There are methods like RAID, where multiple HDDs are connected and operated for automatic backup, systems built to automatically back up data, and mirroring that creates a mirror simultaneously. These are set up seeking sequential acceleration and data redundancy. However, they also inherently carry vulnerabilities, which I will explain.
自動バックアップには複数のHDDを接続して運用するRAID、自動的にバックアップを取れるように組み込んだシステム、同時にミラーを生成するミラーリングなどがございます。これらは、シーケンシャルの高速化やデータの冗長性などを求めて組まれます。しかしながら、同時に脆弱性を抱え込む原因にもなっておりますので、それを説明いたします。

Automatic Backup
自動バックアップ

With automatic backup, data is lost “gradually” as each drive deteriorates. It’s not a matter of if it might be lost; it will be lost. Hence, relying solely on automatic backup is strictly prohibited.
自動バックアップでは「徐々に」各ドライブが劣化する場合にデータを失います。失うかもしれません、ではなく、失いますので自動バックアップのみに頼るのは厳禁です。

Before Synchronization: In the following order:
Empty Data, Actual Data, Unreadable Sectors, Unwritable Sectors, Unreadable and Unwritable Sectors.
Disk1|90, 10, 00, 00, 00|
Disk2|100, 00, 00, 00, 00|
同期前:
以下数値の順:空データ数, 実データ数, 読み込み不能セクタ数, 書き込み不能セクタ数, 読み書き不能セクタ数
Disk1|90, 10, 00, 00, 00|
Disk2|100, 00, 00, 00, 00|

After Synchronization: In the following order:
Empty Data, Actual Data, Unreadable Sectors, Unwritable Sectors, Unreadable and Unwritable Sectors.
Disk1|90, 10, 00, 00, 00|
Disk2|90, 10, 00, 00, 00|
同期後:
以下数値の順:空データ数, 実データ数, 読み込み不能セクタ数, 書き込み不能セクタ数, 読み書き不能セクタ数
Disk1|90, 10, 00, 00, 00|
Disk2|90, 10, 00, 00, 00|

The numbers represent the amount of information held out of a total of 100. Disk1 has 90 unused, 10 data used, and no error sectors. This is the synchronization (backup) to the new Disk2 (unused 100 since it’s new).
各数値は全体を100として情報を保持している量を表します。今回のDisk1は未使用が90、データ使用量が10、その他エラーのセクタはありません。新しいDisk2(新品なので未使用100)にバックアップした様子(同期)です。

Unnoticed Data Loss with Automatic Backup
自動バックアップが知らないうちにデータ損失へ

Continuing to use the backup drive without any inspection until it fails is very dangerous. Often, this crucial failure goes unnoticed, and by the time it is realized, both drives may be unreadable.
バックアップ先のドライブが故障するまで一切検査せずに使い続けるのは、とても危険です。実は、この肝心な故障に気が付かない場合がとても多く、それこそ気が付いたときには、両方とも読めないという現象を沢山確認しております。

Flow of Changes Leading to Data Loss
このようなデータ損失に至るまでの変化の流れ

New condition: In the following order:
Empty Data, Actual Data, Unreadable Sectors, Unwritable Sectors, Unreadable and Unwritable Sectors.
Disk1|55, 45, 00, 00, 00|
Disk2|100, 00, 00, 00, 00|
新品の状態:
以下数値の順:空データ数, 実データ数, 読み込み不能セクタ数, 書き込み不能セクタ数, 読み書き不能セクタ数
Disk1|55, 45, 00, 00, 00|
Disk2|100, 00, 00, 00, 00|

First Sync (Successfully Operated):
In the following order: Empty Data, Actual Data, Unreadable Sectors,
Unwritable Sectors, Unreadable and Unwritable Sectors.
Disk1|55, 45, 00, 00, 00|
Disk2|55, 45, 00, 00, 00|
最初の同期(無事作動確認):
以下数値の順:空データ数, 実データ数, 読み込み不能セクタ数, 書き込み不能セクタ数, 読み書き不能セクタ数
Disk1|55, 45, 00, 00, 00|
Disk2|55, 45, 00, 00, 00|

Regular Use, Data Increases from 55 to 80 (Successfully Operated):
In the following order: Empty Data, Actual Data,
Unreadable Sectors, Unwritable Sectors, Unreadable and Unwritable Sectors.
Disk1|20, 80, 00, 00, 00|
Disk2|20, 80, 00, 00, 00|
定期的に使用中、データ量55から80へ(無事作動確認):
以下数値の順:空データ数, 実データ数, 読み込み不能セクタ数, 書き込み不能セクタ数, 読み書き不能セクタ数
Disk1|20, 80, 00, 00, 00|
Disk2|20, 80, 00, 00, 00|

Failure Occurs (Successfully Operated):
In the following order: Empty Data, Actual Data, Unreadable Sectors,
Unwritable Sectors, Unreadable and Unwritable Sectors.
Disk1|20, 80, 00, 00, 00|
Disk2|19, 80, 01, 00, 00|
障害の発生(無事作動確認):
以下数値の順:空データ数, 実データ数, 読み込み不能セクタ数, 書き込み不能セクタ数, 読み書き不能セクタ数
Disk1|20, 80, 00, 00, 00|
Disk2|19, 80, 01, 00, 00|

Failure Occurs 2 (Successfully Operated):
In the following order: Empty Data, Actual Data, Unreadable Sectors,
Unwritable Sectors, Unreadable and Unwritable Sectors
Disk1|20, 80, 00, 00, 00|
Disk2|19, 70, 11, 00, 00|Loss 10
障害の発生2(無事作動確認):
以下数値の順:空データ数, 実データ数, 読み込み不能セクタ数, 書き込み不能セクタ数, 読み書き不能セクタ数
Disk1|20, 80, 00, 00, 00|
Disk2|19, 70, 11, 00, 00|損失10

