不良セクタ危険予知技術

□ どんなドライブ・状態でもOK お気軽にご相談ください。緊急:090-3900-8289 までどうぞ。
※ よほどのことがない限りデータは大丈夫です。守秘義務・秘密保持厳守いたします。

ホームドライブ解析技術→応用技術について→不良セクタ危険予知技術
データ復旧サービス

ドライブ故障統計による理論的なデータ復旧サービス
※ ピンポイントでドライブの状態を予測しつつ、各データを取り出すデータ復旧技術の開発を完了いたしました。

完全成功報酬(初期診断無料、成功の場合のみ費用発生)を採用するデータ復旧サービスをご提供いたします。 また、データ復旧業界で唯一「ドライブ故障統計&自動学習(機械学習)」を採用するデータ復旧サービスとなっております。
ドライブ故障統計については、こちら(FromHDDtoSSD)の方でソフトウェアを公開しております。

全課程を手作業によるデータ復旧?
※ 今の大容量ドライブには不適切となりつつございます。
※ 連続して数百時間の作業を完走できる「自動学習(機械学習)」の処理が不可欠です。

状態が分からない今の大容量ドライブの復旧を手作業で処理する事は、不可能に近い状況となってきております。
プラッタ歪みなども多くございまして、連続して数百時間の作業を行うことも稀ではございません。

適当なデータ復旧作業?
※ 時間の要する事前解析が行われず、適当に認識させて復旧処置されてしまい、壊されてしまうケースとなります。

状態が分からない点を逆手に取られ、適当に認識させて復旧処置されてしまい、壊されてしまうケースが後を絶ちません。
これらは、少し(1%でも)でもデータが復旧できると「全額請求」されるケースとなっております。
※ 「手遅れ」となってしまい、この状況から綺麗に復旧することはできません。 必ず、はじめから状態の解析を機械学習で処理させ、危険な不良セクタを回避させる「不良セクタ危険予知」が不可欠です。
データ復旧は、何かあってからでは「手遅れ」となります。そうなる前に対処する点が大事です。

100%自社開発

ドライブ故障統計&機械学習により、きちっと理論的(分布を利用)に90%以上の最良状態(復旧可能状態)を作る事ができます。 復旧のチャンスは限られておりますので、大事な技術となっております。
従来の技術・方法では技術者の経験やカンに頼るケースも多く、もちろんそれ自体も重要な要素を持ってはおりますが、 大容量のハードディスクや、状態変化の早いSSDには、こうした基盤が重要な役割を担い始めております。
※ きちっと計算できる点は心強いです。ビッグデータ(ここでは溜め込まれたドライブ故障統計)の活用方法の一種となります。

独立させ、セキュリティを確保

ドライブ故障統計の概要:お客様のご不安を一気に吹き飛ばします
※ クラウド処理型(ここから故障統計を受け取る)のデータ復旧サービスを開発・提供いたしております。
※ ドライブ故障統計=>状態計算で安定した品質を保っております。

クラウドコンピューティングによる演算 復旧率の変化

上図1 クラウドコンピューティングと、従来の手法との決定的な差
※ 何かあってからでは間に合いません。上のグラフのように落ち込んで、手が出せなくなってしまいます。

クラウド演算:シミュレーション

図2 クラウドコンピューティング(不良セクタシミュレーション&レストレーション系)による正常エリアの割合 演算結果
※ 壊れかけのドライブは、安定いたしません。このため、それでも読み出せる部分を上手く回収する技術が「データ復旧」となります。

本ページをご覧頂きました方は、以下のページから参照しております。[自動集計 Ver5.0]
■ 集計中.....