サポート掲示板

ホームサポート掲示板

2016年12月24日、オープンいたしました。
※ FromHDDtoSSDのフリーエディションに関するサポートをこちらに移行いたします。
なにとぞよろしくお願いいたします。

■ サポート掲示板
※ お詫びm(__)m
2017年7月以前にご投稿いただきました画像データに関しまして、転送の方が上手くいかず(呼ぶ関数を誤っておりました..すみません)破損状態となっておりました。大変申し訳ございません。
名前:
コメント:


画像アップロード:
※ 画像につきましては、その内容を確認してからの公開となります。それまでは「確認中」の画像が表示されます。
削除パスワード:
※ 本投稿を削除される際に必要となります。
※ お忘れの場合は、テクニカルサポートまでお気軽にお問い合わせください。

投稿時刻:2016年12月24日 02時03分20秒
管理番号:11
名前:サポート掲示板を2016年12月24日、オープンいたしました
コメント:
予定よりもお時間を要してしまい、大変申し訳ございません。

サポート掲示板を2016年12月24日、オープンいたしました。
至らぬ部分が多いですが、これからもなにとぞよろしくお願いいたします。

※ ソフトウェアのサポートから、データ復旧に関する内容等、幅広くお取り扱いいたします。
お困りの事がございましたら、お気軽にご活用ください。返信いたします。

※ スクリーンショットの添付(画像アップロード)にも対応しております。

添付画像:
画像はありません。

[管理番号 11] 削除パスワード:

>> 返信


投稿時刻:2016年12月26日 15時42分55秒
管理番号:13
名前:サポート担当 山口
コメント:

>>質問です。
>>遠い記憶なのでうろ覚えですがご容赦を。
>>あるHDDを使用中、「ファイルが壊れている可能性があります」と表示されました。
>>「CHKDSKを行いますか」ということだったので、オプションをすべてチェックし、
>>実行したところHDDが読み取れなくなりました。そのまま放置へ。
>>そして昨日、久しぶりにそのHDDを見つけたので、USBでつないでみました。
>>HDD自体の電源が入るとWindows10でウインドウが開き、ファイルの一覧が表示されます。
>>しかし、実際にファイルにアクセスすると、「USB機器が接続されていません」とエラーが出て
>>ファイルに触れない状態でした。
>>明らかにチェックディスクのバグというか、チェックディスクによる論理障害なのですが
>>これに対応する方法はありますか?
>>御社の復旧最新版システムで、別HDDにファイルをコピーできるものでしょうか?
>>よろしくお願いします。
>>

サポート担当の山口と申します。
お問い合わせいただき、誠にありがとうございます。

チェックディスクに、ファイルの位置関係を記録するインデックスバッファ系の処理に失敗されたと考えられます。
※ インデックスバッファ系は、ファイルの位置関係を木構造で記録いたしております。
おそらく、この部分の一部に不良セクタが発生いたしまして、それがエラー検知に伝わったと考えられます。
しかし、その場所によっては再構築に支障が出ますので、逆に、処理に失敗してしまったと考えられます。
木構造の部分が損傷いたしておりますので、正常なアクセスはできません。データ復旧が必要です。

不良セクタの原因はビット腐敗で間違いございません。

ビット腐敗:
https://www.iuec.co.jp/recovery_view/drive_cor.html

以下の機能(自動復旧)の「デモ版」にて、各ファイルが復旧可能かお試しください。
※ デモ版では、復旧ファイルの書き出し以外を実行いたします。これで動作するかどうか、お試しいただけます。
※ R.E.C.O.A.I.のモードは「強気」で問題ございません。
https://www.fromhddtossd.com/ai_recovery/

R.E.C.O.A.I.のモード(7番、8番の設定です):
https://www.iuec.co.jp/fromhddtossd2s/pattern_bigdata.html

なにとぞよろしくお願いいたします。


添付画像:
画像はありません。

[管理番号 13] 削除パスワード:

>> 返信

--------------------↑[管理番号 12] 返信内容 (上が最新)

投稿時刻:2016年12月26日 11時32分15秒
管理番号:12
名前:tani
コメント:
質問です。
遠い記憶なのでうろ覚えですがご容赦を。
あるHDDを使用中、「ファイルが壊れている可能性があります」と表示されました。
「CHKDSKを行いますか」ということだったので、オプションをすべてチェックし、
実行したところHDDが読み取れなくなりました。そのまま放置へ。
そして昨日、久しぶりにそのHDDを見つけたので、USBでつないでみました。
HDD自体の電源が入るとWindows10でウインドウが開き、ファイルの一覧が表示されます。
しかし、実際にファイルにアクセスすると、「USB機器が接続されていません」とエラーが出て
ファイルに触れない状態でした。
明らかにチェックディスクのバグというか、チェックディスクによる論理障害なのですが
これに対応する方法はありますか?
御社の復旧最新版システムで、別HDDにファイルをコピーできるものでしょうか?
よろしくお願いします。

添付画像:
画像はありません。

[管理番号 12] 削除パスワード:

>> 返信


投稿時刻:2017年01月25日 17時47分37秒
管理番号:18
名前:サポート担当 山口
コメント:

>>ありがとうございます。購入の決断が出来ました。
>>

ありがとうございます。

なにとぞよろしくお願いいたします。

添付画像:
画像はありません。

[管理番号 18] 削除パスワード:

>> 返信

投稿時刻:2017年01月25日 02時29分07秒
管理番号:17
名前:DEGDEG
コメント:
ありがとうございます。購入の決断が出来ました。

>>
>>>>現在フリーをしようしておりますが、一台HDDの読み取りができなくなったので、購入を検討しております。
>>>>とりあえず、サポートエディションで試してみて、だめだったら、リカバリエディションにしたいと思っておりますが、差額でバージョンアップは可能でしょうか。できない場合はどちらがおすすめでしょうか。
>>>>ご回答よろしくお願いいたします。
>>
>>サポート担当の山口と申します。
>>お問い合わせいただき、誠にありがとうございます。
>>
>>一台の場合、サポートエディションにて十分に復旧できますので、サポートエディションで問題ございません。
>>
>>また、エディションのアップも可能です。
>>※ 「サポートエディションからのアップグレード」のオプションがございまして、リカバリエディションの場合、5,400 円(税込) となります。
>>
>>なにとぞよろしくお願いいたします。
>>
>>
添付画像:
画像はありません。

[管理番号 17] 削除パスワード:

>> 返信

投稿時刻:2017年01月24日 16時05分47秒
管理番号:16
名前:サポート担当 山口
コメント:

>>現在フリーをしようしておりますが、一台HDDの読み取りができなくなったので、購入を検討しております。
>>とりあえず、サポートエディションで試してみて、だめだったら、リカバリエディションにしたいと思っておりますが、差額でバージョンアップは可能でしょうか。できない場合はどちらがおすすめでしょうか。
>>ご回答よろしくお願いいたします。

サポート担当の山口と申します。
お問い合わせいただき、誠にありがとうございます。

一台の場合、サポートエディションにて十分に復旧できますので、サポートエディションで問題ございません。

また、エディションのアップも可能です。
※ 「サポートエディションからのアップグレード」のオプションがございまして、リカバリエディションの場合、5,400 円(税込) となります。

