サポート掲示板

ホームサポート掲示板

2016年12月24日、オープンいたしました。
※ FromHDDtoSSDのフリーエディションに関するサポートをこちらに移行いたします。
なにとぞよろしくお願いいたします。

■ サポート掲示板
名前:
コメント:


画像アップロード:
※ 画像につきましては、その内容を確認してからの公開となります。それまでは「確認中」の画像が表示されます。
削除パスワード:
※ 本投稿を削除される際に必要となります。お忘れの場合は、テクニカルサポートまでお気軽にお問い合わせください。

投稿時刻:2016年12月24日 02時03分20秒
管理番号:11
名前:サポート掲示板を2016年12月24日、オープンいたしました
コメント:
予定よりもお時間を要してしまい、大変申し訳ございません。

サポート掲示板を2016年12月24日、オープンいたしました。
至らぬ部分が多いですが、これからもなにとぞよろしくお願いいたします。

※ ソフトウェアのサポートから、データ復旧に関する内容等、幅広くお取り扱いいたします。
お困りの事がございましたら、お気軽にご活用ください。返信いたします。

※ スクリーンショットの添付(画像アップロード)にも対応しております。

添付画像:
画像はありません。

[管理番号 11] 削除パスワード:

>> 返信


投稿時刻:2016年12月26日 15時42分55秒
管理番号:13
名前:サポート担当 山口
コメント:

>>質問です。
>>遠い記憶なのでうろ覚えですがご容赦を。
>>あるHDDを使用中、「ファイルが壊れている可能性があります」と表示されました。
>>「CHKDSKを行いますか」ということだったので、オプションをすべてチェックし、
>>実行したところHDDが読み取れなくなりました。そのまま放置へ。
>>そして昨日、久しぶりにそのHDDを見つけたので、USBでつないでみました。
>>HDD自体の電源が入るとWindows10でウインドウが開き、ファイルの一覧が表示されます。
>>しかし、実際にファイルにアクセスすると、「USB機器が接続されていません」とエラーが出て
>>ファイルに触れない状態でした。
>>明らかにチェックディスクのバグというか、チェックディスクによる論理障害なのですが
>>これに対応する方法はありますか?
>>御社の復旧最新版システムで、別HDDにファイルをコピーできるものでしょうか?
>>よろしくお願いします。
>>

サポート担当の山口と申します。
お問い合わせいただき、誠にありがとうございます。

チェックディスクに、ファイルの位置関係を記録するインデックスバッファ系の処理に失敗されたと考えられます。
※ インデックスバッファ系は、ファイルの位置関係を木構造で記録いたしております。
おそらく、この部分の一部に不良セクタが発生いたしまして、それがエラー検知に伝わったと考えられます。
しかし、その場所によっては再構築に支障が出ますので、逆に、処理に失敗してしまったと考えられます。
木構造の部分が損傷いたしておりますので、正常なアクセスはできません。データ復旧が必要です。

不良セクタの原因はビット腐敗で間違いございません。

ビット腐敗:
https://www.iuec.co.jp/recovery_view/drive_cor.html

以下の機能(自動復旧)の「デモ版」にて、各ファイルが復旧可能かお試しください。
※ デモ版では、復旧ファイルの書き出し以外を実行いたします。これで動作するかどうか、お試しいただけます。
※ R.E.C.O.A.I.のモードは「強気」で問題ございません。
https://www.fromhddtossd.com/ai_recovery/

R.E.C.O.A.I.のモード(7番、8番の設定です):
https://www.iuec.co.jp/fromhddtossd2s/pattern_bigdata.html

なにとぞよろしくお願いいたします。


添付画像:
画像はありません。

[管理番号 13] 削除パスワード:

>> 返信

--------------------↑[管理番号 12] 返信内容 (上が最新)

