作業内容をご紹介

ホームデータ復旧サービス作業風景 [最新版に更新中]

専用に開発いたしました高速型ヘッドレストレーションでイメージを別ドライブに転送後、そのドライブに対して解析いたします。
これにより、安全に解析を入れる事ができますゆえに、綺麗な解析結果へとつながっていきます。

クローンイメージを取りましたドライブを、外付にて接続いたします。

データ復旧ソフトウェア(自社開発)を立ち上げ、論理解析を実施いたします。
以下のような感じで立ち上がりますので、各種解析を実施いたしまして、データを復旧いたします。

多少の誤差はソースコードから修正いたします。
※ 本ソフトウェアの開発担当者が復旧を担当いたしますので、綺麗にデータを復旧する事ができます。

パソコンやNASの場合は、ドライブを取り出して初期診断作業を実施いたします。
※ 論理障害または物理障害に分類後、障害に合わせたデータ復旧作業を実施いたします。
※ データ整合性検査にて、自動検査できる仕組みを確立しております。

◇ アクセス [ベスト5]