データ復旧クラウド 機械学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I. どんな状況・容量でも、品質を一定に保ちます

■ アクセス [ベスト 5]
1:AI完全自動ドライブ復旧システム FromHDDtoSSD:最新版ダウンロード
2:ドライブ故障統計(ビッグデータ採用):ストレージ故障予測の仕組み 概要 用途別に2種類をご用意 [S.M.A.R.T.のみでは厳しい]
3:AIデータ復旧サービス 機械学習スキャン(AI)による安定したお見積・復旧率が安心の鍵
4:ドライブ検査は断られました お客様実例からの、データ復旧サービスの実態について(検査はできないのに復旧はできる?)
5:担当者ブログ ※ 2017年はR.E.C.O.A.I.中心にまとめます。

ホームAIデータ復旧サービス→壊れる要因について→機械学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
ドライブ解析

■ どんな状況・容量でも問題なくOK
独自に開発いたしました「機械学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.」(業界唯一対応)

ご検討いただき、誠にありがとうございます
達成グラフ

より高いシェアを獲得いたしました。また、データ復旧クラウド FromHDDtoSSDのご支援等も、ありがとうございます。
※ 過去にご依頼いただいたお客様、または弊社ソフトウェアご利用の方からの「ご紹介」が一番大きいと考えております 最近ではフラッシュメモリ(コンパクトフラッシュ)のメーカサポートよりご紹介いただける機会が増えております。(例:サンディスクさん等)

※ 他社様では簡単に諦めてしまう例でも、粘り強く復旧いたします。お見積もりが後から追加となる場合は一切ございません。

実名非公開
守秘義務

法的な守秘義務を遵守いたします。
※ AIデータ復旧サービスの個人情報に関しましては、「例外なく」全非公開です。

>> ご依頼の秘密を守ります

新しい技術
新しい技術

2009年1月より、データ復旧技術の最新版となります「故障予測技術」をデータ復旧業界で初めて導入いたしました。 従来の新旧含めたハードディスクへの対応、SSD(大容量フラッシュ)やフラッシュメモリ(SDカード等)にも今後大いに採用されていくもので、故障予測にも力を入れております。
※ その成果はこちらよりWindowsソフトウェアの形で公開しております。
※ 本技術の特徴は、データ復旧技術では察知できない奥深い部分を総合的に対応しておりますので、論理障害~物理障害などの様々な場面で、その効果を大いに発揮できる優れたものです。

はじめにお伝えするお見積を遵守

お電話またはメールにてご案内いたしますお見積概算を遵守いたします。
※ また、上限が不明で実際の請求額が分からない「円~」ではなく、上限を持つ「円~円」を採用し、お客様がご依頼検討いただく上でご不明な点が出ないように細心の注意を払います
※ Windowsお見積概算例:こちら
※ 実際に拝見させていただく前でも、弊社構築の障害データベースよりある程度のお見積算出が可能な体制です。 このデータベースは故障予測にも採用、これらがストレージ型番別の監視に繋がっております。
=>現在では、ビッグデータ(データマイニング)を採用いたしております。

アフターサポート
手厚いアフターサポート

故障予測を主軸といたしました、手厚いアフターサポートを約束いたします。
データ現状渡しではなく、ご要望を必ず解決いたします。
※ 2013年より、データ復旧クラウド FromHDDtoSSD リカバリエディションをお渡しいたしております。

パソコン修理
パソコン修理

データ復旧に加えまして、パソコン本体の修理まで対応いたします。

データ復旧の後、さらにメーカさんで修理される手間とお金がかかりません。
また、自作機にも問題なく対応いたしております。
※ ショップブランドのパソコンもOK

地方のサポート業者さまと連携
地方のサポート業者さまと連携

地方の業者さまよりご紹介にてご依頼いただける機会が増加いたしまして、大変うれしく思います。

作業報告書に従いまして、必要な作業のみを実施いたします。
※ ご紹介の場合は、サポート含めて弊社で受け持ちいたします。業者さまが間に入ってお取引の場合は、業者さま側がサポートを受け持つ形となっております。