投稿時刻:2016年12月26日 11時32分15秒
管理番号:12
名前:tani
コメント:
質問です。
遠い記憶なのでうろ覚えですがご容赦を。
あるHDDを使用中、「ファイルが壊れている可能性があります」と表示されました。
「CHKDSKを行いますか」ということだったので、オプションをすべてチェックし、
実行したところHDDが読み取れなくなりました。そのまま放置へ。
そして昨日、久しぶりにそのHDDを見つけたので、USBでつないでみました。
HDD自体の電源が入るとWindows10でウインドウが開き、ファイルの一覧が表示されます。
しかし、実際にファイルにアクセスすると、「USB機器が接続されていません」とエラーが出て
ファイルに触れない状態でした。
明らかにチェックディスクのバグというか、チェックディスクによる論理障害なのですが
これに対応する方法はありますか?
御社の復旧最新版システムで、別HDDにファイルをコピーできるものでしょうか?
よろしくお願いします。

添付画像:
画像はありません。

[管理番号 12] 削除パスワード:

>> 返信


投稿時刻:2017年01月25日 17時47分37秒
管理番号:18
名前:サポート担当 山口
コメント:

>>ありがとうございます。購入の決断が出来ました。
>>

ありがとうございます。

なにとぞよろしくお願いいたします。

添付画像:
画像はありません。

[管理番号 18] 削除パスワード:

>> 返信

投稿時刻:2017年01月25日 02時29分07秒
管理番号:17
名前:DEGDEG
コメント:
ありがとうございます。購入の決断が出来ました。

>>
>>>>現在フリーをしようしておりますが、一台HDDの読み取りができなくなったので、購入を検討しております。
>>>>とりあえず、サポートエディションで試してみて、だめだったら、リカバリエディションにしたいと思っておりますが、差額でバージョンアップは可能でしょうか。できない場合はどちらがおすすめでしょうか。
>>>>ご回答よろしくお願いいたします。
>>
>>サポート担当の山口と申します。
>>お問い合わせいただき、誠にありがとうございます。
>>
>>一台の場合、サポートエディションにて十分に復旧できますので、サポートエディションで問題ございません。
>>
>>また、エディションのアップも可能です。
>>※ 「サポートエディションからのアップグレード」のオプションがございまして、リカバリエディションの場合、5,400 円(税込) となります。
>>
>>なにとぞよろしくお願いいたします。
>>
>>
添付画像:
画像はありません。

[管理番号 17] 削除パスワード:

>> 返信

投稿時刻:2017年01月24日 16時05分47秒
管理番号:16
名前:サポート担当 山口
コメント:

>>現在フリーをしようしておりますが、一台HDDの読み取りができなくなったので、購入を検討しております。
>>とりあえず、サポートエディションで試してみて、だめだったら、リカバリエディションにしたいと思っておりますが、差額でバージョンアップは可能でしょうか。できない場合はどちらがおすすめでしょうか。
>>ご回答よろしくお願いいたします。

サポート担当の山口と申します。
お問い合わせいただき、誠にありがとうございます。

一台の場合、サポートエディションにて十分に復旧できますので、サポートエディションで問題ございません。

また、エディションのアップも可能です。
※ 「サポートエディションからのアップグレード」のオプションがございまして、リカバリエディションの場合、5,400 円(税込) となります。

なにとぞよろしくお願いいたします。


添付画像:
画像はありません。

[管理番号 16] 削除パスワード:

>> 返信

--------------------↑[管理番号 15] 返信内容 (上が最新)

投稿時刻:2017年01月24日 13時58分05秒
管理番号:15
名前:DEGDEG
コメント:
現在フリーをしようしておりますが、一台HDDの読み取りができなくなったので、購入を検討しております。
とりあえず、サポートエディションで試してみて、だめだったら、リカバリエディションにしたいと思っておりますが、差額でバージョンアップは可能でしょうか。できない場合はどちらがおすすめでしょうか。
ご回答よろしくお願いいたします。
添付画像:
画像はありません。

[管理番号 15] 削除パスワード:

>> 返信


投稿時刻:2017年02月26日 00時05分48秒
管理番号:23
名前:サポート担当 山口
コメント:

>>OS:Windows 10(64bit)
>>使用しているバージョン:Ver.2.1 64ビット版(Build:2249)
>>状況:
>>・久々に更新しようとサイトを開いて確認したところ、Build:2820が公開されていました
>>・Build:2249はインストーラーを用いて導入しました
>>・これを更新する際は、Build:2820のインストーラーをそのままクリックするだけで構いませんか?
>> それとも、事前にBuild:2249をアンインストールする必要があるのでしょうか?

