AIデータ復旧成功事例 ※ 機械学習スキャン(人工知能)

□ どんなドライブ・状態でもOK お気軽にご相談ください。緊急:090-3900-8289 までどうぞ。
※ よほどのことがない限りデータは大丈夫です。守秘義務・秘密保持厳守いたします。

ホームAIデータ復旧サービス→成功事例→AIデータ復旧成功事例 ※ 機械学習スキャン(人工知能)

○ AIデータ復旧サービス 成功事例を更新いたしました。
※ 1, ミラー設定がストライピングになってしまうNASを中心にまとめております。
※ 2, ドライブの悪化による復旧率低下について、まとめております。

■ 全機種(HDD/SSD/サーバ/RAID...ドライブなら何でもOK)に問題なく対応いたしております。

ヘッドアンロード方式 CSS方式

□ ハードディスクには、2種類のタイプが存在
ドライブ静止時のヘッド先端の待機位置が異なります。
また、右側の方が作業難易度が高くなります。
※ 最近は、ほぼ全てのドライブが、簡単な左側に置き換わっております。右側の難しい方は、比較的古いドライブです。
※ 左側は「ヘッドアンロード」。右側は「CSS方式」と呼ばれております。
クラス100クリーンルームを利用いたしまして、確実に破損した内部ヘッド一式を交換いたします。

● AIデータ復旧サービスは守秘義務に基づき、事例のみを掲載いたします。
○ クリーンルーム作業も問題ございません。交換いたしました部品をAIで制御し、綺麗に復旧いたします。

■ AIデータ復旧サービスは守秘義務に基づき、事例のみを掲載いたします。
※ 法人様を含め、その名前を含めて復旧事例を出す事はできません。技術以前の問題です。

大きいところを含め、復旧に関する業務で「事例のみ」となっているのは、このためです。 データを扱いますので、例外も許されず、厳格に運用しております。

全て自社内で完結いたします。海外持ち出しリスクは一切ありません。
※ データを直接お取り扱いいたしますので、守秘義務ならびに機密保持を最優先いたします。ご安心ください。
※ 出来る限り電源を入れずにご依頼ください。プラッタの損傷が少なく、綺麗に復旧(9割以上)できます。
※ ドライブの損傷が進まないように、リスク管理(予想外の状況でも、データを確保できる制御)をしっかり行います。
※ 一度損傷が進むと復旧率が大幅に低下するため、慎重にお取り扱いいたします。

■ 他社様復旧不能の場合でも、お気軽にご相談ください。
※ プラッタに問題ない限り、復旧手法は沢山ございます。諦めないでください。

データ復旧率は、データスキャン作業(ドライブ制御系ソフトウェア)の良し悪しで決まります。
※ 自社開発および安心の国産技術で、各データを安全に復旧いたします。
※ 1バイトでも多くのデータを復旧するべく、最善を尽くします。

AIデータ復旧サービス 成功事例

■ 弊社データ復旧サービス R.E.C.O.A.I.(機械学習スキャン&人工知能)にお乗り換えされたお客さま

□ はじめ、他社様に依頼。条件が合わず、キャンセル。以下、提示された条件でした。
1, ヘッドが(プラッタへの)接触により傷がありますので、データにダメージが全体の20%~30%はあると推測。
2, 作業途中で著しく復旧率が低下し、50%を切って更に下がり20~30%程度に低下する場合もあり、状況によっては復旧不可能宣言をする場合があります。
3, 作業には3週間以上を必要といたします(復旧の可否が不明の状態)。データの生成で2週間以上を必要とします。
※ お見積は85万円となっており、条件が厳しいことから、作業をキャンセルしました。

■ ヘッド損傷系の物理障害

□ 症状の断定: ヘッドクラッシュ&プラッタ傷(難易度:高)

採用技術:R.E.C.O.A.I. 機械学習スキャン(人工知能)

「作業途中で著しく復旧率が低下」との点が、以下グラフ 転送速度の「急降下」を示しております(間違いありません)。

手作業では、これらの大きな変化を避けるのは難しく(状態変化の過程が「数秒もない」ため)、 これが原因による復旧率低下は避けられないため「免責」とすることが、正式作業への同意条件に含まれておりました。

■「手作業では復旧し切れない(途中で作業を中止される)」に相当いたしまして、よくご相談いただいております。

※ 機械学習スキャン(人工知能)を利用して、問題なく対処(ほぼ確実に避けられます)できます。
※ 今回、特に問題なく作業を進めまして、約10日程で「100%」の復旧率を達成いたしました。
※ このような、常時の解析(休みなし)を必要といたしまして、とっさの対処(判断)を要求される作業に、機械学習スキャンは優れた結果をもたらします。

□ 他社様に依頼したところ、復旧できている割合が2割以下の結果でした。できれば5割は欲しい。
ヘッドが原因だという事で、交換もしてもらいましたが、これ以上は読み出せないとの事でした。

■ プラッタ歪み=>ヘッド抵抗が大幅に悪化=>読み出せない物理障害を確認いたしました。

□ 症状の断定: プラッタ歪み(難易度:高)

採用技術:R.E.C.O.A.I. 機械学習スキャン(人工知能)

ヘッド抵抗が悪化いたしまして、ヘッド自体は正常なのですが、各データを読み出せない物理障害を確認いたしました。
※ ヘッド系統の障害は、単純には判断できません。ヘッドクラッシュ、ヘッド抵抗の悪化、ヘッド系統の消耗等、色々な種類が存在いたします。 正しく症状を診断する必要がございます。データ復旧は、ドライブの状態を解析する技術を根源といたしております。

AIデータ復旧サービスでは「クリーンルーム作業」がやたらと膨張された形で頻出しておりますが、 基本は「正しく診断する事」が大事です。クリーンルーム作業は、単に内部ヘッド一式を交換するための「手段」にしか過ぎません。

※ 今回、内部ヘッド一式は正常と判断できましたので、ドライブの開封(クリーンルーム作業:内部ヘッド一式交換)は必要ありません。 機械学習スキャン(人工知能)を利用いたしまして、読み出せるようにヘッド抵抗を操る形で全セクタを辿ります。これで、生きているデータを回収することができます。

■ メーカ別 OS別(症状分類) AIデータ復旧成功事例 & 海外作業を示唆された各事例について

過去の事例を含め、各システム別にAIデータ復旧成功事例をまとめております。

東芝製HDD, HGST製HDD, WD製HDD, Seagate製HDD, Samsung製HDD
Buffalo製HDD/SSD, IO-DATA製HDD, Logitec製HDD, Lacie製HDD
Windowsブルー画面, Windowsロゴで固まる, 何も表示せず
LinkStation, TeraStation, LAN-DISK, 外付HDD/SSD
RAID-0(ストライピング), RAID-1(ミラー), RAID-5(パリティ付ストライピング), RAID(その他)
その他のPC(自作機等)