なにとぞよろしくお願いいたします。


添付画像:
画像はありません。

[管理番号 16] 削除パスワード:

>> 返信

--------------------↑[管理番号 15] 返信内容 (上が最新)

投稿時刻:2017年01月24日 13時58分05秒
管理番号:15
名前:DEGDEG
コメント:
現在フリーをしようしておりますが、一台HDDの読み取りができなくなったので、購入を検討しております。
とりあえず、サポートエディションで試してみて、だめだったら、リカバリエディションにしたいと思っておりますが、差額でバージョンアップは可能でしょうか。できない場合はどちらがおすすめでしょうか。
ご回答よろしくお願いいたします。
添付画像:
画像はありません。

[管理番号 15] 削除パスワード:

>> 返信


投稿時刻:2017年02月26日 00時05分48秒
管理番号:23
名前:サポート担当 山口
コメント:

>>OS:Windows 10(64bit)
>>使用しているバージョン:Ver.2.1 64ビット版(Build:2249)
>>状況:
>>・久々に更新しようとサイトを開いて確認したところ、Build:2820が公開されていました
>>・Build:2249はインストーラーを用いて導入しました
>>・これを更新する際は、Build:2820のインストーラーをそのままクリックするだけで構いませんか?
>> それとも、事前にBuild:2249をアンインストールする必要があるのでしょうか?

サポート担当の山口と申します。
お問い合わせいただき、誠にありがとうございます。

アンインストールせずに、そのまま、インストールで問題ございません。

なにとぞよろしくお願いいたします。


添付画像:
画像はありません。

[管理番号 23] 削除パスワード:

>> 返信

--------------------↑[管理番号 22] 返信内容 (上が最新)

投稿時刻:2017年02月25日 12時11分18秒
管理番号:22
名前:YSR
コメント:
OS:Windows 10(64bit)
使用しているバージョン:Ver.2.1 64ビット版(Build:2249)
状況:
・久々に更新しようとサイトを開いて確認したところ、Build:2820が公開されていました
・Build:2249はインストーラーを用いて導入しました
・これを更新する際は、Build:2820のインストーラーをそのままクリックするだけで構いませんか?
 それとも、事前にBuild:2249をアンインストールする必要があるのでしょうか?
添付画像:
画像はありません。

[管理番号 22] 削除パスワード:

>> 返信


投稿時刻:2017年05月10日 13時44分59秒
管理番号:30
名前:サポート担当 山口
コメント:

サポート担当の山口と申します。

>>>>>>該当ドライブのパーティションを完全に削除いたしまして、同じオプションからの起動をお試しください。
>>>>>>※ この方法は、データが消えても特に問題ない場合の最終手段となりますので、ご注意ください。
>>>>
>>>>対象のHDDについて、Windowsのディスクの管理画面でパーティションをすべて削除した後、-Rオプションで
>>>>実行しましたが、結果は同じでした。
>>>>
>>>>念の為、HDDのSATA接続を「AHCIモード」と「IDEモード」で、共に試しましたが、結果は同じでした。
>>>>
>>>>なお、対象のHDDはLinuxベースのNAS(FileSystem=EXT4)で使用していたものです。
>>>>
>>>>お手数をお掛けし、申し訳ありませんが、引き続きご支援賜りますよう、宜しくお願い致します。
>>
>>ご検証いただき、誠にありがとうございます。
>>
>>状況より、セクタの0番に何かしらの情報が残っている可能性が高いとみております。
>>このため、弊社にてゴールデンウィーク期間中に同じ状態のドライブを作りまして、検証の方を実施いたします。
>>※ 完了次第、こちらに検証結果を書き込みいたします。
>>
>>なにとぞよろしくお願いいたします。
>>

不良セクタが発生いたしました古いSSDを活用いたしまして、不良セクタレストレーション機能の検証を実施しております。
※ セクタ0を含めました完全消去の場合、特に問題ない点を確認いたしました。

さらに、ロック処理を入れまして、パーティション情報を消去いたしました不良セクタが存在するSeagate製ハードディスクにて、さらに検証を重ねます。

なにとぞよろしくお願いいたします。

添付画像:

[管理番号 30] 削除パスワード:

>> 返信

投稿時刻:2017年04月29日 18時59分14秒
管理番号:29
名前:サポート担当 山口
コメント:

サポート担当の山口と申します。

>>ご連絡、有難うございます。
>>
>>>>該当ドライブのパーティションを完全に削除いたしまして、同じオプションからの起動をお試しください。
>>>>※ この方法は、データが消えても特に問題ない場合の最終手段となりますので、ご注意ください。
>>
>>対象のHDDについて、Windowsのディスクの管理画面でパーティションをすべて削除した後、-Rオプションで
>>実行しましたが、結果は同じでした。
>>
>>念の為、HDDのSATA接続を「AHCIモード」と「IDEモード」で、共に試しましたが、結果は同じでした。
>>
>>なお、対象のHDDはLinuxベースのNAS(FileSystem=EXT4)で使用していたものです。
>>
>>お手数をお掛けし、申し訳ありませんが、引き続きご支援賜りますよう、宜しくお願い致します。

ご検証いただき、誠にありがとうございます。

状況より、セクタの0番に何かしらの情報が残っている可能性が高いとみております。
このため、弊社にてゴールデンウィーク期間中に同じ状態のドライブを作りまして、検証の方を実施いたします。
※ 完了次第、こちらに検証結果を書き込みいたします。

なにとぞよろしくお願いいたします。


添付画像:
画像はありません。

[管理番号 29] 削除パスワード:

>> 返信

投稿時刻:2017年04月27日 18時19分39秒
管理番号:28
名前:tokyojoe2000
コメント:
ご連絡、有難うございます。

>>該当ドライブのパーティションを完全に削除いたしまして、同じオプションからの起動をお試しください。
>>※ この方法は、データが消えても特に問題ない場合の最終手段となりますので、ご注意ください。

対象のHDDについて、Windowsのディスクの管理画面でパーティションをすべて削除した後、-Rオプションで
実行しましたが、結果は同じでした。

念の為、HDDのSATA接続を「AHCIモード」と「IDEモード」で、共に試しましたが、結果は同じでした。

なお、対象のHDDはLinuxベースのNAS(FileSystem=EXT4)で使用していたものです。

お手数をお掛けし、申し訳ありませんが、引き続きご支援賜りますよう、宜しくお願い致します。
添付画像:
画像はありません。

[管理番号 28] 削除パスワード:

>> 返信

投稿時刻:2017年04月25日 19時32分06秒
管理番号:27
名前:サポート担当 山口
コメント:

サポート担当の山口と申します。

>>早速に返信頂き、有難うございます。
>>
>>まず、本ソフトは今後も使いたい機能がありそうでしたので、
>>サポートエディションのライセンスを購入・登録しました。

ご購入いただき、誠にありがとうございます。
※ データ復旧機能系統の他、近い時期に実装・リリースいたします完全スキャン機能の上位に相当する「統計スキャン」がサポートエディション以上の対応見込みとなりました。

