2000GB]
WD20EARS: Used for data storage. Became unreadable due to ‘corrupted directory’ and turned BAD.
[HDD 2000GB]
WD20EARS: データストレージとして使用。’破損したディレクトリ’により読み取れなくなり、BADになる。
[HDD 3000GB]
ST3000DM001: Displayed BAD and suddenly all data became inaccessible.
[HDD 3000GB]
ST3000DM001: BADを表示し、突然すべてのデータがアクセス不可能になる。
[SSD 275GB]
CT275MX300SSD1: OS became unbootable. On another computer, S.M.A.R.T. BAD warnings and a large number of bad sectors were confirmed.
[SSD 275GB]
CT275MX300SSD1: OSが起動不可になる。別のコンピューターで、S.M.A.R.T. BADの警告と多数の不良セクタが確認される。

First Test: Full Sector 00h Overwrite/Full Sector Read/Random Access
最初のテスト: 全セクタ00hで上書き/全セクタ読み取り/ランダムアクセス

We overwrite all sectors with 00h and attempt to recover each sector (repair bad sectors). After the bad sector recovery process, we conduct ‘Full Sector Read’ and ‘Random Access’ tests. For the full sector read, we adopt ‘Sequential’ to differentiate it from ‘Random’. Random refers to ‘a part’ chosen at random. Ignoring speed, if a sector is not unreadable or unwritable, it is marked as Pass; otherwise, it is marked as Error. If the full sector read results in an Error, we do not perform random testing. We won’t attempt to check everything at once; instead, we’ll gradually tighten the lenient criteria.
すべてのセクタを00hで上書きし、各セクタの回復を試みます(不良セクタの修復)。不良セクタの回復処理の後、「全セクタ読み取り」と「ランダムアクセス」のテストを実施します。全セクタ読み取りには「シーケンシャル」を採用して、「ランダム」と区別します。ランダムはランダムに選ばれた「一部」を指します。速度を無視し、セクタが読み書き不可でなければパスとして、そうでなければエラーとしてマークします。全セクタ読み取りがエラーの場合、ランダムテストは行いません。一度にすべてをチェックしようとはせず、徐々に甘い基準を厳しくしていきます。

HDD00h Overwrite
00h 上書き
All reading secctors
全セクタ読み取り
Random
ランダムアクセス
4R160L0PassPassError
MK4025GASPassPassPass
MK6025GASPassError
MK4020GLSPassPassPass
SP1614NErrorError
ST3120023ASPassPassError
WD20EARSPassPassPass
ST3000DM001PassErrorError
CT275MX300SSD1PassPassPass

Regarding SP1614N, it is beyond repair. Furthermore, it is difficult to even backup data from this state. Therefore, we conclude with the first test.
SP1614Nに関しては、修復が不可能です。さらに、この状態からデータのバックアップを取ることも困難です。したがって、最初のテストで結論を出します。

For SSDs, it is relatively easy to repair bad sectors. In most cases, regardless of the manufacturer, there is an over 80% chance of successful repair in these special circumstances.
SSDにおいては、不良セクタを修復することは比較的簡単です。ほとんどの場合、メーカーに関わらず、特別な状況下で成功する確率は80%以上です。

Second Test: Continuous 4-hour Full Sector 00h Overwrite/Full Sector Read and Random Access
第二のテスト:連続4時間の全セクタ00hでの上書き/全セクタ読み取りとランダムアクセス

We run the drive continuously for 4 hours (excluding random access) and observe its behavior.
ドライブを連続4時間(ランダムアクセスを除く)稼働させ、その挙動を観察します。

HDD00h overwrite
00h 上書き
All reading sectors
全セクタ読み取り
random
ランダムアクセス
4R160L0PassError
MK4025GASPassPassPass
MK6025GASPassError
MK4020GLSPassPassPass
ST3120023ASErrorError
WD20EARSPassPassPass
ST3000DM001ErrorErrorError
CT275MX300SSD1PassPassPass

For ST3120023AS, it is confirmed to be irrecoverable at this point. Although a 4-hour backup might be feasible, ignoring this S.M.A.R.T. warning could lead to being too late. However, since the random test resulted in an Error during the first test, backing up is a difficult task. Therefore, we conclude with the second test.
ST3120023ASについては、この時点で回復不可能であることが確認されています。4時間のバックアップが可能かもしれませんが、このS.M.A.R.T.の警告を無視すると遅すぎる可能性があります。しかし、最初のテストでランダムテストがエラーとなったため、バックアップは困難な作業です。したがって、第二のテストで結論を出します。