サポート担当の山口と申します。
お問い合わせいただき、誠にありがとうございます。

アンインストールせずに、そのまま、インストールで問題ございません。

なにとぞよろしくお願いいたします。


添付画像:
画像はありません。

[管理番号 23] 削除パスワード:

>> 返信

--------------------↑[管理番号 22] 返信内容 (上が最新)

投稿時刻:2017年02月25日 12時11分18秒
管理番号:22
名前:YSR
コメント:
OS:Windows 10(64bit)
使用しているバージョン:Ver.2.1 64ビット版(Build:2249)
状況:
・久々に更新しようとサイトを開いて確認したところ、Build:2820が公開されていました
・Build:2249はインストーラーを用いて導入しました
・これを更新する際は、Build:2820のインストーラーをそのままクリックするだけで構いませんか?
 それとも、事前にBuild:2249をアンインストールする必要があるのでしょうか?
添付画像:
画像はありません。

[管理番号 22] 削除パスワード:

>> 返信


投稿時刻:2017年05月10日 13時44分59秒
管理番号:30
名前:サポート担当 山口
コメント:

サポート担当の山口と申します。

>>>>>>該当ドライブのパーティションを完全に削除いたしまして、同じオプションからの起動をお試しください。
>>>>>>※ この方法は、データが消えても特に問題ない場合の最終手段となりますので、ご注意ください。
>>>>
>>>>対象のHDDについて、Windowsのディスクの管理画面でパーティションをすべて削除した後、-Rオプションで
>>>>実行しましたが、結果は同じでした。
>>>>
>>>>念の為、HDDのSATA接続を「AHCIモード」と「IDEモード」で、共に試しましたが、結果は同じでした。
>>>>
>>>>なお、対象のHDDはLinuxベースのNAS(FileSystem=EXT4)で使用していたものです。
>>>>
>>>>お手数をお掛けし、申し訳ありませんが、引き続きご支援賜りますよう、宜しくお願い致します。
>>
>>ご検証いただき、誠にありがとうございます。
>>
>>状況より、セクタの0番に何かしらの情報が残っている可能性が高いとみております。
>>このため、弊社にてゴールデンウィーク期間中に同じ状態のドライブを作りまして、検証の方を実施いたします。
>>※ 完了次第、こちらに検証結果を書き込みいたします。
>>
>>なにとぞよろしくお願いいたします。
>>

不良セクタが発生いたしました古いSSDを活用いたしまして、不良セクタレストレーション機能の検証を実施しております。
※ セクタ0を含めました完全消去の場合、特に問題ない点を確認いたしました。

さらに、ロック処理を入れまして、パーティション情報を消去いたしました不良セクタが存在するSeagate製ハードディスクにて、さらに検証を重ねます。

なにとぞよろしくお願いいたします。

添付画像:

[管理番号 30] 削除パスワード:

>> 返信

投稿時刻:2017年04月29日 18時59分14秒
管理番号:29
名前:サポート担当 山口
コメント:

サポート担当の山口と申します。

>>ご連絡、有難うございます。
>>
>>>>該当ドライブのパーティションを完全に削除いたしまして、同じオプションからの起動をお試しください。
>>>>※ この方法は、データが消えても特に問題ない場合の最終手段となりますので、ご注意ください。
>>
>>対象のHDDについて、Windowsのディスクの管理画面でパーティションをすべて削除した後、-Rオプションで
>>実行しましたが、結果は同じでした。
>>
>>念の為、HDDのSATA接続を「AHCIモード」と「IDEモード」で、共に試しましたが、結果は同じでした。
>>
>>なお、対象のHDDはLinuxベースのNAS(FileSystem=EXT4)で使用していたものです。
>>
>>お手数をお掛けし、申し訳ありませんが、引き続きご支援賜りますよう、宜しくお願い致します。