>>サポートエディションのライセンス登録が完了した状況で、ご案内頂いた操作を実施
>>(管理者用コマンンドプロンプトより-Rオプションで起動)しましたが、
>>結果は、やはり不良セクタの箇所で「修復用ハンドルの取得に失敗いたしました。」との表示でした。
>>
>>当方の使用環境は以下の通り(自作PC)
>>
>>OS : Win10 Pro 64bit
>>MB : ASUS SABERTOOTH 990FX R2.0
>>CPU : AMD FX-8150
>>Mem : Transcend TX2133KLH 8GBx4 (Total 32GB)
>>SSD : A-DATA SX900 256GB (Cドライブ、OS搭載)
>>OptDrv : Pioneer BDR-209M
>>修復したいHDD : WD Red 4TB (WD40EFRX-68WT0N0) MBにSATA経由でネイティブ接続
>>
>>詳細スキャンにより、以下の不良セクタが存在することを確認済み
>>
>>---不良セクタ位置情報-------------------------------------------------
>>[種類/不良セクタ位置(LBA)]
>>[不良セクタ(3): 16531808][不良セクタ(3): 16531809]
>>[不良セクタ(3): 16531810][不良セクタ(3): 16531811]
>>[不良セクタ(3): 16531812][不良セクタ(3): 16531813]
>>[不良セクタ(3): 16531814][不良セクタ(3): 16531815]
>>[不良セクタ(4): 30023424][不良セクタ(4): 30023425]
>>[不良セクタ(4): 30023426][不良セクタ(4): 30023427]
>>[不良セクタ(4): 30023428][不良セクタ(4): 30023429]
>>[不良セクタ(4): 30023430][不良セクタ(4): 30023431]
>>----------------------------------------------------------------------
>>
>>「不良セクタ修復シミュレーション」では、当該セクタを「危険」と表示して、通過しております。
>>
>>お手数をお掛け致しますが、ご確認・ご教示賜りますよう、宜しくお願い致します。

ご検証いただき、誠にありがとうございます。

該当ドライブのパーティションを完全に削除いたしまして、同じオプションからの起動をお試しください。
※ この方法は、データが消えても特に問題ない場合の最終手段となりますので、ご注意ください。

なにとぞよろしくお願いいたします。

添付画像:
画像はありません。

[管理番号 27] 削除パスワード:

>> 返信

投稿時刻:2017年04月24日 20時59分53秒
管理番号:26
名前:tokyojoe2000
コメント:
>>サポート担当の山口と申します。
>>お問い合わせいただき、誠にありがとうございます。
>>
>>また、ご活用いただき、誠にありがとうございます。以下の方法をお試しください。
>>
>>不良セクタレストレーションをRオプションにて起動いたします。
>>※ コマンドプロンプトより本ソフトウェアのパスを指定のち、-Rで起動いたします。
>>※ パスにスペースを含む場合、ダブルクォーテーションでパスを囲む必要がございます。
>>
>>”C:¥Program Files¥FromHDDtoSSD¥FromHDDtoSSD.exe” -R
>>
>>また、添付していただきました画像の件、大変申し訳ございません。
>>アップロードの途中で途切れてしまっており、破損していた点を検出いたしました。
>>
>>なにとぞよろしくお願いいたします。
>>

早速に返信頂き、有難うございます。

まず、本ソフトは今後も使いたい機能がありそうでしたので、
サポートエディションのライセンスを購入・登録しました。

サポートエディションのライセンス登録が完了した状況で、ご案内頂いた操作を実施
(管理者用コマンンドプロンプトより-Rオプションで起動)しましたが、
結果は、やはり不良セクタの箇所で「修復用ハンドルの取得に失敗いたしました。」との表示でした。

当方の使用環境は以下の通り(自作PC)

OS : Win10 Pro 64bit
MB : ASUS SABERTOOTH 990FX R2.0
CPU : AMD FX-8150
Mem : Transcend TX2133KLH 8GBx4 (Total 32GB)
SSD : A-DATA SX900 256GB (Cドライブ、OS搭載)
OptDrv : Pioneer BDR-209M
修復したいHDD : WD Red 4TB (WD40EFRX-68WT0N0) MBにSATA経由でネイティブ接続

詳細スキャンにより、以下の不良セクタが存在することを確認済み

---不良セクタ位置情報-------------------------------------------------
[種類/不良セクタ位置(LBA)]
[不良セクタ(3): 16531808][不良セクタ(3): 16531809]
[不良セクタ(3): 16531810][不良セクタ(3): 16531811]
[不良セクタ(3): 16531812][不良セクタ(3): 16531813]
[不良セクタ(3): 16531814][不良セクタ(3): 16531815]
[不良セクタ(4): 30023424][不良セクタ(4): 30023425]
[不良セクタ(4): 30023426][不良セクタ(4): 30023427]
[不良セクタ(4): 30023428][不良セクタ(4): 30023429]
[不良セクタ(4): 30023430][不良セクタ(4): 30023431]
----------------------------------------------------------------------

「不良セクタ修復シミュレーション」では、当該セクタを「危険」と表示して、通過しております。

お手数をお掛け致しますが、ご確認・ご教示賜りますよう、宜しくお願い致します。
添付画像:
画像はありません。

[管理番号 26] 削除パスワード:

>> 返信

投稿時刻:2017年04月24日 10時02分50秒
管理番号:25
名前:サポート担当 山口
コメント:
>>ご多忙のところ恐縮です。
>>
>>フリー版をダウンロードして利用させて頂いております。
>>
>>NASが故障し、4台のHDDの不良セクタの修復を試みております。
>>幸いデータは全て救出できており、HDDの不良セクタの修復を目指しております。
>>
>>「完全スキャン」で不良セクタが判明したので、「不良セクタレストレーション」を実行したところ、
>>「修復用ハンドルの取得に失敗いたしました。」とのメッセージが表示されました。
>>
>>「機能対応表」では、フリー版でも「不良セクタレストレーション」機能が利用可能となっておりますが、
>>やはりライセンス購入が必要なのでしょうか?
>>
>>或いは、何か設定が不足しておりますでしょうか?
>>
>>また当方の認識不足がありましたら、ご指摘頂けるとありがたい次第です。
>>
>>お手数をお掛け致しますが、ご教示賜りますよう、宜しくお願い致します。
>>

サポート担当の山口と申します。
お問い合わせいただき、誠にありがとうございます。

また、ご活用いただき、誠にありがとうございます。以下の方法をお試しください。

不良セクタレストレーションをRオプションにて起動いたします。
※ コマンドプロンプトより本ソフトウェアのパスを指定のち、-Rで起動いたします。
※ パスにスペースを含む場合、ダブルクォーテーションでパスを囲む必要がございます。

”C:¥Program Files¥FromHDDtoSSD¥FromHDDtoSSD.exe” -R

また、添付していただきました画像の件、大変申し訳ございません。
アップロードの途中で途切れてしまっており、破損していた点を検出いたしました。

なにとぞよろしくお願いいたします。

添付画像:
画像はありません。

[管理番号 25] 削除パスワード:

>> 返信

--------------------↑[管理番号 24] 返信内容 (上が最新)

投稿時刻:2017年04月22日 16時54分40秒
管理番号:24
名前:tokyojoe2000
コメント:
ご多忙のところ恐縮です。

フリー版をダウンロードして利用させて頂いております。

NASが故障し、4台のHDDの不良セクタの修復を試みております。
幸いデータは全て救出できており、HDDの不良セクタの修復を目指しております。

「完全スキャン」で不良セクタが判明したので、「不良セクタレストレーション」を実行したところ、
「修復用ハンドルの取得に失敗いたしました。」とのメッセージが表示されました。

「機能対応表」では、フリー版でも「不良セクタレストレーション」機能が利用可能となっておりますが、
やはりライセンス購入が必要なのでしょうか?

