ドライブ検査/ドライブ故障予測/ドライブ修復/AI完全自動データ復旧/i-sector(SSD/NVMe)検査 FromHDDtoSSD v3

ホーム→ [ノード接続数(右下のconnections): https://www.junkhdd.com:7350/]
ドライブ検査/ドライブ故障予測/ドライブ修復/AI完全自動データ復旧/i-sector(SSD/NVMe)検査 FromHDDtoSSD v3
>> ドライブ検査/ドライブ故障予測 FromHDDtoSSD v1
>> ドライブ検査/ドライブ故障予測/ドライブ修復/AI完全自動データ復旧 FromHDDtoSSD v2

ブロックチェーンはビットコイン系のイメージが強いですが その基底技術は「分散型のネットワークを確実に運用できる分散型アプリケーション」です。 このためビットコイン系ではその基底技術の性質を利用して資産やNFTの運用が行われております。
そこで実際にはIT分野を超え幅広い科学分野での多様な応用が見込まれております(自動運転技術等)。
そこでFromHDDtoSSD v3はWeb3.0/NFT ブロックチェーンを搭載して分散型の性質を上手く活用しております。

◆ データ解析・分散型技術: Web3.0/NFT ブロックチェーン

FromHDDtoSSD v3より分散型技術「Web3.0/NFT ブロックチェーン」を活用する新しい技術が搭載されました。
これにより「完全スキャン」と「乖離率ベンチマーク」を別々に計測させて大局的に判断するしかなかった旧版のv2から この「乖離率ベンチマーク」が不要となって確実な判断が可能な「統計スキャン」のブロックチェーン版v3に進化いたしました。
※ この「統計スキャン」ならセクタ単位の詳細な判断が可能となります。 ブロックチェーンによる分散解析で実現した「i-sector」でドライブの状態を見極めることができます。


旧版 v2 SSD/NVMeの特性を「大局的」に判断: 完全スキャン+乖離率ベンチマーク
※ 完全スキャンを実行後さらに乖離率ベンチマークを実行して書き込み系統の安定性を拝見します。
HDDと同じ検査方式では状態が揺れ動くセクタの処理ができないため分離して大局的に判断していました。
それでもあくまで大局的ゆえに着実な検査の開発が待たれておりました。


ブロックチェーン版 v3 SSD/NVMeの特性を「局所的」に判断: 統計スキャン [SORA Network]
※ 局所的に検査で状態が揺れ動く「i-sector」を故障前にみつけて判断いたします。
早期発見がデータの保護につながります。僅かなi-sector出現程度なら普通のコピー操作にて各データを救出できます。


■ 「自動復旧-NFT」について (v3 Build:6000以降で対応見込み)
※ v3以降のデータ復旧機能に搭載いたします。(ブロックチェーンを活用しています)
今まではドライブ検査・故障予測・復旧機能を「別々」に開発しておりました。
地道にパターンなどで処理しておりましたが効率が悪いため代替手段を探しておりました。
そして活用できそうな興味深い仕組みがWeb3.0/NFTにありました。(^^;

◇ チェーンが初めての方へ……ブロックチェーン技術とは?

「数値」の増減を第三者が検証可能な状態で「ブロック」と呼ばれる塊に固めていく作業が基本です。
そしてそのブロックを大勢のノードで共有する仕組みになっております。
ブロックは一定の間隔で出現するように数学的に調整されており「ブロック生成時間」と呼びます。
そこで、出現したブロックに「数値の増減」を記録するのですが その記録の主が所有者であることを確認するための「署名」も一緒に刻まれており、 その署名により増減が所有者により行われた点を第三者のノードが検証することができるようになっております。
この地道な数値の増減が最後まで繰り返され最新のブロックを受信すると「同期完了」となって、そのときの数値が「残高」になります。
このような流れでブロックチェーン……Web3.0/NFTが分散型として運用されております。
※ 各ブロックに残高自体が記録されていくわけではなく増減の点にご注意ください。変化量が刻まれます。

◇ 秘密鍵・公開鍵とは?

自分が指示したと示せる署名を可能とした鍵を秘密鍵と呼びます。
これは漏洩厳禁で漏れると第三者に署名されすべての残高を失います。
それに対し検証のみを可能とした鍵を公開鍵と呼びます。
検証のみなので相手に渡してコインを受け取ったり、
ノードに渡して署名が合っているかどうかの検証させることができます。
秘密鍵から公開鍵の位置の計算は容易なのですが、その逆ができないようになっております。

◇ 数値の増減とは?

