PC-98 整備日記 その3 (GPU編)

ホームビッグデータの復旧技術応用パソコンにまつわるコラム→PC-98 整備日記 その3(ビデオカード編)

■ PC-98の整備 その3(ビデオカード編)

GeForce2 MX400 32MB
※ PCI接続タイプのビデオカードを利用いたします。

PC-98用ビデオカードはVoodoo Banshee 16MBでそれ以降はありません。
しかしながら、Windows2000の場合、OSが制御を行います。
なのでAT機用のビデオカードが使える可能性があります。

そこで、今回はじめてPC-98にWindows 2000を入れてみました。
ドライブ文字がAT機と同じなんです・・。PC-98にWindows 2000を入れると、もうAT機と同じです。

VGAGeForce2 MX400 VRAM-32MB

導入方法は簡単ではなく、相性があるようです。

最低条件として、Windows 2000が必須となります。
Windows 95,98では、ハードに依存する部分が多い為、動かないようです。

次に問題となるのが、ビデオBIOSです。AT機には必須ですよね。これが無いとビデオ自体が出ませんし・・
しかしながら、PC-98にはこのような概念は無く、ビデオBOISは不要。
逆に邪魔になる場合もあるようです。

今回、当方が使用したカードはGeForce2 MX400 32MB。IO-DATAさんから出ていたモノです。型番はGMX4/PCI。
BIOSをいじる事無く、導入可能な良いカードです。

ドライバはリファレンスを使用。nVIDIA社から落としてきましょう。後は以下の手順で導入しましょう!

1,PCIスロットに、ビデオカードを刺す。
2,ビデオカード出力端子と、抜いては駄目なカード(映像出力用)のRGB入力端子をVGAケーブルで接続。
3,電源を入れます。
4,普通にWindows 2000を起動させます。

まず、ここまでは簡単ですよね。2項目目は以下の写真の通りです。

■ この地点でドライバを導入してはいけません。再起動後、動かなくなります。

DispFlipというソフトを落として導入して下さい。

sysファイルをコピー後、レジストリをいじって動かします。
これはPC-98内蔵グラフィックから外部接続グラフィックへの切替を行えるというソフトです。
切り替えないといつまでもボロイデントのままです・・。
自動切替よりも、手動切替を行うプログラムのショートカットを作成し、それにショートカットキーを割り当てます。
これが一番良いみたいです。そのキーで切替が自由に行えます。

5,DispFlipを導入する。万一を考えて、手動にします。
6,再起動しないで、リファレンスドライバをインストールします。
7,セーフモードで再起動します。
8,デバイスマネージャーからボロイデントを無効にします。(削除するとまた認識されてしまいます。必ず、無効で。)
9,再起動します。
10,すると、Windows 2000 起動中のまま、画面が変わらなくなります。

画面が変わらなくなるのは、旧ビデオカードが切断されたからです。
切断後は信号が入らなくなるので、"起動中"のまま画面が変わらなくなるという訳です。
しかしながら、新しいGeForce2には信号が入っていますので、ここで切替を行います。

すると、ちゃんとWindows 2000のデスクトップが出てきます。
※ ショートカットキーを割り当てないと、切替ができませんので、要注意です。

11,先程のショートカットキーで切り替えます。
12,解像度・色数を調整します。

これで完了です。ちなみに、マルチディスプレイは使用できないみたいですが、そこまで欲出しても仕方がないです。

一番手前がGeForce2 MX400 32MBです。

本ページをご覧頂きました方は、以下のページから参照しております。[自動集計 Ver5.0]
1:[テクニカルサポート] サポートBBSを開設いたしました.
2:[パソコンコラム] ドライバについて