或いは、何か設定が不足しておりますでしょうか?

また当方の認識不足がありましたら、ご指摘頂けるとありがたい次第です。

お手数をお掛け致しますが、ご教示賜りますよう、宜しくお願い致します。

添付画像:
画像はありません。

[管理番号 24] 削除パスワード:

>> 返信


投稿時刻:2017年06月28日 09時43分32秒
管理番号:33
名前:サポート担当 山口
コメント:

サポート担当の山口と申します。
お問い合わせいただき、誠にありがとうございます。

>>お世話になります。
>>
>>HDDの状態チェックのために、よく、FromHDDtoSSD を使わせて頂いております。

日頃よりご活用いただき、誠にありがとうございます。

>>先日、久しぶりにチェックしてみたところ、セクタの状態を色のブロックで表す画面では、
>>全てグリーンで、警告メッセージのところにも、特に何も示されておりませんでした。
>>
>>ところが、最後の完全スキャンレポートのところで、
>>
>>完全スキャン(全セクタスキャン)の結果、このディスクは壊れていると判断いたします。
>>※すぐにデータのバックアップおよび、交換が必要です。
>>
>>という結果が出てしまいました。
>>ちなみに経年劣化は 0 でした。(累積時間 12347 時間)
>>
>>これは、セクタチェックの色に関係なく、交換すべきでしょうか。

まず、念のためバックアップをお願いいたします。

交換判断に関しましては、数日後に再度、完全スキャンの実施をお願いいたします。
これでも同じ結果(経年劣化が0)または似たような状況(経年劣化が低い)だった場合、ヘッド系統の劣化で間違いないため、早めの交換が必要です。
※ ヘッド系統の劣化だった場合、ぎりぎりの状態でもエラー訂正が通りますと、データ自体は読み込めますのでグリーンとなります。ただ、そのような状況で使い続け崩れた場合、「一気」に3割以上(4ヘッドの場合)のセクタが読み込めなくなります。

なにとぞよろしくお願いいたします。


添付画像:
画像はありません。

[管理番号 33] 削除パスワード:

>> 返信

--------------------↑[管理番号 31] 返信内容 (上が最新)

投稿時刻:2017年06月26日 18時57分46秒
管理番号:31
名前:Kashinoki
コメント:

お世話になります。

HDDの状態チェックのために、よく、FromHDDtoSSD を使わせて頂いております。
先日、久しぶりにチェックしてみたところ、セクタの状態を色のブロックで表す画面では、
全てグリーンで、警告メッセージのところにも、特に何も示されておりませんでした。

ところが、最後の完全スキャンレポートのところで、

完全スキャン(全セクタスキャン)の結果、このディスクは壊れていると判断いたします。
※すぐにデータのバックアップおよび、交換が必要です。

という結果が出てしまいました。
ちなみに経年劣化は 0 でした。(累積時間 12347 時間)

これは、セクタチェックの色に関係なく、交換すべきでしょうか。
添付画像:
画像はありません。

[管理番号 31] 削除パスワード:

>> 返信


投稿時刻:2017年06月28日 10時36分22秒
管理番号:34
名前:サポート担当 山口
コメント:

サポート担当の山口と申します。
お問い合わせいただき、誠にありがとうございます。

>>以前はこのソフトでも正常に認識していたSSDのドライブ容量が不正です
>>原因はなんでしょう?
>>Win10 Ver1703です

以前のバージョンでは3種類から最良の容量を選択(古いドライブが規格外の動きをするため)しておりましたが、ドライブへの直接アクセスは重い処理となりますので、最近のバージョンではWindowsの関数からアクセスいたしまして、全セクタ数を取得する方法に一本化しておりました。

今回、容量が正常に出てこない原因は、マイナスの1(または化けた値)が戻ってきているとみております。
このためWindowsの関数から取得するのではなく、再度、ドライブに直接働きかける方法に修正いたします。
※ 常時マイナス1等の偽の判定が可能な値が得られれば条件分岐できるのですが、このあたりは結構曖昧で(一部の処理ではSSDの判定にベンチマークが必要だったします・・判断するためのフラグがないためです)、全部に対して処理する必要性があります。

なにとぞよろしくお願いいたします。


添付画像:
画像はありません。

[管理番号 34] 削除パスワード:

>> 返信

--------------------↑[管理番号 32] 返信内容 (上が最新)

投稿時刻:2017年06月28日 09時31分17秒
管理番号:32
名前:taka
コメント:
以前はこのソフトでも正常に認識していたSSDのドライブ容量が不正です
原因はなんでしょう?
Win10 Ver1703です
添付画像:
画像はありません。

[管理番号 32] 削除パスワード:

>> 返信


投稿時刻:2017年07月24日 08時27分52秒
管理番号:37
名前:サポート担当 山口
コメント:

サポート担当の山口と申します。
お問い合わせいただき、誠にありがとうございます。

>>32bit版のBuild:2820をXP_SP3にインストールしようとしたところ、証明書の期限切れでインストールができず、
>>旧版のBuild:1686を使用しています。
>>次の機会にでもupdateしていただけると助かります。

ご検証いただき、誠にありがとうございます。
updateの件、受け賜りました。

なにとぞよろしくお願いいたします。


添付画像:
画像はありません。

[管理番号 37] 削除パスワード:

>> 返信

--------------------↑[管理番号 36] 返信内容 (上が最新)

投稿時刻:2017年07月22日 19時51分05秒
管理番号:36
名前:_
コメント:
32bit版のBuild:2820をXP_SP3にインストールしようとしたところ、証明書の期限切れでインストールができず、
旧版のBuild:1686を使用しています。
次の機会にでもupdateしていただけると助かります。
添付画像:
画像はありません。

[管理番号 36] 削除パスワード:

>> 返信


投稿時刻:2017年07月26日 20時01分10秒
管理番号:39
名前:サポート担当 山口
コメント:

サポート担当の山口と申します。
お問い合わせいただき、誠にありがとうございます。

>>不良セクタレストレーション中に不良セクタが見つかった場合
>>画像のような表示が出ますが「いいえ」を選択して継続しています。
>>表示を出さずに継続する設定はありませんでしょうか?

