採用情報:復旧エンジニア[AIデータ復旧サービスへの移行により、採用を終了いたします]

■ アクセス [ベスト 7]
1:□ ドライブ検査から自動データ復旧まで・・ FromHDDtoSSD Build 2820:最新版ダウンロード
2:データ復旧不能となる最大の要因1:認識可能なドライブを分解され、「*枚目のプラッタに傷がある」と・・?
3:データ復旧不能となる要因2:磁気ヘッドマップ作成およびヘッド切り替えができないため、対応不可?
4:検査はお断り?お客様実例からの、データ復旧サービスの実態について(検査はできないのに・・・復旧はできる?)
5:□ ドライブ故障統計(ビッグデータ):多角的な解析:フリーのストレージ故障予測 [S.M.A.R.T.のみでは厳しい]
6:大容量ドライブに関するデータ復旧の仕組み 機械学習スキャン(AI)による高い復旧率(最後までスキャン可能)
7:担当者ブログ ※ 2017年はAI完全自動ドライブ復旧システムおよび統計スキャンについて、まとめます。

ホーム採用概要復旧エンジニア[AIデータ復旧サービスへの移行により、採用を終了いたします]
採用情報

■ 復旧エンジニア
※ AIデータ復旧サービスへの移行により、採用を終了いたします。

データ復旧サービスは論理障害、物理障害に分かれております。ただ、物理障害を起こした場合、論理障害も起こしているケースが多く、その複雑な原因を解いて、データを出す特殊技術が要求されます。 さらには、クリーンルーム作業(物理障害)、ドライブを複数接続するRAIDや、大規模データのサーバなどは難易度が高く、状況によって全く異なる状態を諦めることなく解決していく姿勢も重要です。

過去に取り扱ったご案件_1 過去に取り扱ったご案件_2 過去に取り扱ったご案件_3 過去に取り扱ったご案件_4