ご検証いただき、誠にありがとうございます。

状況より、セクタの0番に何かしらの情報が残っている可能性が高いとみております。
このため、弊社にてゴールデンウィーク期間中に同じ状態のドライブを作りまして、検証の方を実施いたします。
※ 完了次第、こちらに検証結果を書き込みいたします。

なにとぞよろしくお願いいたします。


添付画像:
画像はありません。

[管理番号 29] 削除パスワード:

>> 返信

投稿時刻:2017年04月27日 18時19分39秒
管理番号:28
名前:tokyojoe2000
コメント:
ご連絡、有難うございます。

>>該当ドライブのパーティションを完全に削除いたしまして、同じオプションからの起動をお試しください。
>>※ この方法は、データが消えても特に問題ない場合の最終手段となりますので、ご注意ください。

対象のHDDについて、Windowsのディスクの管理画面でパーティションをすべて削除した後、-Rオプションで
実行しましたが、結果は同じでした。

念の為、HDDのSATA接続を「AHCIモード」と「IDEモード」で、共に試しましたが、結果は同じでした。

なお、対象のHDDはLinuxベースのNAS(FileSystem=EXT4)で使用していたものです。

お手数をお掛けし、申し訳ありませんが、引き続きご支援賜りますよう、宜しくお願い致します。
添付画像:
画像はありません。

[管理番号 28] 削除パスワード:

>> 返信

投稿時刻:2017年04月25日 19時32分06秒
管理番号:27
名前:サポート担当 山口
コメント:

サポート担当の山口と申します。

>>早速に返信頂き、有難うございます。
>>
>>まず、本ソフトは今後も使いたい機能がありそうでしたので、
>>サポートエディションのライセンスを購入・登録しました。

ご購入いただき、誠にありがとうございます。
※ データ復旧機能系統の他、近い時期に実装・リリースいたします完全スキャン機能の上位に相当する「統計スキャン」がサポートエディション以上の対応見込みとなりました。

>>サポートエディションのライセンス登録が完了した状況で、ご案内頂いた操作を実施
>>(管理者用コマンンドプロンプトより-Rオプションで起動)しましたが、
>>結果は、やはり不良セクタの箇所で「修復用ハンドルの取得に失敗いたしました。」との表示でした。
>>
>>当方の使用環境は以下の通り(自作PC)
>>
>>OS : Win10 Pro 64bit
>>MB : ASUS SABERTOOTH 990FX R2.0
>>CPU : AMD FX-8150
>>Mem : Transcend TX2133KLH 8GBx4 (Total 32GB)
>>SSD : A-DATA SX900 256GB (Cドライブ、OS搭載)
>>OptDrv : Pioneer BDR-209M
>>修復したいHDD : WD Red 4TB (WD40EFRX-68WT0N0) MBにSATA経由でネイティブ接続
>>
>>詳細スキャンにより、以下の不良セクタが存在することを確認済み
>>
>>---不良セクタ位置情報-------------------------------------------------
>>[種類/不良セクタ位置(LBA)]
>>[不良セクタ(3): 16531808][不良セクタ(3): 16531809]
>>[不良セクタ(3): 16531810][不良セクタ(3): 16531811]
>>[不良セクタ(3): 16531812][不良セクタ(3): 16531813]
>>[不良セクタ(3): 16531814][不良セクタ(3): 16531815]
>>[不良セクタ(4): 30023424][不良セクタ(4): 30023425]
>>[不良セクタ(4): 30023426][不良セクタ(4): 30023427]
>>[不良セクタ(4): 30023428][不良セクタ(4): 30023429]
>>[不良セクタ(4): 30023430][不良セクタ(4): 30023431]
>>----------------------------------------------------------------------
>>
>>「不良セクタ修復シミュレーション」では、当該セクタを「危険」と表示して、通過しております。
>>
>>お手数をお掛け致しますが、ご確認・ご教示賜りますよう、宜しくお願い致します。