不良セクタレストレーションをRオプションにて起動いたします。
これにより、危険セクタの場合でも処理が止まらずに修復を試みることができます。
※ コマンドプロンプトより本ソフトウェアのパスを指定のち、-Rで起動いたします。
※ パスにスペースを含む場合、ダブルクォーテーションでパスを囲む必要がございます。

”C:¥Program Files¥FromHDDtoSSD¥FromHDDtoSSD.exe” -R

なにとぞよろしくお願いいたします。


添付画像:
画像はありません。

[管理番号 39] 削除パスワード:

>> 返信

--------------------↑[管理番号 38] 返信内容 (上が最新)

投稿時刻:2017年07月25日 12時24分09秒
管理番号:38
名前:miita
コメント:
不良セクタレストレーション中に不良セクタが見つかった場合
画像のような表示が出ますが「いいえ」を選択して継続しています。
表示を出さずに継続する設定はありませんでしょうか?
添付画像:

[管理番号 38] 削除パスワード:

>> 返信


投稿時刻:2017年07月27日 15時10分32秒
管理番号:44
名前:penchan
コメント:
山口様

お世話になります。
お忙しいところ度々のご助言を賜り感謝しております。

>>状況の方、確認いたしました。
>>ダブルバッファ失敗の要因となりました読み込めない場所・区間から考えまして、0番のヘッドの機能が不安定またはエラーとなっております。
>>
>>このため、内部ヘッド一式の交換作業または回復処置を行い、0番が担当するヘッドの区間・・・1プラッタ製品となりますので片面分のデータを取り出すデータ復旧作業が必要な段階です。
>>
>>なお、チェックディスク等が再起動いたしまして失敗した原因は、読み出せない連続した区間から、ファイルシステムの心臓部に相当するメタ情報が取り出せないためです。今回の状況では、ファイルシステム自体は問題なく、ドライブから物理的に読み出せない状況となりますので、チェックディスクにて修正処理することができません。
>>
>>また、この症状はエラー訂正が相当入りますので、故障直前のアクセスが過剰となった点も本症状と合致いたします。
>>
>>なにとぞよろしくお願いいたします。
>>

状況的に物理的な問題が発生しており、専門の方にお願いする必要があるレベルであることを理解しました。

ヘッドのみの問題で、データは無事な可能性があるとのことでしたので、
高額になる可能性もありますが復旧サービスの見積もりを検討させていただこうと思います。

ご対応いただきありがとうございました。
添付画像:
画像はありません。

[管理番号 44] 削除パスワード:

>> 返信

投稿時刻:2017年07月27日 14時33分52秒
管理番号:43
名前:サポート担当 山口
コメント:

サポート担当の山口と申します。
お問い合わせいただき、誠にありがとうございます。

>>>>ご活用いただき、誠にありがとうございます。
>>>>ドライブレターまで認識しておりますので、領域系の解析は行わず、直接、ディレクトリ構造解析をお試しください。
>>>>
>>>>以下、その方法をまとめております。
>>>>https://www.iuec.co.jp/fromhddtossd2s/recovery_phy1_to_file.html
>>
>>説明不足で申し訳ありません。
>>エクスプローラ上およびディスクの管理ではドライブレターを認識しておりますが、
>>FromHDDtoSSDのアドバンストデータ復旧画面では領域を認識しておらず、ディレクトリ解析の前に
>>領域解析をするようダイアログが表示されます。
>>そのため領域解析を行おうとしたところ、ダブルバッファの生成に失敗してしまい継続できない状況です。
>>
>>ビット腐敗や物理障害を起こしている可能性もあるようですので、個人での復旧作業は絶望的かなと思っております。
>>
>>もしまだ打つ手があるようでしたら引き続きご助言いただけると幸いです。

状況の方、確認いたしました。
ダブルバッファ失敗の要因となりました読み込めない場所・区間から考えまして、0番のヘッドの機能が不安定またはエラーとなっております。

このため、内部ヘッド一式の交換作業または回復処置を行い、0番が担当するヘッドの区間・・・1プラッタ製品となりますので片面分のデータを取り出すデータ復旧作業が必要な段階です。

なお、チェックディスク等が再起動いたしまして失敗した原因は、読み出せない連続した区間から、ファイルシステムの心臓部に相当するメタ情報が取り出せないためです。今回の状況では、ファイルシステム自体は問題なく、ドライブから物理的に読み出せない状況となりますので、チェックディスクにて修正処理することができません。

また、この症状はエラー訂正が相当入りますので、故障直前のアクセスが過剰となった点も本症状と合致いたします。

なにとぞよろしくお願いいたします。


添付画像:
画像はありません。

[管理番号 43] 削除パスワード:

>> 返信

投稿時刻:2017年07月27日 11時50分11秒
管理番号:42
名前:penchan
コメント:
山口様

お世話になります。
お忙しいところ丁寧なご回答をいただきありがとうございました。

>>ご活用いただき、誠にありがとうございます。
>>ドライブレターまで認識しておりますので、領域系の解析は行わず、直接、ディレクトリ構造解析をお試しください。
>>
>>以下、その方法をまとめております。
>>https://www.iuec.co.jp/fromhddtossd2s/recovery_phy1_to_file.html

説明不足で申し訳ありません。
エクスプローラ上およびディスクの管理ではドライブレターを認識しておりますが、
FromHDDtoSSDのアドバンストデータ復旧画面では領域を認識しておらず、ディレクトリ解析の前に
領域解析をするようダイアログが表示されます。
そのため領域解析を行おうとしたところ、ダブルバッファの生成に失敗してしまい継続できない状況です。

ビット腐敗や物理障害を起こしている可能性もあるようですので、個人での復旧作業は絶望的かなと思っております。

もしまだ打つ手があるようでしたら引き続きご助言いただけると幸いです。
添付画像:

[管理番号 42] 削除パスワード:

>> 返信

投稿時刻:2017年07月27日 10時43分44秒
管理番号:41
名前:サポート担当 山口
コメント:

サポート担当の山口と申します。
お問い合わせいただき、誠にありがとうございます。

>>お世話になります。
>>1TBのSSHDをリカバリ領域を除く空き領域を2つに分けて、OS領域(C:)とデータ領域(E:)とで利用しておりました。
>>先日OS起動中にディスクアクセスが過剰となり操作に支障が出たため再起動を行ったところ、
>>OSが起動不能になりました。
>>仕方なくセーフモードで起動し次回起動時にchkdskを行うよう設定し再度再起動をかけたところ、
>>chkdskの途中で再起動が発生し、それ以降OSが起動せずディスクのエラーを確認していますの表示が
>>ループするようになりました。
>>
>>別のHDDと取り換えてOSを起動させて、問題のSSHDをUSB接続で確認したところパーティションは認識して
>>ドライブレターも表示されておりますが、OS領域の方はエクスプローラで開こうとすると「ディスク構造が壊れているためアクセスできません」の表示、データ領域の方もファイルは見えるもののファイルをコピーしようとすると「ファイルが見つかりませんでした」と言われるファイルが多くあるようです。
>>
>>御社ページのデータ復旧系Q&Aにある説明にしたがい、アドバンスト復旧にて当該SSHDの構造解析を行ったところ、
>>「ダブルバッファに失敗」となってしまい構造解析ができませんでした。
>>
>>コンピュータの管理からOS領域のパーティションを確認するとrawになっておりました。
>>先走ってサポートエディションの購入もさせていただいたのですが、この場合はもう打つ手がないのでしょうか?
>>OS領域にもだいぶデータが保存されていたため、読み出しができるのであれば行いたいと考えております。
>>
>>お忙しいところ恐れ入りますがご助言いただけると幸いです。

