次世代技術採用のデータ復旧サービス(不良区間予測方式) お見積(事前にお伝えいたします金額を遵守します)

ホームデータ復旧サービス→次世代技術採用のデータ復旧サービス お見積

◆ 初期診断費用は無料です。
※ ドライブ状態の判断および、復旧方針の構築を行う「お見積作業」を実施いたします。 必ず、ドライブの状態をわかりやすくご説明することに加えまして、復旧方針とお見積書をご案内いたします。

□ お見積一覧

◆ お預かりいたします個人情報を含めて、全データについて、暗号化の運用を行っております。 データ復旧作業から、データの保管に至る全ての過程で、AES(SHA-512)の「ブロック暗号」を施しております。 また、各データの検査を、「手作業で行うことは一切ありません」。 創業時からの「ヘッダ自動検査方式」または「人工知能(AI)によるデータ部自動検査」を行います。 年々、データの重要性が増していますので、相当に気を遣っております。

◆ 以下、弊社にて自社開発&配布中のソフトウェアで、ドライブの検証作業を実施できます。 インストール不要で、すぐに実行できるように調整しております。詳しくはhttps://www.iuec.co.jp/easy/software.htmlです。
※ Windowsで動作いたします。

インストール不要版

論理障害軽度

◆ 誤って、データを削除してしまった場合が該当いたします。 誤った削除に気が付きましたら、すぐに電源を落としてください。 自動的に更新されるファイルに、復旧対象を上書きされる危険性があるためです。 ご依頼前に「ゴミ箱」の中身をご確認ください。残っている場合がございます。

完全削除を試みますと、以下のような警告メッセージが表示され、ゴミ箱には残らず、データが消されます。

誤削除の例 論理障害中度

◆ 誤って、パーティションを解放してしまった場合が該当いたします。 フォーマット(初期化)してしまった場合も相当いたします。

◇ 誤ってパーティションを削除すると、その瞬間に、領域情報が消失いたします。 フォーマットの場合も強制終了できません。仮に、止めたとしても復帰できません。 操作ミスにご注意ください。

領域削除 論理障害重度

◆ 物理的な動作は問題ないが、データを制御するファイルシステムの異常が原因の障害を指します。

本障害で比較的多発する症例を挙げます。

  •  パソコンが起動せず、強制再起動が繰り返されたり、そのまま応答がなくなる場合。
  •  「フォーマットしますか?」「初期化しますか?」などのエラーが出て、データの内容を見る事ができない場合。
  •  「ディレクトリが壊れています」などの破損アラートが表示され、データの内容を見る事ができない場合。
  •  「ドライブがありません」など、ドライブ自体が存在しないエラーにて、データの内容を見る事ができない場合。
  •  複数のファイルやフォルダが明らかに消失していて、探しても見つからない場合。

注意事項:
 「フォーマットしますか?」「初期化しますか?」などの指示にはご注意ください。 損傷が進む可能性がございます。
例:NTFSの場合、一部のフォルダが分断され親フォルダを見失います。

 論理解析を実施いたしまして、各データを復旧いたします。

物理障害軽度 物理障害軽度

◆ 磁性体剥離(不良セクタ)等、急激な悪化のリスクは低いが、物理的な動作に支障がある障害を指します。

 本障害で比較的多発する症例を挙げます。

  •  パソコンが起動せず、強制再起動が繰り返されたり、そのまま応答がなくなる場合。
  •  再試行(リトライ)を起こし、ドライブへのアクセス中断が繰り返される場合。
  •  「ドライブがありません」などのエラーが表示され、データの内容を見る事が一切できない場合。

注意事項:
 不良セクタは多種多様で、そのリスクを抑えるために様々な手法を研究しております。
>> データ復旧技術・分散解析 運用技術をご参考ください。

HDTシリーズ ヘッド系統の障害により、データを読めない障害が多いです serverRAIDなど、RAID装置でも軽度段階で動かなくなる場合がございます Maxtor80GB ヘッド先端 東芝製40GB (1.8インチ)

◆ パソコンに対しまして認識状態を保つ事ができず、動作が不安定な状態となる状態を指します。

 本障害で比較的多発する症例を挙げます。

  •  パソコンが起動せず、強制再起動が繰り返されたり、そのまま応答がなくなる場合。
  •  QRコードが表示され、起動できない場合。
  •  電源投入後、最初に表示されるロゴで止まったまま、応答がなくなる場合。
  •  突然、ドライブへのアクセスが遮断され、パソコン自体がフリーズしてしまう場合。

ポイント:
 プラッタに対する損傷は低いため、特に問題なく、綺麗にデータを復旧することができます。

◆ パソコンに対しまして、全く認識しない状況となります。または、認識が突然切れてしまう状況です。
※ クリーンルーム作業を必要とする段階です。しっかり内部を修理してから、分散解析にかけて復旧いたします。

 本障害で比較的多発する症例を挙げます。

  •  電源投入後、最初に表示されるメーカのロゴで止まったまま、応答がなくなる場合。
  •  突然、ドライブへのアクセスが遮断され、パソコン自体がフリーズしてしまう場合。
  •  外付けに接続しても、認識不能で動作しない場合。
  •  ドライブから異音が発生いたしまして、認識できない場合。

ポイント:
◆ この段階の場合、クラス100クリーンルームを利用するクリーンルーム作業を必要とする可能性がございます。 ドライブが認識不能となった要因を取り除き、修理してから、次のステップに進む必要があるためです。

ヘッド不安定から復旧失敗と思われる物件(他社経由) ヘッドアンロード ヘッドクラッシュによりプラッタに傷を負うパターン CSS