データ復旧クラウド:検査・画像復旧などフリー

■ アクセス [ベスト 7]
1:□ ドライブ検査から自動データ復旧まで・・ FromHDDtoSSD Build 2820:最新版ダウンロード
2:データ復旧不能となる最大の要因1:認識可能なドライブを分解され、「*枚目のプラッタに傷がある」と・・?
3:データ復旧不能となる要因2:磁気ヘッドマップ作成およびヘッド切り替えができないため、対応不可?
4:検査はお断り?お客様実例からの、データ復旧サービスの実態について(検査はできないのに・・・復旧はできる?)
5:□ ドライブ故障統計(ビッグデータ):多角的な解析:フリーのストレージ故障予測 [S.M.A.R.T.のみでは厳しい]
6:大容量ドライブに関するデータ復旧の仕組み 機械学習スキャン(AI)による高い復旧率(最後までスキャン可能)
7:担当者ブログ ※ 2017年はAI完全自動ドライブ復旧システムおよび統計スキャンについて、まとめます。

ホームデータ復旧クラウド→謝辞→検査・画像復旧などフリー

■ お気軽にご活用いただけるフリーの機能を揃えております:大容量ドライブは腐ります・・

容量が小さい時代は、不良セクタの有無などでドライブの状態を決定する事ができました。
しかしながら、現在の大容量ドライブ(1.0TB以上)の状態は、複数の要因が複雑に絡み合って決定いたします。
このため、その対応にファイルシステムまでも追われる状況となっております。

■ 大容量ドライブにファイルシステムまでも追われる?

大容量ドライブには、長期間アクセスされないセクタが不良化してしまう「ビット腐敗」の問題が出てきております。
そして、このビット腐敗を先回りで検出し、修復するには、ファイルシステムによる対応が必要です。
現在のファイルシステムは、一度保管いたしましたセクタについて、その周辺にエラーが出ない限り、そのままです。
そこで、このビット腐敗を定期的に巡回し、検査・修復できる新しいアルゴリズムでファイルが格納される方式が誕生いたしました。

しかしながら、これは現状のNTFS改良ではなく、その次のReFSと呼ばれるファイルシステムが対応いたしますので、解決は先の話です。
さらに、これに対応いたしましてもドライブ自体が故障いたしましたら無意味です。

■ 完全スキャン・不良セクタシミュレーションによる「定期的な検査」が重要

不良セクタとビット腐敗について、完全スキャン・不良セクタシミュレーションで割り出すことができます。
なお、完全スキャンは環境に左右される欠点がありますが、不良セクタシミュレーションは問題ございません。
いずれも、フリーエディションで対応いたしております。お気軽にご利用ください。

■ S.M.A.R.T.系統

S.M.A.R.T.系統からの予測にも対応いたしております。
そのまま測定するのではなく、ビッグデータを利用いたしまして、短期・中長期に分けて判定いたします。
こちらも、フリーエディションで対応いたしております。お気軽にご利用ください。

■ 検査精度と高速性を両立:統計スキャン

完全スキャン・不良セクタシミュレーションの欠点を統計で補完できる統計スキャンを開発中です。
統計からドライブの弱い部分を割り出して、その部分のみを負荷検査する事により、正確性と高速性を導きます。

■ データ復旧機能

不良セクタの状態悪化に重点を置くデータ復旧機能を提供いたしております。
復旧業者に依頼するほどではないが、諦めきれない場合は、本ソフトウェアのデータ復旧機能をご利用ください。
不良セクタ危険予知などのリスク管理を搭載し、多少の不良セクタが続く場合でも、上手く危険回避いたしますので、問題ありません。