ホームSora neko ブロックチェーン開発→色々なハッシュ関数

色々なハッシュ関数

ブロックチェーンのProof of Workで利用されているハッシュ関数は、多数、存在いたします。
これらハッシュ関数は「ブロックヘッダ」と呼ばれる構造体(80バイト)をハッシュ処理します。
ハッシュアルゴリズムとも呼ばれております。
このアルゴリズムが異なると、まったく異なる結果が出ます。
それゆえに、相手のブロックチェーンに合わせたハッシュを選択する必要がございます。

どのようなハッシュアルゴリズムがあるの?

ハッシュを高速に計算する「ASIC」と呼ばれる装置を、時間単位で貸し出すサービスがあります。
ここで売り出されいるハッシュ一覧が参考になります。
[外部サイト:マイニングリグレンタル] https://www.miningrigrentals.com/

サンプルコード(bitcoin: SHA256D no salt)

uint256 sha256d(const char *data) {
uint256 hash;
CSHA256().Write((const unsigned char *)data, 80).Finalize((unsigned char *)BEGIN(hash));
uint256 hashD;
CSHA256().Write((const unsigned char *)BEGIN(hash), sizeof(uint256)).Finalize((unsigned char *)BEGIN(hashD));
return hashD;
}
□ 本ページをご覧いただきました方は、以下のページもよくご覧いただいております。
■ 集計中.....