ビッグデータのお取り扱い方針について、詳しくまとめました

■ アクセス [ベスト 7]
1:□ ドライブ検査から自動データ復旧まで・・ FromHDDtoSSD Build 2820:最新版ダウンロード
2:データ復旧不能となる最大の要因1:認識可能なドライブを分解され、「*枚目のプラッタに傷がある」と・・?
3:データ復旧不能となる要因2:磁気ヘッドマップ作成およびヘッド切り替えができないため、対応不可?
4:検査はお断り?お客様実例からの、データ復旧サービスの実態について(検査はできないのに・・・復旧はできる?)
5:□ ドライブ故障統計(ビッグデータ):多角的な解析:フリーのストレージ故障予測 [S.M.A.R.T.のみでは厳しい]
6:大容量ドライブに関するデータ復旧の仕組み 機械学習スキャン(AI)による高い復旧率(最後までスキャン可能)
7:担当者ブログ ※ 2017年はAI完全自動ドライブ復旧システムおよび統計スキャンについて、まとめます。

ホーム会社概要→個人情報保護について→ビッグデータのお取り扱い方針について

通信事業者登録済(A-25-13257)
※ 個人情報の保護に関する法律をはじめ、各法令を遵守いたします。

■ 通信内容

ドライブの故障を予知するためのデータ(ドライブ情報・不良セクタの数・位置等)のみを扱います。

1, ドライブ制御向けのデータ

S.M.A.R.T.情報、動作の挙動に関する測定結果を積みます。
※ これによりドライブの「弱点」がつかめまして、それを復旧アルゴリズムが利用いたします。
※ 統計スキャン、完全スキャン、不良セクタ危険予知、自動復旧で利用いたします。

2, 復旧解析向けのデータ

メタファイルの位置に関する情報を積みます。
※ メタファイルの位置を統計的に導きまして、壊れかけドライブの負担を大きく軽減いたします。特に、自動復旧に必須です。
※ アドバンストデータ復旧、自動復旧で利用いたします。

3, ドライブ故障予測向けのデータ

S.M.A.R.T.情報、測定結果の変化量を積みます。
※ S.M.A.R.T.コンセンサス、ドライブ再生、統計スキャン、自動復旧、ストレージ故障予測で利用いたします。

4, ファイル高速探索用パターン

探索用パターンを積みます。
※ ファイル高速探索、頻度曖昧検索で利用いたします。

受信されました各ビッグデータは、以下データベースに蓄積(bigdata_drive.db)されていきます。
※ データベース方式に変更いたしまして、見通しが良くなりました。
※ 蓄積いたしますので、受信にお時間を要するのは「初回のみ」です。2回目以降は差分ゆえに早くなります。

ビッグデータ蓄積

■ ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

〒115-0041
東京都北区岩淵町25-22
有限会社 IUEC
電話番号:03-3901-8847
メール:yano@iuec.co.jp
担当:矢野