データ復旧事業部 技術品質(解析)

■ アクセス [ベスト 7]
1:□ ドライブ検査から自動データ復旧まで・・ FromHDDtoSSD Build 2820:最新版ダウンロード
2:データ復旧不能となる最大の要因1:認識可能なドライブを分解され、「*枚目のプラッタに傷がある」と・・?
3:データ復旧不能となる要因2:磁気ヘッドマップ作成およびヘッド切り替えができないため、対応不可?
4:検査はお断り?お客様実例からの、データ復旧サービスの実態について(検査はできないのに・・・復旧はできる?)
5:□ ドライブ故障統計(ビッグデータ):多角的な解析:フリーのストレージ故障予測 [S.M.A.R.T.のみでは厳しい]
6:大容量ドライブに関するデータ復旧の仕組み 機械学習スキャン(AI)による高い復旧率(最後までスキャン可能)
7:担当者ブログ ※ 2017年はAI完全自動ドライブ復旧システムおよび統計スキャンについて、まとめます。

ホームドライブ解析技術→自社開発の復旧技術→海外持ち出しリスクをゼロへ
業界唯一の技術を積み重ね、それを強み(データ復旧, サーバ復元・構築, クラウド展開, ビッグデータ)

■ 自社開発のデータ復旧技術を積み重ね、「海外持ち出しリスクゼロ」を強みにする方針で進めております。

自社技術の副産物が、決定的な差

海外ライセンス方式では、各技術の密着性が失われ、新しい技術が全く得られません。
※ この性質上、自社開発によるデータ復旧開発が最善と判断し、今日に至っております。
※ 自社開発の過程における副産物が、新しい機能への「鍵」となることはよくあります。

● 海外作業(または海外技術ライセンス)による復旧失敗の一例
プラッタに指紋 軸受にシール

■ スキャン, 解析の基礎技術のご紹介

■ DataScan&Salvation

[開発期間:2001年~2007年]
データ復旧全般の基礎技術です。

■ Data_Platter&Investigation

[開発期間:2005年~2010年]
プラッタ歪みによる復旧困難を回復させる基礎技術です。

■ Data_Array&Restoration

[開発期間:2004年~2011年]
RAID, サーバ, NAS(RAID型のLANDISK,TeraStation)に対する基礎技術です。

■ データ復旧サービス 次世代向けコア技術

■ DirectScan / 並列同時解析

[開発期間:2010年~2013年]
強力なデータ復旧技術を並列で処理できる解析技術です。

■ 不良セクタ危険予知 / システムリカバリ(AI完全自動ドライブ復旧システム)

[開発期間:2014年~開発中]
ビッグデータの解析を加え、さらなる細かな制御を実現します。

■ 並列解析&故障統計を利用するデータ復旧サービス、ソフトウェアを実現
※ 2011年より、乱雑した解析結果の自動最適化処理に関する研究(たまたまビッグデータ処理に当たり、結果的には3年以上も早く着手できて上手く乗れており、幸運でした)を重ね、 壊れかけドライブの自動制御を実現したい考えです。
=>まず自動復旧に必要となる「不良セクタ危険予知」「ホコリ前提復旧」を搭載し、改良を重ねております。
=>2014年7月、不良セクタ危険予知(ミリセカンド検査)にて、危険を事前回避する部分が完成いたしました。
残るはシステムリカバリ(リスクマネジメント)の方です。最小限の設定(優先順位のみの見込み)で上手く動作するように調整中です。

■ 壊れかけハードディスクを安定制御し、クローンを作成できる解析機能です。

ヘッドレストレーション+SSD 対応可否検査実施

■ 並列ドライブ検査:複数のドライブを同時に検査できます。

完全スキャン中

■ データ復旧機能もございます。各機能を連携させ、最善のデータ復旧を実現いたします。

ファイルビュー クラッシュ直前のドライブ

● 危険ゾーンを上手く避けてスキャンいたします「不良セクタ危険予知機能」です。
※ 大容量HDD/SSDは「わずか1セクタの不良」がドライブの状態を変えますので、細心の注意を払います。

不良セクタ危険予知の設定

○ AI完全自動ドライブ復旧システムの開発を実施しております。

不良セクタ危険予知の設定