ご検証いただき、誠にありがとうございます。

該当ドライブのパーティションを完全に削除いたしまして、同じオプションからの起動をお試しください。
※ この方法は、データが消えても特に問題ない場合の最終手段となりますので、ご注意ください。

なにとぞよろしくお願いいたします。

添付画像:
画像はありません。

[管理番号 27] 削除パスワード:

>> 返信

投稿時刻:2017年04月24日 20時59分53秒
管理番号:26
名前:tokyojoe2000
コメント:
>>サポート担当の山口と申します。
>>お問い合わせいただき、誠にありがとうございます。
>>
>>また、ご活用いただき、誠にありがとうございます。以下の方法をお試しください。
>>
>>不良セクタレストレーションをRオプションにて起動いたします。
>>※ コマンドプロンプトより本ソフトウェアのパスを指定のち、-Rで起動いたします。
>>※ パスにスペースを含む場合、ダブルクォーテーションでパスを囲む必要がございます。
>>
>>”C:¥Program Files¥FromHDDtoSSD¥FromHDDtoSSD.exe” -R
>>
>>また、添付していただきました画像の件、大変申し訳ございません。
>>アップロードの途中で途切れてしまっており、破損していた点を検出いたしました。
>>
>>なにとぞよろしくお願いいたします。
>>

早速に返信頂き、有難うございます。

まず、本ソフトは今後も使いたい機能がありそうでしたので、
サポートエディションのライセンスを購入・登録しました。

サポートエディションのライセンス登録が完了した状況で、ご案内頂いた操作を実施
(管理者用コマンンドプロンプトより-Rオプションで起動)しましたが、
結果は、やはり不良セクタの箇所で「修復用ハンドルの取得に失敗いたしました。」との表示でした。

当方の使用環境は以下の通り(自作PC)

OS : Win10 Pro 64bit
MB : ASUS SABERTOOTH 990FX R2.0
CPU : AMD FX-8150
Mem : Transcend TX2133KLH 8GBx4 (Total 32GB)
SSD : A-DATA SX900 256GB (Cドライブ、OS搭載)
OptDrv : Pioneer BDR-209M
修復したいHDD : WD Red 4TB (WD40EFRX-68WT0N0) MBにSATA経由でネイティブ接続

詳細スキャンにより、以下の不良セクタが存在することを確認済み

---不良セクタ位置情報-------------------------------------------------
[種類/不良セクタ位置(LBA)]
[不良セクタ(3): 16531808][不良セクタ(3): 16531809]
[不良セクタ(3): 16531810][不良セクタ(3): 16531811]
[不良セクタ(3): 16531812][不良セクタ(3): 16531813]
[不良セクタ(3): 16531814][不良セクタ(3): 16531815]
[不良セクタ(4): 30023424][不良セクタ(4): 30023425]
[不良セクタ(4): 30023426][不良セクタ(4): 30023427]
[不良セクタ(4): 30023428][不良セクタ(4): 30023429]
[不良セクタ(4): 30023430][不良セクタ(4): 30023431]
----------------------------------------------------------------------

「不良セクタ修復シミュレーション」では、当該セクタを「危険」と表示して、通過しております。

お手数をお掛け致しますが、ご確認・ご教示賜りますよう、宜しくお願い致します。
添付画像:
画像はありません。

[管理番号 26] 削除パスワード:

