データ復旧サービス ご依頼前の確認 (梱包準備・作業手順)

■ アクセス [ベスト 7]
1:□ ドライブ検査から自動データ復旧まで・・ FromHDDtoSSD Build 2820:最新版ダウンロード
2:データ復旧不能となる最大の要因1:認識可能なドライブを分解され、「*枚目のプラッタに傷がある」と・・?
3:データ復旧不能となる要因2:磁気ヘッドマップ作成およびヘッド切り替えができないため、対応不可?
4:検査はお断り?お客様実例からの、データ復旧サービスの実態について(検査はできないのに・・・復旧はできる?)
5:□ ドライブ故障統計(ビッグデータ):多角的な解析:フリーのストレージ故障予測 [S.M.A.R.T.のみでは厳しい]
6:大容量ドライブに関するデータ復旧の仕組み 機械学習スキャン(AI)による高い復旧率(最後までスキャン可能)
7:担当者ブログ ※ 2017年はAI完全自動ドライブ復旧システムおよび統計スキャンについて、まとめます。

ホームAIデータ復旧サービス→お取引の流れ→梱包方法

■ AIデータ復旧サービス 発送用の箱:
※ 有料の箱もございますが、元々の箱、または普通の箱でも全く問題ございません。

到着の荷物

■ デスクトップ(iMac等)は、専用の宅配便(ヤマト運輸 パソコン宅急便)が便利です。
※ デスクトップパソコンの場合、「BOX-E」が必要です。
※ ノート型パソコン、外付け、NASなどの場合は、「BOX-A」で問題ございません。

BOX-E

■ ハードディスクまたはパソコン本体を送付される際の梱包に関しまして、ご説明いたします。
お客さまご自身で梱包する場合、宅配業者様を利用する方法がございます。

■ ハードディスク / SSD の梱包方法

  1. ハードディスク本体をプチプチで3重に包みます。
    ※ プチプチがない場合は、丸めた新聞紙でも問題なく代用できます。
    できれば、アルミホイルで包んでいただけたら幸いです。(基板保護の役割を果たします)

    HDD梱包1
  2. 輸送に最適なサイズの箱を用意し、新聞紙や固めの紙を丸めて敷き詰めます。
    箱がない場合は十分に丸めた新聞紙を敷き詰めた袋でも代用可能です。

    HDD梱包2
  3. ハードディスクを箱に収め、ガムテープで箱を閉じて完成です。

    HDD梱包3

その他、ヤマト運輸、またはゆうパックにて、専用の箱(小~中)がございます。
※ 郵便局で購入する事ができます。箱(小)~箱(中)がご利用いただけます。
※ その他、ヤマト運輸の精密機器ボックス6をご指定ください。ハードディスク1台が収まるサイズです。

■ パソコン本体の梱包方法

※ ヤマト運輸様のパソコン宅急便が便利です。
※ 玄関先で、パソコンの梱包作業を含めて、その場でサポートしていただけます。

  1. 玄関先までパソコン一式を運びます。

    パソコン梱包1
  2. ヤマト運輸様にパソコン宅急便を発注いたします。

    パソコン梱包2
  3. 玄関先まで、集荷に伺って頂けます。

  4. 先ほど玄関先まで運びましたパソコン一式がその場で梱包され、集荷・発送されます。

    パソコン梱包3