ご活用いただき、誠にありがとうございます。
ドライブレターまで認識しておりますので、領域系の解析は行わず、直接、ディレクトリ構造解析をお試しください。

以下、その方法をまとめております。
https://www.iuec.co.jp/fromhddtossd2s/recovery_phy1_to_file.html

ただ、バッファの生成に失敗した点より、内部ヘッドの一部が機能しなくなる物理障害を起こしている可能性もございます。
※ ある程度の連続したデータをバッファする機能となりますので、この連続したデータの取得に失敗したと解釈できます。
ハードディスクは複数の内部ヘッドを連続的に切り替えて読み書きいたしますので、一部の内部ヘッドが機能を失いますと、ドライブ自体は認識いたしますが、連続したデータを継続して取得できなくなりますので、復旧は難しくなります。イメージ的には、ストライピング構成のうちの一台が失われた状況と似ております。

この現象自体は「ビット腐敗」と呼ばれておりまして、現状、ファイルシステム側の対策待ちとなっております。
※ NTFSの次に相当するReFSは、この現象を事前に察知するための機能が組み込まれております。

ビット腐敗:
https://www.iuec.co.jp/recovery_view/drive_cor.html

このビット腐敗を起こし、さらに完全に機能を失ってしまった場合は、内部ヘッドの交換作業が必要となります。
データ自体はプラッタ側に存在いたしますので、この作業にて読み出せなくなった部分が戻りまして、復旧いたします。

データ復旧サービス:クリーンルーム作業
https://www.iuec.co.jp/recovery/cleanroom.html

なにとぞよろしくお願いいたします。


添付画像:
画像はありません。

[管理番号 41] 削除パスワード:

>> 返信

--------------------↑[管理番号 40] 返信内容 (上が最新)

投稿時刻:2017年07月26日 22時30分04秒
管理番号:40
名前:penchan
コメント:
お世話になります。
1TBのSSHDをリカバリ領域を除く空き領域を2つに分けて、OS領域(C:)とデータ領域(E:)とで利用しておりました。
先日OS起動中にディスクアクセスが過剰となり操作に支障が出たため再起動を行ったところ、
OSが起動不能になりました。
仕方なくセーフモードで起動し次回起動時にchkdskを行うよう設定し再度再起動をかけたところ、
chkdskの途中で再起動が発生し、それ以降OSが起動せずディスクのエラーを確認していますの表示が
ループするようになりました。

別のHDDと取り換えてOSを起動させて、問題のSSHDをUSB接続で確認したところパーティションは認識して
ドライブレターも表示されておりますが、OS領域の方はエクスプローラで開こうとすると「ディスク構造が壊れているためアクセスできません」の表示、データ領域の方もファイルは見えるもののファイルをコピーしようとすると「ファイルが見つかりませんでした」と言われるファイルが多くあるようです。

御社ページのデータ復旧系Q&Aにある説明にしたがい、アドバンスト復旧にて当該SSHDの構造解析を行ったところ、
「ダブルバッファに失敗」となってしまい構造解析ができませんでした。

コンピュータの管理からOS領域のパーティションを確認するとrawになっておりました。
先走ってサポートエディションの購入もさせていただいたのですが、この場合はもう打つ手がないのでしょうか?
OS領域にもだいぶデータが保存されていたため、読み出しができるのであれば行いたいと考えております。

お忙しいところ恐れ入りますがご助言いただけると幸いです。
添付画像:
画像はありません。

[管理番号 40] 削除パスワード:

>> 返信


投稿時刻:2017年10月11日 13時25分24秒
管理番号:56
名前:サポート担当 山口
コメント:

サポート担当の山口と申します。

>>丁寧な返答有り難う御座いました。

ありがとうございます。
他にも何かありましたら、お気軽にご質問ください。

なにとぞよろしくお願いいたします。


添付画像:
画像はありません。

[管理番号 56] 削除パスワード:

>> 返信

投稿時刻:2017年10月09日 20時08分02秒
管理番号:54
名前:Y
コメント:
丁寧な返答有り難う御座いました。
添付画像:
画像はありません。

[管理番号 54] 削除パスワード:

>> 返信

投稿時刻:2017年09月30日 21時24分16秒
管理番号:51
名前:サポート担当 山口
コメント:

サポート担当の山口と申します。

>>返答有り難う御座います。
>>再度完全スキャンをしたところ経年劣化は70で同じでした。ドライブは日立製です。
>>このHDDと同時に買ったcrucial製のSSDがあるのですが2回完全スキャンをしたところ2回共経年劣化65と出ました。
>>SSDの場合もHDDと同じ認識で良いのでしょうか?

問題ございません。

さらに、SSDは故障前、書き込み速度が低下する性質もございますので、ベンチマーク等で書き込み速度の変化を記録しておきますと、交換のタイミングをより把握できます。
※ 注意:ベンチマークの前にバックアップが必要です。書き込みのベンチマーク後、寿命を迎える可能性があるためです。

>>2回完全スキャンをして数値が変わらなければ大丈夫との事ですが実際のところ50を切ったら使わない方が良いとかあるのでしょうか?

続けてスキャンいたしまして、それでも50以下の似た数値が出る場合、交換をおすすめいたします。

>>後、完全スキャンは1月に1回程度やった方が良いのでしょうか?

問題ございません。
※ 例:WindowsUpdateの日を、スキャン実施日と決めておきますと、スキャンいたしました日付が明確となり、わかりやすいです。

>>それと最近買った東芝のMD04ACA200と言うのを外付けケースに入れて完全スキャンをしたところエラーなどは出なかったのですが99%で終了しました。100%にならなかったのは他と何か違うのでしょうか?

大変申し訳ございません。

最後のブロックが割り切れる場合、その端数のセクタ数が0となるため、99%のままになるバグとなっております。
次回、修正いたします。

なにとぞよろしくお願いいたします。


添付画像:
画像はありません。

[管理番号 51] 削除パスワード:

>> 返信

投稿時刻:2017年09月29日 15時55分57秒
管理番号:49
名前:Y
コメント:
返答有り難う御座います。
再度完全スキャンをしたところ経年劣化は70で同じでした。ドライブは日立製です。
このHDDと同時に買ったcrucial製のSSDがあるのですが2回完全スキャンをしたところ2回共経年劣化65と出ました。
SSDの場合もHDDと同じ認識で良いのでしょうか?
2回完全スキャンをして数値が変わらなければ大丈夫との事ですが実際のところ50を切ったら使わない方が良いとかあるのでしょうか?
後、完全スキャンは1月に1回程度やった方が良いのでしょうか?
それと最近買った東芝のMD04ACA200と言うのを外付けケースに入れて完全スキャンをしたところエラーなどは出なかったのですが99%で終了しました。100%にならなかったのは他と何か違うのでしょうか?

添付画像:
画像はありません。

[管理番号 49] 削除パスワード:

>> 返信

投稿時刻:2017年09月26日 18時21分48秒
管理番号:46
名前:サポート担当 山口
コメント:
サポート担当の山口と申します。
お問い合わせいただき、誠にありがとうございます。

>>有り難く使わせていただいております。
>>質問なのですがHDDを完全スキャンしたところ不良セクタなどは無く良好とでたのですが経年劣化が70と出ました。
>>経年劣化はどの程度までなら安心して使えるというかどれくらいで交換した方が良いという目安みたいなものはありますか?