ST3000DM001 is the infamous DM series. Once its condition deteriorates, it’s hard to revert to normal. As predicted, it becomes inoperable here and is dropped. Considering its large capacity, a 4-hour backup is challenging…
ST3000DM001は悪名高いDMシリーズです。一度状態が悪化すると、通常に戻すことは困難です。予測された通り、ここで操作不能になり、脱落します。大容量を考えると、4時間のバックアップは難しいです…

Third Test: Continuous 24-hour Full Sector 00h Overwrite/Full Sector Read and Random Access
第三のテスト:連続24時間の全セクタ00hでの上書き/全セクタ読み取りとランダムアクセス

We run the drive continuously for 24 hours (excluding random access) and observe its behavior.
ドライブを連続24時間(ランダムアクセスを除く)稼働させ、その挙動を観察します。

HDD00h overwrite
00h 上書き
All reading sectors
全セクタ読み取り
random
ランダムアクセス
4R160L0ErrorError
MK4025GASErrorError
MK6025GASPassError
MK4020GLSPassPassPass
WD20EARSPassPassPass
CT275MX300SSD1PassPassPass

MK4025GAS suddenly failed. The damage seems to be in the ‘motor’, leading to an abrupt halt in rotation and making it irrecoverable. 4R160L0 also stopped functioning at this point. The SSD (CT275MX300SSD1) is doing very well, with no issues. It’s convincing that even if bad sectors appear, they can often be repaired and used normally.
MK4025GASは突然故障しました。損傷は「モーター」にあるようで、回転が突然停止し、回復不可能となりました。4R160L0もこの時点で機能を停止しました。SSD(CT275MX300SSD1)は非常に良好で、問題はありません。不良セクタが発生しても、多くの場合、修復して通常使用できることが確認されました。

Final Test: Speed-Considered 00h Overwrite/Sequential/Random Access
最終テスト:速度を考慮した00hでの上書き/シーケンシャル/ランダムアクセス

We conduct a speed-considered 00h overwrite/sequential/random access. If the performance significantly drops due to error correction, it will be marked as Error. However, if only a portion is damaged due to unreadable/writable sectors, it will be considered a Pass.
速度を考慮した00hでの上書き/シーケンシャル/ランダムアクセスを実施します。エラー訂正によりパフォーマンスが大幅に低下した場合、エラーとしてマークされます。しかし、読み書き不可能なセクタにより一部が損傷した場合のみ、パスとして考慮されます。

HDD00h overwrite
00h 上書き
All reading sectors
全セクタ読み取り
random
ランダムアクセス
MK6025GASErrorError
MK4020GLSPassPassPass
WD20EARSPassPassPass
CT275MX300SSD1PassPassPass

MK6025GAS shows unstable write speeds, and the fact that part of its reading is in error suggests issues with both the head and platter, making it irrecoverable. MK4020GLS is still doing well. Surprisingly, WD20EARS has no issues up to this point. Even with high-density platters, minor magnetic irregularities can be repaired and reused, as proven here. Currently, 8.0TB drives are becoming mainstream. We believe that even these high-density drives with minor unreadable bad sectors can be repaired and utilized.
MK6025GASは書き込み速度が不安定で、一部の読み取りがエラーとなっていることから、ヘッドとプラッタの両方に問題があると思われ、回復不可能です。MK4020GLSはまだ良好です。驚くべきことに、WD20EARSはこの時点まで問題がありません。高密度プラッタであっても、ここで証明されているように、小さな磁気の不規則性は修復して再利用することが可能です。現在、8.0TBドライブが主流になっています。これらの高密度ドライブでも、読み取れない小さな不良セクタがあっても修復し利用することができると考えています。

S.M.A.R.T. Drive Failure Notification
S.M.A.R.T. ドライブ故障通知

We have developed “S.M.A.R.T. Failure Notification Software” that automatically notifies of drive failures. We offer a free edition with basic prediction implementations and a more in-depth support edition. They come with technical support, so feel free to use them.
私たちは、ドライブ故障を自動的に通知する「S.M.A.R.T. 故障通知ソフトウェア」を開発しました。基本的な予測実装を備えた無料版と、より詳細なサポート版を提供しています。技術サポートも付いているので、お気軽にご利用ください。