SSD復旧、NVMeのデータ復旧

ホームデータ復旧サービス→最新型のNVMe SSD データ復旧サービス→SSD復旧サービス

■ SSD復旧サービス

 NVMe規格により、非常に高速なフラッシュが出揃っております。しかし、問題となるのは、その発熱量です。
伺った話となるのですが・・、この発熱量は想定外だったとの事です。 そのため、温度が上がらないような工夫(これが理想)や、温度制御(これは怖い)や、ヒートシンク(注:これはダメです)まで登場していたと思います。

 お客様におすすめするSSDは、温度が上がらないような工夫が施されたSSDのみとなります。
※ このため現在(2020年)は、INTEL製、TOSHIBA製(WD製)、シリコンパワー製のみに厳選いたしております。

 十分に研究(不良セクタの発生容易等>>こちら)をしておりまして、動作不安定な状況からの復旧などを含め、特に問題なく対応いたします。
※ NVMeが損傷すると、不良区間が大きく飛んでしまう場合が多いため、その区間を先に予測して何重にもスキャンを重ねる方法で復旧率を向上させ、本復旧に対応いたしました。

SSDに対する調査・検査・復旧は、9年前よりほぼ毎日行っております。
※ SSDの調査 >> 詳しくはお客様別にドライブ解析の事例をご紹介をご確認ください。