弊社ソフトウェアをご活用いただき、誠にありがとうございます。

劣化数値が70程度の場合は、再度、完全スキャンの実行をお願いいたします。
その結果、70程度から変わらない、または80以上に戻る場合は、代替セクタが有効で、まだまだ問題のない状態です。

このとき、スキャンを実行する度に数値が低下する場合があります。
その場合、「ビット腐敗」と呼ばれる劣化が進んできておりますので、データのバックアップおよび引越しをお願いいたします。
※ ドライブの状態が崩れてから、データをコピーするのは非常に困難です。
特に、Seagate製は厄介な面がございまして、異常な音などがドライブから発生せずに、突然動かなくなる性質があります。
ドライブが壊れかけた音などが全く参考になりませんので、検査結果の数値から、事前に引越し等を計画する必要がございます。

なにとぞよろしくお願いいたします。


添付画像:
画像はありません。

[管理番号 46] 削除パスワード:

>> 返信

--------------------↑[管理番号 45] 返信内容 (上が最新)

投稿時刻:2017年09月26日 01時14分15秒
管理番号:45
名前:Y
コメント:
有り難く使わせていただいております。
質問なのですがHDDを完全スキャンしたところ不良セクタなどは無く良好とでたのですが経年劣化が70と出ました。
経年劣化はどの程度までなら安心して使えるというかどれくらいで交換した方が良いという目安みたいなものはありますか?
添付画像:
画像はありません。

[管理番号 45] 削除パスワード:

>> 返信


投稿時刻:2017年09月28日 09時59分18秒
管理番号:48
名前:サポート担当 山口
コメント:

サポート担当の山口と申します。
お問い合わせいただき、誠にありがとうございます。

>>buffaloの外付けHDD(HD-LS2.0TU2C)を無線ルーターにUSB接続し、NAS化して使っています。
>>外付けHDD内のEXCELファイルをノートPC①(Win8.1→Win10済)で開いて作業している最中、ビデオカメラで撮った動画データを外付けHDDに移動させる事を思い出し、ノートPC②(Win10)を使ってデータを入れ始めました。
>>全ての動画ファイルが外付けHDDに移動し終わったのを確認して暫くするとPC②にcreators updateの知らせが入ったのでアップデートを開始し、updateしながら並行してPC①での前述EXCEL作業を再開しました。
>>PC①の作業がひと段落したので保存しようと思い、外付けHDDの既存ファイルに上書き保存しようとした所アクセス出来なかったのでPC①内にそのまま保存した後、explorerで開いたままになっていた外付けHDDのドライブを見るとフォルダが数個見えるものの、直下のファイルは見えなくなっており、且つ表示されているフォルダはどれも開くことは出来ませんでした。フォルダアイコンにカーソルを重ねた時に見えるフォルダ内ファイル合計サイズも0でした。
>>
>>疑問に思いPC②で覗いてみようとするとupdateは終わっているようでしたが、PC②でも同様にフォルダが数個見えているだけでそのフォルダを開くことは出来ません。(だったと思います。)再起動すると今度はその外付けHDD自身が見えなくなり、認識していないことが分かりました。
>>
>>原因としてHDDをUSB接続したままWin10→creators updateしたためバージョンが変わってしまって読めなくなったのか(だとしたらWin10のままのPC①で見れないのは何故?)と思い、自分ではどうする事も出来ませんでしたが、落とした訳でもないので最初のセクターが行方不明になって読めないだけ(論理的障害)だろうと思い、近所のPCデポに持ち込んでデータを吸い上げられるか検査(7000円)してもらいました。
>>
>>数日後に出た結果はPCデポではデータは読み出せないというモノでした。
>>7000円も出したのにそれしか説明しようとしないので、何をやったのか聞くと、外箱のままUSBケーブルで接続して復旧ソフト(何とか天使とか3種類)で試したけどどれもムリだったとの事です。
>>思い返すと、HDDの電源を一度切って再度起動し直させた時、カチンカチンとアームが振れて行き先が定まらず往ったり来たりしてるような音がしてました。
>>それを伝えると、恐らくヘッドが外れるか壊れるかして読み取れなくなっているのだとの事で、物理的障害だと言われました。外部委託会社に出すことは出来るけど、最悪の場合、超概算で数十万かかると言われ、びっくりしてPCデポで進める事はやめました。
>>
>>外付けHDDは2012年製ですが、今回のような症状になる前の不具合や壊れる兆候はありませんでしたので、落とした訳でもないのに物理的障害と言われてもピンと来ず、未だに軽度・中軽度の理論的障害だと思っております。
>>
>>これらの情報だけではありますが、御社ではどう診断しますでしょうか。
>>A:恐らく物理的障害
>>B:物理的障害の訳がない
>>C:見ないと何とも言えない
>>Cと答えるのが普通でしょうけど、あえてAかBで答えて頂けると幸いです。

状況より、データ復旧はすでに難しい状態と考えられます。

理由といたしまして、ヘッド系統が正常に動作していないドライブに対し、検査が全く行われず、明らかにあやふやな決め手とならない方法によるアクセスが何度も実行されてしまった点にございます。

データ復旧は、データが記録されておりますプラッタの状態で、復旧可否が決まります。
このため、このプラッタに対するダメージを最小限に抑えるため、最初の一手はデータ復旧を試みるのではなく、ドライブに対する検査が絶対に必要です。

ご参考 ドライブ検査は断られました:
https://www.iuec.co.jp/recovery/inspect.html

今回の場合、お預かりいたしました外付けドライブから、まず、内蔵されておりますドライブを取り出します。
そして、SATAケーブルを接続するのではなく、ドライブの基板の端あたりに必ず存在いたしますピンから、そのドライブに関する動作状況を拝見するところからはじまります。

最近の大容量ドライブは、この動作状況(ログ)に致命的なエラー番号(FATAL ERROR)が記録されますので、プラッタを損傷させる恐れがあるアクセスをさせなくても、ドライブが確実に壊れている点を、原因を含め、しっかり掴む事ができるようになっております。
そして、そこから復旧方針を立てまして、きちんと各データを復旧する事ができます。

今回の状況では、このあたりの検査が行われず、おそらく認識するまでアクセスを試みてしまったという、データ復旧において絶対にやってはならない方法となります。

内部のプラッタはすでに、損傷したヘッド先端との接触により、その表面に黒い線が多数出てしまっておりまして、そこから発生する粉が全体に拡散し、すでに復旧できる状態ではございません。

なにとぞよろしくお願いいたします。

添付画像:
画像はありません。

[管理番号 48] 削除パスワード:

>> 返信

--------------------↑[管理番号 47] 返信内容 (上が最新)

