実用面との乖離を重視するベンチマーク 2018年のSSD 2dj, 〇 INTEL製 512GB SSDSC2KW512G8

ホーム運用技術→運用技術について→2, 乖離率ベンチマークINTEL製 512GB SSDSC2KW512G8

2dj, 〇 Intel製 512GB SSDSC2KW512G8 [乖離率ベンチマーク]

パフォーマンス 5 / 5
動作安定度 5 / 5
コスト面 3 / 5
耐久性(通常利用) 5 / 5
耐久性(書き込み回数増:ブロックチェーン利用) 4 / 5
総合評価 22 / 25

ベンチマーク1回目

ベンチマーク2回目

ベンチマーク3回目

ベンチマーク4回目

ベンチマーク5回目

ベンチマーク6回目

ベンチマーク7回目

ベンチマーク8回目

ベンチマーク9回目

ベンチマーク10回目

10回、続けて乖離率ベンチマークを実施いたしました。
※ 詳細の方は・・こちら(弊社ブログ:SSDを換装(INTEL製のSSD5に換装) ? ブロックチェーンの本格始動で、SSDの淘汰がはじまる・・・?書き込み回数が多くて多くて(^^;)

本ページをご覧頂きました方は、以下のページから参照しております。[IUEC自動集計プログラム Ver6.0( +AI )]
■ 集計中.....