アウトソーシングは必ずゼロ

ホームデータ復旧サービス海外持ち出しを必ず防ぐ:アウトソーシングは必ずゼロ

□ データ復旧技術を積み重ね、それを強みにする方針で進めております。
また、自社開発する事により、他との依存を無くし、データに対するリスクを最小限に抑えます。

■ 海外持ち出しを確実に防ぎます:アウトソーシングはゼロ

すべて自社内で対応いたします。
※ ご不安の場合、機密保持契約書をお申し付けください。そこに明記されております。

■ 海外に、機密保持契約は難しいです

機密保持契約は、その法的な拘束について、基本的に海外に対しては何の意味も成しません。
海外に委ねた場合、何かあったら「終わり」という解釈で問題ございません。(9割は逃げられてしまいます)

■ データ復旧の海外委託については、暗号技術により安全に海外へ委託できるようになったと謳われていたのですが……、 暗号技術を駆使しても難しいのでしょうか?

データ復旧作業は「相手の業者にドライブ自体を預ける」必要があるため、暗号状態にはできません。
すなわち、ドライブを暗号状態で第三者に委託することができません。よって、海外委託は不可です。

■ 業界内で、無断で、海外に持ち出された事は確認できていますか?

ございます。以下(クリック)に、それが疑われる事例です。

また、データに対するリスクだけではなく、技術面の不安もございます。
※ 何より、私たち自身が依頼する立場だった場合(逆の立場)、預けたドライブの海外委託は受け入れられないため、 絶対にアウトソーシングはいたしません。