投稿時刻:2017年09月26日 18時24分37秒
管理番号:47
名前:kaga
コメント:
buffaloの外付けHDD(HD-LS2.0TU2C)を無線ルーターにUSB接続し、NAS化して使っています。
外付けHDD内のEXCELファイルをノートPC①(Win8.1→Win10済)で開いて作業している最中、ビデオカメラで撮った動画データを外付けHDDに移動させる事を思い出し、ノートPC②(Win10)を使ってデータを入れ始めました。
全ての動画ファイルが外付けHDDに移動し終わったのを確認して暫くするとPC②にcreators updateの知らせが入ったのでアップデートを開始し、updateしながら並行してPC①での前述EXCEL作業を再開しました。
PC①の作業がひと段落したので保存しようと思い、外付けHDDの既存ファイルに上書き保存しようとした所アクセス出来なかったのでPC①内にそのまま保存した後、explorerで開いたままになっていた外付けHDDのドライブを見るとフォルダが数個見えるものの、直下のファイルは見えなくなっており、且つ表示されているフォルダはどれも開くことは出来ませんでした。フォルダアイコンにカーソルを重ねた時に見えるフォルダ内ファイル合計サイズも0でした。

疑問に思いPC②で覗いてみようとするとupdateは終わっているようでしたが、PC②でも同様にフォルダが数個見えているだけでそのフォルダを開くことは出来ません。(だったと思います。)再起動すると今度はその外付けHDD自身が見えなくなり、認識していないことが分かりました。

原因としてHDDをUSB接続したままWin10→creators updateしたためバージョンが変わってしまって読めなくなったのか(だとしたらWin10のままのPC①で見れないのは何故?)と思い、自分ではどうする事も出来ませんでしたが、落とした訳でもないので最初のセクターが行方不明になって読めないだけ(論理的障害)だろうと思い、近所のPCデポに持ち込んでデータを吸い上げられるか検査(7000円)してもらいました。

数日後に出た結果はPCデポではデータは読み出せないというモノでした。
7000円も出したのにそれしか説明しようとしないので、何をやったのか聞くと、外箱のままUSBケーブルで接続して復旧ソフト(何とか天使とか3種類)で試したけどどれもムリだったとの事です。
思い返すと、HDDの電源を一度切って再度起動し直させた時、カチンカチンとアームが振れて行き先が定まらず往ったり来たりしてるような音がしてました。
それを伝えると、恐らくヘッドが外れるか壊れるかして読み取れなくなっているのだとの事で、物理的障害だと言われました。外部委託会社に出すことは出来るけど、最悪の場合、超概算で数十万かかると言われ、びっくりしてPCデポで進める事はやめました。

外付けHDDは2012年製ですが、今回のような症状になる前の不具合や壊れる兆候はありませんでしたので、落とした訳でもないのに物理的障害と言われてもピンと来ず、未だに軽度・中軽度の理論的障害だと思っております。

これらの情報だけではありますが、御社ではどう診断しますでしょうか。
A:恐らく物理的障害
B:物理的障害の訳がない
C:見ないと何とも言えない
Cと答えるのが普通でしょうけど、あえてAかBで答えて頂けると幸いです。
添付画像:
画像はありません。

[管理番号 47] 削除パスワード:

>> 返信


投稿時刻:2017年09月30日 21時31分05秒
管理番号:52
名前:サポート担当 山口
コメント:

サポート担当の山口と申します。
お問い合わせいただき、誠にありがとうございます。

>>ご担当者様
>>
>> 恐れ入ります。
>>フリーエディションにおいて、
>>「ファイル->[デモ版]AI完全自動ドライブ復旧システム」と選択すると、
>>復旧システムが動作するようなのですが、機能制限があるのでしょうか?
>>あるとすれば制限はどのようなものか、お教えいただければ幸いです。
>>(もし、サイトのどこかに記載がありましたら、申し訳ありません。
>>ご教示のほどよろしくお願いいたします。)

ご検討いただき、誠にありがとうございます。

フリーエディションの場合、フォルダの書き出しまでが実施されます。
このためフリー版にて、復旧される全フォルダを確認することができます。

ご購入いただきますと、それら各フォルダ内にございます全ファイルが、そのままの形で復旧され、書き出されます。

なにとぞよろしくお願いいたします。


添付画像:
画像はありません。

[管理番号 52] 削除パスワード:

>> 返信

--------------------↑[管理番号 50] 返信内容 (上が最新)

投稿時刻:2017年09月30日 12時30分49秒
管理番号:50
名前:takatoshi
コメント:
ご担当者様

 恐れ入ります。
フリーエディションにおいて、
「ファイル->[デモ版]AI完全自動ドライブ復旧システム」と選択すると、
復旧システムが動作するようなのですが、機能制限があるのでしょうか?
あるとすれば制限はどのようなものか、お教えいただければ幸いです。
(もし、サイトのどこかに記載がありましたら、申し訳ありません。
ご教示のほどよろしくお願いいたします。)


添付画像:
画像はありません。

[管理番号 50] 削除パスワード:

>> 返信


投稿時刻:2017年10月12日 10時53分21秒
管理番号:57
名前:サポート担当 山口
コメント:

サポート担当の山口と申します。

>>お世話になります。
>>
>>CSV出力について質問致します。
>>
>>完全スキャン内の詳細ビューで、CSV出力を使用しましたが「書き出し先ファイルのオープンに失敗いたしました。」の
>>エラーが出て出力できません。
>>
>>どうしたら解決できますでしょうか?
>>
>>宜しくお願いします。

このバグに関する修正を完了いたしました。
※ 他のバグの修正および、機能拡張部分を完成次第、リリースいたします。

なにとぞよろしくお願いいたします。

添付画像:

[管理番号 57] 削除パスワード:

>> 返信

投稿時刻:2017年10月10日 08時24分52秒
管理番号:55
名前:サポート担当の山口
コメント:

サポート担当の山口と申します。
お問い合わせいただき、誠にありがとうございます。

>>お世話になります。
>>
>>CSV出力について質問致します。
>>
>>完全スキャン内の詳細ビューで、CSV出力を使用しましたが「書き出し先ファイルのオープンに失敗いたしました。」の
>>エラーが出て出力できません。
>>
>>どうしたら解決できますでしょうか?
>>
>>宜しくお願いします。

弊社ソフトウェアをご活用いただき、誠にありがとうございます。
CSV出力に関するコードが古いため、エラーとなっている点を確認いたしました。次回、修正いたします。

なにとぞよろしくお願いいたします。

添付画像:
画像はありません。

[管理番号 55] 削除パスワード:

>> 返信

--------------------↑[管理番号 53] 返信内容 (上が最新)

投稿時刻:2017年10月07日 21時54分40秒
管理番号:53
名前:ミネオン
コメント:
お世話になります。

CSV出力について質問致します。

完全スキャン内の詳細ビューで、CSV出力を使用しましたが「書き出し先ファイルのオープンに失敗いたしました。」の
エラーが出て出力できません。

どうしたら解決できますでしょうか?

宜しくお願いします。
添付画像:
画像はありません。

[管理番号 53] 削除パスワード:

>> 返信


本ページをご覧頂きました方は、以下のページから参照しております。[自動集計 Ver5.0]
1:[テクニカルサポート] 個別に対応いたしております. また、フリーダイヤルを完備しております.
2:[ホーム] 有限会社IUEC データ復旧サービス AI完全自動ドライブ復旧システム
3:[ブログ] 技術開発状況をお知らせいたします.
4:[AI完全自動ドライブ復旧システム] ダウンロード 動作ランタイム不要、すぐに動きます.

本ページをご覧いただいた方より、1%の方がお申込(お問い合わせ)いただいております。誠にありがとうございます。