現在、手元に「Aキー」という鍵があります。
そこで任意のキーの残高を知るにはキーの公開鍵の性質を利用いたします。
「Aキー」が秘密鍵ならここから公開鍵を取り出します。(秘密鍵から公開鍵の位置の計算は容易)
「Aキー」が公開鍵ならそのままで大丈夫です。
この公開鍵から署名を検証できる形にリカバーしてチェーン上を辿っていくイメージです。
そこで最新のブロックが同期するまでそれらを解いた結果以下の増減が得られました。

◇ +100、-70、+200、+100、-150

0から計算していきますので結果は+180となります。
そして、この+180が「Aキー」を所有される方のコインとなります。
「Aキー」が秘密鍵だった場合は自分のコイン、
「Aキー」が公開鍵だった場合は第三者の誰かのコインになります。
アドレスから第三者の残高も知ることができるのが特徴です。
もちろん署名できるのは秘密鍵のみなのでコインを動かせるのは「自分だけ」です。

◇ ブロック生成……マイニングとは?

ハッシュ関数と呼ばれる任意の情報を256ビットなどの数値に変化させる「一方通行」の関数がございます。
この「一方通行の性質」が非常に大切でこの性質でブロックチェーンのマイニングは成立しております。
例えば「A情報」をハッシュ関数に入れると「Bハッシュ」が得られるとします。
そしてこの「Bハッシュ」から元の「A情報」に変換する関数はございません。
すなわち、ハッシュ関数に入れてみないとハッシュがわからない、この性質が大切となっております。
さらにこのBハッシュは「A情報」が「わずか1バイト」でも変化すると大きく変わる性質がございます。
これにより、わずかに情報を変化させたときに、次にどのようなハッシュが来るのか……これが不明になっております。

これらの性質を活用し難易度に応じたハッシュ値を探す作業が「Proof of Work」と呼ばれております。
よく環境問題などで話題に上がる……あのファンだらけの機材がハッシュ計算を高速に処理いたします。
予測すらできないので、ひたすらにハッシュ計算を行って指定された値以下のハッシュ値を探すのです。
そして正解がみつかったらすぐにネットワークへ通知します。
すると、そのハッシュ値が合っているのかどうかみんなで答え合わせ……検証をします。
ちなみに、この検証作業は「正解とされる値……nNonce」がわかっているため1回で済みます。
※ わざと誤った答えを送り続けるとネットワークから切断されます。Banリストに入るのでご注意ください。
ところで、なぜマイニングなのか……そのハッシュを「最初にみつけた方」にのみ報酬があるからです。
早い者勝ちで、みつけても遅れてしまうと「すでにそのブロックは存在します」で弾かれ報酬は0です。

◇ 以下、分散型(Wen3.0/NFT ブロックチェーン)に関する資料です。順次更新中です。

https://www.iuec.co.jp/blockchain/abouthash.html
https://www.iuec.co.jp/blockchain/autofile.html
https://www.iuec.co.jp/blockchain/bignum.html
https://www.iuec.co.jp/blockchain/cblockheader.html
https://www.iuec.co.jp/blockchain/cqueuefunctor.html
https://www.iuec.co.jp/blockchain/datastream.html
https://www.iuec.co.jp/blockchain/dbstream.html
https://www.iuec.co.jp/blockchain/fhs_under_development.html
https://www.iuec.co.jp/blockchain/full_to_stat_mapping.html
https://www.iuec.co.jp/blockchain/hash.html
https://www.iuec.co.jp/blockchain/i-sector.html
https://www.iuec.co.jp/blockchain/i-sector_NFT.html
https://www.iuec.co.jp/blockchain/mlock.html
https://www.iuec.co.jp/blockchain/mprotect.html
https://www.iuec.co.jp/blockchain/nbits_nonce.html
https://www.iuec.co.jp/blockchain/pay.html
https://www.iuec.co.jp/blockchain/pr_1.html
https://www.iuec.co.jp/blockchain/prevector.html
https://www.iuec.co.jp/blockchain/prevector_s.html
https://www.iuec.co.jp/blockchain/proof_system.html
https://www.iuec.co.jp/blockchain/secp256k1_fe_uint256.html
https://www.iuec.co.jp/blockchain/secure_allocator.html
https://www.iuec.co.jp/blockchain/secure_zeromemory.html
https://www.iuec.co.jp/blockchain/serialize.html
https://www.iuec.co.jp/blockchain/signature.html
https://www.iuec.co.jp/blockchain/thread.html
https://www.iuec.co.jp/blockchain/uint256.html
https://www.iuec.co.jp/blockchain/web_build_by_30.html
https://www.iuec.co.jp/blockchain/web_try_30.html


◇ アクセス [ベスト5]