Failure Occurs 3 (Successfully Operated):
In the following order: Empty Data, Actual Data, Unreadable Sectors, Unwritable Sectors,
Unreadable and Unwritable Sectors
Disk1|18, 80, 02, 00, 00|
Disk2|15, 64, 21, 00, 00|Loss 16
障害の発生3(無事作動確認):
以下数値の順:空データ数, 実データ数, 読み込み不能セクタ数, 書き込み不能セクタ数, 読み書き不能セクタ数
Disk1|18, 80, 02, 00, 00|
Disk2|15, 64, 21, 00, 00|損失16

Failure Occurs 4 (Successfully Operated):
In the following order: Empty Data, Actual Data, Unreadable Sectors,
Unwritable Sectors, Unreadable and Unwritable Sectors
Disk1|18, 80, 02, 00, 00|
Disk2|10, 55, 30, 05, 00|Loss 25
障害の発生4(無事作動確認):
以下数値の順:空データ数, 実データ数, 読み込み不能セクタ数, 書き込み不能セクタ数, 読み書き不能セクタ数
Disk1|18, 80, 02, 00, 00|
Disk2|10, 55, 30, 05, 00|損失25

Failure Occurs 5 (Stops with Error):
In the following order: Empty Data, Actual Data, Unreadable Sectors,
Unwritable Sectors, Unreadable and Unwritable Sectors.
Disk1|18, 60, 02, 03, 17|Loss 20
Disk2|10, 55, 30, 05, 00|Loss 25
障害の発生5(エラーで停止):
数値の順 空データ数, 実データ数, 読み込み不能セクタ数, 書き込み不能セクタ数, 読み書き不能セクタ数
Disk1|18, 60, 02, 03, 17|損失20
Disk2|10, 55, 30, 05, 00|損失25

Failure Occurs 6 (Ignoring Error 5, Repeats Error, Fails to Restart):
In the following order: Empty Data, Actual Data, Unreadable Sectors,
Unwritable Sectors, Unreadable and Unwritable
Sectors Disk1|00, 00, 00, 00, 100|Loss 80 (Head Crash)
Disk2|10, 35, 50, 05, 00|Loss 45
障害の発生6(5のエラーを無視、再度エラー、再起不能):
以下数値の順:空データ数, 実データ数, 読み込み不能セクタ数, 書き込み不能セクタ数, 読み書き不能セクタ数
Disk1|00, 00, 00, 00, 100|損失80(ヘッドクラッシュ)
Disk2|10, 35, 50, 05, 00|損失45

Pattern Where Disk1 (Main Side) is Healthy While Disk2 (Copy Side) Gradually Weakens
Disk1(メイン側)が元気なのに対しDisk2(コピー先)が徐々に弱っていくパターン

Data turns into unreadable sectors some time after being written. In the case of synchronization, if there’s no change in the file name or update date, it won’t write, so data loss goes unnoticed. Frequently updated files rejuvenate sectors when written (though errors may occur), and if they eventually become unreadable and unwritable sectors, it stops with an error (unable to write). Files used for storage that are rarely (or never) updated are affected. An example of low-frequency updates is digital camera images becoming victims. Countermeasure: Save files with low update frequency on different media as much as possible. Recently, backups connected to NAS are common.
データを書き込んでから一定時間後に読み込み不能セクタに変化いたします。同期の場合、ファイル名または更新日時に変化がない場合は書き込みしないためデータ損失が気付かれずに放置されてしまいます。頻繁に更新するファイルは書き込みの際にセクタが復活致しますし(エラーの場合もあり)、最終的に読み書き不能セクタになった場合はエラーで停止(書き込み不可)します。ほとんど更新しない(全く更新しない)保存用ファイルなどが影響を受けます。更新頻度の低い例としてはデジタルカメラの画像などが犠牲となっております。
対策:更新頻度の低いファイルはできる限り別のメディアにも保存する。NASに接続されたバックアップ外付など最近は多いですね。

[Important] Do Not Use Mirroring as Backup. It Does Not Protect Data.
[重要] ミラーリングをバックアップとして利用してはいけません。データ保護機能はありません。

Mirroring does not replace backup. It absolutely cannot prevent data loss due to viruses or worms, human errors, or logical failures. And when the system stops due to invisible wear on the drives, it’s already too late. It may lead to all connected drives being damaged. RAID only extends operating time and allows for repairs at a set time; it does not protect data.
ミラーリングはバックアップの代わりになりません。まずウイルスやワームによる活動、人為的なミスによるデータ損失、論理的な障害については絶対に防ぐ事ができません。そしてドライブに対する見えない消耗が重なりシステムが停止したときには、すでに時遅しとなります。
接続されている全ドライブが破損していたという結果につながる恐れがあります。RAIDはあくまで稼働時間を延ばし決められた時間に修理を可能にする利点のみで、データ保護機能はありません。

Drive Inspection: SORA L2 Blockchain FromHDDtoSSD
ドライブの検査: SORA L2 Blockchain FromHDDtoSSD

Regularly inspect the deterioration of the backup destination to prevent gradual data loss. Please use the full scan feature available in FromHDDtoSSD for inspections. For SSD/NVMe, we recommend statistical scanning (FromHDDtoSSD v3).
バックアップ先の劣化を定期的に検査し、徐々に弱っていくデータ損失を防ぐ事ができます。
検査はFromHDDtoSSDに備わる完全スキャン機能をご利用ください。SSD/NVMeの場合は統計スキャン(FromHDDtoSSD v3)をおすすめしております。