ドライブ故障統計(ビッグデータ)採用:ドライブ検査は断られました

■ アクセス [ベスト 7]
1:□ ドライブ検査から自動データ復旧まで・・ FromHDDtoSSD Build 2820:最新版ダウンロード
2:データ復旧不能となる最大の要因1:認識可能なドライブを分解され、「*枚目のプラッタに傷がある」と・・?
3:データ復旧不能となる要因2:磁気ヘッドマップ作成およびヘッド切り替えができないため、対応不可?
4:検査はお断り?お客様実例からの、データ復旧サービスの実態について(検査はできないのに・・・復旧はできる?)
5:□ ドライブ故障統計(ビッグデータ):多角的な解析:フリーのストレージ故障予測 [S.M.A.R.T.のみでは厳しい]
6:大容量ドライブに関するデータ復旧の仕組み 機械学習スキャン(AI)による高い復旧率(最後までスキャン可能)
7:担当者ブログ ※ 2017年はAI完全自動ドライブ復旧システムおよび統計スキャンについて、まとめます。

ホームAIデータ復旧サービス→技術を積み重ねた確かな復旧→ドライブ検査は断られました

■ AIデータ復旧サービスの本質は「ドライブ検査」にあります
※ ドライブの状態を徹底的に検査してから、各データの復旧を実施いたします。

AIデータ復旧サービスではなく「ドライブの調査」をご依頼いただいた件について、ご紹介いたします。

□ 1, SSDの調査ご依頼

数多くの「データ復旧業者」にSSDのドライブ調査をご相談いたしましたが、 その相談された全ての復旧業者にドライブの検査を断られ、ようやく辿り着いたと伺っております。

※ ファイルシステムの損傷調査も絡むため、ファイルシステムの復旧を専門に扱う「データ復旧業者」にご相談されたようです。

ドライブの検査やファイルシステムの内部調査に全く対応できないにも関わらず、 壊れたドライブからのデータの復旧はどうするのだろうか、「データ復旧業界」に対しまして強い疑念を持たれておりました。
※ ドライブの検査後、その検査結果を基に各データを少しずつ復旧いたしますので、「検査なし」によるデータ復旧は・・・考えられません。

2016年9月より、AIデータ復旧サービス「機械学習スキャン」を導入いたしました。
この機械学習スキャンは、ドライブの検査(こちらを臨機応変に対応)とデータスキャンを同時に処理することができます。
※ ドライブ検査のみご依頼いただいた場合は、データスキャン機能を切る事により問題なく対応できます。

転送レート

複数のメーカよりSSDを選定するため、ドライブの特性を調査するソフトウェアの開発および、その検査を受け賜りました。
※ AIデータ復旧サービスで培ったスキャン技術をパターン化しておりますので、その場その場に合わせて生成・調整していき、短期間で完成させることができます。
※ 自社開発いたしましたFromHDDtoSSD Ver2.0C+のコードを活用いたしまして、デバイスドライバを導入し、調整いたしました。
※ データ復旧技術を取り込みまして、変化する状況に合わせてデータの配置や復旧率がどうなるのか、それらを含め調査できます。

■ お客様の目的に合わせ、別の独自機能を組み込んで対応いたします。
個別に専用のドライバを作成いたしまして、そのドライバと通信する形式を採用しております。
■ 独自機能の組み込み先は、常に最新版を利用いたします。(2014年11月現在:Ver2.1 Build 2250を採用)

SSD タイミング不一致によるデータ破損

□ 2, 劣化したストレージの交換ルールを構築

交換目安として使用期間(2年おきなど)を一定に定めてしまうと、その年数に至る前に故障してしまうHDD(SSD)が多発した事より、 具体的なルール作りが必要となりました。 これは、不良セクタの有無だけではなく、色々な情報を細かく考慮し、より詳しく判断できる指標が役に立っております。

ドライブ検査・統計スキャン・ストレージ故障予測(ビッグデータ対応)を行いまして、ドライブの状況を細かく把握いたします。

完全スキャン レポート&経年劣化計 FSエディタ 開発順