>> 返信

投稿時刻:2017年04月24日 10時02分50秒
管理番号:25
名前:サポート担当 山口
コメント:
>>ご多忙のところ恐縮です。
>>
>>フリー版をダウンロードして利用させて頂いております。
>>
>>NASが故障し、4台のHDDの不良セクタの修復を試みております。
>>幸いデータは全て救出できており、HDDの不良セクタの修復を目指しております。
>>
>>「完全スキャン」で不良セクタが判明したので、「不良セクタレストレーション」を実行したところ、
>>「修復用ハンドルの取得に失敗いたしました。」とのメッセージが表示されました。
>>
>>「機能対応表」では、フリー版でも「不良セクタレストレーション」機能が利用可能となっておりますが、
>>やはりライセンス購入が必要なのでしょうか?
>>
>>或いは、何か設定が不足しておりますでしょうか?
>>
>>また当方の認識不足がありましたら、ご指摘頂けるとありがたい次第です。
>>
>>お手数をお掛け致しますが、ご教示賜りますよう、宜しくお願い致します。
>>

サポート担当の山口と申します。
お問い合わせいただき、誠にありがとうございます。

また、ご活用いただき、誠にありがとうございます。以下の方法をお試しください。

不良セクタレストレーションをRオプションにて起動いたします。
※ コマンドプロンプトより本ソフトウェアのパスを指定のち、-Rで起動いたします。
※ パスにスペースを含む場合、ダブルクォーテーションでパスを囲む必要がございます。

”C:¥Program Files¥FromHDDtoSSD¥FromHDDtoSSD.exe” -R

また、添付していただきました画像の件、大変申し訳ございません。
アップロードの途中で途切れてしまっており、破損していた点を検出いたしました。

なにとぞよろしくお願いいたします。

添付画像:
画像はありません。

[管理番号 25] 削除パスワード:

>> 返信

--------------------↑[管理番号 24] 返信内容 (上が最新)

投稿時刻:2017年04月22日 16時54分40秒
管理番号:24
名前:tokyojoe2000
コメント:
ご多忙のところ恐縮です。

フリー版をダウンロードして利用させて頂いております。

NASが故障し、4台のHDDの不良セクタの修復を試みております。
幸いデータは全て救出できており、HDDの不良セクタの修復を目指しております。

「完全スキャン」で不良セクタが判明したので、「不良セクタレストレーション」を実行したところ、
「修復用ハンドルの取得に失敗いたしました。」とのメッセージが表示されました。

「機能対応表」では、フリー版でも「不良セクタレストレーション」機能が利用可能となっておりますが、
やはりライセンス購入が必要なのでしょうか?

或いは、何か設定が不足しておりますでしょうか?

また当方の認識不足がありましたら、ご指摘頂けるとありがたい次第です。

お手数をお掛け致しますが、ご教示賜りますよう、宜しくお願い致します。

添付画像:
■ アップロードされた画像を確認中です。しばらくお待ちください。

[管理番号 24] 削除パスワード:

>> 返信


投稿時刻:2017年06月26日 18時57分46秒
管理番号:31
名前:Kashinoki
コメント:

お世話になります。

HDDの状態チェックのために、よく、FromHDDtoSSD を使わせて頂いております。
先日、久しぶりにチェックしてみたところ、セクタの状態を色のブロックで表す画面では、
全てグリーンで、警告メッセージのところにも、特に何も示されておりませんでした。

ところが、最後の完全スキャンレポートのところで、

完全スキャン(全セクタスキャン)の結果、このディスクは壊れていると判断いたします。
※すぐにデータのバックアップおよび、交換が必要です。

という結果が出てしまいました。
ちなみに経年劣化は 0 でした。(累積時間 12347 時間)

これは、セクタチェックの色に関係なく、交換すべきでしょうか。
添付画像:
■ アップロードされた画像を確認中です。しばらくお待ちください。

[管理番号 31] 削除パスワード:

>> 返信


本ページをご覧頂きました方は、以下のページから参照しております。[自動集計 Ver5.0]
1:[AI完全自動ドライブ復旧システム] ダウンロード 動作ランタイム不要、すぐに動きます.
2:[テクニカルサポート] 個別に対応いたしております. また、フリーダイヤルを完備しております.
3:[ホーム] 有限会社IUEC データ復旧サービス AI完全自動ドライブ復旧システム
4:[ブログ] 技術開発状況をお知らせいたします.

本ページをご覧いただいた方より、2%の方がお申込(お問い合わせ)いただいております。誠にありがとうございます。