データ復旧サービス ご依頼前の注意点

ホームデータ復旧サービスお見積データ復旧サービス ご依頼前の注意点

データ復旧の注意点 タイミング1


  •  できるだけ安全な方法で、コンピュータの電源を落とします。
  •  チェックディスクやスキャンディスクは、状態を悪化させてしまいます。ご依頼前に必ずご確認ください。
  •  NAS(TeraStation等のRAIDタイプ含む)の場合は、とにかくすぐに電源を落とします。
    ※ 何度も入れてしまいますと、NAS自身のプログラムを読み込もうとするため、悪化が早い傾向です。

◇ チェックディスクの危険性

 Windows付属ツールの目的は、「データを復旧する事ではない」点に、ご注意ください。
※ データ分断など、重要な判断が、自動的に行われてしまいます(-fオプションを付けた場合)。 そのような場合でも、データが回復すれば良いのですが……、失敗いたしますと格納データに僅かですが影響が出ます。

 コンピュータが自動で修復判断をしていまして、データ保持が可能な場合は良いのですが、 データ保持が不可となりますと、容赦なく全部(または一部)のデータを犠牲にしてまで、空っぽにする、または一部データ以外全てを消滅させてしまいます。
※ これら上書きは、データ復旧を困難または復旧率低下を招きます。 ドライブにアクセスできる状態にはなりますが、データが消滅しては無意味です。
※ 同様にfsckコマンド(Linux/UNIX)で、全てにyを選択した場合も同様となります。全質問をyにするオプション(-y)が存在し、これは使ってはならないとされています。nにする根本的な理由の無い中で、全部yを選んでしまう事にも成りかねません。


ハードディスクは分解しないでください


◇ ハードディスク(SSD)の分解は厳禁

 ドライブ内部より異音が生じている場合、プラッタ(ディスク)への傷を避けるため、電源を入れ続けないでください。 データ復旧サービスでは、一般的に、障害発生からの電源投入時間が長いほど、データ復旧率およびデータ復旧成功の可能性が下がります。

◇ ヘッド損傷とプラッタ障害に対応できる技術

 物理障害で、一般的な障害に「ヘッド損傷」が挙げられます。 ヘッド先端の読み書き能力が機能できなくなり、さらに、衝撃にとても弱いです。 例えば、落下の衝撃でも、繊細なヘッド先端は壊れてしまいます。さらには、通常の動作音と異なる「異音」が発生いたします。 「異音」は、ファームウェアが読み込めず、正常なスピンアップが妨げられている状態で、これには正常位置にヘッドがロードできない状態となります。この状態の修復には、クリーンルームが必要です。

 ハードディスクの障害で、最も重い部類に属するタイプに、プラッタに対する障害があります。

 プラッタ障害を起こしたと考えられる場合

  •  認識までは至りますが、ヘッドが異常振動したまま動作停止に陥ります。
  •  ガチャガチャと非常に大きな音を立てて動作が停止いたします。
  •  途中から全く読み込めなくなり、ヘッドの動きや音がおかしく、壊れていると思う。
  •  スピンアップまでは正常なのに、何故か読み込めず。


復旧率が最良となるタイミングをご紹介いたします


◇ ハードディスクおよびSSD

 以下のような警告が出た場合は、すぐに使用を中止してください。

Windowsをご利用のお客さま

  • 突然、「フォーマットしますか?」と表示される。
  • 突然、「無効なボリューム」と表示される。
  • 「インデックスエラー」と表示される。
  • 「~にアクセスできません」と表示される。
  • 突然、ドライブが解除解除されてしまう。
  • アクセスランプが点灯状態になり、そのまま固まる。

OSXをご利用のお客さま

  • 「初期化しますか?」と聞かれ、マウントされず、ドライブのアイコンが出ない。
  • ファイルが一部分しか表示されず、必要なファイルが全くない状態に陥る。
  • 起動中にパソコンがフリーズしてしまう。

FD(2DD/2HD)、SuperDisk、MO、PD、ZIP/JAZ、CD/DVD等の磁気メディア又は光学メディア

以下のような警告が出て、アクセスできなくなる場合がございます。

  • 突然、「フォーマットしますか?」(磁気ディスク)と表示される。
  • 突然、「無効なボリューム」(磁気ディスク)と表示される。
  • 突然、「ドライブにディスクを挿入してください。」(磁気・光ディスク)と表示される。

各種メディアカード(micro/mini/SDカード・コンパクトフラッシュ)の場合

  • フラッシュメモリは突発的にアクセスできなくなる場合がございます。